tanteinikki-A026

 ここまでいろいろな「旅行サイト」を見てきましたが、気に入ったものはありましたか?

自分で使う「旅行サイト」は、なんとなく決まっていることが多いですが、それはいろいろと見比べてそうしたわけではなく、「最初に使ったから」とか「なんとなく」とかいう理由でそうなっていることが多いようです。

以前にも書きましたが、旅行上手への第一歩は「旅行サイト」をよく知ることだと思います。是非、いろいろと見比べてください。

見て回ることで、現在メインで使っているよりもっと自分にフィットする旅行サイトが見つかる可能性があります。

おトクな旅の情報が、何かしら隠れているかもしれません。

さて、今回は海外発の「外資系巨大旅行サイト」と便利な「横断検索型旅行サイト」を見てみましょう。

【外資系旅行サイト】

■エクスペディア

tanteinikki-ryokousite-expedia

 世界最大のオンライン旅行予約サイト。

元々はアメリカのマイクロソフトの旅行予約部門として発足したあと独立し、2005年ごろにはアメリカの代表的なオンライン旅行会社になりました。

このサイトはその日本語版です。年間を通して最低価格保証を行い、他社のサイトが安い場合には、差額×2倍を返金してくれます。

直前割引もあり、充実したコンテンツで、検索・予約に便利でおトクです。

【エクスペディア】公式サイトはこちら

■Hotels.com

tanteinikki-ryokousite-hotelscom

 Hotels.comはアメリカ・テキサス州のオンライン旅行会社「Hotels.comLP」が運営する、ホテルなどの宿泊予約サイト。

1991年の創業で、2002年に現在の名称となりました。

日本語版のサービスは2008年からです。エクスペディアの子会社のひとつで、エクスペディアとは姉妹サイトです。

世界中のホテルの検索・予約ができ、高級ホテルの格安プランや格安のホテルも多数選べます。

【Hotels.com】公式サイトはこちら

■agoda

tanteinikki-ryokousite-agoda

 agodaは、2005年にPlanetHoliday.comとPrecisionReservations.comという2つの予約サイトが合併して誕生した企業で、現在はシンガポールに本社を置き、アジアを中心とした全世界のホテル予約を取り扱っています。

特に、東南アジア周辺は強く、エクスペディアを上回る宿泊施設数を検索することができます。

全世界に展開をしており、日本にも東京と大阪の2つのオフィスがあります。

JALやANAと提携しているので、agodaから宿泊予約すれば、マイルが貯められるおトクなサービスを展開しています。

【agoda】公式サイトはこちら

■Booking.com

tanteinikki-ryokousite-bookingcom

 Booking.com (ブッキングドットコム) はオランダで生まれのインターネット専門の世界のホテル割引予約システムです。

利用者からも『メリットの高いホテル予約サイト』として、今では世界中でこのサイトの愛用者が数多くいます。

クチコミも交え、お得なプランで世界中のホテルを掲載し、世界のどのエリアでも感単に激安ホテル予約が可能です。

よく比較されるのがAgoda(アゴダ)やExpedia(エクスペディア)などですが、Booking.com (ブッキングドットコム)が一番使いやすいという人も多くいます。

サービス料や税金などが全て込みになった値段が表示される点が、最終的に支払う料金を把握しやすいという高評価につながっているようです。

公式サイトはこちら【Booking.com】

【気学開運】方位の割出や距離と滞在時間の有効範囲

【横断検索系旅行サイト】

■trivago(トリバゴ)

tanteinikki-ryokousite-trivago

 エクスペディアのグループ企業のひとつで、エクスペディアとは姉妹サイトということになります。

このサイトはその日本語版になり、国内外の宿泊施設の料金の比較を250以上の宿泊予約サイトから横断的にメタ検索するサイトです。

同じ地域の宿泊施設同士の比較だけでなく、同じ部屋やプラン毎の料金をいっぺんに比較できるので、ものすごく便利です。

【トリバゴ】公式サイト人気ホテルが最大50%OFF!

■宿らん

tanteinikki-ryokousite-yadoran

 宿らんはホテルや旅館を、口コミをもとにした人気ランキング形式で紹介するサイトです。

気に入った宿があれば、リンクから宿らんと提携している他の旅行サイトへ飛んで、そこで宿泊予約を取るという形になっています。

口コミを中心としたサイトなので、利用者の感想が分りやすく伝わるようにデザインされており、非常に使い勝手よく、他の旅行サイトとの連携もばっちりです。

【旅行検索予約】鉄道系と航空系サイトは移動がお得

■トリップアドバイザー

tanteinikki-ryokousite-tripadvisor

 トリップアドバイザーは、2000年にアメリカで設立された、ホテルなどの宿泊施設や旅行に関する価格比較や口コミを掲載するWebサイトです。

サイトやアプリを運営する他、20以上の旅行サイトを運営しています。

2005年にエクスペディアのグループ企業になりましたが、2011年再び独立しました。

アメリカをはじめとして世界展開をしており、2008年に日本語版の運用が始まりました。

tanteinikki-ryokousite-traveljp

■トラベルコ

tanteinikki-ryokousite-Ttravel

 「トラベルコ」は、株式会社オープンドアが1997年8月から運営する旅行比較サイトで、この手のサイトとしてはかなり老舗と言えます。

公式キャラクターの名前は「トラベルコちゃん」。

「JTB」「H.I.S.」「じゃらんnet」「楽天トラベル」「Expedia」「Booking.com」など、国内外500以上の旅行サイトを一度にメタサーチし、比較できます!

「国内旅行記事」や「海外旅行記事」も充実しており、「旅行ガイド」などの旅に関する情報も分かりやすく発信しています。

また、ホテルや旅館だけでなく、民泊物件の一括比較も可能になっています。

国内複数の宿泊予約サイトや旅行会社が扱うプランや、宿泊施設の独自プランの一括検索・比較機能だけでなく、キッチンや家電製品などが備わった民泊物件も一括検索の対象に追加することで、長期滞在や体験型旅行を求める旅行者にも、よりフィットする旅を選択できます。

「トラベルコ」が発表する「検索人気ランキングTOP20」や「人気急上昇の検索キーワード」などは、旅行に関するトレンドを知る上でも興味深いと言えるでしょう。

情報がよく整理されている印象で、「とにかく使いやすい!」とネットでも高評価の旅行サイトの1つです。

■フォートラベル

tanteinikki-ryokousite-yoyaQcom

 フォートラベルは、「価格.com」で有名な(株)カカクコムグループが提供する旅行サイト。

日本最大級の旅行クチコミサイトであり、旅行者のクチコミとランキングから人気の観光スポット情報をGETできますし、ホテル・ツアー・航空券の料金比較も可能です。

比較検索サイトとして「価格.com」のノウハウが惜しみなく盛り込まれており、通常の旅行サイトで提供される情報のほかに、横断検索や口コミ、宿からの情報発信など、比較検討するのに必要な情報が見やすく利用しやすい形にデザインされています。

「価格.com」がそうであるように、最も安い宿が選びやすくなっています。

■エイビーロード

tanteinikki-ryokousite-abroad
 株式会社リクルートが運営する、海外旅行に特化した横断比較サイト。

海外旅行に関するパックツアー(フリープラン含む)・航空券・ホテルの検索比較と予約ができます。

元々は、1984年に創刊された、月刊の海外旅行情報誌「AB-ROAD」に由来しています。

雑誌名は、英語の「abroad」(アブロード:「海外へ」の意味)をもじったものであり、当初は国内ツアーも掲載されていましたが、のちにその部分は「じゃらん」として分離されました。

月刊誌エイビーロードが普及したことにより、それまで半年単位だった旅行会社の海外旅行商品の価格設定サイクルが月単位に変わり、さらにインターネットが普及したことにより、毎日の商品価格変更ができるようになりました。

特に、2001年に発生したアメリカ同時多発テロ以後は旅行商品の価格競争は激しさを増して、毎日の価格設定変更が常識となっていきます。

そのため、雑誌で提供できる価格情報は鮮度の問題を常に抱えることになり、2006年9月を最後に雑誌「エイビーロード」は休刊すると共に、1997年より運営していたインターネットサイト「エイビーロードネット」を「エイビーロード」に名称変更し、現在に至ります。

パックツアーと海外航空券に関しては、日本の150以上の旅行会社による旅行商品一覧が検索対象になり、海外のホテルに関しては、同じリクルートの運営する「じゃらんnet」を検索することができます。

予約は、パックツアーと海外航空券については利用者各自が旅行会社に問い合わせて行い、海外ホテルについては「じゃらんnet」内で行うようになっています。

「日本最大級!」をうたうだけあって、豊富な情報量は一見の価値ありです。

■LINEトラベルjp

 「LINEトラベルjp」は、LINEの出資企業である株式会社ベンチャーリパブリックが運営する、国内外のホテル・ツアー・航空券などの予約情報の検索・比較サイトです。

元々は、2001年6月に、トラベル・シーオージェーピー株式会社が「Travel.co.jp」のサイト名でサービスの提供を開始し、2009年1月に、ロゴマークの刷新とサイトのリニューアルに伴い、「Travel.jp」にサイト名を変更しています。

2018年7月、LINEが資本参加および業務提携を発表、9月に、LINEの運営する「LINEトラベル」とのサービス統合が行われ、「LINEトラベルjp」として新たにスタートしました。

「Travel.jp」の姉妹サイトであった国内外の旅行・観光ガイド「たびねす」は、「LINEトラベルjp」の旅行ガイドコーナーに統合され、国内宿泊施設の口コミ情報サイト「Hotel.jp」も別ページで運営されているなど、コンテンツは多彩です。

現在、国内宿泊は19サイトを横断検索でき、海外ホテルは9サイトの横断検索が可能となっています。

そのほかに、国内の往復航空券を比較・検索できるサイト「空の最安値」、国内外のパッケージツアーを比較・検索できるサイト「旅の最安値」、航空券の現在の最安値と空席情報を比較・検索できるサービス「国内航空券リアルタイム検索」などのコンテンツも設けられており、分かりやすくアプローチできるように工夫されています。

【開運旅行】身体の癒しにいい温泉の泉質と成分効能

■ホテルズコンバインド

 「ホテルズコンバインド」は、国内・国外のホテルに関する料金比較を扱う、メタサーチ・サイトおよびアプリ。

オーストラリアのシドニーに本社を置き、2018年12月には「ブッキング・ホールディングス」傘下の「KAYAK」の一部門となっています。

2005年に、ホテル予約サイトのホテルクラブに勤務した経歴を持つ3人の青年が、ユーザーが主要な旅行サイトの中から最安値が検索でき、そこからアクセスできるホテルサイトを作成したことに始まりました。

現在、39言語に翻訳され220カ国以上に配信されています。

2010年には、「TRAVELtech」の「Website of the Year」を受賞し、同年、「デロイト・トウシュ・トーマツ」の「Technology Fast 500 Asia Pacific Ranking」で9位、またアメリカの旅行案内サイトの「Frommers.com」では、旅行ウェブサイトの「トップ10」にランクインするほどになりました。

同じ年、イギリスの「インデペンデント」は、最も節約できるウェブサイトのひとつに「ホテルズコンバインド」を選んでいます。

世界的な知名度を得ると同時に、ホテルの最安値を検索するサイトとして、欠かせない存在となりました。

■KAYAK(カヤック)

 「KAYAK」は、国内・国外の航空券・ホテル・レンタカーに関する旅行検索・料金比較を扱うメタサーチ。

2004年にアメリカで設立され、コネチカット州・スタンフォードに本社を置いています。

2009年には「TIME」によって「50の最高のウェブサイト」の1つとして評価されるなど短期間で成長を遂げました。

2012年12月、オンライン旅行会社の「プライスラインドットコム」により買収され、その後親会社の組織変更に伴い、現在は「ブッキング・ホールディングス」の子会社のうちの1社となっています。

たくさんの旅行検索エンジンを子会社として保有していることでも知られており、まずは2010年にドイツの旅行検索エンジン「swoodoo.com」、2011年にオーストリアの旅行メタ検索エンジン「checkfelix.com」をそれぞれ傘下とします。

そして2017年7月、「ブッキング・ホールディングス」(当時の社名は「プライスライングループ」)の「Momondo Group」買収完了に伴い「momondo」「Cheapflights」両検索エンジンがKAYAKの傘下となり、また同年8月には、ブラジルの旅行メタ検索エンジン「Mundi」を買収し傘下としています。

さらに、2018年12月、「ブッキング・ホールディングス」がオーストラリアの旅行メタ検索エンジン「ホテルズコンバインド」を買収したのに伴って、「KAYAK」は「ホテルズコンバインド」を傘下に加えることになりました。

欧米を中心に、特にアメリカで広く名が知られている「メタサーチ」であり、世界40カ国以上、約20の言語で「KAYAK」のウェブサイトを運営しています。