tanteinikki-A012
自分の運を積極的に上げようとする方法論は、3つあるというお話をしました。1つ目は「風水・パワースポット」、2つ目は「神頼み」でしたが、これについては今まで少しだけ話してきました。今回は、3つ目である「気学・方位学」について考えたいと思います。では、まず「基本のき」からです。「気学・方位学」とはいったい何か?というところから始めましょう。

気学とは?

kigakuhouigaku-kigakutoha
気学とは、中国古代の思想である「九星術」と「陰陽五行」「十干・十二支」や、中国の魔方陣である「洛書」、吉神・凶神などの「方位神」といった「中国の暦法」の要素をもとに、1924年に園田真次郎という占術家が創始した、日本が発祥の占術です。

九星を使用していろいろな事象を占い、方位や移動の吉凶を占断していきます。

現在の日本では、最も人気のある占いの1つですが、中国や台湾などでは紫微斗数や四柱推命などの占いが大人気であり、気学の知名度は高くありません。

九星術とは別のものですが、気学が九星術をベースに発達したものであるので、九星術のことを気学という呼び方をしたりもします。

生年月日により、「一白」「二黒」「三碧」「四緑」「五黄」「六白」「七赤」「八白」「九紫」のそれぞれの九星に分類し、それをもとに、年月日と方位による移動の吉凶や九星同士の相性などが占われます。

気学で重要になる5つの変化する要素は、「本命星・月命星の算出」「移動予定日時の吉方位・凶方位の割り出し」「出発点(自宅)から移動する場所への方位の算定」「(自宅から)移動する場所までの距離」「移動する場所での滞在時間」です。

それに加えて、「滞在先でどのように過ごすか」とか「良い気の場所(パワースポットなど)に行くかどうか」「ひとりで行くのか複数で行くのか」などが係わってきます。

良い方位・悪い方位はいつも一定ではなく個人個人で違っていますし、日時や年月の経過により刻々と変化していきます。

気学は、「北の取り方」や「地図の選び方」「方位盤の各方位の角度」などに諸説があるために、流派のような違いがあり、それによって、肝心の「移動先の方位」が変わってきてしまいます。

ですので、どの流派、どの先生の言っていることが正しい気学なのかは、判断が難しいところがあります。

自分である程度実践してみて、初めて運が上がったかどうかの判断がつきます。ちょっと、コワイ気がしますね。

また、使う暦は一般的な太陽暦のカレンダーではなく、旧暦(太陰暦)の24節気をもとに、年や月が割り出されます。

たとえば、今月(2015年10月)はカレンダーを見ると8日に「寒露」と記されており、これは24節気のひとつで、「この日から旧暦の10月が始まる」という意味になります。

これを「節入り」といいますが、気学で「本命星・月命星の算出」「移動予定日時の吉方位・凶方位の割り出し」などを行うときは、必ず旧暦を用います。

それと、一年の始まりは太陽暦では1月1日の元旦ですが、気学では「2月の節入り(立春)の日」からですので、この点も注意が必要なところです。

 方位学

kigakuhouigaku-houigakutoha
一般的に「気学・方位学」と、ひとまとめにして言ってしまっていますが、厳密に言えば少し違っています。

「気学」は大正末期に日本人の占術家が創り出したものですが、「方位学」という場合はもう少し大きな概念で、「時間と方位により吉凶を占う方法論すべて」のことです。

ですので、「気学」は「方位学」の一種であると言えます。

気学以外の方位学で有名なものと言えば、諸葛孔明の兵法などで知られる「奇門遁甲の術」がありますが、それ以外にも方位学は実はたくさんの種類があります。

映画でも有名になった、平安時代に実在した安倍晴明があやつる「陰陽道」も、方位による吉凶を占う方位学の1つだと言えます。

それらは、「時間と方位の関係性から吉凶を占う」という共通性はあるものの、内容は多種多様で、それぞれの占術体系は結構大きな違いがあります。

ただし、日本において「方位学」という場合には、一番人気がありポピュラーな「九星気学」を指すことが多いです。

 本命星・月命星

kigakuhouigaku-honmeisei
気学において、自分の生年月日から割り出したもので、生まれた年の九星のことを「本命星」といい、生まれた月の九星を「月命星」と言います。

「本命星」は、その人の持つ本質や背景などの「基本的な性質」を表しており、運命や性格に深くかかわってきます。

「月命星」は、生まれた後の行動パターンや性格から来る表現に影響を与える後天的な運勢を表し、特に35歳以上になるとはっきりと出てくると言われています。

さらに、生まれた日の九星のことを「日命星」といい、日常の表層的な運勢を表しますが、そこまでは気にしなくてもいいようです。

また、「本命星」と「月命星」の位置関係から割り出される「傾斜宮」という方法もあり、それは「月命星」よりもさらに深い行動パターンや、性格による表現を表すとされています。

ゆこゆこで温泉に入ろう!

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】