パワースポット

京都の西大路周辺で運気をアップ!大人のための開運神社散歩

2016/09/22

ゆず
京都の「西大路駅」は、「京都駅」からも近くて、ちょっとした京都旅行でも立ち寄れるよね
京都は古くから都だったから、日本最強クラスのパワースポットがズラリとあるみたいだよ
チョコ
メイ
じゃあ、まずは京都駅のすぐ西の「西大路八条」あたりにある「開運神社」をまとめてみようよ

 日本各地の「開運神社」「金運神社」は大小合わせるとかなりの数がありますが、とりわけ「京都」にはその数が多く、なおかつ名が知られているものが多くあります。

「歴史ある神社」「由緒ある神社」も星の数ほどありますが、けっこう新しめの神社もあり、時代的にも幅が広く、ほかの地方よりも厚みがあるのも特徴です。

それもそのはずで、ご存じの通り「京都」は794年(延暦13年)の「平安京遷都」から、1869年(明治2年)に日本政府(当時の呼称は「太政官」)が東京(前年に「江戸」から改称)に移転して首都機能を失うまで「千年以上」にわたり日本の「都」であった場所でした。

じつは、明確な「東京遷都」の宣言はされておらず、当時の政治的理由により、いつの間にか「京都」から「東京」に首都機能を移してしまったので、首都としての東京は「結婚」で言うなら「事実婚」のような状態なんだそうですよ。

現在の京都府は、旧分国で言えば「山城国」「丹後国」と「丹波国」の東部になります。

日本では、昔から観光地として「No.1」の人気を誇り、1994年(平成6年)には「古都京都の文化財」として「世界遺産」にも登録されてその人気ぶりはさらに過熱し、日本人だけでなく世界中から観光客が殺到する場所になりました。

定番の有名「開運スポット」から、知る人ぞ知る穴場の「開運スポット」まで、ずらりとそろっていますので、ぜひ自分にピッタリ合った「開運神社」を探してみてください。

この記事では、京都へのご利益参りで開運したい方のために、京都駅からほど近い「西大路」周辺にある開運神社をご案内していくことにしましょう。

この記事を読むことで、「西大路」の周辺で「開運」「金運」の祈願を成就させてくれそうな神社がどこなのかが分かり、今までよりさらにポイントを押さえたご利益参りができるようになるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

  • 京都への「神社参拝」で運を開きたいと思っている人
  • 京都の「西大路」周辺にある「開運神社」が気になる人
  • ちょっとした「京都旅行」に「ご利益参り」をしたい人
  • 「京都駅」から近い場所で「開運」「運気アップ」のお参りがしたい人
  • 「御朱印」「お神札」「お守り」が大好きな人
神社巡りと占いで開運! ココナラメール占い 公式サイトはこちら
京都を旅するなら 【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ! 公式サイトはこちら
こちらもどうぞ
開運する理由で選ぶ!京都でおススメの金運神社で運気アップ

続きを見る

【西大路周辺】

■若一神社

 若一神社は、平安末期の1166年に平清盛がここに「西八条殿」と称する別邸を建てて、紀州熊野の若一王子の御霊を祀ったのが始まりです。

清盛が熊野詣でに行ったときに、「土中に隠れている御神体を探せ」とのお告げがあり、帰京してから探してみたところ「若一王子(熊野権現の第一王子)」の御神体を発見し、大喜びでこれを祀りました。

それ以後清盛の勢威がのびて、この翌年1167年に貴族の最高位である太政大臣にまで出世したことから、開運出世の神として崇められています。

この頃武士は新興階級であり、公家たちから人間扱いされておらず犬猫同然と思われていたため、この大出世は考えられないほどの異例中の異例でした。

若一神社の近くにある「西大路八条」の辺りは、平安時代には西国街道と山陰道の接続する場所であり、「丹波口」は日本海側と京都とを結ぶ入口、さらに平安京の南側にある正門「羅生門」にほど近いというこの場所は、まさに当時の交通の要衝であり、「人の動き」つまり「情報」を押さえようとした平清盛の卓見がよく分かる立地です。

神社前の「清盛手植の大楠」がシンボルになっています。

この楠は清盛が太政大臣に就任した際に、それを感謝し自らの手で植えたと伝えられる御神木で、源平合戦の混乱の際に邸宅に火を投げかけられても焼け残ったものだそうです。

また、時は流れて昭和になってからも、都市計画のためにこの楠を切ろうとすると関係者に災いが起こったりしたと伝えられています。

そのため、今でもこの大きな楠はそのままにされ、西大路通りは直線ではなくこの木を避けるように少し膨らんだ形になっています。

京都のまっすぐにのびる碁盤の目のような道を曲げているのは「本願寺」と「若一神社」だけだと言われています。

本殿の奥にある「神共水(じんぐすい)」は、平家物語にも登場する「開運出世の水」ということです。

京の銘水のひとつでもあり、また自由に飲めるようなので、お水取りに来る人も多くいます。

平清盛は当時最高の大出世をしただけでなく、日本のほぼ半分を平家一族の知行地・荘園にして、さらに日宋貿易で莫大な大儲けをしました。

その意味で、若一神社は日本有数の金運神社と言えるのかもしれません。

【神社データ】

【所在地】
京都府京都市下京区七条御所ノ内本町98

【TEL】
075-313-8928

【アクセス】
JR東海道本線「西大路」駅より徒歩5分

JR山陰本線「丹波口」駅より徒歩24分

阪急京都線「西京極」駅北口より徒歩25分

【神社HP】
なし

【祭神】
若一王子

とろ
「開運御守」と「平清盛ストラップ」が大人気です

【周辺のグルメ情報】
食べログ<西大路駅周辺>

こちらもどうぞ
京都の金閣寺周辺で運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

■鎌達稲荷神社

 鎌達稲荷神社は、平安京遷都時に東寺と対で造営された西寺の跡地にあります。

もともとは、現在地よりJR東海道本線の高架を挟んで北側にある梅小路の土御門家邸内にあったものだそうです。

そこには陰陽師として有名な「安倍晴明」を先祖とする土御門家の屋敷や、祭祀を行う建物が立ち並んでいました。

ちなみに、「安倍」家は鎌倉時代に「土御門」家に名を変え、その後も代々「陰陽頭」を務めていましたが、応仁の乱を逃れて若狭国に移住していたのを、徳川家康が京都に再び迎え、梅小路に屋敷を造らせて住まわせたそうです。

梅小路には、安倍家・土御門家の菩提寺である梅林寺や安倍晴明を祀る稲住神社もあり、鎌達稲荷神社も当初はその周辺の「陰陽師の拠点」と言える場所にありました。

「鎌達稲荷神社」は、陰陽師である「安倍・土御門家ゆかりの祭祀の場」でもあった最強のパワースポットであり、「奇跡を呼び勝運を呼ぶ」並外れたパワーがあると言われています。

鎌達稲荷神社の創建は奈良時代とも言われており、伏見稲荷大社よりも古いため「元稲荷」の別名もあるようです。

御神木である大きな杉の木には 天狗が宿るとの言い伝えもあります。

境内には、平安時代の比叡山の山伏・呪術僧としてその名が知られている「浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)」を祀った塚があります。

浄蔵貴所は、「一条戻り橋の蘇生伝説」や「八坂の塔の傾きを直した伝説」を持つ人物であり、「幸運・勝負運のご利益が授かり、奇跡を起こす強烈なパワーがある」とされています。

「けんたつ」という神社名が、「優れた剣」「剣の達人」を現わすと言われたことから、戦国武将をはじめとする武士の崇敬が篤かい神社でした。

また鎌達稲荷神社には、戦国時代の武将達がこぞって身に付けた呪符をモチーフにしてお守りにした「サムハラ守」があります。

このお守りには「サ」「ム」「ハ」「ラ」の四文字が漢字で書かれていますが、漢字ではなく神字であるという言い方もされています。(パソコンで漢字変換ができない文字が含まれているので、この記事ではカタカナ表記にしてあります)

この四文字の漢字には奇跡を呼ぶ力があるとされていて、有名な戦国武将の加藤清正はことのほか「サムハラの力」を信じており、「サムハラの四文字を刀に刻んでいたため戦場では矢が避けて通ったのだ」と清正自身が打ち明けたという逸話もあります。

近代における「日清戦争」「日露戦争」以降の各戦争・事変においても、徴兵により戦地に向かう兵隊たちが弾丸除けのためにサムハラのお守りを身に付けて、多くの人が大難を逃れたと言われています。

サムハラお守りを授与しているのは「鎌達稲荷神社」と大阪にある「サムハラ神社」だけですので、これはぜひ手に入れておきたいところですね。

小さな神社ですが、その力はまさに折り紙付きと言えるでしょう。

【神社データ】

【所在地】
京都府京都市南区唐橋西寺町57

【TEL】
075-691-9588

【アクセス】
JR東海道本線「西大路」駅より徒歩10分

近鉄京都線「東寺」駅より徒歩19分

【神社HP】
なし

【祭神】
倉稲魂大神(稲荷神)、猿田彦大神

とろ
奇跡を生むお守「サムハラ守」は大好評で、郵送でも対応してくれるようですよ。

ちなみに、サムハラの4文字はこのような文字です。

【周辺のグルメ情報】
食べログ<西大路駅周辺>

こちらもどうぞ
【開運】気学の移動距離・滞在時間の有効範囲と便利なツール

続きを見る

■六孫王神社

 六孫王神社は、源氏の始祖「源経基」を祀る神社で、境内は源経基の邸宅「八条亭」の跡地であると伝えられています。

963年に、経基の嫡子である満仲が現在地に経基の墓地と社殿を建立し「六の宮」と称したのがはじまりで、「多田神社」(兵庫県川西市)「壺井八幡宮」(大阪府羽曳野市)と共に「源氏三神社」の1つです。

また、源満仲が「清和源氏」という武士団を形成して武家の棟梁となったことから「清和源氏発祥の宮」と称しています。

源経基は皇族であり清和天皇の第六皇子の子で、天皇の孫にあたるために「六孫王」と呼ばれましたが、朝廷から「源氏」の姓を賜り臣籍降下をしています。

折から起こった大事件「承平・天慶の乱」(東国における平将門の反乱と西国における藤原純友の反乱)の追討に功績があるとされ、鎮守府将軍に任ぜられました。

それ以後、鎌倉幕府を開いた「源頼朝」室町幕府を開いた「足利尊氏」江戸幕府を開いた「徳川家康」など、武家政権の為政者全てが源氏の血筋であり、近代までの日本史はある意味で源氏を中心にまわっていたと言えるかもしれません。

また、源氏の流れをくむ氏族はあまたあり、それぞれが大なり小なりその土地の支配層として子孫繁栄しています。

歴史上名を成した人物も1人や2人ではありません。

そうしたことから、六孫王神社は出世開運のご利益ありとされています。

それは言い換えれば、「一族から大小多くの分限者(富裕層)を輩出し日本の富を長い間独占することになった」とも言えるので、金運に大きな霊験があるという言い方もできそうです。

【神社データ】

【所在地】
京都府京都市南区八条町509

【TEL】
075-691-0310

【アクセス】
JR線・新幹線「京都」駅より徒歩13分

地下鉄烏丸線「京都」駅より徒歩13分

近鉄京都線「京都」駅より徒歩13分

JR東海道本線「西大路」駅より徒歩15分

JR山陰本線「梅小路京都西」駅から徒歩6分

近鉄京都線「東寺」駅から徒歩10分

【神社HP】
http://www.rokunomiya.ecnet.jp/

【祭神】
六孫王大神(源経基)、天照皇大神、八幡大神

とろ
境内からは名水が出るので頂くと良いでしょう。

風水では「水の気」は金運の象徴です。

「西大路駅」と「京都駅」のちょうど中間のあたりの線路沿いにあり、

「東寺」までは「徒歩5分」くらいで、すぐ近くにありますよ

【周辺のグルメ情報】
食べログ<京都駅周辺>

こちらもどうぞ
京都の二条城周辺で運気をアップ!大人のための開運神社散歩

続きを見る

神社巡りと占いを一緒に活用して効率的に開運

おススメの占いサイト

ココナラ(メール占い)

「ココナラメール占い」は、「対面占い」や「電話占い」と違って、いつでも気軽に利用できる「メール占い」を、「お財布にやさしい価格」で提供してくれる、スキルマーケット「ココナラ」の人気カテゴリーの1つで、他の占いサイトと比べて圧倒的多数の「2500人以上の占い師」が登録しており、多彩な占い方法で「メール占い」ができるのは魅力的なところ!

「ココナラ」では「購入者」「出品者」の双方が安心して利用できるシステムが多数あり、安心の「決済システム」を始め、専任スタッフによる全サービスの「パトロール」、購入者と出品者が互いに互いを評価する「取引評価システム」、「ココナラ」がスキルを保証する「PRO認定制度」、失敗やトラブルを防ぐのに大切な「無料お試し枠」や、「人気ランキング」「口コミ」なども充実しており、安全で健全な取引を全力でサポートしてくれています。

「メール占い」は、「対面相談」「電話相談」が苦手な方でも「気楽に相談できる」こと、「対面占い」「電話占い」などに比べると「費用が安く済む」こと、「じっくりと占ってほしい内容を考えられる」こと、タイミングを選ばず「自分の好きな時に占ってもらえる」こと、後から「繰り返し占いの文章を読み返すことができる」ことなど、たくさんのメリットがあるので、まずは「メール占い」から始めてみることをおススメします!

ココナラ(電話占い)

「ココナラ電話占い」は、知識・スキル・経験など、みんなの得意なことをサービスとして出品・購入できる日本最大級のスキルマーケット「ココナラ」の仕組みを使って、「専門の電話占いサイト」よりも身近な感覚でお話ができる、「リーズナブル」な鑑定料が魅力の「電話占い」です。

占いのスキルを提供したいという「電話占い師」が、「2500人以上」も登録しており、「霊視・透視・チャネリング」「タロット」「占星術」「密教」「霊感・スピリチュアル」「易占い」「夢占い」「姓名判断」などほぼすべての占い方法をカバーしていますし、もちろんどんなことでも占い可能で、「恋愛」「結婚」「復縁・復活愛」はもとより、「仕事」「転職」「人間関係」「経営判断」「願望成就」や、さまざまな「人に話せないこと」「悩み」「迷い」などを解決するサポートをしてくれるでしょう。

「占い師」の腕前がマチマチなため、「ランキング」や「口コミ」をよく吟味して「人気の度合い」や「占ってもらったときの感じ」を把握しておくことや、「ココナラ」が実績を保証する「PRO認定」のある「占い師」を選ぶのが失敗を防ぐポイントで、また、「メール占い」も「電話占い」も両方やっている「占い師」も多いので、一度「メール占い」をしてもらって、「これは話をじかに聞いてみたい」という「占い師」が見つかったら、「電話占い」に移行するのもアリ!

電話占いヴェルニ(メール占いOK)

「電話占いヴェルニ」は、10年以上もサイトの運営実績のある老舗の電話占いサイトで、「メール鑑定」に対応してくれる占い師も250名以上在籍しており、「高品質な占い」を提供してくれますが、料金的は他の占いサイトとほとんど変わらず「リーズナブル」で、サポートが充実しており、初心者でも「安心」「安全」に的確な占いをしてもらえるでしょう。

総勢500人以上の占い師の中から自分にぴったりの占い師を見つけやすくなっていて、在籍占い師が多いのでいろんな先生に占ってもらえますし、合格率3%と言われる厳しい審査を通過した一流の占い師が揃っており、「占い師の多彩さ」「占い師とのマッチング」「占いの質」などはネットの口コミなどでも高評価!

「他のメール占いで満足できなかった人」「在籍占い師が多い方がいい人」「自分に合った占い師を見つけたい人」「初回登録特典無料ポイントが貰えるのでお得に鑑定してもらいたい人」「実力派の鑑定師が揃っている方がいい人」「恋愛で悩んでいる人」には、とてもおススメ!

開運の知識はチェックしておこう!

開運の情報集めには電子書籍が便利かも

BookLive!

「BookLive!」は、世界最大規模の総合印刷会社「凸版印刷」の系列会社が運営する「国内最大級」の「総合電子書籍ストア」で、100万冊以上ラインナップされ「全ジャンル」にわたり品揃えが豊富なことや、「入会時限定50%OFFクーポン」「1日1回クーポンガチャ」「LINE@クーポン」「まとめ買いptバック」などのほか、「ポイント還元」では「Tポイント」「クラブ三省堂ポイント」がもらえるなど、「クーポン」「キャンペーン」「ポイント還元」の充実ぶりは「ネットの口コミ」でも大好評!

「会員登録なし」で誰でも「無料で15000冊以上」の電子書籍を「まるごと1冊」読める「無料作品コーナー」や、「激安コーナー」「値引き作品コーナー」などでかなりお得に電子書籍を読めること、「作者のプロフィールや作品一覧」「レビュー」などが分かりやすく充実していることや、本棚アプリが使いやすく「本棚が使いやすい電子書籍ストアNo.1」にも選ばれたこともあるなど、人気が高く安心して利用できる使い勝手のよいサービスはとても魅力的です!

「さまざまなジャンルをいろいろ読みたい人」「『無料立ち読み』が好きな人」「本棚の『整理機能』や『サポート機能』などの使い勝手や読み心地にこだわりたい人」「『1日1回クーポンガチャ』などの充実したキャンペーンやクーポンが魅力的だと思う人」「『Tポイント』『クラブ三省堂ポイント』を利用する人」「できるだけ安く電子書籍が買いたい人」「本を選ぶときには作品一覧やレビューも必ず見るという人」には、非常におススメ!

BOOK☆WALKER

「BOOK☆WALKER」は、業界TOP3に入る大手出版社「KADOKAWA」が運営する「電子書籍ストア」で、運営会社の安全性は高く安心して利用でき、「全ジャンル」にわたって品揃えされていますが、「ライトノベル」では「KADOKAWA」は絶大な影響力があり、それがそのまま「BOOK☆WALKER」の大きな特徴になっているため、とくに「ライトノベル」「マンガ」「小説」「写真集」などの「エンタメ系のジャンル」には強みがあります。

会員登録をすると無料で自動適用される「ブックウォーカークラブ」という「会員ランク制度」があり、毎月の購入額でランク分けされて、ランクによって「電子書籍」を購入したときの「ポイント還元率」がアップしていきますし、ほかにも「初回購入金額の50%ポイント還元(上限なし)」「追加料金なしのオリジナル特典つき電子書籍の配信」「予約購入するだけで還元率アップ」「まる読み10分」などのキャンペーンも充実しているほか、スマホやタブレットのアプリも高機能で使いやすいと好評!

「ライトノベルが好きな人」「作者やイラストレーターによる『オリジナル描き下ろし』『ショートストーリー』『ドラマCD』などの『オリジナル特典つき電子書籍』が欲しい人」「ジャンルを問わず書籍を毎月一定額以上購入する人」「キャンペーンやポイント還元率は大切だと思う人」「『文庫・ライトノベル』『マンガ・雑誌』の読み放題プランに魅力を感じる人」「エンタメ系の本を中心に利用したい人」「KADOKAWA系の作品が好きな人」には、おススメ!

コミックシーモア

「コミックシーモア」は、「NTT」のグループ会社が運営する「総合電子書籍ストア」で、「電子書籍サービス」としては「老舗中の老舗」と言える安心安全なサービスであり、「全ジャンル」の書籍を揃えていますが、とくに「マンガ」には力を入れていること、サイトが分かりやすい作りになっていることや、「割引」や「ポイント還元」などの「おトク」が充実しているのも特徴。

「読み放題プラン」が2種類あり、自分の「マンガ」を読む「ジャンル」や「分量」に合わせて選べることや「レンタルプラン」もあること、「無料読み放題作品」の数も多く「無料コミック」や「セール」を毎日更新するなど更新頻度も高いこと、各書籍の「レビュー」が充実していて内容や評価を把握しやすくなっているのは、とても便利で魅力的!

「書籍は分かりやすいサイトを利用したいと思う人」「毎月定期的にマンガを購入している人」「『キャンペーン』『割引』『ポイント還元』が好きな人」「まんがを中心に他の書籍も読みたい人」「新しいマンガだけじゃなく古いマンガも楽しみたい人」「自分に合った『読み放題プラン』を選びたい人」には、とてもおススメ!

Kindle Store

「kindleストア」は、「Amazon」が運営する「総合電子書籍ストア」で、取り扱っている書籍の数は、他の電子書籍の販売サイトを圧倒的に上回る業界最高クラスであり「全ジャンル」に強く、中でも「ビジネス書」のジャンルが強みがあること、そして「検索性」に優れることや、30日間無料の「お試し期間」もあるなど、使い勝手も抜群!

電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」は、紙の書籍に近い読み心地を実現しており使って損はないアイテムですし、「スマホ」や「タブレット」に「アプリ」をダウンロードすれば「Kindleストア」で購入した電子書籍を読めることや、また「Amazonプライム」に会員登録していると約1000冊程の書籍が無料で読め、さらに「定額読み放題サービス」である「kindle unlimited」の会員になると、120万冊以上もの本を好きなだけ読むことができるのも魅力的!

「本をたくさん読みたい人」「電子書籍専用リーダー端末『Kindle』を使いたい人」「Amazonの通販をよく利用している人」「読みたい本や欲しい本が決まっている人」「定額読み放題のKindle Unlimitedにとても魅力を感じる人」「ビジネス書を中心に本を購入したい人」には、特におススメ!

楽天Kobo

「楽天Kobo」は、「楽天」が運営する、「Kindleストア」に次ぐ業界シェアNo.2の安心安全な「電子書籍ストア」で、ジャンルや品揃えに関してはこの2つが業界最高レベルであり、ほとんどすべての「出版社」「ジャンル」の書籍と取り揃えていますが、特に「洋書」に関しては「kindleストア」をしのぐほどの品揃えで使い勝手もよく、また、専用リーダー「Kobo」でも「スマホ」や「タブレット」用の「アプリ」でも読むことができるのは便利です。

自分の好きな本だけを読むのなら、「ポイント」が使える「楽天kobo」の方が「kindleストア」よりもお得であり、「amazon」より「楽天」を使うことが多ければ、「楽天カード」などとの連携で「ポイント」がザクザク貯まるので、「キャンペーン」や「クーポン」「セール」などをうまく利用し、「ポイント」とあわせて使えば、かなり「おトク」にできますし、雑誌専門の「定額読み放題サービス」である「楽天マガジン」もあるのは魅力!

「楽天市場や楽天関連のサービスを普段よく利用する人」「楽天カードを持っている人」「割引きよりもポイント還元が好きな人」「電子書籍専用リーダー『Kobo』を使いたい人」「小説や洋書を中心に購入する予定の人」「楽天の『セール』や『キャンペーン』『クーポン』を利用したい人」「雑誌だけ読めればいいので『楽天マガジン』に魅力を感じる人」には、とくにおススメ!

ブック放題

ブック放題

「ブック放題」は、350種類以上の雑誌が読めるソフトバンク系の「雑誌読み放題サービス」で、「1ヶ月無料のお試し期間」があることや、「記事検索ができる」「複数端末が利用できる」、事前にダウンロードした雑誌をいつでも「スマホアプリを使って読める」ことなど、使い勝手がよいのはうれしいところ。

大きな特徴は、最新の「雑誌」だけでなく「マンガ」も読み放題で楽しめることで、マンガは旧作が中心ですが3万冊以上が揃っており、「懐かしの名作マンガ」が楽しめるのと、「旅行誌るるぶ」の取扱が他のサービスよりも圧倒的に豊富なので「旅行好き」には魅力的!

「月額料金が安い雑誌読み放題サービスを探している人」「なつかしいマンガが大好きな人」「旅行先で『るるぶ』が見たい人」「日常や旅先での暇つぶしに雑誌を読みたい人」「雑誌記事を検索したい人」「複数端末で利用したい人」には、おススメです!

この記事のまとめ

    • このエリアのおもな金運神社は「若一神社」「鎌達稲荷神社」「六孫王神社」
    • このエリアは「京都駅」のすぐ西側周辺で、京都の歴史と日常が混在した街並みを散策できる
    • 「若一神社」は、「平清盛」の大出世と平家の栄華を導いた神を祀る、開運出世の神社
    • 「鎌達稲荷神社」は、「安倍晴明」の子孫の陰陽師ゆかりの「奇跡」と「強運」のパワースポット
    • 「六孫王神社」は、日本の支配者層として類まれなる子孫繁栄をした「源氏」の始祖を祀る神社

 

-パワースポット

テキストのコピーはできません。