パワースポット

京都の南禅寺周辺で運気をアップ!大人のための開運神社散歩

2016/09/22

すず
京都の「銀閣寺」から「南禅寺」にかけては、意外と静かで、落ち着きのある大人の空間だね
「哲学の道」あたりは京都らしい風情が味わえるので、それがいいと思う人も多いんじゃない?
ひな
クロ
じゃあ、京都東山の北一帯「南禅寺」から「銀閣寺」あたりの「開運神社」をまとめてみるよ

 「清水寺」「祇園」界隈から「南禅寺」「銀閣寺」のあたりは、私たちが「そうだ!京都へ行こう」と思ったときに、真っ先に思い浮かべることが多い風景にたくさん出会えます。

「京都」の最も脂ののった観光地になりますので、楽しい時間を過ごすのに困ることはありません。

洛中同様、「開運祈願」のあとは豊富な「グルメ」や「観光」などを満喫することができます。

この地で「京都」のはんなりとした雰囲気に浸ってみましょう。

この記事では、京都へのご利益参りで開運したい方のために、「哲学の道」「銀閣寺」「南禅寺」などがある京都の人気スポット「東山三条」「粟田口」「銀閣寺・鹿ケ谷」周辺にある開運神社をご案内していくことにしましょう。

この記事を読むことで、「東山三条」「粟田口」「銀閣寺・鹿ケ谷」の周辺で「開運」「金運」の祈願を成就させてくれそうな神社がどこなのかが分かり、今までよりさらにポイントを押さえたご利益参りができるようになるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

  • 京都への「神社参拝」で「いい運」を呼び寄せたいと思っている人
  • 京都の「東山三条」「粟田口」「銀閣寺・鹿ケ谷」周辺にある「開運神社」が気になる人
  • のんびりと「京都旅行」の合間にちょっと寄り道して「ご利益参り」をしたい人
  • 「哲学の道」「銀閣寺」「南禅寺」などの観光地から行きやすい場所で「開運」「金運」の祈願がしたい人
  • 「御朱印」「お神札」「お守り」を集めるのに関心がある人
京都を旅するなら 【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ! 公式サイトはこちら
こちらもどうぞ
開運する理由で選ぶ!京都でおススメの金運神社で運気アップ

続きを見る

【東山三条周辺】

■東三条大将軍神社

 794年平安京が造営された際に、桓武天皇が大内裏(京都御所)守護のために「荒ぶる神(素戔嗚尊)」を四方に配して、それぞれを「大将軍」として祀りました。

東三条大将軍神社は、四方に祭祀した大将軍神社の1つで、東方向に祀られたものです。

特にこの場所は京都に入る七口の1つ、「三条口(粟田口)」の要衝地にあたるので、邪霊の侵入を防ぐためという意味と地理的な意味で重要とされてきました。

のちに「東三条殿」と呼ばれた関白藤原兼家の屋敷が、この周辺に建てられましたが、応仁の乱で荒廃してしまいました。

境内の「東三条社」としてその名残を留めています。

平安時代、この辺りは「東三条の森」と呼ばれる鬱蒼とした森になっていたと言われています。

その森こそ、平安京を恐怖に陥れた「鵺(ぬえ)」の住処であったそうです。

大将軍とは陰陽道における「方位神」であり、「牛頭天王の息子」と言われ、「素戔嗚尊」と同一神とされています(のちに「牛頭天王」と「素戔嗚尊」が習合し、同一神とされます)。

桓武天皇の建立したとされている4つの「大将軍神社」は、以下の6つの神社が該当すると言われているようです。

東の守護「東三条大将軍神社」または「岡崎神社」

西の守護「大将軍八神社」

南の守護「藤森神社境内摂社 大将軍社」

北の守護「西賀茂大将軍神社」または「今宮神社境内摂社 紫野大将軍社」

東三条大将軍神社は、一般的には「方位除け」「厄除け」のご利益で有名ですが、当ブログでは金運神社としても注目しています。

祭神の1柱である関白藤原兼家は、藤原氏による摂関政治を確立させ、摂政関白の地位を直系の子孫で独占することに成功した人物です。

藤原氏の摂政関白をはじめとする朝廷の高位独占により、日本中の富が藤原氏に集まることになります。

その意味で十分に金運神社足りえるのではないでしょうか。

また、日本中のヒト・モノ・カネを千年にわたって吸い込み続けた「平安京」を守護する王城鎮護の要の神社の1つですので、その点からも金運の神社であると言えそうです。

これは全ての「大将軍神社」に当てはまるので、それらを巡ってみるのもいいかもしれません。

【神社データ】

【所在地】
京都府京都市東山区長光町640

【TEL】
なし

【アクセス】
京都市営地下鉄東西線「東山」駅より徒歩4分

【神社HP】
なし

【祭神】
素戔嗚尊、藤原兼家

とろ
摂社末社の「荒熊稲荷社」「白龍弁才天」の2社も、金運とは縁がありそうです。

また、他の「大将軍神社」の所在地は以下の通りです。

岡崎神社:京都府京都市左京区岡崎東天王町51

大将軍八神社:京都府京都市上京区一条通御前通西入3丁目西町55

藤森神社:京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609

西賀茂大将軍神社:京都府京都市北区西賀茂角社町129

今宮神社:京都府京都市北区紫野今宮町21

【周辺のグルメ情報】
食べログ<東山駅周辺>

こちらもどうぞ
京都の二条城周辺で運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

【粟田口周辺】

■粟田神社

 粟田神社は、平安時代に創建された神社です。

876年に戦災と疫病に悩まされた天皇が勅を発し、全国の諸神に祈願をしました。

その際に、勅使の1人が感神院祇園社(現在の八坂神社)に七日七晩祈願し、その満願の夜に夢枕に一人の老翁が立ち、「汝すぐ天皇に伝えよ。叡慮を痛められること天に通じたる。我を祀れば、必ず国家と民は安全なり。」と告げました。

さらに老翁は「我は大己貴神なり。祇園の東北に清き処あり。其の地は昔、牛頭天王(素戔嗚尊)に縁ある地である。そこに我を祀れ。」と言いおいて消えてしまったそうです。

神意のお告げを得た勅使は朝廷に奏上し、すぐさま勅命によってその場所に社殿を建てて、神霊を祀ったと伝えられています。

また他の説では、孝昭天皇の末裔である粟田氏が、一族の氏神として当社を創建したとも言われています。

古くは、「感神院新宮(カンジンインシングウ)」「粟田天王宮」と呼ばれていましたが、明治に入って「粟田神社」と名を改めました。

京の七口の1つである粟田口に位置し、「旅立ちの神」として尊崇を集めています。

例大祭は「粟田祭」「粟田神社大祭」と呼ばれており、祭りで巡行する「剣鉾」は「祇園祭の山鉾」の原形とも言われています。

また、「青森県のねぶた祭」の原型とされている、「粟田大燈呂」と呼ばれる神事が180年ぶりに復活しています。

歴史のある神社ですね。

金運神社的には、「境内摂社 出世恵美須神社」が特筆すべきポイントです。

「出世恵美須神社」は、源義経が牛若丸と呼ばれた幼少時代に奥州へ向かう際に、源家再興の祈願をされたゑびす神であり、のちに義経が平家を追討し滅亡に追い込んで源家再興を成し遂げた後は「出世恵美須」または「門出恵美須」と呼ばれました。

「勝運」「出世運」のご利益と言えば、これほどスゴイご利益もないかもしれません。

当時圧倒的な権力と軍事力を持っていた平家は、義経がデビューした1184年1月の宇治川の戦いから1185年4月の壇ノ浦の戦いまで、わずか1年4か月で滅亡することになります。

1174年3月の牛若丸奥州下向から考えても、10年ほどしか経っていません。

平家滅亡に至るまで、絶対に勝てないと考えられたような不利な状況でさえ義経はくつがえし連戦連勝でした。

是非その絶大なご利益にあやかりたいものです。

【神社データ】

【所在地】
京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1

【TEL】
075-551-3154

【アクセス】
京都市営地下鉄東西線「東山」駅より徒歩7分

京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩7分

【神社HP】
http://www.awatajinja.jp/

【祭神】
素戔嗚尊、大己貴命 ほか

とろ
眺めのいい境内は、京都の夏の風物詩ともいえる「五山の送り火」を見るのに絶好です。

参道の紅葉もキレイですし初詣もにぎやかですので、いつ参拝しても楽しめそうですね。

【周辺のグルメ情報】
食べログ<蹴上駅周辺>

こちらもどうぞ
京都御所の周辺にて運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

■満足稲荷神社

 満足稲荷神社は、 豊臣秀吉が文禄年間(1592‐1596年)の頃に伏見稲荷大社から伏見城内に勧請し、お城の守護神社としたことがはじまりです。

1592年に始まった「文禄の役」において稲荷神に戦勝祈願をしたところ、連戦連勝できたので創建されたとされています。

秀吉は日吉丸と言われた幼少時から稲荷神を崇敬しており、出身地の名古屋には秀吉が小さい頃に母に連れられて参拝したとされる稲荷神社が現在も残っています。

伏見城内に稲荷神社を勧請した後に、自身が天下を統一し大成功したことを稲荷神に感謝して、そのご利益や霊験に対して「余は満足に思うぞ」と言ったことから「満足稲荷」と名付けられました。

「開運」「商売繁盛」「出世運」にご利益があるとされていて、通称「満足さん」として地元の人たちに親しまれています。

とても縁起の良い神社名ですね。

その後1693年に徳川五代将軍綱吉が現在の場所に遷座しました。

天下統一を成就させ、最下層の身分から天下人へと日本一の大出世をさせた稲荷神に、是非ご利益をいただきに参りましょう。

太閤秀吉を満足させたほどの、あらたかな霊験にあやかれるかもしれません。

【神社データ】

【所在地】
京都府京都市左京区東大路仁王門下ル東門前町527-1

【TEL】
075-771-3035

【アクセス】
京都市営地下鉄東西線「東山」駅より徒歩2分

京都市営地下鉄東西線「三条京阪」駅より徒歩6分

【神社HP】
なし

【祭神】
倉稲魂命

とろ
2月3日の節分祭では「満足稲荷神社」「熊野神社」「御辰稲荷神社」の「三社詣」で、「厄祓い」「福招き」「勝運」などのご利益があるとされていますよ。

「節分祭 三社巡拝券」をいずれかの神社で購入して、三つの神社を全て巡ると、最後にお菓子の入った「福袋」がもらえて「福引」も引けるそうです。

熊野神社:京都府京都市左京区聖護院山王町43

御辰稲荷神社:京都府京都市左京区聖護院円頓美町29‐1

【周辺のグルメ情報】
食べログ<三条京阪駅周辺>

こちらもどうぞ
【開運】気学の移動距離・滞在時間の有効範囲と便利なツール

続きを見る

■日向大神宮

 日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)は、顕宗天皇の世(おおよそ484‐487年ごろ)、天皇の勅願によって筑紫国「日向の高千穂の峯の神蹟」より、神霊を遷座して創建されたのがはじまりです。

京都最古の神社で、かつては「日向宮」「日向神宮」「粟田口神明宮」「日岡神明宮」などと称されていました。

室町時代の「応仁の乱(1467‐1477年)」で社殿を失い、そこで祭祀が一度途絶えましたが、江戸時代初期に有志によって元の境内地に再建されました。

一の鳥居のあたりが東海道への京都の出入口である「粟田口」であり、江戸時代には東海道を行き来する旅人や、伊勢神宮への代参として参拝者で賑わっていました。

「内宮(上ノ本宮)」と「外宮(下ノ本宮)」の2つの本殿を持ち、「京のお伊勢さん」とも呼ばれています。

南禅寺などが付近にあるものの、駅からは反対方向の山道になるため、普段はあまり人は訪れないようです。

そういう「ひなびた雰囲気」が好きな人にはおススメです。

ただし、近年のパワースポットブームで「縁結び」のスポットとして紹介されることが多いため、参拝する人が多くなったという話も聞きます。

谷に位置しているため暗くなるのが早く、街路灯もほとんどなく人気もありませんので、コワイ思いをしないように午前中に行く方がいいかもしれません。

日のあるうちに下山しましょう。

参拝は伊勢神宮と同様に、外宮を参拝してから内宮をお参りするのが作法になっています。

ちなみに「伊勢神宮」から「日向大神宮」「天智天皇陵」「平安神宮」「京都御所」と一直線に並んでおり、このことからかなり重要な聖地だと考えられ、「京都随一のパワースポット」とも言われているようです。

金運アップの神社としても度々紹介されており、おススメなのが「天岩戸」「福土神社」「恵比須神社」です。

「天岩戸」は、洞窟内に「戸隠神社」を祀っており、通り抜けると「厄除け・開運」ができると言われています。

ここで金運の障害になっている厄を祓い、開運のベースを作っておくといいようですよ。

「福土神社」は大国主命を祀る「縁結び」で人気の神社です。大国主命は七福神の大黒天と同神だとされており、金運には欠かせない神様です。

「恵比須神社」の祭神はゑびすであり、こちらも金運とは縁が深い神様です。

聖地に祀られていることからも、ご利益も期待していいのではないでしょうか。

これらの神社以外にも摂社末社が数多くあるので、対応できない願い事はないと言えます。

「桜」「つつじ」「紅葉」の名所なので、それを目当てに参拝に行くのもいいかもしれません。

【神社データ】

【所在地】
京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29

【TEL】
075‐761‐6639

【アクセス】
京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩15分

【神社HP】
http://www12.plala.or.jp/himukai/

【祭神】
天照大神、市寸島比売命(弁財天) ほか

とろ
参拝はかなりの山道になりますので、歩きやすい靴を履いて行った方がいいようです。

真っ暗になりますので、くれぐれも日没までには麓に降りるようにしてくださいね。

【周辺のグルメ情報】
食べログ<蹴上駅周辺>

こちらもどうぞ
京都の清水寺周辺で運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

【銀閣寺・鹿ケ谷周辺】

■大豊神社

 大豊神社(おおとよじんじゃ)は、887年に宇多天皇の病気平癒祈願のために、医療の神である少彦名命を東山三十六峰の第十五峰目の椿ヶ峰に祀って創建されました。

当初は、現在地の背後の「椿ヶ峰」という山の中にあり「椿峰山天神(ちんぽうざんてんじん)」と呼ばれていましたが、平安時代の寛仁年間(1017‐1021年)に現在の場所へ遷座したようです。

鹿ケ谷・南禅寺一帯の氏神(産土の神)であり、哲学の道の「ねずみの社」としても有名です。

大国主命が野火に囲まれて立往生しているとき、 ネズミが地面に穴を掘って命を助けたという「古事記」の記述が元になって、「狛イヌ」ではなく「狛ネズミ」が置かれています。

ほかにも「狛イヌ」をはじめ「狛サル」や「狛トビ」「狛キツネ」にも出会うことができます。

小さな神社ですが雰囲気もよく、かわいい「狛ネズミ」に癒されるおススメの神社です。

金運アップ的には、2つポイントを挙げておきます。

1つ目は「境内摂社 大国社」です。名前の通り「大国主命」が祀られており、「狛ネズミ」はここにいます。

大国主命は大黒天と同じ神ですので、金運のご利益が期待できます。

一般的には「縁結び」で有名のようで、女子に人気だそうです。

「大国社」の隣に「稲荷社」もありますので、併せて金運アップをお願いしておきましょう。

2つ目は「大豊神社」という神社名です。なかなか良い名前ではありませんか。

金運アップで豊かになれそうです。

「椿」「枝垂れ紅梅」「紫陽花」「桜」「紅葉」などの美しい名所にもなっていますので、花見に訪れてみるのもいいかもしれません。

参拝後には「哲学の道」をのんびりと歩きたいものです。

【神社データ】

【所在地】
京都府京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1

【TEL】
075-771-1351

【アクセス】
京阪電車鴨東線「神宮丸太町」駅より徒歩16分

京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩20分

【神社HP】
なし

【祭神】
少彦名命、応神天皇、菅原道真

とろ
かわいい手作りのストラップ型お守「狛ねずみ守」が人気のようです。

「哲学の道」沿いにある「大豊橋」を渡ってすぐなので、気軽に寄ってみたいですね。

【周辺のグルメ情報】
食べログ<神宮丸太町駅周辺>

こちらもどうぞ
京都の下鴨神社にて運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

開運の知識はチェックしておこう!

開運の情報集めには電子書籍が便利かも

BookLive!

「BookLive!」は、世界最大規模の総合印刷会社「凸版印刷」の系列会社が運営する「国内最大級」の「総合電子書籍ストア」で、100万冊以上ラインナップされ「全ジャンル」にわたり品揃えが豊富なことや、「入会時限定50%OFFクーポン」「1日1回クーポンガチャ」「LINE@クーポン」「まとめ買いptバック」などのほか、「ポイント還元」では「Tポイント」「クラブ三省堂ポイント」がもらえるなど、「クーポン」「キャンペーン」「ポイント還元」の充実ぶりは「ネットの口コミ」でも大好評!

「会員登録なし」で誰でも「無料で15000冊以上」の電子書籍を「まるごと1冊」読める「無料作品コーナー」や、「激安コーナー」「値引き作品コーナー」などでかなりお得に電子書籍を読めること、「作者のプロフィールや作品一覧」「レビュー」などが分かりやすく充実していることや、本棚アプリが使いやすく「本棚が使いやすい電子書籍ストアNo.1」にも選ばれたこともあるなど、人気が高く安心して利用できる使い勝手のよいサービスはとても魅力的です!

「さまざまなジャンルをいろいろ読みたい人」「『無料立ち読み』が好きな人」「本棚の『整理機能』や『サポート機能』などの使い勝手や読み心地にこだわりたい人」「『1日1回クーポンガチャ』などの充実したキャンペーンやクーポンが魅力的だと思う人」「『Tポイント』『クラブ三省堂ポイント』を利用する人」「できるだけ安く電子書籍が買いたい人」「本を選ぶときには作品一覧やレビューも必ず見るという人」には、非常におススメ!

BOOK☆WALKER

「BOOK☆WALKER」は、業界TOP3に入る大手出版社「KADOKAWA」が運営する「電子書籍ストア」で、運営会社の安全性は高く安心して利用でき、「全ジャンル」にわたって品揃えされていますが、「ライトノベル」では「KADOKAWA」は絶大な影響力があり、それがそのまま「BOOK☆WALKER」の大きな特徴になっているため、とくに「ライトノベル」「マンガ」「小説」「写真集」などの「エンタメ系のジャンル」には強みがあります。

会員登録をすると無料で自動適用される「ブックウォーカークラブ」という「会員ランク制度」があり、毎月の購入額でランク分けされて、ランクによって「電子書籍」を購入したときの「ポイント還元率」がアップしていきますし、ほかにも「初回購入金額の50%ポイント還元(上限なし)」「追加料金なしのオリジナル特典つき電子書籍の配信」「予約購入するだけで還元率アップ」「まる読み10分」などのキャンペーンも充実しているほか、スマホやタブレットのアプリも高機能で使いやすいと好評!

「ライトノベルが好きな人」「作者やイラストレーターによる『オリジナル描き下ろし』『ショートストーリー』『ドラマCD』などの『オリジナル特典つき電子書籍』が欲しい人」「ジャンルを問わず書籍を毎月一定額以上購入する人」「キャンペーンやポイント還元率は大切だと思う人」「『文庫・ライトノベル』『マンガ・雑誌』の読み放題プランに魅力を感じる人」「エンタメ系の本を中心に利用したい人」「KADOKAWA系の作品が好きな人」には、おススメ!

コミックシーモア

「コミックシーモア」は、「NTT」のグループ会社が運営する「総合電子書籍ストア」で、「電子書籍サービス」としては「老舗中の老舗」と言える安心安全なサービスであり、「全ジャンル」の書籍を揃えていますが、とくに「マンガ」には力を入れていること、サイトが分かりやすい作りになっていることや、「割引」や「ポイント還元」などの「おトク」が充実しているのも特徴。

「読み放題プラン」が2種類あり、自分の「マンガ」を読む「ジャンル」や「分量」に合わせて選べることや「レンタルプラン」もあること、「無料読み放題作品」の数も多く「無料コミック」や「セール」を毎日更新するなど更新頻度も高いこと、各書籍の「レビュー」が充実していて内容や評価を把握しやすくなっているのは、とても便利で魅力的!

「書籍は分かりやすいサイトを利用したいと思う人」「毎月定期的にマンガを購入している人」「『キャンペーン』『割引』『ポイント還元』が好きな人」「まんがを中心に他の書籍も読みたい人」「新しいマンガだけじゃなく古いマンガも楽しみたい人」「自分に合った『読み放題プラン』を選びたい人」には、とてもおススメ!

Kindle Store

「kindleストア」は、「Amazon」が運営する「総合電子書籍ストア」で、取り扱っている書籍の数は、他の電子書籍の販売サイトを圧倒的に上回る業界最高クラスであり「全ジャンル」に強く、中でも「ビジネス書」のジャンルが強みがあること、そして「検索性」に優れることや、30日間無料の「お試し期間」もあるなど、使い勝手も抜群!

電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」は、紙の書籍に近い読み心地を実現しており使って損はないアイテムですし、「スマホ」や「タブレット」に「アプリ」をダウンロードすれば「Kindleストア」で購入した電子書籍を読めることや、また「Amazonプライム」に会員登録していると約1000冊程の書籍が無料で読め、さらに「定額読み放題サービス」である「kindle unlimited」の会員になると、120万冊以上もの本を好きなだけ読むことができるのも魅力的!

「本をたくさん読みたい人」「電子書籍専用リーダー端末『Kindle』を使いたい人」「Amazonの通販をよく利用している人」「読みたい本や欲しい本が決まっている人」「定額読み放題のKindle Unlimitedにとても魅力を感じる人」「ビジネス書を中心に本を購入したい人」には、特におススメ!

楽天Kobo

「楽天Kobo」は、「楽天」が運営する、「Kindleストア」に次ぐ業界シェアNo.2の安心安全な「電子書籍ストア」で、ジャンルや品揃えに関してはこの2つが業界最高レベルであり、ほとんどすべての「出版社」「ジャンル」の書籍と取り揃えていますが、特に「洋書」に関しては「kindleストア」をしのぐほどの品揃えで使い勝手もよく、また、専用リーダー「Kobo」でも「スマホ」や「タブレット」用の「アプリ」でも読むことができるのは便利です。

自分の好きな本だけを読むのなら、「ポイント」が使える「楽天kobo」の方が「kindleストア」よりもお得であり、「amazon」より「楽天」を使うことが多ければ、「楽天カード」などとの連携で「ポイント」がザクザク貯まるので、「キャンペーン」や「クーポン」「セール」などをうまく利用し、「ポイント」とあわせて使えば、かなり「おトク」にできますし、雑誌専門の「定額読み放題サービス」である「楽天マガジン」もあるのは魅力!

「楽天市場や楽天関連のサービスを普段よく利用する人」「楽天カードを持っている人」「割引きよりもポイント還元が好きな人」「電子書籍専用リーダー『Kobo』を使いたい人」「小説や洋書を中心に購入する予定の人」「楽天の『セール』や『キャンペーン』『クーポン』を利用したい人」「雑誌だけ読めればいいので『楽天マガジン』に魅力を感じる人」には、とくにおススメ!

ブック放題

ブック放題

「ブック放題」は、350種類以上の雑誌が読めるソフトバンク系の「雑誌読み放題サービス」で、「1ヶ月無料のお試し期間」があることや、「記事検索ができる」「複数端末が利用できる」、事前にダウンロードした雑誌をいつでも「スマホアプリを使って読める」ことなど、使い勝手がよいのはうれしいところ。

大きな特徴は、最新の「雑誌」だけでなく「マンガ」も読み放題で楽しめることで、マンガは旧作が中心ですが3万冊以上が揃っており、「懐かしの名作マンガ」が楽しめるのと、「旅行誌るるぶ」の取扱が他のサービスよりも圧倒的に豊富なので「旅行好き」には魅力的!

「月額料金が安い雑誌読み放題サービスを探している人」「なつかしいマンガが大好きな人」「旅行先で『るるぶ』が見たい人」「日常や旅先での暇つぶしに雑誌を読みたい人」「雑誌記事を検索したい人」「複数端末で利用したい人」には、おススメです!

この記事のまとめ

    • このエリアのおもな金運神社は「東三条大将軍神社」「粟田神社」「満足稲荷」「日向大神宮」「大豊神社」
    • このエリアは「南禅寺」から「銀閣寺」に至る「哲学の道」周辺で、京都有数の観光スポットが点在
    • 「粟田神社」は、平家討伐を成し遂げた源義経が祈願した、強力なご利益の歴史ある古社
    • 「日向大神宮」は京都最古と言われる神社で、強力な運気アップで人気のパワースポット
    • 「大豊神社」は小さくて雰囲気のいい神社で、「狛ネズミ」がカワイイ、女子に人気のおススメ神社

 

-パワースポット

テキストのコピーはできません。