tanteinikki-A028
とろとろ

ゆったりと「温泉」につかるのって、ホントに癒されるよね~

マロンマロン

心も身体も癒されて、運気もアップできるなんて最高だわ

あんずあんず

それじゃあ、「癒しの湯」と呼ばれる泉質の温泉について、ちょっとだけ詳しく整理してみよう

 温泉の効能は、「美容」「癒し」「治療」の3つに大きく分けることができます。

3つの効能のうち「美人の湯」「健康の湯」というのは比較的わかりやすいですが、「癒しの湯」というのはどんな温泉のことを言うのでしょう。

ほかの見方もあるかもしれませんが、一般的には、「身体が芯から温まってポカポカし、温泉に入ったという充実感が存分に味わえる泉質」のことを指しているのではないでしょうか。

まず「身体が温まり、ぼんやりとリラックスできる」という点は大事で、「いつまでもポカポカと身体のほてりが収まらない」ようなものや、「スッキリサッパリした感じで、身体は温まったけどすぐに暑さが引いた」など、泉質によって身体の温まり方には結構違いがでます。

ヒトは身体が温まると血行や神経伝達が良くなって、心が開放的になり、精神的に張りつめていたものが取れてリラックス状態になれるようです。

温泉に入った時に感じる、「じ~ん」とするような気持ち良さは、血行が良くなっているんですね。

「温泉に入ったという充足感を味わえる」という点については、感覚的なものもあるので一概には言えませんが、きっと「温泉特有のにおい」や「温泉の湯のヌメリやさっぱり感」「温泉に入った後の肌触り」などのことを言うんでしょうね。

ちなみに、温泉に入ることは「九星気学」では「開運行動」の1つになっていましたが、旅先で温泉に入る場合、より「開運」できる入り方があると言われています。

温泉で開運するコツ

■「自家源泉を持っている宿」「源泉に近い場所にある温泉」を選ぶ

■できるだけ「人気のある宿」を選ぶ

■「露天風呂がある宿」を選ぶ

■メイクを落とすなど、できるだけ身体をキレイにして入る

■時間より回数が大切なので、長湯をするよりも、何度も繰り返し入る

■健康上の理由などで繰り返し入れない場合は、足湯などでも構わない

■湯上り後は、横になってゴロゴロするなど、身体を休める

■温泉で調理されたり、温泉水が入っている飲食物を選ぶ

■飲泉が可能な温泉なら、飲んでみる

■「郷土料理」「地のもの」を飲食してみる

■ヒトやモノなどもその地にできるだけ関わりを持ってみる

要するに、「温泉に入ることも含め、その地への旅を心からたのしんで、心も身体も十分に癒されれば開運できる」ということなのでしょうね。

それと、「1つの温泉地」が「1つの泉質」だけで構成されている場合もありますし、「登別温泉」「鳴子温泉」「有馬温泉」「別府温泉」などのように「1つの温泉地」で「いくつもの泉質」の源泉がある場合もあります。

1つの「運」をじっくりと大きく改善したい場合は、「1つの泉質」だけの温泉地にのんびりしに行くといいですし、一度にたくさんの種類の「運」を運気アップしたい場合には、「複数の泉質」の源泉がたのしめる温泉地に滞在するといいでしょう。

この記事では、温泉に入って「心も身体も癒されたい」と願う人のために、日本で入ることができる温泉の中で「癒しの湯」と呼べる温泉の泉質について、お話してみましょう。

この記事を読むことで、どの泉質の湯に入れば心身両面から癒されるのかが分かり、温泉旅行をよりたのしいものにすることができるかもしれません。

(「【 】の宿泊施設名称」と「そのすぐ上に掲載してある写真」は、それぞれ旅行サイト「じゃらんnet」にリンクされており、当該の宿泊施設の詳細情報が得られます)

この記事を読んでほしい人

温泉に入って手間をかけずに「開運」したい人

温泉で癒されたいと思っている人

「癒しの湯」というはどんな泉質なのか気になる人

「癒しの湯」と言われる泉質でどんな「運気アップ」ができるのか知りたい人

「旅行」「温泉」「開運」「癒し」がとっても好きな人

【サプリメント】ミネラルの効果で傷んだ目をいやす

■塩化物泉(食塩泉)

tanteinikki-senshitsu-enkabutsusen

 「塩化物泉」は旧泉質名「食塩泉」とも言い、湯冷めしにくく、湯上りのあともしばらくは身体がポカポカ暖かい泉質です。

主な成分が「塩」であり、海水の成分に似ているので、「無色透明」で舐めてみると塩っからい味がします。

普通は「無色透明」ですが、鉄分を含んでいると「緑がかった透明」や「赤褐色」のにごり湯になりますし、一部の温泉は「暗褐色」や「黒に近いこげ茶色」の「黒湯」となったり、植物起源の有機質を含んだ温泉である「モール湯」になることもあるようです。

温泉に含まれる成分が皮膚に膜を作り温泉でパックしたような状態になり、肌から熱や水分が放出されるのを防いでくれるので、いつまでも暖かさが持続して、さらに肌も保湿してしっとりさせてくれます。

「塩分」が強力な殺菌作用を持ち、外傷があっても化膿することなく「傷の湯」とも呼ばれています。

ただし、「塩分」を多く含むため、「食塩を制限しなければいけない疾病」や「高血圧」「心臓病」「腎臓病」「浮腫」のある方は控えるほうがいいと言われます。

海に囲まれている日本では「単純泉」に次いで2番目に多く、よく見られる泉質で、陽イオンの主成分により、「ナトリウム-塩化物泉」「カルシウム-塩化物泉」「マグネシウム-塩化物泉」などに分類されているそうです。

「熱の湯」とも呼ばれ、よく身体が温まる温泉ですが、夏場はなかなか汗が引かないのが、ちょっと辛いかもしれませんね。

塩の成分が肌の上に付着し、薄いヴェールのようにお肌を包みます。

つまり、温泉のなかの塩の成分がお肌の上に残ってくれるというわけです。

湯上がり後もそれが保護膜となってお肌の乾燥を防ぎ、水分や熱を逃げにくくしてくれますので「しっとり」「ほかほか」が持続する保温作用と保湿作用が体感できます。

「塩化物泉」は塩が身体をフタのように覆って熱を逃がさず、湯上がりの後も温かさが持続するため、エネルギー消費の持続時間が長くなって汗が身体からしっかりと出ますので、ダイエットをしたいと思っている方にもいい泉質です。

「冷え性」「関節痛」などにもよく、湯あたりしにくいのもこの泉質のいいところだと言えるでしょう。

「乾燥肌なので肌をしっとりさせたい」「冷え性なのでぽかぽか温まりたい」「ウエストが気になるのでカロリーを消費したい」とご希望の方は、この泉質の温泉がおススメと言えます。

【開運ポイント】

この泉質で開運

■「塩化物泉(食塩泉)」は、「人間関係運」「仕事運」などの運気をアップするのに効果的

■「塩」は「火の気」をもつため、身体にたまった「悪い気」を燃やして断ち切ってくれます

■「原因不明の事故」や「不運なトラブル」に遭うなど、「運気低迷中の人」におススメの温泉

■「変化の気」もあり、「人間関係」「仕事」「恋愛」などすべてにおいて変化をもたらしてくれます

■「結婚」「別離」「転職」「転居」など、人生の節目にあたる「大きな変化」を迎えるときに行くと効果的と言われています

■殺菌作用が強い「傷の湯」であり、「身体の傷」同様に「心の傷」も浄化してくれるかも

【代表的温泉地】

【由布院温泉 -柚富の郷 彩岳館-】

北海道地方

【函館温泉 ラビスタ函館ベイ】

北海道
■【湯の川温泉】⇒
■【定山渓温泉】⇒
■【登別温泉】⇒
■【ウトロ温泉】⇒
■【洞爺湖温泉】⇒

【湯の川温泉 望楼NOGUCHI函館】

【洞爺湖温泉 ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート】

■【層雲峡温泉】⇒
■【十勝川温泉】⇒
■【朝里川温泉】⇒
■【函館温泉】⇒
■【網走湖畔温泉】⇒

【函館温泉 HOTEL&SPA センチュリーマリーナ函館】

■【ニセコ温泉】⇒
■【幕別温泉】⇒
■【ニセコ昆布温泉】⇒
■【然別湖畔温泉】⇒
■【鹿部温泉】⇒

【定山渓温泉 ぬくもりの宿 ふる川】

【函館温泉 ホテルWBF函館 海神の湯】

■【富良野温泉】⇒
■【いわない温泉】⇒
■【屈斜路温泉】⇒
■【北広島温泉】⇒
■【虎杖浜温泉】⇒

【虎杖浜温泉 心のリゾート海の別邸ふる川】

【定山渓温泉 定山渓万世閣ホテルミリオーネ】

■【ススキノ温泉】⇒
■【ニセコモイワ山温泉】⇒
■【伏見温泉】⇒
■【恵山温泉】⇒
■【摩周温泉】⇒

■【妖精の泉温泉】⇒
■【南幌温泉】⇒
■【キロロ温泉】⇒
■【月形温泉】⇒
■【芦別温泉】⇒

【運河の宿 おたる ふる川】

【函館温泉 函館国際ホテル】

■【ニセコアンヌプリ温泉】⇒
■【ニセコ薬師温泉】⇒
■【ニセコ黄金温泉】⇒
■【ニセコワイス高原温泉】⇒
■【倶知安温泉】⇒

■【ニセコ湯の里温泉】⇒
■【ニセコ五色温泉】⇒
■【支笏湖温泉】⇒
■【なかふらの温泉】⇒
■【養老牛温泉】⇒

■【トムラウシ温泉】⇒

【定山渓温泉 定山渓第一寶亭留 翠山亭】

【定山渓温泉 花もみじ】

東北地方

【仙台 秋保温泉 篝火の湯 緑水亭】

青森県
■【浅虫温泉】⇒
■【十和田湖畔温泉】⇒
■【落合温泉】⇒
■【鰺ヶ沢温泉】⇒
■【ロマントピア温泉】⇒

■【南田温泉】⇒
■【鯵ヶ沢高原温泉】⇒
■【蔦温泉】⇒
■【大鰐温泉】⇒

【浅虫温泉 南部屋 海扇閣】

岩手県
■【雫石高倉温泉】⇒
■【志戸平温泉】⇒
■【花巻温泉】⇒
■【一関厳美渓温泉】⇒
■【安比高原温泉】⇒

■【新安比温泉】⇒
■【夏油温泉】⇒
■【大船渡温泉】⇒
■【南網張ありね温泉】⇒

【花巻温泉 佳松園】

秋田県
■【十和田大湯温泉】⇒
■【男鹿温泉】⇒
■【秋の宮温泉】⇒
■【金ヶ崎温泉】⇒
■【鶴ノ湯温泉】⇒

■【玉川温泉】⇒
■【日景温泉】⇒

【白神矢立 湯源郷の宿 日景温泉】

宮城県
■【鳴子温泉】⇒
■【秋保温泉】⇒
■【松島温泉】⇒
■【作並温泉】⇒
■【鎌先温泉】⇒

【仙台 秋保温泉 ホテル華乃湯】

【仙台 秋保温泉 迎賓館 櫻離宮】

■【東鳴子温泉】⇒
■【気仙沼温泉】⇒
■【中山平温泉】⇒
■【鳴子鬼首温泉】⇒
■【笹谷温泉】⇒

【仙台 秋保温泉 ホテル瑞鳳】

【秋保温泉 ホテルニュー水戸屋】

山形県
■【湯野浜温泉】⇒
■【上山温泉】⇒
■【庄内あつみ温泉】⇒
■【小野川温泉】⇒
■【肘折温泉】⇒

【蔵王温泉 蔵王四季のホテル】

■【さくらんぼ東根温泉】⇒
■【由良温泉】⇒
■【鳥海温泉】⇒
■【瀬見温泉】⇒
■【碁点温泉】⇒

■【銀山温泉】⇒
■【蔵王温泉】⇒

【上山温泉 5つの温泉貸切風呂が楽しめる宿 有馬館】

【瀬見温泉 ゆめみの宿 観松館】

福島県
■【磐梯猪苗代はやま温泉】⇒
■【五色温泉】⇒
■【大塩裏磐梯温泉】⇒
■【熱塩温泉】⇒
■【照島温泉】⇒

■【いわき塩屋崎温泉】⇒
■【猪苗代四季の湯温泉】⇒
■【猫魔温泉】⇒
■【芦ノ牧温泉】⇒

【会津芦ノ牧温泉 丸峰別館 川音】

【猫魔温泉 裏磐梯レイクリゾート 迎賓館 猫魔離宮】

関東地方

群馬県
■【草津温泉】⇒
■【薬師温泉】⇒
■【四万温泉】⇒
■【奥軽井沢温泉】⇒
■【妙義温泉】⇒

■【奥嬬恋温泉】⇒
■【応徳温泉】⇒
■【相間川温泉】⇒
■【吾妻峡温泉】⇒
■【北橘温泉】⇒

■【梨木温泉】⇒
■【猿川温泉】⇒
■【榛名湖温泉】⇒
■【嬬恋高原温泉】⇒

【かやぶきの郷薬師温泉 旅籠】

【草津温泉 奈良屋】

栃木県
■【喜連川温泉】⇒
■【塩原温泉】⇒
■【中禅寺温泉】⇒
■【益子温泉】⇒
■【光徳温泉】⇒

■【奥鬼怒加仁湯温泉】⇒
■【奥鬼怒八丁の湯温泉】⇒
■【奥鬼怒日光沢温泉】⇒
■【奥鬼怒手白澤温泉】⇒
■【黒磯温泉】⇒

茨城県
■【大子温泉】⇒
■【いそざき温泉】⇒
■【五浦温泉】⇒
■【平潟港温泉】⇒
■【大洗温泉】⇒

埼玉県
■【新木鉱泉温泉】⇒
■【不動の湯温泉】⇒
■【和銅鉱泉温泉】⇒

千葉県
■【鴨川温泉】⇒
■【白子温泉】⇒
■【たてやま温泉】⇒
■【白浜温泉】⇒
■【小湊温泉】⇒

■【犬吠埼温泉】⇒
■【勝浦温泉】⇒
■【天津小湊温泉】⇒
■【千倉海岸温泉】⇒
■【成田温泉】⇒

■【南房総白浜温泉】⇒
■【勝浦万祝温泉】⇒

神奈川県
■【湯河原温泉】⇒
■【箱根強羅温泉】⇒
■【箱根湯本温泉】⇒
■【小涌谷温泉】⇒
■【箱根大涌谷温泉】⇒

■【箱根仙石原俵石温泉】⇒
■【箱根大平台温泉】⇒
■【宮ノ下温泉】⇒
■【小田原温泉】⇒
■【三浦マホロバ温泉】⇒

■【大磯温泉】⇒

【鴨川温泉 鴨川館】

甲信越地方

山梨県
■【湯村温泉】⇒
■【甲府温泉】⇒

長野県
■【湯田中温泉】⇒
■【白馬姫川温泉】⇒
■【渋温泉】⇒
■【タングラム斑尾温泉】⇒
■【小布施温泉】⇒

■【松代温泉】⇒
■【山田温泉】⇒
■【裾花温泉】⇒
■【佐久一萬里温泉】⇒
■【白馬龍神温泉】⇒

■【黒姫温泉】⇒
■【蓼科三室温泉】⇒

【白馬姫川温泉 白馬ハイランドホテル】

新潟県
■【鵜の浜温泉】⇒
■【六日町温泉】⇒
■【岩室温泉】⇒
■【大湯温泉】⇒
■【湯田上温泉】⇒

■【瀬波温泉】⇒
■【津南温泉】⇒
■【ハツカ石温泉】⇒
■【鯨波松島温泉】⇒
■【雲母温泉】⇒

■【聖籠温泉】⇒
■【上越安塚雪だるま温泉】⇒
■【まつだい芝峠温泉】⇒
■【姫川温泉】⇒
■【佐渡島椎崎温泉】⇒

■【大佐渡温泉】⇒
■【佐渡島八幡温泉】⇒
■【寺泊温泉】⇒

北陸地方

富山県
■【生地温泉】⇒
■【ひみ阿尾の浦温泉】⇒
■【氷見温泉】⇒
■【越中となみ野温泉】⇒
■【牛岳温泉】⇒

石川県
■【和倉温泉】⇒
■【片山津温泉】⇒
■【志賀の郷温泉】⇒
■【輪島温泉】⇒
■【湯涌温泉】⇒

■【渤海温泉】⇒
■【一里野温泉】⇒
■【松任海浜温泉】⇒
■【千里浜やわらぎ温泉】⇒

【和倉温泉 加賀屋】

福井県
■【あわら温泉(芦原温泉)】⇒

中部東海地方

岐阜県
■【奥飛騨新平湯温泉】⇒
■【奥飛騨平湯温泉】⇒
■【養老温泉】⇒
■【恵那峡温泉】⇒
■【湯屋温泉】⇒

静岡県
■【熱海温泉】⇒
■【伊東温泉】⇒
■【熱川温泉】⇒
■【土肥温泉】⇒
■【伊豆下賀茂温泉】⇒

■【伊豆高原温泉】⇒
■【伊豆稲取温泉】⇒
■【熱海伊豆山温泉】⇒
■【網代温泉】⇒
■【今井浜温泉】⇒

■【大川温泉】⇒
■【浜名湖かんざんじ温泉】⇒
■【北川温泉】⇒
■【弓ヶ浜温泉】⇒
■【城ケ崎温泉】⇒

■【白田温泉】⇒
■【浜名湖弁天島温泉】⇒
■【河津温泉】⇒
■【やいづ黒潮温泉】⇒
■【掛川つま恋温泉】⇒

■【八木沢温泉】⇒
■【伊豆片瀬温泉】⇒
■【宇佐美温泉】⇒
■【湯ヶ野温泉】⇒
■【三保はごろも温泉】⇒

■【浜名湖雄踏温泉】⇒
■【小室温泉】⇒
■【伊豆湯河原温泉】⇒
■【伊豆多賀温泉】⇒
■【石部温泉】⇒

■【雲見温泉】⇒
■【川根温泉】⇒
■【赤沢温泉】⇒

【熱海温泉 湯宿一番地】

愛知県
■【三谷温泉】⇒
■【南知多内海温泉】⇒
■【吉良温泉】⇒
■【南知多山海温泉】⇒
■【湯谷温泉】⇒

■【蒲郡温泉】⇒
■【南知多豊浜温泉】⇒

三重県
■【伊勢志摩磯部わたかの温泉】⇒
■【鳥羽答志島温泉】⇒
■【志摩奥志摩温泉】⇒
■【伊勢志摩賢島温泉】⇒
■【志摩浜島温泉】⇒

■【二見温泉】⇒
■【長島温泉】⇒
■【神代温泉】⇒

近畿地方

奈良県
■【天然大和温泉】⇒
■【五條リバーサイド温泉】⇒
■【かしはらの湯温泉】⇒

和歌山県
■【南紀白浜温泉】⇒
■【南紀勝浦温泉】⇒
■【みなべ温泉】⇒
■【紀州温泉】⇒
■【串本温泉】⇒

■【紀州みなべ千里浜温泉】⇒
■【かつらぎ温泉】⇒
■【和歌の浦温泉】⇒
■【南紀太地温泉】⇒
■【花山温泉】⇒

■【南紀田辺温泉】⇒
■【加太淡嶋温泉】⇒

【南紀白浜温泉 白浜古賀の井リゾート&スパ】

京都府
■【久美浜温泉】⇒
■【蒲井温泉】⇒
■【宮津湯らゆら温泉】⇒
■【綾部福知山温泉】⇒
■【小天橋温泉】⇒

■【宮津温泉】⇒
■【宮津羽衣温泉】⇒
■【丹後奥伊根温泉】⇒
■【京都温泉】⇒
■【ひよし温泉】⇒

■【神野温泉】⇒

兵庫県
■【有馬温泉】⇒
■【城崎温泉】⇒
■【赤穂温泉】⇒
■【塩田温泉】⇒
■【淡路島南あわじ温泉】⇒

■【浜坂温泉】⇒
■【大沢温泉】⇒
■【佐津温泉】⇒
■【奥城崎温泉】⇒
■【明石温泉】⇒

■【宝塚温泉】⇒

【城崎温泉 喜楽】

中国四国地方

鳥取県
■【皆生温泉】⇒
■【三朝温泉】⇒
■【はわい温泉】⇒
■【浜村温泉】⇒
■【東郷温泉】⇒

島根県
■【松江しんじ湖温泉】⇒
■【三瓶温泉】⇒
■【八雲温泉】⇒
■【立久恵峡温泉】⇒
■【大社温泉】⇒

岡山県
■【湯郷温泉】⇒
■【たまの温泉】⇒

広島県
■【広島温泉】⇒
■【きのえ温泉】⇒
■【みはらし温泉】⇒
■【安芸宮島温泉】⇒

山口県
■【萩温泉】⇒
■【一の俣温泉】⇒
■【周防大島片添ヶ浜温泉】⇒
■【田万川温泉】⇒

香川県
■【こんぴら温泉】⇒
■【小豆島温泉】⇒

徳島県
■【神山温泉】⇒

高知県
■【三翠園温泉】⇒
■【よさこい温泉】⇒
■【土佐龍温泉】⇒

愛媛県
■【見奈良天然温泉】⇒

九州沖縄地方

福岡県
■【方城温泉】⇒
■【博多温泉】⇒

大分県
■【別府温泉】⇒
■【由布院温泉】⇒
■【天ヶ瀬温泉】⇒
■【山香温泉】⇒
■【筋湯温泉】⇒

■【湯布院湯平温泉】⇒
■【別府鉄輪温泉】⇒
■【宝泉寺温泉】⇒
■【別府観海寺温泉】⇒
■【日出温泉】⇒

■【臼杵温泉】⇒
■【赤川温泉】⇒
■【九重温泉】⇒
■【六ケ迫鉱泉温泉(鷺ヶ迫温泉)】⇒
■【別府亀川温泉】⇒

■【大神温泉】⇒
■【別府柴石温泉】⇒

佐賀県
■【嬉野温泉】⇒
■【いろは島温泉】⇒

長崎県
■【小浜温泉】⇒
■【鬼岳温泉】⇒
■【五島荒川温泉】⇒
■【川棚大崎温泉】⇒
■【壱岐湯ノ本温泉】⇒

■【西海橋温泉】⇒
■【口之津温泉】⇒
■【ハウステンボス温泉】⇒

宮崎県
■【高鍋温泉】⇒
■【青島温泉】⇒
■【北郷温泉】⇒
■【松泉宮温泉】⇒
■【たまゆら温泉】⇒

熊本県
■【黒川温泉】⇒
■【杖立温泉】⇒
■【人吉温泉】⇒
■【天草下田温泉】⇒
■【天草松島温泉】⇒

■【白川温泉】⇒
■【はげの湯温泉】⇒
■【小田温泉】⇒
■【天草柳港温泉】⇒
■【わいた温泉】⇒

■【菊南温泉】⇒
■【天草パール温泉】⇒
■【天草弓ヶ浜温泉】⇒
■【南小国温泉】⇒
■【岳の湯温泉】⇒

■【地獄谷温泉】⇒
■【赤瀬温泉】⇒
■【合志温泉】⇒
■【計石温泉】⇒
■【西合志温泉】⇒

■【坊中温泉】⇒
■【仙酔峡温泉】⇒
■【湯前温泉】⇒

鹿児島県
■【指宿温泉】⇒
■【古里温泉】⇒
■【霧島温泉】⇒
■【桜島マグマ温泉】⇒
■【有村温泉】⇒

■【南霧島隼人温泉】⇒
■【南九州頴娃温泉】⇒
■【開聞温泉】⇒
■【山川天然砂むし温泉】⇒
■【湯島温泉】⇒

■【川尻温泉】⇒
■【ねじめ温泉】⇒
■【入来温泉】⇒
■【谷山温泉】⇒
■【阿久根温泉】⇒

■【諏訪温泉】⇒

【指宿温泉 指宿白水館】

沖縄県
■【三重城温泉】⇒
■【琉球温泉】⇒
■【ジュラ紀塩泉】⇒
■【マハイナ塩泉】⇒
■【シギラ黄金温泉】⇒

■【さしき猿人の湯温泉】⇒
■【タイガービーチ温泉】⇒
■【山田温泉】⇒

【開運旅行】女性の健康的魅力を引き出す温泉の泉質

■硫黄泉

tanteinikki-senshitsu-iousen

 「硫黄泉」は旧泉質名では「硫黄泉」もしくは「硫化水素泉」と言われており、タマゴが腐ったようなにおいが特徴的な、「解毒作用(デトックス効果)」がある温泉です。

にごり湯ですが、最初からにごっているわけではなく、湧出後に酸化して「白濁色」や「黄濁色」になりますが、美しい「エメラルドグリーン」の温泉もあります。

特徴的なにおいのせいかもしれませんが温泉に入ったという充足感はなかなかであり、しばらくは硫黄のにおいが身体に残るため、温泉の余韻にもひたれます。

換気が悪いと硫化水素中毒を起こす場合があるので注意しなくてはなりませんが、「痰の湯」ともいわれ痰を出やすくするので、慢性気管支拡張症などの疾患に良いとされています。

また、末梢毛細血管を拡張するので、「動脈硬化」や「しもやけ」などの「血流障害」によいと言われています。

ただし、皮膚や粘膜が弱い方は皮膚炎や湯あたりを起こすかもしれないので注意したほうがいいかもしれず、高齢者や病弱者は避けた方がいいとされています。

たくさんの「湯の花」ができるのは、この「硫黄泉」の温泉です。

できた「湯の花」は、お土産などで入浴剤として売られていますので、自宅のお風呂を温泉にするのにも使えますよ。

「硫黄泉」につかり、硫黄のにおいが身体中からすると、温泉に入ったという実感がわいてきます。

外国人はあのにおいがダメらしく、クサイからと敬遠しがちなんだそうですが、私たち日本人にとっては最も温泉らしさを感じる泉質かもしれません。

末梢血管の拡張して血行を促進し、血液やリンパ液のめぐりをよくしてくれるため、老廃物の排出がスムーズになります。

何と言っても、あの「硫化水素ガスのにおい」と「湯の花」が特徴的で、お肌を滑らかにしてくれますが、湯に入った後、長ければ数日間は、硫黄のにおいが取れません。

あとあとまで温泉に入ったことをイヤでも思い起こさせてくれる泉質で、温泉に入る充足感がたっぷりと味わえます。

また、シミや日焼けの原因である「メラニン」を分解する働きもあるとされ、「シミ予防」や「紫外線カット」の効果もあるそうなので、このことから「シミ予防の湯」「シミ抜きの湯」「美白の湯」とも言われています。

少しこまかく言えば、「硫黄泉」は「単純硫黄型」「硫化水素型」の2種類があり、「硫化水素」をまったく含まない「硫黄泉」「単純硫黄型」と、「硫化水素」を含む「硫化水素泉」「硫化水素型」に大きく分けることができます。

「ph値」は広く分布しており、「アルカリ性」「酸性」とも存在しますが、「硫黄型」は「アルカリ性」の温泉が多く、「硫化水素型」は「酸性」の温泉が多いと言われています。

「単純硫黄型」は、「解毒作用」や「殺菌作用」があり、湯の色は「エメラルドグリーン」になるものが多く、空気に触れると「黄白色」や「緑白色」のイオウ沈殿物ができるのが特徴です。

「硫化水素型」は、温泉特有の「卵の腐ったようなにおい」がする温泉で、「硫黄泉」と言うとこちらを思い出す人が多いでしょう。

湯の色は「乳白色」が多く、硫化水素ガスによる「血行促進」や「代謝が促進」されることで「デトックス効果」が期待できますし、便秘の解消もしてくれるみたいです。

「硫黄泉」は保温効果のある泉質でもあり、肌にやさしい上に美肌効果もある泉質ですが、とくに「硫化水素型」の温泉に金属をつけて入湯したり湯気にあたったりするとたちまち腐食して変色するので、アクセサリーなどをつけている人は、必ずはずして湯に入るなどの注意したほうがいいかもしれません。

「アルカリ性単純温泉」「炭酸水素塩泉」「硫酸塩泉」の各泉質は、「三大美人の湯」とされていますが、この「硫黄泉」を含めて、「四大美人の湯」とも呼ばれており、それくらい美肌にとってはメリットがある泉質と言えます。

【開運旅行】女性の美肌にいい温泉の泉質と美人の湯

【開運ポイント】

この泉質で開運

■「硫黄泉」は、おもに「金運」や「恋愛運」「魅力運」の運気アップをしてくれます

■強い「解毒作用」があり、デトックスの効果が期待できるため、「運の邪魔をしている要因」を取り除いてくれるようです

■ちなみに、「解毒」と「浄化」では、「原因となっている悪いものを取り除く」という意味では同じですが、「解毒」は「内側から排出させる作用によって自分と切り離してなくす」こと、「浄化」は「おもに外側からの消毒滅菌作用によって消滅させてなくす」ことで、結果に至る過程がちょっと違っています

■湧出時には「透明」の湯の色も、空気に触れることで「黄白色」や「エメラルドグリーン」に変化しますが、「透明の湯」は浄化の力が強く、「にごり湯」は運気を上昇の効果が高いとか

■「金運」がアップすることで選択肢がひろがり、何事にも余裕を持てるようになるため、「恋愛運」「魅力運」などのたのしみごとをもたらします

■「金運」アップの力は「含鉄泉」とともに、数ある泉質の中でも最も強い温泉だと言われています

■「アルカリ性単純温泉」「炭酸水素塩泉」「硫酸塩泉」など共に「美人の湯」とも呼ばれるため、その面からも「恋愛運」「魅力運」がアップしそうです

【代表的温泉地】

【登別温泉 望楼NOGUCHI登別】

北海道地方

【登別温泉 第一滝本館】

北海道
■【登別温泉】⇒
■【層雲峡温泉】⇒
■【温根湯温泉】⇒
■【川湯温泉】⇒
■【ニセコ温泉】⇒

■【大船上の湯温泉】⇒
■【芦別温泉】⇒
■【ニセコ湯本温泉】⇒
■【虎杖浜温泉】⇒

【登別温泉 登別グランドホテル】

東北地方

【銀山温泉 仙峡の宿 銀山荘】

青森県
■【下風呂温泉】⇒
■【酸ヶ湯温泉】⇒
■【嶽温泉】⇒

岩手県
■【国見温泉】⇒
■【花巻温泉】⇒
■【山の神温泉】⇒
■【鶯宿温泉】⇒
■【つなぎ温泉】⇒

■【八幡平温泉】⇒
■【南網張ありね温泉】⇒

【花巻温泉郷 山の神温泉 優香苑】

秋田県
■【田沢湖高原温泉】⇒
■【大深温泉】⇒
■【乳頭温泉】⇒
■【日景温泉】⇒

宮城県
■【鳴子温泉】⇒
■【東鳴子温泉】⇒
■【鳴子川渡温泉】⇒
■【中山平温泉】⇒
■【小原温泉】⇒

【鳴子温泉 湯元 吉祥】

山形県
■【銀山温泉】⇒
■【蔵王温泉】⇒
■【赤湯温泉】⇒
■【小野川温泉】⇒
■【さくらんぼ東根温泉】⇒

■【白布温泉】⇒

【美湯美食の離れ宿 小野川温泉 河鹿荘】

福島県
■【いわき湯本温泉】⇒
■【磐梯熱海温泉】⇒
■【高湯温泉】⇒
■【土湯温泉】⇒
■【中ノ沢温泉】⇒

【高湯温泉 安達屋旅館】

【那須白河温泉 グランドエクシブ那須白河 ザ・ロッジ】

■【野地温泉】⇒
■【新野地温泉】⇒
■【奥土湯川上温泉】⇒
■【岳温泉】⇒
■【那須白河温泉】⇒

【土湯野地温泉 野地温泉ホテル】

【いわき湯本温泉 吹の湯旅館】

関東地方

群馬県
■【草津温泉】⇒
■【応徳温泉】⇒
■【万座温泉】⇒

【草津温泉 望雲】

栃木県
■【奥日光湯元温泉】⇒
■【那須温泉】⇒
■【塩原温泉】⇒
■【中禅寺温泉】⇒
■【那須湯本温泉】⇒

■【奥塩原新湯温泉】⇒
■【喜連川温泉】⇒
■【栗山温泉】⇒
■【光徳温泉】⇒
■【奥鬼怒加仁湯温泉】⇒

■【奥鬼怒八丁の湯温泉】⇒
■【奥鬼怒日光沢温泉】⇒
■【奥鬼怒手白澤温泉】⇒

千葉県
■【鴨川温泉】⇒
■【千倉海岸温泉】⇒

東京都
■【青梅石神温泉】⇒

神奈川県
■【小涌谷温泉】⇒
■【芦ノ湖温泉】⇒
■【箱根芦ノ湯温泉】⇒
■【湯の花沢温泉】⇒

甲信越地方

長野県
■【野沢温泉】⇒
■【戸倉上山田温泉】⇒
■【乗鞍高原温泉】⇒
■【昼神温泉】⇒
■【湯田中温泉】⇒

■【別所温泉】⇒
■【穂高温泉】⇒
■【白骨温泉】⇒
■【熊の湯ほたる温泉】⇒
■【下條温泉】⇒

■【熊の湯硯川温泉】⇒
■【七味温泉】⇒
■【志賀高原幕岩温泉】⇒
■【稲荷山温泉】⇒
■【小布施温泉】⇒

■【星川温泉】⇒

【別所温泉 旅館 花屋】

新潟県
■【妙高高原池の平温泉】⇒
■【越後湯沢温泉】⇒
■【月岡温泉】⇒
■【咲花温泉】⇒
■【妙高温泉】⇒

■【妙高高原燕温泉】⇒

中部東海地方

岐阜県
■【奥飛騨平湯温泉】⇒
■【奥飛騨新平湯温泉】⇒

静岡県
■【梅ヶ島温泉】⇒
■【倉真温泉】⇒
■【法泉寺温泉】⇒

愛知県
■【形原温泉】⇒

三重県
■【二見温泉】⇒

近畿地方

奈良県
■【湯泉地温泉】⇒
■【野迫川温泉】⇒

和歌山県
■【南紀白浜温泉】⇒
■【南紀勝浦温泉】⇒
■【すさみ温泉】⇒
■【湯の峰温泉】⇒
■【湯浅温泉】⇒

【南紀白浜温泉 白良荘グランドホテル】

京都府
■【岩滝温泉】⇒
■【宮津温泉】⇒

中国四国地方

山口県
■【萩温泉】⇒
■【一の俣温泉】⇒

香川県
■【塩江温泉】⇒

徳島県
■【湯元新祖谷温泉】⇒

愛媛県
■【奥道後温泉】⇒

九州沖縄地方

福岡県
■【原鶴温泉】⇒

大分県
■【天ヶ瀬温泉】⇒
■【赤川温泉】⇒
■【牧の戸温泉】⇒
■【宇佐温泉】⇒
■【別府明礬温泉】⇒

■【九重温泉】⇒
■【寒の地獄温泉】⇒
■【白丹温泉】⇒
■【水分温泉】⇒

長崎県
■【雲仙温泉】⇒

【雲仙温泉 かけ流し自家源泉を持つ美食の宿 東園】

熊本県
■【地獄温泉】⇒
■【黒川温泉】⇒
■【はげの湯温泉】⇒
■【平山温泉】⇒
■【湯の鶴温泉】⇒

■【白川温泉】⇒
■【小国山川温泉】⇒
■【わいた温泉】⇒
■【阿蘇白水温泉】⇒
■【南小国温泉】⇒

■【湯山温泉】⇒
■【吉尾温泉】⇒
■【一勝地温泉】⇒

鹿児島県
■【平内海中温泉】⇒
■【湯泊温泉】⇒
■【霧島温泉】⇒
■【吹上温泉】⇒
■【霧島神宮温泉】⇒

■【紫尾温泉】⇒
■【宮之城温泉】⇒
■【湯之谷温泉】⇒
■【栗野岳温泉】⇒
■【鰻温泉】⇒

■【硫黄谷温泉】⇒
■【垂水温泉】⇒
■【丸尾温泉】⇒
■【尾之間温泉】⇒
■【海潟温泉】⇒

■【新湯温泉】⇒
■【湯之元温泉】⇒
■【湯之野温泉】⇒
■【霧島林田温泉】⇒
■【霧島栄之尾温泉】⇒

■【川内高城温泉】⇒
■【栗川温泉】⇒

【霧島温泉郷 ホテル華耀亭】

沖縄県
■【山田温泉】⇒

【開運】気学の方位特定や距離と滞在時間の有効範囲

■二酸化炭素泉(炭酸泉)

tanteinikki-senshitsu-2sankatansosen

 「二酸化炭素泉(単純炭酸泉)」はその名の通り、二酸化炭素を含む温泉で、日本では非常に珍しい泉質です。

入浴した時に小さな気泡が身体いっぱいに付着するところから、「ラムネの湯」「泡の湯」と呼ばれています。

旧泉質名は「単純炭酸泉」と言いますが、分かりやすいため、今でも「炭酸泉」という名称が多く使われているようです。

「炭酸ガス」がお湯に溶けこんでおり、湯に入ると肌が細かい気泡に包まれ、全身に泡が着くのが特徴的な泉質ですが、湯の温度が高くなると「炭酸」が気化して抜けてしまうため、ふつうは温度が低い「ぬる湯」になっているようです。

「二酸化炭素」が皮膚から吸収されて血液循環が良くなるため、温度が低い「ぬるめの湯」でも全身がポカポカと温まり、血液の循環が良くなることで身体全体の代謝が良くなります。

「二酸化炭素」は血圧を下げる効果があるので、「高血圧」「動脈硬化」に対する効能があり、「心臓の湯」という呼ばれ方もします。

また、飲用すれば胃腸を整え、便秘に良いとされていますが、飲み過ぎは禁物で、塩分の摂り過ぎになるので、塩分を控えたほうが良い方は注意してください。

湯に溶け込んでいる「炭酸ガス」は皮膚から吸収されて血管を拡張し、血液の循環をよくするので、たとえ温泉の温度が低くても身体はしっかりと温まります。

毛穴から浸透した「炭酸ガス」は、血行を促進するため、皮膚の血流が通常時の3倍以上になるそうで、リンパの流れもスムーズになり、「むくみの解消」や「老廃物排出を促進」の作用あるとされています。

身体中にくっついたシュワシュワの「気泡」を眺めていると、心から「癒される」感じがする人も多いのではないでしょうか。

女性からの人気が高い泉質で、遊離炭酸を発生させる装置によって「人工炭酸泉」をつくり、これを目玉とする「スーパー銭湯」などの施設もよく見かけるようになりました。

日本では、そもそも天然の炭酸含有泉自体がそれほど多くない上に、炭酸水素ナトリウム(重曹)や食塩などを含まない「純粋な二酸化炭素泉」となるとさらに数が限られてしまうということです。

ただし、珍しいというだけでまったくないわけではなく、大分県の「白水鉱泉」などは、ほぼ炭酸成分のみの単純二酸化炭素泉と言われており、また同じ大分県の「長湯温泉」では、「単純二酸化炭素泉」と「炭酸水素塩泉」の二系統の炭酸含有泉がたのしめるようです。

また、日本の「二酸化炭素泉」のうち、二酸化炭素の含有量1位は、青森県の「みちのく温泉」だとか。

この泉質の温泉に入る機会も増えていますが、「ぬるい」からと、ずっと入ったままでいるのはよくないようなので、その点には気をつけたほうがいいかもしれません。

「ぬるめの湯」でまったりとできるため、「リラックス効果」や「癒し効果」は抜群です。

【開運ポイント】

この泉質で開運

■「二酸化炭素泉」は、「健康運」「人間関係運」などの運気アップをしてくれるようです

■「ぬるめの湯」で「リラックス効果」も高いことから、「身体の健康」だけでなく、「心の健康」にも効果的

■「癒し効果」も抜群なので、人にやさしく接することができるようになり、その面から「人間関係運」をサポートしてくれるでしょう

■「ぬるめの湯」で全然刺激的ではないのに、血液循環をよくし、新陳代謝もアップすることから、気がつかないうちに「運の底上げ」をしてくれそうです

【代表的温泉地】

【長湯温泉 宿房 翡翠之庄~The Kingfisher resort~】

北日本

北海道
■【東神楽温泉】⇒

青森県
■【ロマントピア温泉】⇒
■【酸ヶ湯温泉】⇒
■【八甲田温泉】⇒

岩手県
■【湯川温泉】⇒

山形県
■【肘折黄金温泉】⇒

福島県
■【大塩温泉】⇒

【湯川温泉 山人-yamado-】

東日本

群馬県
■【猿川温泉】⇒

長野県
■【奥蓼科温泉】⇒
■【横谷温泉】⇒
■【南木曽富貴畑高原温泉】⇒

岐阜県
■【湯屋温泉】⇒

【湯屋温泉 炭酸泉の宿 泉岳舘】

西日本

奈良県
■【吉野温泉】⇒

兵庫県
■【有馬温泉】⇒

広島県
■【君田温泉】⇒

【有馬温泉 有馬グランドホテル】

四国九州

福岡県
■【船小屋温泉】⇒

大分県
■【長湯温泉】⇒
■【別府温泉】⇒

熊本県
■【湯の児温泉】⇒
■【金桁温泉】⇒

鹿児島県
■【新川渓谷温泉】⇒
■【霧島温泉】⇒
■【大口温泉】⇒

この記事のまとめ

「塩化物泉」は、湯冷めしにくく身体が芯からポカポカするのを感じられるし、肌の保湿効果も高い

「硫黄泉」はタマゴが腐ったようなにおいがする濁り湯で、温泉に入ったという満足感は十分

「硫黄泉」は効能も高くデトックス効果もあるので、体にたまった悪いものを浄化する気持ちよさがある

「二酸化炭素泉」は、体が温まるため少しぬるめの湯でリラックスして入れるし、高い効能もある

「二酸化炭素泉」は、入ると体にたくさんの気泡がつき、血液の循環を良くして新陳代謝を高める

ゆこゆこで温泉に入ろう!公式サイトはこちら
今すぐ無料登録
【電話占いヴェルニ】公式サイトはこちら