tanteinikki-a084
 前回記事では、鞍馬貴船・大原周辺などの金運神社を見てきましたが、ピンときた神社はありましたでしょうか?

このあたりは京都の北から北東にかけてのはずれになりますが、ただのへき地ではなく、鞍馬山をはじめとして昔から京都の人たちによく知られた場所でした。

京都は市内にも素晴らしい神社がたくさんありますが、ちょっと郊外に外れてみても、市内に勝るとも劣らぬ寺社仏閣がいくつもあるのがいいところです。

さて今回は、京都から南西方向にほど近い郊外の「大山崎」と、その周辺の「長岡京」「八幡」、そして「亀岡」周辺の金運神社です。

<大山崎周辺>
石清水八幡宮
長岡天満宮
大山崎小倉神社

<亀岡周辺>
出雲大神宮

 <大山崎周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-ooyamazaki

 石清水八幡宮

tanteinikki-kinunjinjya-iwashimizu
 石清水八幡宮は、平安時代初期に八幡宮総本社である宇佐八幡宮からこの地に勧請された神社で、京都南西の男山山上に鎮座するため、古くは「男山八幡宮」と呼ばれました。

859年に、空海の弟子であり平城京にある大安寺の僧である行教が宇佐八幡宮にて受けた「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」という神託をもとに、翌年860年に清和天皇が社殿を造営したのが始まりとされています

二十二社(上七社)の一社で、伊勢神宮とともに二所宗廟の一社でもあり、旧社格は官幣大社、現在は神社本庁の別表神社となっています。

また、宇佐八幡宮・筥崎八幡宮(もしくは鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一社、また宮中の四方拝で天皇が遥拝される一社でもあります。

中世以降は遠くにある勧請元の宇佐八幡宮に代わって、伊勢神宮と並び皇室の二所宗廟の1つとして篤く崇敬されるとともに、平安京の裏鬼門(南西方向)を守護する神社として王城鎮護の神、王権・水運の神として篤く信仰され、鬼門(北東方向)を護るとされた比叡山延暦寺とともに非常に重要視されました。

明治の神仏分離によって仏教的様式は徹底的に排除され、例大祭もまた「石清水祭」と名を変えますが格式などは失わず、「賀茂神社の葵祭(賀茂祭)」「春日大社の春日祭」とともに「日本三大勅祭」の1つに数えられています。

清和源氏の諸氏族(源氏・足利氏・徳川氏など)から氏神として尊崇されたため、武神・弓矢の神・必勝の神とされ、また桓武平氏のうちの伊勢平氏も石清水八幡宮を重んじ、平清盛とも深い関係がありますし、織田信長や豊臣秀吉も石清水八幡宮を手厚く処遇しています。

また、ここで室町時代第6代将軍候補者のくじ引きが行われ、その結果足利義教が6代将軍の地位につきます。

古来から抜群の社格であり、朝廷や武家からもこれ以上はないほど篤く崇敬されてきた神社で、天下を取った氏族や人物にことごとく縁があります。

出世運・勝負運をもたらすということは、最終的には金運をもたらすと読みかえてもいいかもしれません。

また「平安京」の裏鬼門守護の神であったことから、1000年以上にわたって京都にヒト・モノ・カネを集め続けた神とも言えます。

さらに、男山付近には古墳群もあり、ここが古からの聖地であったことがわかります。

祭神にも本殿の市寸島姫命(いちきしまひめ=弁財天)をはじめ、摂社末社にも金運の神様たちが数多く祀られています。

まさに三拍子も四拍子もそろったパワースポットであり、ドラ●ンボールのスーパーサ●ヤ人みたいな存在と言えます

金運をもたらす要素がずらりとそろっていますので、はりきって参拝しましょう。

 【石清水八幡宮データ】

 所在地 京都府八幡市八幡高坊30  TEL:075-981-3001

 アクセス 京阪電鉄「八幡市(やわたし)」駅
       ⇒男山ケーブル「男山山上駅」より徒歩5分

 神社ホームページ http://www.iwashimizu.or.jp/

 祭神 応神天皇、市寸島姫命、神功皇后 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

お守やお神札などの授与品はとても種類が豊富です。

「金運守」もちゃんとあるので、手に入れておきたいですね。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<八幡市駅周辺>

 【地図】

 長岡天満宮

tanteinikki-kinunjinjya-nagaokatenjin1
 長岡天満宮は、桓武天皇が平城京から都を移し、784年から平安京遷都までの10年間朝廷が置かれた長岡京の南西方向のはずれに位置しています。

この地は平安時代初期に菅原道真の所領であった場所とされており、道真が在原業平ら仲のよい公卿たちと、しばしば遊興し詩歌管弦を楽しんだ縁深いところであったと言われています。

菅原道真が大宰府へ左遷された折に、ここに立ち寄って「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだと伝えられ、都を振り返って名残を惜しんだ事から「見返り天神」とも呼ばれています。

その縁で、菅原道真から道真自作の木像と念持仏を託された中小路宗則という人物が、道真の没後にその木像をこの地に祀ったのが長岡天満宮の創建とされています。

特に皇室からの尊崇が篤く、度々の寄進造営をうけ、1638年には八条宮智仁親王によって「八条ヶ池」が築造されました。

北野天満宮のところでも述べましたが、何といっても朝廷にとっては日本三大怨霊は無視できない恐ろしい存在だったのでしょう。

そんな暗い歴史を忘れさせてくれるかのように、境内の見事なキリシマツツジ、あじさい、桜、ハス、アヤメ・カキツバタなどの草花や紅葉・竹林・梅林などの風情を四季折々に楽しむことができます。

ここにはたくさんの摂社末社があり、その中で金運神社として注目するのは「稲荷神社」「龍神社」です。

どちらも金運とは縁の深い神であり、さらにそれを主祭神の御霊(怨霊)である菅原道真が強力な霊験で後押しをしてくれるのではないでしょうか。

御霊(怨霊)の力はご利益も祟りも強烈だと言いますので、期待できるかもしれませんよ。

 【長岡天満宮データ】

 所在地 京都府長岡京市天神2-15-13  TEL:075-951-1025

 アクセス 阪急京都線「長岡天神」駅西口より徒歩10分
      JR東海道線「長岡京」駅西口より徒歩20分

 神社ホームページ http://www.nagaokatenmangu.or.jp/

 祭神 菅原道真

ニャン三郎ニャン三郎

グルメが意外と充実しているみたいなので、たっぷり散策した後はお腹を満たしましょう。

食べ過ぎは注意する必要がありますが、グルメをするのも運を引き寄せる重要な要素ですよ!

 【周辺のグルメ情報】食べログ<長岡天神駅周辺>

 【地図】

tanteinikki-kinunjinjya-nagaokatenjin2

 大山崎小倉神社

 大山崎小倉神社(おぐらじんじゃ)は、創建時の詳細は明らかではありませんが、奈良時代初期の718年に造営されたと言われています。

794年の平安京への遷都に際して、京都御所の南西方向を護る裏鬼門除けの神社として朝廷から篤く崇敬されそうです。

850年の神階最高位の正一位授与によって、以後「正一位小倉大明神」と称しています。

特に醍醐天皇の尊崇は篤く、そのこともあってか式内名神大社に列しました。

大山崎小倉神社は、歴史上重要な合戦の戦勝祈願を2度受けて、2回とも祈願した側を勝利させています。

1度目は、1582年に本能寺の変で織田信長を討った明智光秀に対して、急いで近畿に引き返してきた羽柴秀吉が、山崎の戦いに際して家臣を派遣して戦勝を祈願したと言われています。

山崎の戦いは、地形の関係から天王山を占領した側が戦いを有利に進められることを羽柴方も明智方もほぼ同時に気が付き、双方の争奪戦になりますが見事羽柴秀吉側が天王山を占拠し、明智光秀の軍勢を総崩れにします。

山崎の戦いの大勝利は、このすぐ後に続く清須会議・賤ケ岳の戦いで秀吉を非常に有利にし、天下人への扉を大きく開くものでした。

羽柴秀吉は祈願が成就したため、山崎の戦い以後ずっと毎年米3000俵を寄進したそうです。

一方で、明智光秀は山崎の戦いの前日に、大山崎小倉神社周辺に火を放ち社殿を焼失させたとも言われています。

2度目は1864年に起こった蛤御門の変(禁門の変)に際して、幕府方が戦勝を祈願しています。

長州藩は攘夷倒幕工作の一環として、長州に味方する公卿を朝廷内に何人も作り、朝廷を意のままに動かして攘夷と倒幕を一度に実現しようとしていました。

しかし、急進的な長州藩のやり方に反感を持っていた孝明天皇は会津藩・薩摩藩の意見に耳を貸し、長州藩寄りの急進的な攘夷派の公卿を朝廷から追放することを画策します。

この8月18日の政変で一気に朝廷の長州派の公卿を一掃されてしまい、さらに池田屋事件などで多くの長州藩士を討ち取られてしまった長州藩は激怒し、君側の奸である会津藩・新選組・桑名藩・薩摩藩・一橋慶喜らを討伐し長州藩の汚名をすすぐという名目で、大挙して京都に兵を集めます。

長州藩に同情的な公卿が会津藩を追放するように孝明天皇に直訴しますが、孝明天皇の長州討伐・会津擁護の意志は固く、結局長州藩は京都御所に軍を進め、御所の各御門で激戦が繰り広げられることになりました。

特に蛤御門周辺での戦いが激しく、当初は勢いのあった長州側が有利でしたが、別の門を守っていた薩摩藩率いる西郷隆盛が蛤御門の援軍に駆け付け形勢は逆転し、長州藩軍は敗走します。

このあと、第一次長州征伐が行われ長州藩が幕府側に完全に降伏し、幕府は失いかけていた威光を一時的に取り戻すことができました。

このように、歴史的な戦いの戦勝祈願で2度も祈願通りの結果を得たことは、金運神社的にみてもかなりポイントが高いです。

さらに、大山崎小倉神社の背後にある竹林の中に「鳥居前古墳」があります。

これは4世紀末ごろの前方後円墳で、被葬者がその後神格化され、祀られるようになったのが大山崎小倉神社のそもそもの始まりではないかとも言われています。

また、摂社末社にも「稲荷神社」「龍王神社」などの金運と縁の深い神が祀られているようですので、祭神の側からも金運にアプローチできます。

全国的には有名な神社ではありませんが、実力は申し分なさそうですよ。

 【大山崎小倉神社データ】

 所在地 京都府乙訓郡大山崎町字円明寺小字鳥居前83  TEL:075-956-2044

 アクセス 阪急京都線「西山天王山」駅西口より徒歩16分

 神社ホームページ なし

 祭神 武甕槌神(たけみかづちのかみ)、齋主神(いわいぬしのかみ) ほか

ニャン三郎ニャン三郎

境内には「滝不動の水」という湧き水があるそうです。

天王山の周辺には、サントリーのウイスキー工場やビール工場がありますし、名水百選に選ばれている「離宮の清水」もあるので、とてもおいしい水だという話ですよ。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<西山天王山駅周辺>

 【地図】

 <亀岡周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-kameoka

 出雲大神宮

tanteinikki-kinunjinjya-izumodaijinguu
 出雲大神宮は、創建の年代は不詳ですが、社伝では709年に創建されたと伝えられています。

もともと出雲大神宮の背後にある御蔭山を神体山として祀る信仰があったとされ、のちに社殿が造営されて神社の形式が整ったということのようです。

丹波国一宮であり、式内社(名神大社)、旧社格は国幣中社で、現在は神社庁に属さない単立神社として運営されています。

古くは「出雲神社」と呼ばれており、「元出雲」や「千年宮」とも称されていましたが、大東亜戦争(太平洋戦争)後に現在の「出雲大神宮」に名を改めました。

「元出雲」の呼び名は、島根の出雲大社がこの出雲大神宮からの分霊であるとする社伝に由来しています。

出雲大社は明治時代になるまでずっと「杵築大社」と称していたため、江戸時代末期までは「出雲の神」と言えば出雲大神宮のことを指していたとされています。

平安時代初期にはすでに有力な神社として国史「日本紀略」の818年ごろの記述に名が挙がっており、1292年には雨乞いに霊験があったことから朝廷より神階の最高位である正一位を贈られたと言われています。

境内には横穴式の後期古墳があるほか、出雲大神宮の西南には丹波地方最大の前方後円墳である千歳車塚古墳があり、古くから御蔭山(出雲大神宮一帯)を神体・聖地として祀る氏族がいたことを表しています。

また、境内には「真名井の水」と呼ばれる湧き水があり、飲めば幸福を招き長寿になるとされ、古来からご神水として崇められ大切にされてきました。

摂社末社の「稲荷社」「弁財天社」や御蔭山山中にある「御蔭の滝」に「龍神乃神」が祀られているなど、金運に縁のある神もたくさん祀られており、金運神社としても有力です。

実は出雲大神宮は、ご利益として公式に「金運」「縁結び」「長寿」をうたっており、その霊験の強さから「京都一」とか「日本一」などと言われています。

京都には「伏見稲荷大社」「上賀茂神社」「下鴨神社」「松尾大社」など「京都一」や「日本一」の神社が多いのですが、それだけ京都の神社がパワースポットとして内容が濃いことを表していると言えそうです。

出雲大神宮も、これらの神社に勝るとも劣らない強力で魅力的なパワースポットと言っていいのではないでしょうか。

金運ではすでに全国的に有名な神社で、「ここはスゴイ!」という噂をよく耳にしますし、クチコミでも評価は高いようですよ。

 【出雲大神宮データ】

 所在地 京都府亀岡市千歳町千歳出雲無番地  TEL:0771-24-7799

 アクセス JR嵯峨野線「亀岡」駅北口
       ⇒ふるさとバスF11系統で12分「出雲神社前」下車徒歩0分
        亀岡市ふるさとバスについて

 神社ホームページ http://www.izumo-d.org/

 祭神 大国主命 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之や、風水で有名なDr.コパが「京都一のパワースポット」と紹介してから注目が集まりました。

境内地は田んぼに囲まれているようなところですので、車かバスでしか行くことが出来ないのが不便ですが、パワースポット的にはそういうところがいいのかもしれません。

山の方まで全部お詣りしてまわると、森林浴をしながらちょっとしたトレッキングをするような感じになります。

ちょっとおもしろいのが参拝順で、一般的な順序と少し違っています。

手水舎に行った後、普通は最初に本殿を参拝しますが、出雲大神宮では本殿に行く前に、手前にある「黒太夫社」をお詣りするそうです。

「黒太夫社」は、氏子の方々の祖先が祀られているため、本殿より先に参拝するのが正しいとされているようです。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<亀岡駅周辺>

 【地図】

高級ホテル・旅館予約サイト【一休.com】

高級宿泊施設の予約ならrelux

【ゆこゆこネット】1万円以下で満足度の高い温泉宿満載!

京都のホテルがこんなに安い!人気ホテルをどこよりもおトクに予約【エクスペディア】

旬の味覚を楽しみたいならホットペッパーでお店検索&クーポンもGET!!

空席情報からネット予約できるグルメサイト!![Yahoo!予約 飲食店]

女子会のご予約ならぐるなび

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】