1980年代

【1988年ヒット曲】昭和63年の年間シングルランキング100

すず 「1988年」って、どういった曲が流行していたんだろう? 「昭和63年」は、翌年にかけて「バブルの時代」のピークにあたるころだよね ミント こむぎ じゃあ、「1988年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようか  1988年(昭和63年)は、1986年(昭和61年)の年末に始まる「バブル時代」の最盛期にあたります。 時代はまるで沸騰したように「お金があふれて」いましたが、ミュージック・シーンでは重要と思える大きな解散劇が2つほどありました。 1つは「BOØWY」の解散であり、もう1 ...

ReadMore

1980年代

【1987年ヒット曲】昭和62年の年間シングルランキング100

レモン 「1987年」って、どんな曲が流行だったんだろう? 「昭和62年」は、「BOØWY」の解散宣言があったころだったよ マロン ぽんず じゃあ、「1987年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようよ  1987年(昭和62年)における最大のサプライズは、「BOØWY」の解散劇だったかもしれません。 日本は、前年末から始まった空前の好景気「バブル景気」の高揚感がまたたく間に広がり、「イケイケどんどん」という時代の空気をだれもが当然と思っていた頃のことでした。 この年の年間1位になった「 ...

ReadMore

1980年代

【1986年ヒット曲】昭和61年の年間シングルランキング100

ゆず 「1986年」って、どういう感じの曲がヒットしていたのかな? 「昭和61年」は、「第2次バンド・ブーム」「おニャン子ブーム」があったころだね ひな あんず じゃあ、「1986年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようか  1986年(昭和61年)は、音楽業界・芸能界だけでなく世間一般的な傾向として、一気にお金を使った豪華なものが流行るようになりました。 「バブルの時代」の始まりです。 この年、CDの生産がLPを上回り、レンタルレコード店でのCDの貸し出しが解禁されたことが、大きな話 ...

ReadMore

1980年代

【1985年ヒット曲】昭和60年の年間シングルランキング100

メイ 「1985年」って、どういう曲がヒットしていたんだろ? 「昭和60年」は、「BOØWY」や「レベッカ」が脚光を浴びたころじゃないかな たま とろじゃあ、「1985年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようよ  1985年(昭和60年)は、「BOØWY」と「レベッカ」「尾崎豊」などの、日本の音楽界にとって不世出のアーティストたちが脚光を浴び、芽を出し始めました。 1月には「LOUDNESS」がアメリカ進出を果たし、この年の「第27回日本レコード大賞 優秀アルバム賞」を受賞しています。 ...

ReadMore

1980年代

【1984年ヒット曲】昭和59年の年間シングルランキング100

もなか 「1984年」って、どんな曲がヒットしていたんだろう? 「昭和59年」は、「松田聖子」と「中森明菜」の全盛時代のころだね ミミ ココ じゃあ、「1984年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようか  1984年(昭和59年)は、「松田聖子」「中森明菜」「小泉今日子」「田原俊彦」「近藤真彦」などに続き、「チェッカーズ」という、社会現象ともいえるビッグアイドルが誕生します。 この年、目立った活躍をしたのが「杏里」「中森明菜」「松田聖子」「サザンオールスターズ」「チェッカーズ」「小泉今 ...

ReadMore

1980年代

【1983年ヒット曲】昭和58年の年間シングルランキング100

そら 「1983年」って、どういった曲がヒットしていたんだろうね? 「昭和58年」は、「探偵物語」「時をかける少女」などの「角川映画」が大ヒットしていたよ おはぎ すず じゃあ、「1983年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようよ  1983年(昭和58年)は、芸能界・音楽界はいい意味でも悪い意味でも話題が多い年でした。 その1つとして、角川映画を挙げておきましょう。 年間4位に「薬師丸ひろ子」の「探偵物語/すこしだけやさしく」が、年間11位には「原田知世」の「時をかける少女」がランク ...

ReadMore

1980年代

【1982年ヒット曲】昭和57年の年間シングルランキング100

レモン 「1982年」って、どういう曲がヒット曲になったんだろう? 「昭和57年」は、「花の82年組」のアイドルたちがデビューした頃だったね ハル モカ じゃあ、「1982年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようか  1982年(昭和57年)は、アイドルの全盛時代がそのピークを迎えつつあった頃です。 この年はアイドルの大豊作で、1982年(正確に言うと1981年10月から1982年9月)に歌手デビューしたアイドルは「花の82年組」と呼ばれ、その多くがアイドルとして花開き活躍しました。 ...

ReadMore

1980年代

【1981年ヒット曲】昭和56年の年間シングルランキング100

あんず 「1981年」って、どんな曲がヒットしていたんだろう? 「昭和56年」は、「松田聖子」が大ブレイクして「80年代アイドル・ブーム」が加速した年だよ ミイ ゆず じゃあ、「1981年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようか  1981年(昭和56年)の芸能界・音楽界は、「ピンク・レディー」と「松田聖子」で象徴できるかもしれません。 まず「松田聖子」ですが、1980年(昭和55年)のデビュー時からの勢いをさらに増して人気とブームを維持し、この年には、男性だけでなく女性にもカリスマと ...

ReadMore

1980年代

【1980年ヒット曲】昭和55年の年間シングルランキング100

ぽんず 「1980年」って、どんな曲がヒットしていたのかな? 「昭和55年」は、「山口百恵」引退と「松田聖子」デビューの年だったよ あんみつ もなか じゃあ、「1980年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようね  1980年(昭和55年)における最大のトピックは、「山口百恵」の引退と「松田聖子」のデビューだったかもしれません。 それぞれ1970年代と80年代を代表するアイドルの「引退」と「デビュー」が重なり、鮮やかな時代の区切りとなった年でした。 この年の3月7日に、「山口百恵」は「三 ...

ReadMore

1970年代

【1979年ヒット曲】昭和54年の年間シングルランキング100

もこ「1979年」って、どんな曲がヒットしていたのかな? 「昭和54年」は、「ゴダイゴ」がヒット曲を連発していたころだよハナ メイ じゃあ、「1979年」の「年間ヒット曲」を中心に、「注目曲」を振り返ってみようよ  1979年(昭和54年)は、サプライズの年だったかもしれません。 あれほどの勢いを持っていた「ピンク・レディー」が急激に大失速したのです。 それと入れ替わるように、「ゴダイゴ」が「ガンダーラ」「Monkey Magic」「ビューティフル・ネーム」「銀河鉄道999」のシングル4曲をすべて年間20 ...

ReadMore

リラックスしてみるのはいい考えかも!

コミックシーモア

「コミックシーモア」は、「NTT」のグループ会社が運営する「総合電子書籍ストア」で、「電子書籍サービス」としては「老舗中の老舗」と言える安心安全なサービスであり、「全ジャンル」の書籍を揃えていますが、とくに「マンガ」には力を入れていること、サイトが分かりやすい作りになっていることや、「割引」や「ポイント還元」などの「おトク」が充実しているのも特徴。

「読み放題プラン」が2種類あり、自分の「マンガ」を読む「ジャンル」や「分量」に合わせて選べることや「レンタルプラン」もあること、「無料読み放題作品」の数も多く「無料コミック」や「セール」を毎日更新するなど更新頻度も高いこと、各書籍の「レビュー」が充実していて内容や評価を把握しやすくなっているのは、とても便利で魅力的!

「書籍は分かりやすいサイトを利用したいと思う人」「毎月定期的にマンガを購入している人」「『キャンペーン』『割引』『ポイント還元』が好きな人」「まんがを中心に他の書籍も読みたい人」「新しいマンガだけじゃなく古いマンガも楽しみたい人」「自分に合った『読み放題プラン』を選びたい人」には、とてもおススメ!

e-onkyo music

「e-onkyo music」は、CDを圧倒的に上回る情報量を持つ音楽データであり、CDでは聴こえなかった微細な表現も楽しむことができる「ハイレゾ音源」だけを扱う、「日本のハイレゾ音源配信の元祖」ともいえるサイトであり、「mora」とともに「ハイレゾ音源」を購入できる国内の「2大配信サイト」と言われています。

ほかの音楽配信サイトでは、「ハイレゾ」と「非ハイレゾ」の音源が混在しており、購入時には間違えないように注意が必要になりますが、「e-onkyo music」であれば、超高音質の「ハイレゾ音源」だけを選ぶことができるのは大きな魅力!

配信形式が豊富なことも特徴で、中には同一作品で「音質違い」が用意されている場合もあるので、環境や好みに合わせて選ぶことができるのも強みであり、ジャンルは「オールジャンル」といっていい充実ぶりで、取り扱う楽曲の数も多いので、「いろいろな環境で聴きたい」「超高音質を楽しみたい」なら「e-onkyo music」はいい選択になるでしょう。

Tsutaya TV

「Tsutaya TV」は、「TSUTAYA」のグループ会社が運営する「動画配信サービス(VOD)」であり、旧作だけならば定額で約1万タイトルが見放題ですし、毎月1100円分のポイントがもらえて、見放題のラインナップにはない個別課金の新作タイトルを2本分ほど視聴できるなど、ユーザーインターフェースの使いにくさは少々難ではあるものの、定額の「動画見放題プラン」はけっこうお得に利用できます。

見放題のラインナップが少し少なめなのを補ってくれるのが「TSUTAYA DISCAS」であり、宅配サービスで1ヶ月につき8枚まで「DVD」「CD」の全商品がレンタル可能になり、9枚目以降も「旧作DVD」と「CD全商品」が借り放題で楽しむことができるので、「DVD」「CD」の宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」と組み合わせたプランにすればとても便利で、連携させることで力を最大限に発揮するでしょう。

「動画配信されている作品だけでなく『DVD』などでも映像作品を楽しみたい人」「映画やドラマの主題歌や挿入歌を『CD』で聴きたい人」「旧作だけでなく『新作』『準新作』もいち早く視聴したい人」「動画配信もレンタルもフル活用する自信がある人」には、とてもおススメです!

Sister Sites

邦楽や洋楽の名曲・節約・転職ほか
【のんびり探偵の事件簿】

邦楽や洋楽のデータベースほか
【のんびり探偵の休日】
テキストのコピーはできません。