パワースポット

東京の吉祥寺周辺で運気をアップ!大人のための開運神社散歩

2016/09/19

ココ
「吉祥寺」は、オシャレで高感度な人たちに人気の街っていうイメージだよね
「吉祥寺」周辺から「渋谷」の手前の京王線沿線は歴史もあるので、いい神社が多いんだよ
たま
ゆず
じゃあ、東京「吉祥寺」周辺から「永福町」「桜上水」あたりまでの「開運神社」をまとめるよ

 参拝が終わると授与所に行って、おみくじを引く人も多いと思います。私もおみくじを引くのが神社巡りの楽しみの1つなんですが、ついつい大吉や大凶に一喜一憂してしまいますよね。

ところで、おみくじの吉や凶の順番って知っていますか?

一般的に言えば吉凶の順番は、良い順に「大吉」『吉』「中吉」「小吉」「末吉」「凶」「大凶」(神社本庁公式の「神道いろは」による公式見解)だそうです。

それとは別にいくつかの神社では、「大吉」「中吉」「小吉」『吉』「末吉」「凶」「大凶」としており、「吉」の位置が上記のものとは違い「小吉」と「末吉」の間にくることもあります。

もっとスゴイのになると、「大吉」「中吉」「小吉」『吉』「半吉」「末吉」「末小吉」「平」「凶」「小凶」「半凶」「末凶」「大凶」というように、さらに細かく吉凶が分けられているところもあるようですよ。

これらの吉凶の表現は、神道系であれ、仏教系であれ、基本的には変わりがないようですが、「大吉」の上にさらに「大大吉」なるものがあったり、「和歌」やお経などの「経典」からの引用であったり、「独特の吉凶の言い回し」になっている「おみくじ」もあります。

長い間「神仏習合」されていたため、明治の「神仏分離」のあとも仏教の影響を色濃く残す「井の頭弁天」「江の島神社(江の島弁天)」のような神社や、「高尾山薬王院」のように寺院の中に神社が存在している例も結構あるみたいですが、「おみくじ」は「おみくじ」であり、あまり神経質になる必要はなさそうです。

この記事では、東京でのご利益参りで開運したい方のために、東京の「桜上水」「永福町」「石神井」「吉祥寺」周辺にある開運神社をご紹介していくことにしましょう。

この記事を読むことで、「桜上水」「永福町」「石神井」「吉祥寺」の周辺で開運の願いをかなえてくれそうな神社がどこなのかが分かり、よりポイントを押さえたご利益参りができるようになるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

  • 東京の「神社」の参拝で「吉運」を呼び込みたい人
  • 東京の「桜上水」「永福町」「石神井」「吉祥寺」界隈にある「開運神社」が知りたい人
  • 週末などのちょっとしたおでかけに「ご利益参り」に軽く立ち寄りたい人
  • 「開運」「金運」を祈願するついでに「吉祥寺」や「渋谷」「新宿」に行きたい人
  • 「開運」「金運」「神社」「御朱印」「お神札」「お守り」などに興味を惹かれる人
東京を見物するなら 【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ! 公式サイトはこちら
こちらもどうぞ
開運する理由で選ぶ!東京でおススメの金運神社で運気アップ

続きを見る

【桜上水周辺】

■勝利八幡神社

 勝利八幡神社は、1026年に石清水八幡宮を勧請して創建されました。

長らく本殿には八幡神だけを祀っていましたが、1907年(明治40年)山野稲荷神社を合祀して、稲荷神を祭神に加えました。

正式な名称は単に「八幡神社」ですが、俗称は「勝利八幡神社」の社名で知られています。

その「勝利」を冠した名前からスポーツ関係者や格闘家、宝くじファン、ギャンブラーなどの参拝が多く、根強い人気を持っています。

「勝利八幡神社」と呼ばれるようになった由来は、土地の人たちが戦争がある度に戦勝を祈願するためにお参りしたからとか、日露戦争に出征していったこの神社の氏子が、無事に帰ったと言われていることからのようです。

「豊受稲荷神社」という摂社があり、合祀されている「山谷稲荷神社」と共に、金運にはご利益がありそうです。

もう1つの境内摂社「天祖神社」には、天照大神をはじめ素戔嗚命(すさのおのみこと)や日本武尊(やまとたけるのみこと)など、数多くの頼もしげな神々も祀られています。

「強運」と「勝利」と「金運」にご利益がある神社なんですね。

周囲はのどかな住宅地で、最寄り駅の桜上水駅ものんびりしたいい感じの駅です。晴れたお休みの日に、行ってみたい金運神社です。

【神社データ】

【所在地】
東京都世田谷区桜上水3-21-6

【TEL】
03-3303-3263

【アクセス】
京王線「桜上水」駅より徒歩8分

【神社HP】
なし

【祭神】
誉田別命(八幡神)、宇迦御魂命(稲荷神)

とろ
「必勝御守」は、なかなかカッコ良くて効き目がありそうですよ。

【周辺のグルメ情報】
食べログ<桜上水駅周辺>

こちらもどうぞ
東京の新宿周辺にて運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

【永福町周辺】

■大宮八幡宮

 大宮八幡宮は、源頼義によって前九年の役を平定した後の1063年に建立されました。

進軍中に空に八条にたなびく白雲を見て、それを源氏の白旗であり八幡神の加護の印と見立て、反乱を鎮めた暁には必ずこの地に神社を構えることを誓って、戦勝を祈りました。

その地に石清水八幡宮の分霊を勧請して創建されたのが始まりです。

「大宮氷川神社」「秩父神社」と並んで「武蔵国の三大宮」の1つであり、「多摩の大宮」とも呼ばれています。

1981年にそれまでの「大宮八幡神社」という名称を「大宮八幡宮」へと改めました。

境内は都内でも3番目の広さがあり、東京のほぼ中央に位置するため「東京のへそ」という呼び方もされています。

子育てや安産に特にご利益が高いとされ、遠方からも多数の参拝客が訪れます。

かつて境内に湧き出していた御神水は「多摩乃大宮水」と称されていますが、現在は自然湧出していないため、ポンプで地下から汲み上げています。

大宮八幡宮がある一帯は「大宮遺跡」とされていて、東京都内で初めて「方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)」が発掘された場所としても知られています。

旧境内地から弥生時代の祭祀遺跡が発掘されたことから、「この神社の創建以前からこの場所は聖なる地」であったと考えられています。

代々木八幡宮や芝幸稲荷神社のところでも書きましたが、古代の住居跡や墳墓・祭祀場の跡などに建立されている神社は、土地のパワーが強くて高い霊験があるとされる例が多いようで、その点からも東京有数のパワースポットと言えます。

大宮八幡宮で忘れてはならないのが「小さいおじさん」の目撃談です。

妖精の一種だと言われているようですが、2009年頃に放映された「やりすぎコージー」という番組で、都市伝説で有名な関暁夫が話した「妖精のいる神社」が「大宮八幡宮」ではないかと噂になりました。

そんなことがあってか「大宮八幡宮」は、ネット上で今ではすっかり「小さいおじさん」の聖地とされているようです。

「小さいおじさん」を見た人は幸せになれるとの都市伝説もあり、現在でも「小さいおじさん」の目撃情報が絶えないと言われています。

「小さいおじさん」の目撃談が多い場所は2か所あり、1つは境内にある「楠の森」の周辺、もう1つは宮城県にある竹駒神社が勧請されている「大宮稲荷神社・三宝荒神社」の神使の狐像の土台のあたりだということです。

金運アップに関しては、「大宮稲荷神社・三宝荒神社」がご利益があります。

「小さいおじさん」にも出会えるかもしれません。

旧境内地であった善福寺川沿いの緑地や公園に隣接しており、晴れた日はとても気持ちの良い散歩コースです。

ベンチに座ってのんびり読書というのもいいでしょうね。生き返った気がします。

【神社データ】

【所在地】
東京都杉並区大宮2-3-1

【TEL】
03-3311-0105

【アクセス】
京王井の頭線「西永福」駅より徒歩7分

京王井の頭線「永福町」駅より徒歩10分

【神社HP】
http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/

【祭神】
応神天皇(八幡神)、仲哀天皇、神功皇后

とろ
大宮八幡宮のパワースポットは以下の通りです。

1:本殿・拝殿
2:大宮稲荷神社・三宝荒神社
3:若宮八幡神社・白幡宮・御嶽榛名神社
4:大宮天満宮
5:御神輿庫
6:共生の木(ともいきのき)
7:夫婦銀杏(めおといちょう)
8:力石石庭
9:多摩清水社
10:表参道のつつじ

【周辺のグルメ情報】
食べログ<永福町駅周辺>

こちらもどうぞ
東京の渋谷周辺にて運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

【石神井周辺】

■井草八幡宮

 井草八幡宮は、縄文時代から人々が生活していた場所であり、この地に神が祀られ神社となったのは平安時代末期ごろと言われています。

創建当初は春日大社の神を祀っていましたが、源頼朝が奥州藤原氏討伐の際に戦勝を祈願し、源氏の守護神である八幡神を合祀して以来八幡宮となりました。

戦国時代には、武将の太田道灌が石神井城の豊島氏を攻略するに当たって、戦勝祈願をしたとされています。

大宮八幡宮とは場所は離れていますが、共に善福寺川沿いの緑地に隣接しており、古代人の住居・祭祀場の跡地の上に建つ強力なパワースポットであるという共通点があります。

新しいことを成功させるエネルギーをもらえるとか、接戦の時の勝負運をアップしてくれるとか、失敗した時に再起する力をくれるなどのさまざまな御神徳があると言われていますが、金運でも名が知られています。

金運や財運ということでは「古代人の住居や祭祀場の跡地」「戦勝祈願による勝運や強運の実績」「稲荷神や弁財天など金運に関わる祭神」といった運をもたらす要素が十分に揃った良い神社です。

お参りの後は周辺の公園や緑地をのんびり歩きまわるもよし、石神井や井草、荻窪などの近くの街でショッピングやグルメに時間を取るのもいいですね。まったりした時間を過ごせますよ。

【神社データ】

【所在地】
東京都杉並区善福寺1-33-1

【TEL】
03-3399-8133

【アクセス】
西武新宿線「上石神井」駅より徒歩17分

西武新宿線「上井草」駅より徒歩19分

JR中央線「西荻窪」駅より徒歩20分      

【神社HP】
http://www.igusahachimangu.jp/index2.html

【祭神】
応神天皇(八幡神)

とろ
「大宮八幡宮」「荻窪八幡宮」と共に「杉並の三大八幡宮」と言われています。

【周辺のグルメ情報】
食べログ<上石神井駅周辺>

こちらもどうぞ
東京の三鷹以西にて運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

【吉祥寺周辺】

■井の頭弁財天社

 井の頭弁財天社は、関東源氏の祖とされる源経基の創建です。

伝教太師最澄の789年の作という天女像を祀ったことに始まると言われています。

平安末期の源頼朝の挙兵に際しては、その使者である安達盛長の夢枕に立って平家追討の大願成就を予言したことから、「勝運の銭洗い弁天」として名が知られています。

勝運のご利益のほか、金運や財運にも霊験が高いと言われています。なにしろ弁財天をはじめ大黒天や毘沙門天も祀られていますからね。

社殿は1923年(大正12年)の関東大震災で損壊し翌年に焼失したものを、1928年(昭和3年)に再興したものです。

江戸時代には庶民に大人気の名所となり、安藤広重の「名所雪月花」や「名所江戸百景」にも登場するほどの景勝地でした。

七福神のメンバーだけでなく、稲荷神と同神とも言われる「宇賀神」の像も祀られており、金運の祈願をするにはうってつけのお社です。

「武蔵野吉祥七福神巡り」の1つにもなっており、観光やレジャー客も多い井の頭公園内にあるせいもあって参拝者が絶えません。

神仏習合の色合いが濃く、不動明王や地蔵菩薩も祀られていて純粋な神社ではありませんが、神社と寺院の雰囲気が混じり合った得も言われぬ印象がまた良い感じです。

住みたい街として安定した人気のある吉祥寺からは徒歩5分くらいの場所にありますので、参拝後のお楽しみも多そうです。

【神社データ】

【所在地】
東京都三鷹市井の頭4-1

【TEL】
なし

【アクセス】
JR中央線「吉祥寺」駅より徒歩5分

京王井の頭線「井の頭公園」駅より徒歩7分

【神社HP】
http://www.inokashirabenzaiten.com/

【祭神】
弁財天、大黒天、毘沙門天

とろ
天台宗大盛寺が別当寺として管理しています。

所在地:東京都三鷹市井の頭4-26-1

【TEL】0422-49-1621

HP:http://www.tendaitokyo.jp/jiinmei/daiseiji/

【周辺のグルメ情報】
食べログ<吉祥寺駅周辺>

こちらもどうぞ
【totoBIG】高額当選確率が高い宝くじと当たりやすい買い方

続きを見る

開運の知識はチェックしておこう!

開運の情報集めには電子書籍が便利かも

BookLive!

「BookLive!」は、世界最大規模の総合印刷会社「凸版印刷」の系列会社が運営する「国内最大級」の「総合電子書籍ストア」で、100万冊以上ラインナップされ「全ジャンル」にわたり品揃えが豊富なことや、「入会時限定50%OFFクーポン」「1日1回クーポンガチャ」「LINE@クーポン」「まとめ買いptバック」などのほか、「ポイント還元」では「Tポイント」「クラブ三省堂ポイント」がもらえるなど、「クーポン」「キャンペーン」「ポイント還元」の充実ぶりは「ネットの口コミ」でも大好評!

「会員登録なし」で誰でも「無料で15000冊以上」の電子書籍を「まるごと1冊」読める「無料作品コーナー」や、「激安コーナー」「値引き作品コーナー」などでかなりお得に電子書籍を読めること、「作者のプロフィールや作品一覧」「レビュー」などが分かりやすく充実していることや、本棚アプリが使いやすく「本棚が使いやすい電子書籍ストアNo.1」にも選ばれたこともあるなど、人気が高く安心して利用できる使い勝手のよいサービスはとても魅力的です!

「さまざまなジャンルをいろいろ読みたい人」「『無料立ち読み』が好きな人」「本棚の『整理機能』や『サポート機能』などの使い勝手や読み心地にこだわりたい人」「『1日1回クーポンガチャ』などの充実したキャンペーンやクーポンが魅力的だと思う人」「『Tポイント』『クラブ三省堂ポイント』を利用する人」「できるだけ安く電子書籍が買いたい人」「本を選ぶときには作品一覧やレビューも必ず見るという人」には、非常におススメ!

BOOK☆WALKER

「BOOK☆WALKER」は、業界TOP3に入る大手出版社「KADOKAWA」が運営する「電子書籍ストア」で、運営会社の安全性は高く安心して利用でき、「全ジャンル」にわたって品揃えされていますが、「ライトノベル」では「KADOKAWA」は絶大な影響力があり、それがそのまま「BOOK☆WALKER」の大きな特徴になっているため、とくに「ライトノベル」「マンガ」「小説」「写真集」などの「エンタメ系のジャンル」には強みがあります。

会員登録をすると無料で自動適用される「ブックウォーカークラブ」という「会員ランク制度」があり、毎月の購入額でランク分けされて、ランクによって「電子書籍」を購入したときの「ポイント還元率」がアップしていきますし、ほかにも「初回購入金額の50%ポイント還元(上限なし)」「追加料金なしのオリジナル特典つき電子書籍の配信」「予約購入するだけで還元率アップ」「まる読み10分」などのキャンペーンも充実しているほか、スマホやタブレットのアプリも高機能で使いやすいと好評!

「ライトノベルが好きな人」「作者やイラストレーターによる『オリジナル描き下ろし』『ショートストーリー』『ドラマCD』などの『オリジナル特典つき電子書籍』が欲しい人」「ジャンルを問わず書籍を毎月一定額以上購入する人」「キャンペーンやポイント還元率は大切だと思う人」「『文庫・ライトノベル』『マンガ・雑誌』の読み放題プランに魅力を感じる人」「エンタメ系の本を中心に利用したい人」「KADOKAWA系の作品が好きな人」には、おススメ!

コミックシーモア

「コミックシーモア」は、「NTT」のグループ会社が運営する「総合電子書籍ストア」で、「電子書籍サービス」としては「老舗中の老舗」と言える安心安全なサービスであり、「全ジャンル」の書籍を揃えていますが、とくに「マンガ」には力を入れていること、サイトが分かりやすい作りになっていることや、「割引」や「ポイント還元」などの「おトク」が充実しているのも特徴。

「読み放題プラン」が2種類あり、自分の「マンガ」を読む「ジャンル」や「分量」に合わせて選べることや「レンタルプラン」もあること、「無料読み放題作品」の数も多く「無料コミック」や「セール」を毎日更新するなど更新頻度も高いこと、各書籍の「レビュー」が充実していて内容や評価を把握しやすくなっているのは、とても便利で魅力的!

「書籍は分かりやすいサイトを利用したいと思う人」「毎月定期的にマンガを購入している人」「『キャンペーン』『割引』『ポイント還元』が好きな人」「まんがを中心に他の書籍も読みたい人」「新しいマンガだけじゃなく古いマンガも楽しみたい人」「自分に合った『読み放題プラン』を選びたい人」には、とてもおススメ!

Kindle Store

「kindleストア」は、「Amazon」が運営する「総合電子書籍ストア」で、取り扱っている書籍の数は、他の電子書籍の販売サイトを圧倒的に上回る業界最高クラスであり「全ジャンル」に強く、中でも「ビジネス書」のジャンルが強みがあること、そして「検索性」に優れることや、30日間無料の「お試し期間」もあるなど、使い勝手も抜群!

電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」は、紙の書籍に近い読み心地を実現しており使って損はないアイテムですし、「スマホ」や「タブレット」に「アプリ」をダウンロードすれば「Kindleストア」で購入した電子書籍を読めることや、また「Amazonプライム」に会員登録していると約1000冊程の書籍が無料で読め、さらに「定額読み放題サービス」である「kindle unlimited」の会員になると、120万冊以上もの本を好きなだけ読むことができるのも魅力的!

「本をたくさん読みたい人」「電子書籍専用リーダー端末『Kindle』を使いたい人」「Amazonの通販をよく利用している人」「読みたい本や欲しい本が決まっている人」「定額読み放題のKindle Unlimitedにとても魅力を感じる人」「ビジネス書を中心に本を購入したい人」には、特におススメ!

楽天Kobo

「楽天Kobo」は、「楽天」が運営する、「Kindleストア」に次ぐ業界シェアNo.2の安心安全な「電子書籍ストア」で、ジャンルや品揃えに関してはこの2つが業界最高レベルであり、ほとんどすべての「出版社」「ジャンル」の書籍と取り揃えていますが、特に「洋書」に関しては「kindleストア」をしのぐほどの品揃えで使い勝手もよく、また、専用リーダー「Kobo」でも「スマホ」や「タブレット」用の「アプリ」でも読むことができるのは便利です。

自分の好きな本だけを読むのなら、「ポイント」が使える「楽天kobo」の方が「kindleストア」よりもお得であり、「amazon」より「楽天」を使うことが多ければ、「楽天カード」などとの連携で「ポイント」がザクザク貯まるので、「キャンペーン」や「クーポン」「セール」などをうまく利用し、「ポイント」とあわせて使えば、かなり「おトク」にできますし、雑誌専門の「定額読み放題サービス」である「楽天マガジン」もあるのは魅力!

「楽天市場や楽天関連のサービスを普段よく利用する人」「楽天カードを持っている人」「割引きよりもポイント還元が好きな人」「電子書籍専用リーダー『Kobo』を使いたい人」「小説や洋書を中心に購入する予定の人」「楽天の『セール』や『キャンペーン』『クーポン』を利用したい人」「雑誌だけ読めればいいので『楽天マガジン』に魅力を感じる人」には、とくにおススメ!

ブック放題

ブック放題

「ブック放題」は、350種類以上の雑誌が読めるソフトバンク系の「雑誌読み放題サービス」で、「1ヶ月無料のお試し期間」があることや、「記事検索ができる」「複数端末が利用できる」、事前にダウンロードした雑誌をいつでも「スマホアプリを使って読める」ことなど、使い勝手がよいのはうれしいところ。

大きな特徴は、最新の「雑誌」だけでなく「マンガ」も読み放題で楽しめることで、マンガは旧作が中心ですが3万冊以上が揃っており、「懐かしの名作マンガ」が楽しめるのと、「旅行誌るるぶ」の取扱が他のサービスよりも圧倒的に豊富なので「旅行好き」には魅力的!

「月額料金が安い雑誌読み放題サービスを探している人」「なつかしいマンガが大好きな人」「旅行先で『るるぶ』が見たい人」「日常や旅先での暇つぶしに雑誌を読みたい人」「雑誌記事を検索したい人」「複数端末で利用したい人」には、おススメです!

この記事のまとめ

    • このエリアのおもな金運神社は「勝利八幡神社」「大宮八幡宮」「井草八幡宮」「井の頭弁財天社」
    • このエリアは、渋谷から西で吉祥寺周辺までの、公園が多く緑豊かな住宅地
    • 「大宮八幡宮」は、「武蔵国の三大宮」呼ばれる大社で、「小さいおじさん」でも有名
    • 「井草八幡宮」は、源頼朝にも縁が深い、武蔵野の面影を残す強力なパワースポット
    • 「井の頭弁財天社」は、吉祥寺からは徒歩5分くらいの井の頭公園内にあるオアシス的古社

 

-パワースポット

テキストのコピーはできません。