ご利益・占い・運試し

【開運】神社で運気アップしよう!金運を授ける神道の神

2016/08/14

ぽんず
神社で「金運」をお願いしたいけど、どの神様に祈ればいいのかな?お稲荷さん?
「八百万の神」っていうくらいだから、神様がいっぱいいて分からないよね
あずき
あんず
じゃあ、「神道」「陰陽道」の神々の中で、「金運」を叶えてくれそうな神様のお話をしよう

 昔から「困ったときの神頼み」、よく言われています。

「金運」を得る手っ取り早い方法として「神頼み」がよく行われてきましたが、神さまにも得意不得意ってあるんでしょうか?

いったいどんな神さまに祈ればいいのか、それが分かってさえいれば、より効率的に祈願できそうな気がしますよね。

日本における文化的背景ともいえる神道にはたくさんの神さまがいますが、そのなかには、とくに「金運」に効果のあると言われている神も、とても数多く存在しています。

いったいどの神さまが金運を叶えてくれるのか知りたくありませんか?

この記事では、「金運」を神道の神に祈願したい方のために、「金運」にご利益があると言われている神道の神々についてお話していきたいと思います。

この記事を読むことで、「金運」に霊験のあるのはどんな神さまなのかが分かり、毎年の「初詣」だけでなく、日々の「お参り」にもその神に祈願することで、大きな「金運」が得られるようになるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

  • 神社で金運を祈願したい人
  • 開運するために金運が欲しい人
  • 金運にご利益がある神道の神々を知りたい人
  • 神社に参拝しようと思っている人
  • 運気アップのためには何でもしたい人
開運旅行するなら 【ゆこゆこ】で開運! 公式サイトはこちら
参考記事
【開運】富貴栄華と幸福をもたらす民話や民間信仰の神々

続きを見る

■宇迦之御魂神

 「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ/倉稲魂神)」は、別名「お稲荷さん」として親しまれています。

日本全国どこにでも見られる「お稲荷さん」ですが、実は神道系・仏教系・修験道系の3つの系統に大きく分けることができます。

神道系の「お稲荷さん」は、京都の「伏見稲荷大社」を総本社とする「稲」の神さまであり、五穀・食物をつかさどる代表的な食物神でした。

狐を神使(神の使い)としており、伊勢神宮外宮に鎮座している「豊受大神」と同じ神であるとも言われています。

見分け方は「神社に祀られていること」「『正一位』という朝廷の位階があること」などです。

仏教系の「お稲荷さん」は、空海が真言宗と共に日本に持ち込んだ外来の神さま「ダキニ天」であり、「ダキニ天」が白狐にまたがっているとされていたところから、狐を神使とする「宇迦之御魂神」と同一視され、真言密教の広まりと共に日本全国に拡がっていきました。

仏教系の「お稲荷さん」の総本社は愛知県の「豊川稲荷」です。

見分け方は、「お寺に祀られていること」「『ダキニ天』『荼枳尼天』などの仏教神の名前がついている」ことなどです。

霊験・ご利益はハンパないと言われていますが、その一方で「お稲荷さん」ついての怖い話、例えば「キツネ憑き」や、関係者が次々災厄や死に見舞われるなどのタタリをなしたりするのは、この系統の「お稲荷さん」であると言われています。

修験道系の「お稲荷さん」は、長野県の「飯綱権現」を総本社とする「お稲荷さん」で、「飯綱権現」の主祭神が狐にまたがっている老人の男性神の姿で描かれることから、「宇迦之御魂神」と同神とされました。

呪術に関係が深い「お稲荷さん」です。

絶対数が少ない系統ですので、それほどは意識しなくてもいいかもしれません。

見分け方は、由緒書きを良く見ることです。

「修験道に関係が深い神社仏閣」であればこの系統の「お稲荷さん」である可能性があります。

これら3つの系統の神々が、神仏習合が進んで次第に同化していったのが、現在の「お稲荷さん」であるということになります。

「お稲荷さん」はもともと「稲」「五穀」「食物」の神ですが、それが「収穫」「豊作」「ご馳走」と結び付けられ、それが「富」を連想させたために、「金運」の神として信仰されました。

「お稲荷さん」は「富貴」をもたらす神の象徴として、中世の商工業の発展に伴って農村から都市部に拡がり、大名から庶民に至るまで貴賤に関わらず親しまれていきます。

ちなみに、神道において「稲荷大神」という場合は、正式には「宇迦之御魂神」だけを指していうわけではなく、「佐田彦大神(猿田彦命)」「大宮能売大神(大宮女命)」「田中大神(大国主命)」「四大神(五十猛命、もしくは、五十猛命を含む4柱の神の総称)」という5柱の神を合わせていいます。

参考記事
【開運】仏教や修験道での福徳財宝と豊かさを与える神様

続きを見る

■事代主命

 「事代主命(ことしろぬしのみこと)」は、「大国主命」の息子です。

あるいは、「イザナギ」「イザナミ」の子供である「蛭子神」であるとも言われています。

しかし、そういわれてもピンと来ないかもしれませんが、「エビスさま」と言えば分らない人はいないでしょう。

エビスビールのラベルなどでお姿が見られる、あのお方ですね。

代表的な金運の神であり、豊作・豊漁・交易・商売繁昌をつかさどるとされています。

関西では「えべっさん」と言われて親しまれており、本拠地は兵庫県の「西宮神社」です。

参考記事
開運する理由で選ぶ!東京でおススメの金運神社で運気アップ

続きを見る

■大国主命

 「大国主命(おおくにぬしのみこと/大己貴命・大物主命など)」は、「天照大神」に国譲りした国津神で、出雲の周辺を支配下に置いていた実力者と言われています。

神話の中では大変な美男とされており、かなりのモテ男であったことから縁結びの神として有名です。

一方、「大国主命」は「ダイコクさま」としての顔も持っており、代表的な金運の神でもあります。

島根県の「出雲大社」が総本社であり、神使はねずみです。

「エビス」「ダイコク」の2神は、「七福神」で2トップを務めています。

参考記事
【開運】金運を上げる風水を実践して運気アップしてみる

続きを見る

■市杵島姫命

 「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」は「宗像三女神」の1柱で、強力な力を持つ海の神とされており、たいへんな美人であると言われています。

神仏習合によって、仏教の「弁財天」と同一神とされ、「ベンテンさま」として非常に人気のある神さまです。

財宝・美・音楽・芸能をつかさどります。「宗像三女神」の総本社は福岡県の「宗像大社」、「弁財天」の総本社は広島県の「厳島神社」です。

ちなみに日本五大弁天は、広島県の「厳島神社」、滋賀県の「竹生島神社」、奈良県の「天河大弁財天社」、神奈川県の「江ノ島神社」、宮城県の「金華山黄金山神社」です。

参考記事
開運する理由で選ぶ!京都でおススメの金運神社で運気アップ

続きを見る

■素戔嗚尊

 「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」は高天原の秩序を乱す荒神(あらがみ)としての側面と、ヤマタノオロチを退治して「稲田姫命」(「稲」に象徴される穀物神)を救った豊穣(金運)の守り神という側面を持ちます。

神道では、タタリをなすほどの荒々しい神ほど、祈願した時の霊威が強いとされる傾向があり、「スサノオ」も非常に強力な霊威神とされています。

一生懸命祈願していても何も起こらず、「ダメか・・・。」と思ってションボリしかかると急に願いが叶うなどとも言われており、「ツンデレ疑惑」がある神さまです。

有名な厄払いである「茅の輪くぐり」のもとになった蘇民将来の話に出てくるように、「牛頭天王」と同一神とされています。

「スサノオ」を祀る信仰は大きく分けて、京都の「八坂神社」を本拠地とする「八坂信仰(祇園信仰)」、愛知県の「津島神社」を本拠地とする「津島信仰(天王信仰)」、埼玉県の「氷川神社」を本拠地とする「氷川信仰」の3つの系統があります。

参考記事
【開運】気学の移動距離・滞在時間の有効範囲と便利なツール

続きを見る

■大歳神・御歳神

 「大歳神(おおとしがみ)」「御歳神(みとしがみ)」は「年神」「年徳神」「恵方神」などの呼び名で知られる、代表的な福神。

「大歳神」は「スサノオ」の子供であり、「御歳神」は「大歳神」の子供の神さまです。

大みそかにすす払いをし、正月に門松や鏡餅を飾り、節分の日に恵方巻きを一口で食べて死にそうになるのは、この神さまをお迎えしたいからなのです。

知ってましたか?

参考記事
【開運旅行】女性の心と身体の癒しに効き目がある温泉の泉質

続きを見る

■金山彦命・金山姫命

 「金山彦命(かなやまひこのみこと)」「金山姫命(かなやまひめのみこと)」は、金属と鉱山、あるいは、金属加工などの金属にたずさわる人々をつかさどる神ですが、「金属をつかさどる」というところから「金運・お金の神さま」とされています。

兄妹の神とも、夫婦の神ともいわれています。

宮城県の「金華山黄金山神社」や岐阜県の「南宮大社」、京都府の「御金神社」など、数々の有名な金運神社の主祭神となっています。

参考記事
【開運旅行】女性の健康的魅力と運気をアップする温泉の泉質

続きを見る

■豊玉姫命

 「豊玉姫命(とよたまひめのみこと)」は記紀神話では海の神の娘であり、海神の宮殿にやってきた「彦火々出見命(ひこほほでみのみこと=山幸彦)」をもてなし、結婚して子供をもうけます。

この子供が「神武天皇」の父親となり、現在の皇室につながっていきます。

民話では竜宮城の「乙姫」として登場し、海の豊饒さと金銀財宝などの富をつかさどる女神として描かれています。

その子孫が天皇家につながることを考えても、富貴と権力を象徴する女神ということができると思います。

参考記事
【開運旅行】女性の美肌を魅力的にする温泉の泉質と美人の湯

続きを見る

■竜神

 「竜神(りゅうじん)」は神道の中ではちょっと特殊な神です。

普通、動物神は神さまの使いとして霊威をふるうことが多いですが、「竜神」は神使というよりは、神さま自身が変化した姿として考えられているようです。

「竜神」は水神や海神とイコールであり、また雷神でもあります。

つまり、水神や海神・雷神に分類される神々は、同時に「竜神」でもあります。

「竜神」は民話の中に多く登場し、富貴と財福をもたらす代表的な神といえます。

ちょっと古いですが、まんが日本昔話のオープニングでそのお姿を拝見できますね。

ドラゴンボールのシェンロンだと言った方が、分りやすいでしょうか。

参考記事
【totoBIG】高額当選確率が高い宝くじと当たりやすい買い方

続きを見る

■金比羅神

 「金比羅神(こんぴらしん)」を祀る総本社は、「讃岐のこんぴらさん」として有名な、香川県の「金刀比羅宮」です。

もともとは船や航海の安全と雨乞いの神でしたが、雨乞いをして雨を降らせることは、豊作・豊穣につながり、そこから富の神とされました。

また、社紋の「丸に金の文字」からも、「お金の神さま」として連想されたようです。

インドのクンピーラ神が源流であり、仏教では「十二神将」筆頭の神である「宮比羅(クビラ)」と同一神になります。

参考記事
【開運】吉神や凶神が巡る方位には注意して運気アップしよう

続きを見る

■大山祇神

 「大山祇神(おおやまづみのかみ)」は日本の山神の総元締であり、また、海の神の総元締ともされています。

本拠地は愛媛県の「大山祇神社」で、この神社は「日本総鎮守」とも言われています。

関東での中心地は、静岡県の「三島大社」になります。

山の神として豊作・豊猟や山から出土する宝石や貴金属の神であり、海の神として豊漁や海に眠る財宝の神でもあります。

山梨県の「新屋山神社奥宮」など、数々の有名な金運神社の祭神でもあります。

■木花咲耶姫命

 「木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)」は「大山祇神」の娘であり、「天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」の妻です。

要するに、現在の皇室の祖先神の1柱です。

木々に咲く花とその美しさやはかなさを象徴する女神であり、世界遺産である富士山の神でもあります。

本拠地は静岡県の「富士山本宮浅間大社」であり、日本有数の金運神社の主祭神です。

■豊受大神

 「豊受大神(とようけのおおかみ/豊受姫神)」は、「伊勢神宮外宮」に祀られている非常に重要な食物神であり、穀物の神でもあります。

同じ食物神の「保食神(うけもちのかみ)」や、穀物神の「宇迦之御魂神(稲荷神)」などと同一神という説もあり、「稲荷神社」の祭神になったりもしています。

「豊受大神」は、金運とはとても縁の深い女神であると言えます。

昔は富やお金と言えば、田畑の豊作などからもたらされましたし、食糧を豊富に持っているということは、つまりは「お金持ち」または「権力者」であるということに相場は決まっていましたので、「食物や穀物・稲の神」であるということは、「金運の神さま」であるということになります。

■須勢理姫命

 「須勢理姫命(すせりひめのみこと)」は「スサノオ」の娘であり、「大国主」の正妻です。

神話では、「大国主と子をなす女性」に対する嫉妬深く気性の激しい一面と、「大国主」の危機を助けて最後には結ばれる一途な一面が描かれています。

「金運アップ」のご利益があることで知られており、その激しい性格から、あらゆる「ご縁」を運ぶ「強力な」女神とされています。

激しい神様ほど霊験があり、ご利益が高いと言われてますからね。

「須勢理姫命(すせりひめのみこと)」を「トイレの神」とする説もあり、「トイレをきれいに掃除すると金運が上がる」という話とつながっていて、興味深いです。

2010年に、植村花菜が歌って大ヒットした『トイレの神様』というのは、この女神のことであるかもしれません。

【トイレの神様/植村花菜】⇒

また、金運の神の代表でもある「トイレの神さま」は、「金勝要神(きんかつかねのかみ)」という神さまだとも言われています。

「須勢理姫命(すせりひめのみこと)」とは同神とされる「金勝要神(きんかつかねのかみ)」ですが、「金勝要神(きんかつかねのかみ)」という神の名前は記紀神話には登場しません。

日本近現代で最大の霊媒と言われている「出口王仁三郎」の著書のなかだけに登場する、ちょっと特殊な神さまです。

「金勝要神(きんかつかねのかみ)」は、日本有数の金運神社である石川県の「金釼宮乙剱社」などに祀られています。

「須勢理姫命(すせりひめのみこと)」を祀っている神社は、「大国主」と一緒の「夫婦神」としていることが多いようです。

■竃三神

 日本の仏教における「三宝荒神」は、「かまどの神」として祀られることで知られており、非常に霊験があり、特に金運におけるご利益はスゴイと言われています。

神道にも「竈三神(かまどさんしん)」もしくは「竈三柱神(かまどみはしらのかみ)」という「かまどの神」が存在し、「三方荒神」同様に金運のご利益が「ハンパない」とされています。

「竈三柱神(かまどみはしらのかみ)」とは、「オキツヒコ(奥津日子神)」「オキツヒメ(奥津比売命)」「カグツチ(軻遇突智、加具土)または、ホムスビ(火産霊)」の三神のことで、それぞれ「オキツヒコ」「オキツヒメ」は「かまどの神」で、「カグツチ(ホムスビ)」は「火の神」です。

ちなみに、「カグツチ(ホムスビ)」だけだと、「秋葉様(あきばさま)」と呼ばれています。

一般的に、ご利益の高い神さまほどタタると怖いとされており、「稲荷神」「スサノオ」「三宝荒神」などはそのよい例です。

「かまどの神」もその例にもれず、かなり性格の激しい神さまと言われており、この神々を粗末に扱ったり台所を清潔にし大切に扱わないと、人にタタリをおよぼすとの伝承もあります。

怒らせないように気を付けて、是非「ハンパない」ご利益をいただきましょう。

私も、「かまどの神」の御神札(おふだ)をいただいてきたすぐ後に、急に一時金が入ったことがあり驚いた記憶があります。

あれは、偶然だったのかな?

開運・風水の旅で運気をアップ!

開運旅行におススメの旅行サイト

JTB

「JTB」は、旅行業界の大手トップ、国内旅行も海外旅行も取扱額NO.1の旅行会社で、日本人なら誰もが知るような「知名度」と「安心感」「信頼感」により、運営する旅行サイトは、男女を問わずすべての年代の層から高い人気を誇ります。

単に取り扱いの数か多いだけではなく、値段は少し高めの傾向はあるものの「旅行の質」は総じて高いレベルで「おトクでハズレが少ない」と言われており、ネットの口コミでも、「価格より内容」と考える人を中心に、高評価のものが数多くあるようです。

幅広い層のニーズに応えることができますが、「旅行に安さだけを求めない人」「旅行の満足感や安心・信頼が大切だと思う人」「中高年以上の年齢の人」などには、とくにおススメ!

日本旅行

「日本旅行」は、大手旅行会社5社のうちの1つで、国内旅行・海外旅行ともに取り扱いが豊富、おトクなプランも多数あり、中でも「JR・新幹線+宿泊セット」のプランはリーズナブルで、「国内を旅したい人」におススメです!

パック旅行は数も種類も選ぶのに迷うくらいで、国内では「赤い風船」と、JR路線を活用した「WENS(ウェンズ)赤い風船」、海外では豪華高級志向の「MACH」、リーズナブルな「BEST」などがあり、「価格重視の人」も「内容重視の人」も満足できるでしょう。

公式サイトは「時期」や「シチュエーション」「イベント」などのいろいろなテーマ別に、条件に合う「宿」や「プラン」を見つけやすくなっていて、とくに「旅慣れた人」には使いやすくなっていますね。

Relux

「Relux」は、「もっと心地よい旅を。」をコンセプトとした、厳選された本当におススメできる「高級旅館」「高級ホテル」のみを取り扱っている無料の会員制宿泊予約サイトです。

サイトイメージはシンプルで洗練されていながらラグジャリーで、高級路線の宿泊施設に限定することで他のサイトとは一線を画していますが、単に高級感があってお高いだけでなく、同時に「会員」への手厚い「優待」があり、「最低価格の保障」を掲げるなど、「価格」へのこだわりも「会員」へのサービスに凝縮しています。

「会員」の特別な旅行の相談や要望に対しても、無料でさまざまなプランを提案する「Reluxコンシェルジュ」を用意したり、「会員」だけが利用可能な特別な宿泊プランがあるなど、「会員」が受けることができる「メリット」「ベネフィット」は大きいでしょう。

じゃらんnet

「じゃらんnet」は、「楽天トラベル」とともに代表的旅行サイトで、日本国内の旅館やホテルなどの宿泊施設予約を中心に、「高速バスチケット販売」「国内ダイナミックパッケージの受託販売」「国内線航空券」「国際線航空券」「海外ホテル」などの検索予約ができます。

「温泉宿」や「レジャー」「遊び」「イベント」「セール」など、さまざまなテーマの特集が数多く組まれており、また、「口コミ」「フォトギャラリー」「観光スポット情報」などの充実ぶりは他を圧倒しているので、「宿選び」や「旅行」がよりイメージしやすくなるでしょう。

温泉宿の掲載も多数で、「源泉かけ流し」「にごり湯」「露天」など温泉のタイプで簡単に絞り込みができるなど、いろいろなテーマや条件などから「検索」がとても簡単にできるのはうれしいですね。

ゆこゆこ ネット

「ゆこゆこネット」は、「1万円以下の格安の温泉旅館」を中心に「国内の宿」を紹介している旅行サイトで、有名温泉から穴場の温泉まで、全国の温泉地を中心に宿や旅館を3000件以上掲載。

とくに「温泉旅行が好きな方」にお勧めの宿泊予約サイトで、「温泉」にこだわっているだけあって、「絶景露天風呂」「かけ流し」などの温泉情報も充実しています。

宿の検索予約がしやすいサイトに仕上がっており、「口コミ」の量が比較的多いため、宿選びの参考になるような情報もたくさんありそうです。

開運の知識はチェックしておこう!

開運の情報集めには電子書籍が便利かも

BookLive!

「BookLive!」は、世界最大規模の総合印刷会社「凸版印刷」の系列会社が運営する「国内最大級」の「総合電子書籍ストア」で、100万冊以上ラインナップされ「全ジャンル」にわたり品揃えが豊富なことや、「入会時限定50%OFFクーポン」「1日1回クーポンガチャ」「LINE@クーポン」「まとめ買いptバック」などのほか、「ポイント還元」では「Tポイント」「クラブ三省堂ポイント」がもらえるなど、「クーポン」「キャンペーン」「ポイント還元」の充実ぶりは「ネットの口コミ」でも大好評!

「会員登録なし」で誰でも「無料で15000冊以上」の電子書籍を「まるごと1冊」読める「無料作品コーナー」や、「激安コーナー」「値引き作品コーナー」などでかなりお得に電子書籍を読めること、「作者のプロフィールや作品一覧」「レビュー」などが分かりやすく充実していることや、本棚アプリが使いやすく「本棚が使いやすい電子書籍ストアNo.1」にも選ばれたこともあるなど、人気が高く安心して利用できる使い勝手のよいサービスはとても魅力的です!

「さまざまなジャンルをいろいろ読みたい人」「『無料立ち読み』が好きな人」「本棚の『整理機能』や『サポート機能』などの使い勝手や読み心地にこだわりたい人」「『1日1回クーポンガチャ』などの充実したキャンペーンやクーポンが魅力的だと思う人」「『Tポイント』『クラブ三省堂ポイント』を利用する人」「できるだけ安く電子書籍が買いたい人」「本を選ぶときには作品一覧やレビューも必ず見るという人」には、非常におススメ!

BOOK☆WALKER

「BOOK☆WALKER」は、業界TOP3に入る大手出版社「KADOKAWA」が運営する「電子書籍ストア」で、運営会社の安全性は高く安心して利用でき、「全ジャンル」にわたって品揃えされていますが、「ライトノベル」では「KADOKAWA」は絶大な影響力があり、それがそのまま「BOOK☆WALKER」の大きな特徴になっているため、とくに「ライトノベル」「マンガ」「小説」「写真集」などの「エンタメ系のジャンル」には強みがあります。

会員登録をすると無料で自動適用される「ブックウォーカークラブ」という「会員ランク制度」があり、毎月の購入額でランク分けされて、ランクによって「電子書籍」を購入したときの「ポイント還元率」がアップしていきますし、ほかにも「初回購入金額の50%ポイント還元(上限なし)」「追加料金なしのオリジナル特典つき電子書籍の配信」「予約購入するだけで還元率アップ」「まる読み10分」などのキャンペーンも充実しているほか、スマホやタブレットのアプリも高機能で使いやすいと好評!

「ライトノベルが好きな人」「作者やイラストレーターによる『オリジナル描き下ろし』『ショートストーリー』『ドラマCD』などの『オリジナル特典つき電子書籍』が欲しい人」「ジャンルを問わず書籍を毎月一定額以上購入する人」「キャンペーンやポイント還元率は大切だと思う人」「『文庫・ライトノベル』『マンガ・雑誌』の読み放題プランに魅力を感じる人」「エンタメ系の本を中心に利用したい人」「KADOKAWA系の作品が好きな人」には、おススメ!

コミックシーモア

「コミックシーモア」は、「NTT」のグループ会社が運営する「総合電子書籍ストア」で、「電子書籍サービス」としては「老舗中の老舗」と言える安心安全なサービスであり、「全ジャンル」の書籍を揃えていますが、とくに「マンガ」には力を入れていること、サイトが分かりやすい作りになっていることや、「割引」や「ポイント還元」などの「おトク」が充実しているのも特徴。

「読み放題プラン」が2種類あり、自分の「マンガ」を読む「ジャンル」や「分量」に合わせて選べることや「レンタルプラン」もあること、「無料読み放題作品」の数も多く「無料コミック」や「セール」を毎日更新するなど更新頻度も高いこと、各書籍の「レビュー」が充実していて内容や評価を把握しやすくなっているのは、とても便利で魅力的!

「書籍は分かりやすいサイトを利用したいと思う人」「毎月定期的にマンガを購入している人」「『キャンペーン』『割引』『ポイント還元』が好きな人」「まんがを中心に他の書籍も読みたい人」「新しいマンガだけじゃなく古いマンガも楽しみたい人」「自分に合った『読み放題プラン』を選びたい人」には、とてもおススメ!

Kindle Store

「kindleストア」は、「Amazon」が運営する「総合電子書籍ストア」で、取り扱っている書籍の数は、他の電子書籍の販売サイトを圧倒的に上回る業界最高クラスであり「全ジャンル」に強く、中でも「ビジネス書」のジャンルが強みがあること、そして「検索性」に優れることや、30日間無料の「お試し期間」もあるなど、使い勝手も抜群!

電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」は、紙の書籍に近い読み心地を実現しており使って損はないアイテムですし、「スマホ」や「タブレット」に「アプリ」をダウンロードすれば「Kindleストア」で購入した電子書籍を読めることや、また「Amazonプライム」に会員登録していると約1000冊程の書籍が無料で読め、さらに「定額読み放題サービス」である「kindle unlimited」の会員になると、120万冊以上もの本を好きなだけ読むことができるのも魅力的!

「本をたくさん読みたい人」「電子書籍専用リーダー端末『Kindle』を使いたい人」「Amazonの通販をよく利用している人」「読みたい本や欲しい本が決まっている人」「定額読み放題のKindle Unlimitedにとても魅力を感じる人」「ビジネス書を中心に本を購入したい人」には、特におススメ!

楽天Kobo

「楽天Kobo」は、「楽天」が運営する、「Kindleストア」に次ぐ業界シェアNo.2の安心安全な「電子書籍ストア」で、ジャンルや品揃えに関してはこの2つが業界最高レベルであり、ほとんどすべての「出版社」「ジャンル」の書籍と取り揃えていますが、特に「洋書」に関しては「kindleストア」をしのぐほどの品揃えで使い勝手もよく、また、専用リーダー「Kobo」でも「スマホ」や「タブレット」用の「アプリ」でも読むことができるのは便利です。

自分の好きな本だけを読むのなら、「ポイント」が使える「楽天kobo」の方が「kindleストア」よりもお得であり、「amazon」より「楽天」を使うことが多ければ、「楽天カード」などとの連携で「ポイント」がザクザク貯まるので、「キャンペーン」や「クーポン」「セール」などをうまく利用し、「ポイント」とあわせて使えば、かなり「おトク」にできますし、雑誌専門の「定額読み放題サービス」である「楽天マガジン」もあるのは魅力!

「楽天市場や楽天関連のサービスを普段よく利用する人」「楽天カードを持っている人」「割引きよりもポイント還元が好きな人」「電子書籍専用リーダー『Kobo』を使いたい人」「小説や洋書を中心に購入する予定の人」「楽天の『セール』や『キャンペーン』『クーポン』を利用したい人」「雑誌だけ読めればいいので『楽天マガジン』に魅力を感じる人」には、とくにおススメ!

ブック放題

ブック放題

「ブック放題」は、350種類以上の雑誌が読めるソフトバンク系の「雑誌読み放題サービス」で、「1ヶ月無料のお試し期間」があることや、「記事検索ができる」「複数端末が利用できる」、事前にダウンロードした雑誌をいつでも「スマホアプリを使って読める」ことなど、使い勝手がよいのはうれしいところ。

大きな特徴は、最新の「雑誌」だけでなく「マンガ」も読み放題で楽しめることで、マンガは旧作が中心ですが3万冊以上が揃っており、「懐かしの名作マンガ」が楽しめるのと、「旅行誌るるぶ」の取扱が他のサービスよりも圧倒的に豊富なので「旅行好き」には魅力的!

「月額料金が安い雑誌読み放題サービスを探している人」「なつかしいマンガが大好きな人」「旅行先で『るるぶ』が見たい人」「日常や旅先での暇つぶしに雑誌を読みたい人」「雑誌記事を検索したい人」「複数端末で利用したい人」には、おススメです!

この記事のまとめ

    • 神道では、すべてのものに神が宿り「八百万の神々」が存在するため、霊威神の数が多い傾向にある
    • 神道では人は死後神になり、偉人が亡くなると神として祀られる例も多いため、さらに神の数が増える
    • 神道における神のご利益は、「神話」「民話」「神となった人物の生前の履歴」などに由来することが多い
    • 「祀られる神社の社殿や神紋の特徴」「神の名前や神社の所在地からの連想」などに由来するご利益もある
    • 「竜神」「稲荷」など、神と同一視されたり神自身が変身したり神使として霊威をふるうなど、動物が活躍

 

-ご利益・占い・運試し

テキストのコピーはできません。