tanteinikki-A034

 最近は夏ごろからもう、お正月に食べるおせち料理の予約受付が始まっているようですね。

お正月にのんびり過ごすために、必要ならばおせちなどを早めに購入しておいた方がいいのかもしれません。

遅くなっても買えるかもしれませんが、よいものは早く売り切れてしまうんでしょうね。

和食が世界遺産になって注目を浴びていますが、最も和食らしい和食の1つである「おせち料理」には、料理ごとにきちんと意味があります。

さまざまな願いが料理ひとつひとつにこもっている辺りも、細やかでとっても日本的と言えます。

最近は一の重だけの平たいおせち料理もたくさん出回っていますが、やっぱりおせち料理は重箱に入っている方が気分が出ます。

でも、なぜ伝統的なおせち料理は重箱に詰めるのでしょうか?

これにはいくつか説があるようですが、「めでたさが重なるように」との祈願をこめて段重ねの重箱に詰めるというのが有力なようです。

他の説としては、たくさんの料理を用意するため重箱に入れておけば重ねて置いておけるので場所を取らないとか、何日かに分けて食べるので、ホコリや虫が入らないように蓋が必要だとかいう意味もあるそうです。

昔はラップや冷蔵庫などが無かったので、蓋があって重ねられる重箱がこういう場合には必需品だったというのもうなずける気がします。

この記事では、「おせち料理」を用意したいと思っている方のために、「おせち料理」の「献立の意味」や「盛り付ける重箱の位置」などについてお話しすることにしましょう。

この記事を読むことで、「おせち料理」の由来から「おせち料理」を構成する各料理の意味にいたるまで、おおよその全体像が把握でき、それが楽しいお正月を迎える準備の手助けになれば幸いです。

【お歳暮お中元】贈り物を喜んでもらう為のポイント

【Amazon.co.jp】公式サイトはこちら

おせちの由来など

tanteinikki-osechitoha
 おせち料理は、正しくは「御節料理」と書きます。

もともとは朝廷の宮中儀式で、元旦や五節句(年五回あるとされる季節の変わり目)に、神に供え物をし、「節会(せちえ)」という宴を開くときに食べられた「御節供料理(おせちくりょうり)」という料理です。

それが下級の公家や武士の間に広まり、庶民へと伝播していき、私たちがお正月によく目にするおせち料理になりました。

今現在は、お正月に食べるものとして昔とは違ったものが入っている場合もありますが、伝統的なおせち料理の献立は、入れ物に至るまですべてに呪術的な意味があり、子孫繁栄や家内安全、豊年豊作などの豊かさや平穏さへの願いを込めていました。

たとえば、おせちを入れる「重箱」ですが、これには「めでたいことを重ねる」という願いが込められており、最もフォーマルなものは五段重ねになります。

よく見るのは三段くらいのものですが、基本は四段重ねのものだと言われています。

五段の場合は、「五の重」は空にしておきます。

昔から「五の重」は、年神さまから授かる福を詰める場所とされており、できるだけたくさんの福が入るように、何も入れないようにするのが慣習になっているようです。

しかし、地域によっては、「他の重に入りきらなかった料理」や「その家庭ならではの料理」「家族が好きな食べ物」を入れるために使うこともあります。

段が減ってきたのは、昔のように大家族が一般的ではなくなってきたからでしょうか。

献立は、地方風土やその家ごとに若干違うようです。

ですが、基本的な献立はあまり変わらず、それらは「重箱」同様に意味を持ちます。

さらに、各「重」の詰め方には地域や家庭によって違いがあり、他のサイトをみても「詰める段」は諸説あって厳密に決まっているわけではないので、一応の基本を踏まえた上で、家族や親せき、近所の人などに聞いてみるといいかもしれません。

それでは、おせちを構成する代表的な献立の意味を読み解いていきましょう。

 祝い肴【一の重/三段】【一の重/四段】【一の重/五段】

tanteinikki-osechi-ichinojyu

■黒豆

 「黒豆」は「真っ黒になるくらいまめに働けるように」との願いが込められています。

「まめ」とは「元気に」とか、「健康に」「丈夫に」という意味になりますので、「元気に働けますように」ということです。

また、黒色は、道教では魔除けの色とされたことから、「邪気を払い、無病息災で1年を過ごす」という意味でも尊ばれました。

■数の子

 「数の子」はニシンのタマゴです。

たくさんのタマゴがひと塊になっていることから、「二親(ニシン)から多くの子供が生まれるのでめでたい」という意味とされています。

「子宝を授かることと子孫繁栄」を祈って、数の子が加えられています。

■田作り(ごまめ)

 「田作り」は、かたくちイワシの小魚(ごまめ)を使った料理です。

昔は乾燥した小魚を田畑に肥料としてまいたことから、豊作による五穀豊穣を祈る献立として「田作り」と呼ばれました。

「ごまめ」は「五万米」と書きますが、これも小魚の肥料をまいた田畑が豊作だったことからそう名付けられています。

小さくても尾頭付きだというのも、めでたいことだとされています。

「黒豆」「数の子」「田作り」の三品は、祝い肴の中心的な料理で、関東でも関西でも変わらずおせちに加えられます。

これらは「祝い肴三種」とも言われています。

■たたきごぼう(酢ごぼう)

 「たたきごぼう」は、軟らかく煮たごぼうをたたいて身を開いてつくられますが、そこから「自分の身を開運する」という意味のおせち料理になりました。

また、ごぼうはまっすぐに細く長く根を張りますので、「家がその土地にしっかりと根を張って安泰になる」という意味が込められており、縁起のよい食べ物として、おせち以外にもお正月料理にはよく使われています。

「細く長く幸せに生きる」という意味も託されています。

そのほかにも、その形や色が黒い瑞鶏(豊作の象徴)に似ていることから、「豊作を願って食べられた」とも言われています。

「田作り」の代わりに、「たたきごぼう」が「祝い肴三種」になっている地方もあるようです。

【Amazon.co.jp】公式サイトはこちら

 口取り【一の重/三段】【一の重/四段】【二の重/五段】

tanteinikki-osechi-kuchitori

■紅白かまぼこ

 「かまぼこ」は、かまぼこの形(半円状)が初日の出の形に似ているため、「初日の出を祝う」という意味になります。

「紅白」はめでたいものとされており、「紅」は「慶びとめでたさ、魔除け」を表し、「白」は「清浄さ、神聖さ」を表しています。

■伊達巻

 「伊達巻」は、長崎の料理であった「カステラかまぼこ」が江戸に伝わった際に、伊達者(カブキ者・シャレ者)が着ていた着物に似ていたところから、この呼び名がついたようです。

「伊達に生きられるように」という意味でしょうか。

また、伊達巻の形が巻物に似ていることから、「一族の文化的発展、あるいは、学業や習い事の成就を願う食べ物」だと言われています。

■栗きんとん/かち栗/栗の甘露煮

 「栗きんとん」は、きれいな黄金色をしています。

また、「きんとん」は漢字で「金団」と書きます。

その名の通り金の団子つまり金銀財宝を意味し、金運を呼ぶ縁起物として「黄金色に輝く財宝に例えられる豊かな1年を願う」ために、おせち料理として食べられるようになりました。

「栗きんとん」は「かち栗」や「栗の甘露煮」から作られますが、「かち栗」は古くから「勝ち栗」という字があてられ、縁起がよいとされた食材で、「金運と勝ち運が得られるように」と、おめでたい席には必ず出されてきました。

私の実家は「栗の甘露煮」を盛り付けるパターンのおせちでしたが、私はこれが大好きで、用意されたおせちの甘露煮をすべて一人で食べてしまい、よく怒られていました。

今でも懐かしく思い出して食べています。

■お多福豆

 「お多福豆」は、そらまめの一種で、豆の形がお多福の顔に似ていたからこのように呼ばれたようです。

「複を招く食べ物」として、祝い事の席の料理として出されることが多いです。

「紅白かまぼこ」「伊達巻」「栗きんとん」「お多福豆」の4つの献立は、祝い肴の中でも特に「口取り」と呼ばれます。

【Amazon.co.jp】公式サイトはこちら

 焼き肴【二の重/三段】【二の重/四段】【三の重/五段】

tanteinikki-osechi-ebi

■ブリの焼き物

 ブリは、成長と共に名前が変わる出世魚であることにあやかって、「出世することを願い」食べられられています。

■タイの焼き物

 タイは「めでたい」の語呂合わせから、祝いの席にはつきものの魚として珍重されています。

エビもそうですが、タイの朱色が晴れやかな感じがすることから、おせち料理に好んで用いられるとも言われています。

■エビの焼き物

 エビは長いヒゲがあり、腰が曲がっているところから、「長寿の象徴」とみられ、「長いヒゲを生やし、腰が曲がるまで長生きする」ことを願って、おせちだけでなく正月飾りなどにも使われます。

■うなぎの焼き物

 うなぎがおせち料理に入れられるようになったのは、わりと最近のことです。

「うなぎのぼり」にあやかって、「出世を祈願する」縁起物として好んで食べられています。

【旅行グルメ】おいしい毛ガニや花咲ガニの見分け方

 酢の物【二の重/三段】【三の重/四段】【与の重/五段】

tanteinikki-osechi-sunomono

■紅白なます

 「紅白なます」は、生の魚介と大根、にんじんを細く、あるいは、薄く切って、酢などの調味料で和えた料理のこと。

生の魚介類の代わりに、干柿や昆布、ゆずの千切りなども使われます。

大根の白と人参の赤で、お祝いの水引きを表現した縁起物ものであり、「平和と平安への願い」を表します。

■ちょろぎ

 ちょろぎは、植物の根をシソ酢で赤く染めた和えものです。

「長老木」「千代老木」「長老喜」「長呂貴」などのおめでたい文字があてられ、「長寿を願う」ための縁起物として、おせちの仲間入りをしています。

■酢蓮(すばす)

 酢蓮は、レンコンを酢で和えたものです。

レンコンは蓮の根であり、蓮は仏教で極楽浄土の池にあるといわれて、ケガレの無い植物と考えられていました。

輪切りにするとたくさん穴があることから、「将来の見通しがいい、あるいは、先見性を持つ」という縁起を担いで食べられます。

■菊花かぶ

 「菊花かぶ」は、かぶをおめでたい菊の花の形に飾り切りし、半分を赤く染めて、紅白の酢の物にしたものです。

「長寿を願う」縁起物として食べられています。

別の由来としては、武家社会では、かぶは「かぶと(=頭)」に通じることから、「頭目(かしら)を目指すように」という意味の縁起のいい食べ物として広まったとも言われています。

【Amazon.co.jp】公式サイトはこちら

 煮物【三の重/三段】【与の重/四段】【与の重/五段】

tanteinikki-osechi-nimono

■昆布巻き

 「昆布巻き」は、昆布をカンピョウで結んで煮しめたものです。

昆布は、養老昆布=「よろこぶ」という言葉にかけられ、「不老長寿とお祝いを表す、一家の発展を祈願する縁起物」として昔から尊ばれてきました。

和食の献立ではよく出され、なくてはならない料理とも言えます。

また、「子生(こぶ)」の字をあてて「子孫繁栄を願う」ものとも言われており、巻物に通ずることから伊達巻同様に「文化的繁栄や学業成就」などの意味もあるとされています。

■煮しめ/筑前煮

 主に根菜を中心とした野菜などを、いっしょに煮込んだ「煮しめ」や「筑前煮」は、「家族が仲良くいっしょに結ばれる」という意味を持っています。

また「煮しめ」や「筑前煮」に入っている具材にも、以下のようにそれぞれの意味があります。

 ■陣笠しいたけ

 「陣笠しいたけ」は、椎茸の笠の部分を、武士が戦の陣中や外出用に頭にかぶった「陣笠」に見立てたものです。

要するに「しいたけ」なんですが、神様へのお供えものとして重宝されていた椎茸には、「壮健」「元気」「健康」などへの願いが込められていると言われてます。

 ■盾豆腐

 「盾豆腐」は、高野豆腐を煮たものに焼き目をつけて楯に見立てたもので、「家がしっかりと守られるように」という思いを込めた縁起物です。

 ■手綱コンニャク

 「手綱コンニャク」は、細長いコンニャクを、馬の手綱に見立てたもので、「手綱をひきしめるように心をひきしめて、己に厳しくし、戦に備えて心身をやしなう」という意味があります。

また、結び目が「良縁」「円満」などに通ずることから、「よい縁を結ぶ」「円満に結ばれる」という縁起物でもあります。

 ■芽出しくわい

 芽出しくわいは、最初に一本大きな芽が出ますので、「めでたい」にかけて「大きな芽が出て出世すること」を願った縁起物です。

クチナシで黄色に色づけすることで「財」を表し、「お金や豊かさ」を祈願する食べ物でもあります。

また、旧仮名遣いでは「か」を「くわ」と表記したので、「くわい」は「快」の字をあてて、「一年間快適に過ごせるように」という願いも込められました。

 ■花蓮根/屋羽根蓮根

 レンコンは穴がたくさん開いているので、「ずっと先まで見通せるように」と言う意味と、種が多いところから「多産・子宝」という意味もあるようです。

 ■八ッ頭/里芋

 里芋は、親芋に子芋がたくさんつくので、「子宝をたくさん授かりますように」との願いが込められています。

また、八ッ頭も、里芋同様に「子宝」の意味がありますが、それに加え、漢字の八に「末広がり」の意味があるので「子孫繁栄を願う縁起物」と言えます。

そのほかに、八ッ頭は親イモが大きいことから、「頭(かしら)になることを願うものである」とも言われています。

地方風土によって八ッ頭か里芋かのどちらかが使われ、いっしょに煮物になることはあまりないようです。

 ■梅花にんじん

 「梅花にんじん」は、梅花に見立てられたにんじんです。

梅は、花が咲くと必ず実を結ぶことが知られており、縁起物とされています。

また、にんじんの色は「寿・祝い事を表す」とも言われ、好まれています。

 ■たけのこ

 「たけのこ」は、成長が早いので「子供がすくすく育つように願う縁起物」とされていますが、ほかにも、上に向かってまっすぐ伸びるので「立身出世を願った」とか、ものすごい速度で成長する様子を「家の繁栄に見立てた」などの、いろいろな意味があるようです。

■金柑

 「金柑」はだいだい色であり、「代々」に通じる語呂合わせになります。

「子孫が代々繁栄するように」という願いが込められた縁起物です。

また、「金冠」の文字をあてた語呂合わせでもあり、「金銀財宝が得られるように」という意味でもあります。

【Amazon.co.jp】公式サイトはこちら
【楽天市場】公式サイトはこちら

公式サイトはこちらCMで大人気! 【匠本舗】

【公式】大丸松坂屋オンラインショッピング