LINEで送る
Pocket

tanteinikki-a074
 前回は清水・祇園周辺の代表的な金運神社を見てきましたが、いかがでしたか?

この辺りは、私たちが「そうだ!京都へ行こう」と思ったときに、真っ先に思い浮かべることが多い風景にたくさん出会えます。

京都の最も脂ののった観光地になりますので、楽しい時間を過ごすのに困ることはありません。

洛中同様、金運祈願のあとは豊富なグルメや観光などを満喫することができます。

京都のはんなりとした雰囲気に浸ってみましょう。

本当に京都は宝石のような町ですね。

<東山三条周辺>
東三条大将軍神社

<粟田口周辺>
粟田神社
満足稲荷神社
日向大神宮

<鹿ケ谷周辺>
大豊神社

 <東山三条周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-higashiyamasanjyo

 東三条大将軍神社

 794年平安京が造営された際に、桓武天皇が大内裏(京都御所)守護のために「荒ぶる神(素戔嗚尊)」を四方に配して、それぞれを「大将軍」として祀りました。

東三条大将軍神社は、四方に祭祀した大将軍神社の1つで、東方向に祀られたものです。

特にこの場所は京都に入る七口の1つ、「三条口(粟田口)」の要衝地にあたるので、邪霊の侵入を防ぐためという意味と地理的な意味で重要とされてきました。

のちに「東三条殿」と呼ばれた関白藤原兼家の屋敷が、この周辺に建てられましたが、応仁の乱で荒廃してしまいました。

境内の「東三条社」としてその名残を留めています。

平安時代、この辺りは「東三条の森」と呼ばれる鬱蒼とした森になっていたと言われています。

その森こそ、平安京を恐怖に陥れた「鵺(ぬえ)」の住処であったそうです。

大将軍とは陰陽道における「方位神」であり、「牛頭天王の息子」と言われ、「素戔嗚尊」と同一神とされています(のちに「牛頭天王」と「素戔嗚尊」が習合し、同一神とされます)。

桓武天皇の建立したとされている4つの「大将軍神社」は、以下の6つの神社が該当すると言われているようです。

  東の守護「東三条大将軍神社」または「岡崎神社」
  西の守護「大将軍八神社」
  南の守護「藤森神社境内摂社 大将軍社」
  北の守護「西賀茂大将軍神社」または「今宮神社境内摂社 紫野大将軍社」

東三条大将軍神社は、一般的には「方位除け」「厄除け」のご利益で有名ですが、当ブログでは金運神社としても注目しています。

祭神の1柱である関白藤原兼家は、藤原氏による摂関政治を確立させ、摂政関白の地位を直系の子孫で独占することに成功した人物です。

藤原氏の摂政関白をはじめとする朝廷の高位独占により、日本中の富が藤原氏に集まることになります。

その意味で十分に金運神社足りえるのではないでしょうか。

また、日本中のヒト・モノ・カネを千年にわたって吸い込み続けた「平安京」を守護する王城鎮護の要の神社の1つですので、その点からも金運の神社であると言えそうです。

これは全ての「大将軍神社」に当てはまるので、それらを巡ってみるのもいいかもしれません。

 【東三条大将軍神社データ】

 所在地 京都府京都市東山区長光町640  TEL:なし

 アクセス 京都市営地下鉄東西線「東山」駅より徒歩4分

 神社ホームページ なし

 祭神 素戔嗚尊、藤原兼家

ニャン三郎ニャン三郎

摂社末社の「荒熊稲荷社」「白龍弁才天」の2社も、金運とは縁がありそうです。

また、他の「大将軍神社」の所在地は以下の通りです。

岡崎神社:京都府京都市左京区岡崎東天王町51

大将軍八神社:京都府京都市上京区一条通御前通西入3丁目西町55

藤森神社:京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609

西賀茂大将軍神社:京都府京都市北区西賀茂角社町129

今宮神社:京都府京都市北区紫野今宮町21

 【周辺のグルメ情報】食べログ<東山駅周辺>

 【地図】

 <粟田口周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-awataguchi

 粟田神社

 粟田神社は、平安時代に創建された神社です。

876年に戦災と疫病に悩まされた天皇が勅を発し、全国の諸神に祈願をしました。

その際に、勅使の1人が感神院祇園社(現在の八坂神社)に七日七晩祈願し、その満願の夜に夢枕に一人の老翁が立ち、「汝すぐ天皇に伝えよ。叡慮を痛められること天に通じたる。我を祀れば、必ず国家と民は安全なり。」と告げました。

さらに老翁は「我は大己貴神なり。祇園の東北に清き処あり。其の地は昔、牛頭天王(素戔嗚尊)に縁ある地である。そこに我を祀れ。」と言いおいて消えてしまったそうです。

神意のお告げを得た勅使は朝廷に奏上し、すぐさま勅命によってその場所に社殿を建てて、神霊を祀ったと伝えられています。

また他の説では、孝昭天皇の末裔である粟田氏が、一族の氏神として当社を創建したとも言われています。

古くは、「感神院新宮(カンジンインシングウ)」「粟田天王宮」と呼ばれていましたが、明治に入って「粟田神社」と名を改めました。

京の七口の1つである粟田口に位置し、「旅立ちの神」として尊崇を集めています。

例大祭は「粟田祭」「粟田神社大祭」と呼ばれており、祭りで巡行する「剣鉾」は「祇園祭の山鉾」の原形とも言われています。

また、「青森県のねぶた祭」の原型とされている、「粟田大燈呂」と呼ばれる神事が180年ぶりに復活しています。

歴史のある神社ですね。

金運神社的には、「境内摂社 出世恵美須神社」が特筆すべきポイントです。

「出世恵美須神社」は、源義経が牛若丸と呼ばれた幼少時代に奥州へ向かう際に、源家再興の祈願をされたゑびす神であり、のちに義経が平家を追討し滅亡に追い込んで源家再興を成し遂げた後は「出世恵美須」または「門出恵美須」と呼ばれました。

「勝運」「出世運」のご利益と言えば、これほどスゴイご利益もないかもしれません。

当時圧倒的な権力と軍事力を持っていた平家は、義経がデビューした1184年1月の宇治川の戦いから1185年4月の壇ノ浦の戦いまで、わずか1年4か月で滅亡することになります。

1174年3月の牛若丸奥州下向から考えても、10年ほどしか経っていません。

平家滅亡に至るまで、絶対に勝てないと考えられたような不利な状況でさえ義経はくつがえし連戦連勝でした。

是非その絶大なご利益にあやかりたいものです。

 【粟田神社データ】

 所在地 京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1  TEL:075-551-3154

 アクセス 京都市営地下鉄東西線「東山」駅より徒歩7分
      京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩7分

 神社ホームページ http://www.awatajinja.jp/

 祭神 素戔嗚尊、大己貴命 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

眺めのいい境内は、京都の夏の風物詩ともいえる「五山の送り火」を見るのに絶好です。

参道の紅葉もキレイですし初詣もにぎやかですので、いつ参拝しても楽しめそうですね。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<蹴上駅周辺>

 【地図】

 満足稲荷神社

 満足稲荷神社は、 豊臣秀吉が文禄年間(1592‐1596年)の頃に伏見稲荷大社から伏見城内に勧請し、お城の守護神社としたことがはじまりです。

1592年に始まった「文禄の役」において稲荷神に戦勝祈願をしたところ、連戦連勝できたので創建されたとされています。

秀吉は日吉丸と言われた幼少時から稲荷神を崇敬しており、出身地の名古屋には秀吉が小さい頃に母に連れられて参拝したとされる稲荷神社が現在も残っています。

伏見城内に稲荷神社を勧請した後に、自身が天下を統一し大成功したことを稲荷神に感謝して、そのご利益や霊験に対して「余は満足に思うぞ」と言ったことから「満足稲荷」と名付けられました。

「開運」「商売繁盛」「出世運」にご利益があるとされていて、通称「満足さん」として地元の人たちに親しまれています。

とても縁起の良い神社名ですね。

その後1693年に徳川五代将軍綱吉が現在の場所に遷座しました。

天下統一を成就させ、最下層の身分から天下人へと日本一の大出世をさせた稲荷神に、是非ご利益をいただきに参りましょう。

太閤秀吉を満足させたほどの、あらたかな霊験にあやかれるかもしれません。

 【満足稲荷神社データ】

 所在地 京都府京都市左京区東大路仁王門下ル東門前町527-1  TEL:075-771-3035

 アクセス 京都市営地下鉄東西線「東山」駅より徒歩2分
      京都市営地下鉄東西線「三条京阪」駅より徒歩6分

 神社ホームページ なし

 祭神 倉稲魂命

ニャン三郎ニャン三郎

2月3日の節分祭では「満足稲荷神社」「熊野神社」「御辰稲荷神社」の「三社詣」で、「厄祓い」「福招き」「勝運」などのご利益があるとされていますよ。

「節分祭 三社巡拝券」をいずれかの神社で購入して、三つの神社を全て巡ると、最後にお菓子の入った「福袋」がもらえて「福引」も引けるそうです。

熊野神社:京都府京都市左京区聖護院山王町43

御辰稲荷神社:京都府京都市左京区聖護院円頓美町29‐1

 【周辺のグルメ情報】食べログ<三条京阪駅周辺>

 【地図】

 日向大神宮

tanteinikki-kinunjinjya-himukaidaijinguu
 日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)は、顕宗天皇の世(おおよそ484‐487年ごろ)、天皇の勅願によって筑紫国「日向の高千穂の峯の神蹟」より、神霊を遷座して創建されたのがはじまりです。

京都最古の神社で、かつては「日向宮」「日向神宮」「粟田口神明宮」「日岡神明宮」などと称されていました。

室町時代の「応仁の乱(1467‐1477年)」で社殿を失い、そこで祭祀が一度途絶えましたが、江戸時代初期に有志によって元の境内地に再建されました。

一の鳥居のあたりが東海道への京都の出入口である「粟田口」であり、江戸時代には東海道を行き来する旅人や、伊勢神宮への代参として参拝者で賑わっていました。

「内宮(上ノ本宮)」と「外宮(下ノ本宮)」の2つの本殿を持ち、「京のお伊勢さん」とも呼ばれています。

南禅寺などが付近にあるものの、駅からは反対方向の山道になるため、普段はあまり人は訪れないようです。

そういう「ひなびた雰囲気」が好きな人にはおススメです。

ただし、近年のパワースポットブームで「縁結び」のスポットとして紹介されることが多いため、参拝する人が多くなったという話も聞きます。

谷に位置しているため暗くなるのが早く、街路灯もほとんどなく人気もありませんので、コワイ思いをしないように午前中に行く方がいいかもしれません。

日のあるうちに下山しましょう。

参拝は伊勢神宮と同様に、外宮を参拝してから内宮をお詣りするのが作法になっています。

ちなみに「伊勢神宮」から「日向大神宮」「天智天皇陵」「平安神宮」「京都御所」と一直線に並んでおり、このことからかなり重要な聖地だと考えられ、「京都随一のパワースポット」とも言われているようです。

金運アップの神社としても度々紹介されており、おススメなのが「天岩戸」「福土神社」「恵比須神社」です。

「天岩戸」は、洞窟内に「戸隠神社」を祀っており、通り抜けると「厄除け・開運」ができると言われています。

ここで金運の障害になっている厄を祓い、開運のベースを作っておくといいようですよ。

「福土神社」は大国主命を祀る「縁結び」で人気の神社です。大国主命は七福神の大黒天と同神だとされており、金運には欠かせない神様です。

「恵比須神社」の祭神はゑびすであり、こちらも金運とは縁が深い神様です。

聖地に祀られていることからも、ご利益も期待していいのではないでしょうか。

これらの神社以外にも摂社末社が数多くあるので、対応できない願い事はないと言えます。

「桜」「つつじ」「紅葉」の名所なので、それを目当てに参拝に行くのもいいかもしれません。

 【日向大神宮データ】

 所在地 京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29  TEL:075‐761‐6639

 アクセス 京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩15分

 神社ホームページ http://www12.plala.or.jp/himukai/

 祭神 天照大神、市寸島比売命(弁財天) ほか

ニャン三郎ニャン三郎

参拝はかなりの山道になりますので、歩きやすい靴を履いて行った方がいいようです。

真っ暗になりますので、くれぐれも日没までには麓に降りるようにしてくださいね。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<蹴上駅周辺>

 【地図】

 <鹿ケ谷周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-shishigatani

 大豊神社

tanteinikki-kinunjinjya-ootoyojinjya
 大豊神社(おおとよじんじゃ)は、887年に宇多天皇の病気平癒祈願のために、医療の神である少彦名命を東山三十六峰の第十五峰目の椿ヶ峰に祀って創建されました。

当初は、現在地の背後の「椿ヶ峰」という山の中にあり「椿峰山天神(ちんぽうざんてんじん)」と呼ばれていましたが、平安時代の寛仁年間(1017‐1021年)に現在の場所へ遷座したようです。

鹿ケ谷・南禅寺一帯の氏神(産土の神)であり、哲学の道の「ねずみの社」としても有名です。

大国主命が野火に囲まれて立往生しているとき、 ネズミが地面に穴を掘って命を助けたという「古事記」の記述が元になって、「狛イヌ」ではなく「狛ネズミ」が置かれています。

ほかにも「狛イヌ」をはじめ「狛サル」や「狛トビ」「狛キツネ」にも出会うことができます。

小さな神社ですが雰囲気もよく、かわいい「狛ネズミ」に癒されるおススメの神社です。

金運アップ的には、2つポイントを挙げておきます。

1つ目は「境内摂社 大国社」です。名前の通り「大国主命」が祀られており、「狛ネズミ」はここにいます。

大国主命は大黒天と同じ神ですので、金運のご利益が期待できます。

一般的には「縁結び」で有名のようで、女子に人気だそうです。

「大国社」の隣に「稲荷社」もありますので、併せて金運アップをお願いしておきましょう。

2つ目は「大豊神社」という神社名です。なかなか良い名前ではありませんか。

金運アップで豊かになれそうです。

「椿」「枝垂れ紅梅」「紫陽花」「桜」「紅葉」などの美しい名所にもなっていますので、花見に訪れてみるのもいいかもしれません。

参拝後には「哲学の道」をのんびりと歩きたいものです。

 【大豊神社データ】

 所在地 京都府京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1  TEL:075-771-1351

 アクセス 京阪電車鴨東線「神宮丸太町」駅より徒歩16分
      京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩20分

 神社ホームページ なし

 祭神 少彦名命、応神天皇、菅原道真

ニャン三郎ニャン三郎

かわいい手作りのストラップ型お守「狛ねずみ守」が人気のようです。

「哲学の道」沿いにある「大豊橋」を渡ってすぐなので、気軽に寄ってみたいですね。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<神宮丸太町駅周辺>

 【地図】

高級ホテル・旅館予約サイト【一休.com】

高級宿泊施設の予約ならrelux

【ゆこゆこネット】1万円以下で満足度の高い温泉宿満載!

京都のホテルがこんなに安い!人気ホテルをどこよりもおトクに予約【エクスペディア】

旬の味覚を楽しみたいならホットペッパーでお店検索&クーポンもGET!!

空席情報からネット予約できるグルメサイト!![Yahoo!予約 飲食店]

女子会のご予約ならぐるなび

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】

 

LINEで送る
Pocket