ぽんずぽんず

温泉で「運気アップ」ができるって、知ってる?

あんこあんこ

温泉に入るだけで、「美肌」になって「開運」もできれば、「一挙両得」だよね!

こむぎこむぎ

じゃあ、「美人の湯」と言われる泉質の温泉について、少し詳しくお話してみようよ

 日本の温泉は数も種類も豊富にあり、環境省が定める「鉱泉分析法指針」における「療養泉」の分類では「11種類」もの泉質があるそうです。

温泉にはたくさんの効能がありますが、私たちが温泉に期待する効果としては、大きく分けると「美容」「癒し」「健康」に対する効能がありますよね。

中でも女性に大人気なのが「美容」に対する効き目のある、「美人の湯」「美白の湯」「美肌の湯」と呼ばれるものではないでしょうか。

温泉がもたらす「美容」の効果については、いくつかのポイントとなる要素があります。

温泉に期待できる美容効果

■温泉成分がお肌全体を覆って、保湿パックのようにしっとりする「保湿パック効果」

■新陳代謝やコラーゲン代謝の活性化をサポートして、ハリのある若々しいお肌にする「エイジングケア効果」

■お肌の汚れ掃除や古い角質を落として、「つるつるスベスベ肌」にしてくれる「クレンジング効果」

■血行の促進で老廃物の排出をサポートして、お肌の「むくみ」を取り除いてくれる「デトックス効果」

■温泉をたのしむことで脳内ホルモンを活性化し、身体全体のバランスを回復させて、内側から魅力的にしてくれる「リフレッシュ効果」

■筋肉やお肌を弛緩させてゆるめることで、お肌だけでなく表情までやわらかく好印象にしてくれる「リラックス効果」

これらの美容効果の強弱や組み合わせによって「美人の湯」が出来上がりますが、「11種類」ある泉質の中の、いったいどの泉質が「美人の湯」なんでしょうか?

この記事では、温泉に入ることで「美人」「美白」「美肌」になりたい人のために、日本で入ることができる温泉の中で「美人の湯」と呼ばれる温泉の泉質について、お話してみることにしましょう。

この記事を読むことで、どの泉質の温泉に入れば「美容」にいい影響を与えることができるのかが分かり、より効率的に温泉で「美人」「美白」「美肌」を目指すことができるかもしれません。

(「【 】の宿泊施設名称」と「そのすぐ上に掲載してある写真」は、それぞれ旅行サイト「じゃらんnet」にリンクされており、当該の宿泊施設の詳細情報が得られます)

この記事を読んでほしい人

温泉に入ってラクラク「開運」したい人

「美人の湯」「美肌の湯」「美白の湯」に入りたい人

「美人の湯」はどんな泉質なのか知りたい人

「美人の湯」と言われる泉質でどんな「運気アップ」ができるのか気になる人

「旅行」「温泉」「開運」「美肌」がけっこう好きな人

【開運旅行】女性の健康的魅力を引き出す温泉の泉質

■単純泉

tanteinikki-senshitsu-tanjyunsen

 「単純泉」は、含まれる成分がどの種類も一定量に達しておらず、突出した成分のない、言い換えれば、成分の薄い温泉のことです。

「無色透明」「無味無臭」の湯であり、そのため刺激があまりなく、肌や身体への刺激を避けたい人にはおススメの泉質です。

刺激が少ないために、外傷の療養や病後の回復期にもよいとされています。

「単純泉」のうち「弱アルカリ性~アルカリ性」の湯は、肌の角質を取り除き美肌効果がある「美人の湯」「美白の湯」「美肌の湯」です。

「やわらかい湯」の泉質と言えるので、老若男女から病弱な方まで、すべての人におススメの泉質です。

「単純泉」は、日本の温泉で最も多いと言われている泉質で、含有成分の合計が規定量に達しておらず、泉温が25℃以上のため、温泉法上の「温泉」に該当しています。

それぞれの成分が入りすぎていないので、刺激も少なくマイルドなのはいいところです。

そのため、肌質を選ばずに入ることができ、「敏感肌」でも安心できる「お肌にやさしい泉質」と言えるでしょう。

「赤ちゃん」と一緒に湯に入るならのこの泉質が一番のおすすめで、「アルカリ性」の泉質であれば、肌の汚れを落とす「クレンジング効果」も期待ができそうです。

「pH値」が高いほど角質を落とす働きが強いと言われており、「pH値」が「8.5以上」はあった方がいいでしょう。

「気になる『くすみ』を取り、肌を滑らかにする」とされているので、チェックしておくといいかもしれません。

ただし、効き目が「マイルド」であり、「じんわり」とゆるやかに効いてくるので、温泉滞在中は繰り返して湯に入ることで効果を「蓄積」するとよさそうです。

「温泉でキレイになりたい!」という、女性の願いを叶えてくれるのが、「美人の湯」「美白の湯」「美肌の湯」と呼ばれる温泉です。

美容のために「お肌」を意識するだけじゃなく、絶景が眺められ、少しヒンヤリした外の風に触れながら、「露天風呂」で解放感にひたって心も身体もリラックスしたいですね。

ちょっと贅沢をして「露天風呂付き客室」で一日中温泉を楽しむのも素敵な時間の過ごし方ではないでしょうか。

肌に優しく、美肌にもなれる極上の温泉にゆったりとつかって、「日頃の肌疲れ」はきちんとリセットしておきましょう。

【開運ポイント】

この泉質で開運

■「単純泉」の開運効果は「全体的な運気アップ」で、「人間関係運」「仕事運」「健康運」「恋愛運」などあらゆる「運」によい

■全体的な運気の流れをスムーズにし、日頃の「疲れ」や「ストレス」が溜まったときに、原因ともなる「運気の停滞」を解消してくれます

■突出した成分がなく、いろいろな成分効能をもつことから、周囲との「調和・バランス」を図るはたらきもあるため、とくに「人間関係」のバランス修復や「縁」に関するトラブルに効果的

■即効性がなく効果が穏やかなため、効き目と実感できるまでは、くりかえして何度も湯に入る必要があるかもしれません

【代表的温泉地】

【下呂温泉 湯あそびの宿 下呂観光ホテル本館】

北海道地方

【北湯沢温泉 緑の風リゾート きたゆざわ】

北海道
■【カルルス温泉】⇒
■【十勝川温泉】⇒
■【阿寒湖温泉】⇒
■【網走湖畔温泉】⇒
■【西大沼温泉】⇒

■【東神楽温泉】⇒
■【帯広温泉】⇒
■【本別温泉】⇒
■【雄阿寒温泉】⇒
■【北湯沢温泉】⇒

【雄阿寒温泉 カムイの湯 ラビスタ阿寒川】

■【仁伏温泉】⇒
■【富良野島ノ下温泉】⇒
■【くったり温泉】⇒
■【紋別温泉】⇒
■【新十津川温泉】⇒

■【虎杖浜温泉】⇒
■【なかふらの温泉】⇒

【なかふらの温泉 SPA&HOTELRESORTふらのラテール】

【阿寒湖畔温泉 あかん遊久の里鶴雅】

東北地方

【湯野上温泉 藤龍館】

青森県
■【古牧温泉】⇒
■【薬研温泉】⇒
■【青荷温泉】⇒
■【奥入瀬渓流温泉】⇒

【奥入瀬渓流温泉 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル】

岩手県
■【花巻温泉】⇒
■【鶯宿温泉】⇒
■【鉛温泉】⇒
■【志戸平温泉】⇒
■【渡り温泉】⇒

■【山の神温泉】⇒
■【岩手山焼走り温泉】⇒
■【大沢温泉】⇒
■【金田一温泉】⇒

【千二百年 湯めぐりの里 大沢温泉 山水閣】

秋田県
■【秋の宮温泉】⇒
■【湯瀬温泉】⇒
■【乳頭温泉】⇒

【湯瀬温泉 四季彩り 秋田づくし 湯瀬ホテル】

宮城県
■【小原温泉】⇒
■【青根温泉】⇒
■【鳴子温泉】⇒
■【松島温泉】⇒
■【作並温泉】⇒

■【鳴子川渡温泉】⇒
■【鳴子鬼首温泉】⇒
■【中山平温泉】⇒

【鳴子温泉 鳴子ホテル】

山形県
■【大堀温泉】⇒
■【神室温泉】⇒
■【がまの湯温泉】⇒

福島県
■【飯坂温泉】⇒
■【土湯温泉】⇒
■【磐梯熱海温泉】⇒
■【穴原温泉】⇒
■【湯野上温泉】⇒

【東山温泉 いろりの宿 芦名】

【デコ平温泉 裏磐梯 グランデコ 東急ホテル】

■【猪苗代温泉】⇒
■【檜枝岐温泉】⇒
■【羽鳥湖温泉】⇒
■【母畑温泉】⇒
■【芦ノ牧温泉】⇒

■【須賀川温泉】⇒
■【会津東山温泉】⇒
■【デコ平温泉】⇒

【須賀川温泉 おとぎの宿 米屋】

【飯坂温泉 飯坂ホテルジュラク】

関東地方

群馬県
■【水上温泉】⇒
■【伊香保温泉】⇒
■【老神温泉】⇒
■【谷川温泉】⇒
■【片品温泉】⇒

■【湯ノ小屋温泉】⇒
■【尾瀬片品温泉】⇒
■【藤岡温泉】⇒
■【奥利根温泉】⇒
■【敷島温泉】⇒

■【宝川温泉】⇒
■【白沢高原温泉】⇒

【宝川温泉 汪泉閣】

栃木県
■【鬼怒川温泉】⇒
■【川治温泉】⇒
■【那須温泉】⇒
■【日光温泉】⇒
■【湯西川温泉】⇒

■【板室温泉】⇒
■【馬頭温泉】⇒
■【北温泉】⇒

茨城県
■【筑波山温泉】⇒
■【袋田温泉】⇒

埼玉県
■【秩父西谷津温泉】⇒
■【和銅鉱泉温泉】⇒
■【赤谷温泉】⇒
■【嵐山渓谷温泉】⇒

千葉県
■【南房総岩井温泉】⇒
■【房総白浜温泉】⇒

東京都
■【青梅石神温泉】⇒

神奈川県
■【箱根湯本温泉】⇒
■【湯河原温泉】⇒
■【箱根強羅温泉】⇒
■【箱根仙石原温泉】⇒
■【西丹沢中川温泉】⇒

■【仙石原姥子温泉】⇒
■【小涌谷温泉】⇒
■【蛸川温泉】⇒
■【宮ノ下温泉】⇒
■【芦ノ湖温泉】⇒

■【あつぎ飯山温泉】⇒
■【七沢温泉】⇒
■【広沢寺温泉】⇒
■【箱根芦ノ湯温泉】⇒

【箱根蛸川温泉 ザ・プリンス 箱根芦ノ湖】

甲信越地方

山梨県
■【石和温泉】⇒
■【下部温泉】⇒
■【山中湖温泉】⇒
■【川浦温泉】⇒
■【山梨万葉温泉】⇒

【山中湖温泉 富士山と湖を望むリゾート ホテルマウント富士】

長野県
■【諏訪湖上諏訪温泉】⇒
■【浅間温泉】⇒
■【鹿教湯温泉】⇒
■【池の平温泉】⇒
■【渋温泉】⇒

■【白馬八方温泉】⇒
■【美ヶ原温泉】⇒
■【春日温泉】⇒
■【早太郎温泉】⇒
■【諏訪湖下諏訪温泉】⇒

■【不動温泉】⇒
■【下條温泉】⇒
■【乗鞍高原温泉】⇒
■【すずらん温泉】⇒
■【わさび沢温泉】⇒

■【安曇乗鞍温泉】⇒
■【あずまや温泉】⇒
■【南木曽温泉】⇒
■【信州まつかわ温泉】⇒
■【安曇野みさと温泉】⇒

■【久米川温泉】⇒
■【湯田中温泉】⇒
■【新湯田中温泉】⇒
■【白馬かたくり温泉】⇒
■【上高地温泉】⇒

■【星川温泉】⇒
■【天徳温泉】⇒
■【月川温泉】⇒
■【天龍峡温泉】⇒
■【飯田城温泉】⇒

■【高遠温泉】⇒
■【信州よませ温泉】⇒
■【大町籠川渓雲温泉】⇒

新潟県
■【越後湯沢温泉】⇒
■【駒の湯温泉】⇒
■【妙高温泉】⇒
■【弥彦温泉】⇒
■【奥只見折立温泉】⇒

■【畔地温泉】⇒
■【神湯温泉】⇒
■【越後中里温泉】⇒
■【舞子温泉】⇒
■【神の宮温泉】⇒

■【五十沢温泉】⇒
■【寺泊岬温泉】⇒
■【当間高原温泉】⇒

北陸地方

富山県
■【宇奈月温泉】⇒
■【越中つるぎ温泉】⇒
■【福光アローザ温泉】⇒

【黒部宇奈月温泉 桃源】

石川県
■【山代温泉】⇒
■【ねぶた温泉】⇒

福井県
■【玉川温泉】⇒
■【東尋坊温泉】⇒
■【越前町糸生温泉】⇒
■【九頭竜温泉】⇒
■【鷹巣温泉】⇒

中部東海地方

【下呂温泉 小川屋】

岐阜県
■【下呂温泉】⇒
■【飛騨高山温泉】⇒
■【奥飛騨新平湯温泉】⇒
■【奥飛騨平湯温泉】⇒
■【高山龍神温泉】⇒

■【馬瀬川温泉】⇒

静岡県
■【伊東温泉】⇒
■【下田温泉】⇒
■【堂ヶ島温泉】⇒
■【伊豆白浜温泉】⇒
■【天城湯ヶ島温泉】⇒

■【修善寺温泉】⇒
■【天城船原温泉】⇒
■【伊豆高原温泉】⇒
■【伊豆長岡温泉】⇒
■【熱海伊豆山温泉】⇒

■【網代温泉】⇒
■【畑毛温泉】⇒
■【梅ヶ島温泉】⇒
■【大室温泉】⇒
■【下田蓮台寺温泉】⇒

■【河津温泉】⇒
■【赤沢温泉】⇒
■【箱根峠温泉】⇒
■【伊豆片瀬温泉】⇒
■【月ヶ瀬温泉】⇒

■【吉奈温泉】⇒
■【梅ヶ島コンヤ温泉】⇒
■【大滝温泉】⇒
■【白岩温泉】⇒
■【横川温泉】⇒

■【嵯峨沢温泉】⇒
■【観音温泉】⇒
■【御殿場高原温泉】⇒
■【南伊豆吉佐美温泉】⇒
■【寸又峡温泉】⇒

■【富士田貫湖温泉】⇒
■【三津浜湯の花温泉】⇒

愛知県
■【西浦温泉】⇒
■【三谷温泉】⇒
■【蒲郡温泉】⇒
■【形原温泉】⇒
■【奥矢作峡笹戸温泉】⇒

■【犬山温泉】⇒

三重県
■【猪の倉温泉】⇒
■【榊原温泉】⇒
■【鳥羽安楽島温泉】⇒
■【志摩磯部ひまわりの湯温泉】⇒
■【伊賀青山朝妻温泉】⇒

■【熊野入鹿温泉】⇒
■【伊賀温泉】⇒
■【志摩浜島温泉】⇒
■【長島温泉】⇒
■【名張香落渓温泉】⇒

■【新美里温泉】⇒

近畿地方

【南紀勝浦温泉 碧き島の宿 熊野別邸 中の島】

滋賀県
■【おごと温泉(雄琴温泉)】⇒
■【瑠璃温泉】⇒
■【永源寺温泉】⇒

奈良県
■【洞川温泉】⇒
■【宝来温泉】⇒
■【信貴山温泉】⇒
■【湯盛温泉】⇒

和歌山県
■【川湯温泉】⇒
■【南紀勝浦温泉】⇒
■【紀伊見温泉】⇒
■【南紀椿温泉】⇒
■【湯浅温泉】⇒

■【日置川温泉】⇒

大阪府
■【関空温泉】⇒

京都府
■【夕日ヶ浦温泉(浜詰温泉)】⇒
■【るり渓温泉温泉】⇒
■【嵐山温泉】⇒
■【まほろばの湯温泉】⇒
■【木津温泉】⇒

■【京都竹の郷温泉】⇒
■【離湖弁天温泉】⇒
■【鞍馬温泉】⇒
■【天橋立成相観音温泉】⇒
■【奥橋立伊根温泉】⇒

■【大原温泉】⇒

兵庫県
■【湯村温泉】⇒
■【有馬温泉】⇒
■【淡路島洲本温泉】⇒
■【神鍋温泉】⇒
■【淡路島南あわじ温泉】⇒

■【香住温泉】⇒
■【城崎円山川温泉】⇒
■【城崎円山川ひだまり温泉】⇒
■【神戸ハーバーランド温泉】⇒
■【さとわき湧玉の湯温泉】⇒

■【やぶ温泉】⇒

中国四国地方

鳥取県
■【三朝温泉】⇒
■【鹿野温泉】⇒
■【霞の里温泉】⇒

島根県
■【斐乃上温泉】⇒
■【美又温泉】⇒
■【有福温泉】⇒
■【匹見峡温泉】⇒
■【出雲湯村温泉】⇒

岡山県
■【湯原温泉】⇒
■【奥津温泉】⇒
■【作州武蔵温泉】⇒
■【上齋原温泉】⇒
■【まにわ温泉】⇒

■【津黒高原温泉】⇒

広島県
■【女鹿平温泉】⇒
■【湯来温泉】⇒
■【庄原さくら温泉】⇒
■【安芸宮島温泉】⇒

山口県
■【萩温泉】⇒
■【長門湯本温泉】⇒
■【湯田温泉】⇒
■【一の俣温泉】⇒
■【周防大島温泉】⇒

■【湯免温泉】⇒
■【萩阿武川温泉】⇒

香川県
■【小豆島温泉】⇒

徳島県
■【大歩危温泉】⇒

高知県
■【用井温泉】⇒

愛媛県
■【道後温泉】⇒
■【湯ノ浦温泉】⇒
■【りんりんパークー温泉】⇒
■【鈍川温泉】⇒

【道後温泉 ふなや】

九州沖縄地方

福岡県
■【二日市温泉】⇒
■【脇田温泉】⇒
■【原鶴温泉】⇒
■【吉井温泉】⇒
■【筑後川温泉】⇒

■【玄海さつき温泉】⇒
■【黒木温泉】⇒
■【八幡温泉】⇒
■【八幡ひまわり温泉】⇒
■【星野温泉】⇒

■【薬王寺温泉】⇒
■【秋月温泉】⇒
■【久山温泉】⇒

大分県
■【由布院温泉】⇒
■【湯布院湯平温泉】⇒
■【湯坪温泉】⇒
■【なかま温泉】⇒
■【別府温泉】⇒

■【別府鉄輪温泉】⇒
■【筋湯温泉】⇒
■【天ヶ瀬温泉】⇒
■【宝泉寺温泉】⇒
■【別府観海寺温泉】⇒

■【日田温泉】⇒
■【別府堀田温泉】⇒
■【八面山金色温泉】⇒
■【長者原温泉】⇒
■【城島温泉】⇒

■【烏帽子岩温泉】⇒
■【九重温泉】⇒
■【裏耶馬渓温泉】⇒
■【深耶馬温泉】⇒
■【守実温泉】⇒

■【壁湯温泉】⇒
■【川底温泉】⇒
■【塚野鉱泉温泉】⇒
■【別府浜脇温泉】⇒
■【水分温泉】⇒

■【別府柴石温泉】⇒
■【西谷温泉】⇒

【別府鉄輪温泉 露天風呂の宿 おにやまホテル】

佐賀県
■【武雄温泉】⇒
■【太良嶽温泉】⇒
■【古湯温泉】⇒
■【佐里温泉】⇒
■【川上峡温泉】⇒

長崎県
■【平戸温泉】⇒
■【対馬温泉】⇒
■【道の尾温泉】⇒
■【稲佐山温泉】⇒

宮崎県
■【京町温泉】⇒
■【青島温泉】⇒
■【常盤温泉】⇒

熊本県
■【山鹿温泉】⇒
■【黒川温泉】⇒
■【牛深温泉】⇒
■【杖立温泉】⇒
■【菊池温泉】⇒

■【植木温泉】⇒
■【玉名温泉】⇒
■【平山温泉】⇒
■【日奈久温泉】⇒
■【天草苓北町温泉】⇒

■【わいた温泉】⇒
■【小天温泉】⇒
■【菊池渓谷温泉】⇒
■【城南温泉】⇒
■【滝の上温泉】⇒

■【麻生釣温泉】⇒
■【南小国温泉】⇒
■【田の原温泉】⇒
■【託麻温泉】⇒
■【満願寺温泉】⇒

■【南阿蘇俵山温泉】⇒
■【みやばる温泉】⇒
■【産山温泉】⇒
■【菊鹿温泉】⇒
■【七城温泉】⇒

■【阿蘇高森温泉】⇒
■【垂玉温泉】⇒
■【守護陣温泉】⇒
■【河内温泉】⇒
■【本渡温泉】⇒

■【赤水温泉】⇒
■【湯浦温泉】⇒
■【荒尾温泉】⇒
■【熊入温泉】⇒
■【吉尾温泉】⇒

■【浜の湯温泉】⇒

鹿児島県
■【丸尾温泉】⇒
■【市比野温泉】⇒
■【霧島神宮温泉】⇒
■【霧島温泉】⇒
■【南九州頴娃温泉】⇒

■【屋久島温泉温泉】⇒
■【楠川温泉】⇒
■【藺牟田温泉】⇒
■【南さつま知覧温泉】⇒
■【関平温泉】⇒

■【野々湯温泉】⇒
■【尾之間温泉】⇒
■【湯之元温泉】⇒
■【祁答院温泉】⇒
■【殿湯温泉】⇒

■【郡山温泉】⇒
■【種子島温泉】⇒
■【観音滝温泉】⇒
■【谷山温泉】⇒
■【浜平温泉】⇒

■【川内市街地温泉】⇒
■【湯川内温泉】⇒
■【吉松温泉】⇒

【開運旅行】女性の心と身体の癒しにいい温泉の泉質

■炭酸水素塩泉

tanteinikki-senshitsu-tansansuisoensen

 「炭酸水素塩泉(重炭酸土類泉・重曹泉)」の泉質の湯につかるとヌルヌルし、わりとすぐに肌がなめらかになるのが感じられます。

保湿の作用がなく肌が乾燥しやすくなるので、湯上り後には保湿ケアをすればバッチリです。

ただし、「炭酸水素塩泉」は、皮膚の表面を軟化させるため、「皮膚乾燥症」にはよいようです。

この泉質の湯に入ると、皮膚表面の「脂質」や「古い角質」を落としてくれる「石鹸」のような効果が期待でき、肌の表面が「つるつるスベスベ」になるように感じるでしょう。

湯上がりがさわやかに感じられ、とくに「脂性の人」はサッパリ感を強く感じるのではないでしょうか。

湯の色は、「透明」なものから、「茶」または「黒」。

「無色透明」の湯が多いですが、含まれる成分によっては「にごり湯」になる場合もあるようです。

「美人の湯」「美肌の湯」と称されるものも多く、「三大美肌湯」のひとつです。

湯上りに涼しく感じることから「清涼の湯」「冷えの湯」と呼ばれてもいて、温泉中にナトリウムやカリウム、マグネシウムが多く含まれている泉質です。

「炭酸水素塩泉」は、旧泉質名では「重炭酸土類泉(カルシウム炭酸水素塩泉とマグネシウム炭酸水素塩泉)」と「重曹泉(ナトリウム炭酸水素塩泉)」の2つに分かれていました。

クレンジング作用が期待できるのは、とくに「重曹泉(ナトリウム-炭酸水素塩泉)」の方であり、肌の掃除をしてくれ、肌表面をやわらかくして皮脂を乳化させて汚れを落とす役割をしてくれるため、「肌表面がきれいになり化粧のノリがよくなる」とも言われています。

美肌と言われて真っ先に思い浮かぶのは、肌触りの「なめらかさ」「スベスベ感」であり、そんな「美肌」になれるのがこの泉質だと言えるでしょう。

「重炭酸土類泉(カルシウム-炭酸水素塩泉とマグネシウム-炭酸水素塩泉)」のほうは、鎮静作用があり、「リラックス効果」に期待ができます。

「つるつるスベスベの美肌になりたい」「湯上りにスッキリサッパリした爽快感が欲しい」「古い角質をお掃除してなめらかな肌質になりたい」「ヌルヌルした美容液みたいな温泉がいい」「肌をキレイにして化粧のノリをよくしたい」とご希望の方は、この泉質の温泉を一番におススメします。

【開運ポイント】

この泉質で開運

■「炭酸水素塩泉」は「美人の湯」と呼ばれ「美肌」や「美貌」をつくることから、「恋愛運」「愛情運」「魅力運」などの運気がアップできる

■「透明の湯」は外見を美しくしてくれ、「茶~黒色の湯」は内面を美しくする効果があるそうです

■この湯に入ると「愛情」が深まるため、「カップル」や「夫婦」など、「愛する」人と一緒に行くのが効果的だとか

■陰陽五行の「水の気」が強く、男性よりも女性のほうが効果が表れやすいと言えます

■「とろみ」のある、少しヌルヌルした湯が、女性への運気の吸収を促してくれます

【代表的温泉地】

【白骨温泉 湯元齋藤旅館】

北海道地方

【湯の川温泉 湯の川プリンスホテル 渚亭】

北海道
■【ニセコ東山温泉】⇒
■【支笏湖温泉】⇒
■【十勝川温泉】⇒
■【湯の川温泉】⇒
■【登別温泉】⇒

【支笏湖温泉 しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌】

■【ウトロ温泉】⇒
■【ニセコ温泉】⇒
■【ニセコ昆布温泉】⇒
■【然別湖畔温泉】⇒
■【幕別温泉】⇒

【十勝川温泉 第一ホテル】

■【旭川温泉】⇒
■【ニセコモイワ山温泉】⇒
■【大船上の湯温泉】⇒
■【伏見温泉】⇒
■【恵山温泉】⇒

■【芦別温泉】⇒
■【ニセコアンヌプリ温泉】⇒
■【ニセコ薬師温泉】⇒
■【ニセコ黄金温泉温泉】⇒
■【ニセコワイス高原温泉】⇒

■【倶知安温泉】⇒
■【トムラウシ温泉】⇒

【函館湯の川温泉 ホテル万惣】

東北地方

【南網張ありね温泉 ゆこたんの森】

青森県
■【十和田湖畔温泉】⇒
■【ロマントピア温泉】⇒
■【鯵ヶ沢高原温泉】⇒
■【蔦温泉】⇒

【蔦温泉 蔦温泉旅館】

岩手県
■【夏油温泉】⇒
■【国見温泉】⇒
■【雫石高倉温泉】⇒
■【一関厳美渓温泉】⇒
■【奥州平泉温泉】⇒

■【南網張ありね温泉】⇒

秋田県
■【乳頭温泉】⇒
■【黒川温泉】⇒
■【鶴ノ湯温泉】⇒
■【日景温泉】⇒

【乳頭温泉郷 妙乃湯】

宮城県
■【鳴子温泉】⇒
■【蔵王遠刈田温泉】⇒
■【東鳴子温泉】⇒
■【鳴子川渡温泉】⇒
■【中山平温泉】⇒

山形県
■【肘折温泉】⇒

福島県
■【土湯温泉】⇒
■【大玉温泉】⇒

関東地方

群馬県
■【鹿沢温泉】⇒
■【赤城温泉】⇒
■【伊香保温泉】⇒
■【奥軽井沢温泉】⇒
■【磯部温泉】⇒

■【鬼押温泉】⇒
■【妙義温泉】⇒
■【新鹿沢温泉】⇒
■【上の原温泉】⇒
■【嬬恋高原温泉】⇒

栃木県
■【塩原温泉】⇒
■【中禅寺温泉】⇒
■【古町温泉】⇒
■【奥鬼怒加仁湯温泉】⇒
■【奥鬼怒八丁の湯温泉】⇒

■【奥鬼怒日光沢温泉】⇒
■【奥鬼怒手白澤温泉】⇒
■【光徳温泉】⇒

【奥鬼怒加仁湯温泉 加仁湯】

茨城県
■【磯原温泉】⇒
■【袋田温泉】⇒

千葉県
■【鴨川温泉】⇒
■【たてやま温泉】⇒
■【小湊温泉】⇒
■【養老温泉】⇒
■【勝浦温泉】⇒

■【飯岡温泉】⇒
■【天津小湊温泉】⇒
■【南房総白浜温泉】⇒
■【勝浦万祝温泉】⇒

神奈川県
■【箱根強羅温泉】⇒
■【湖尻温泉】⇒
■【箱根芦ノ湯温泉】⇒

甲信越地方

山梨県
■【増富温泉】⇒
■【甲府温泉】⇒
■【甲斐大泉温泉】⇒
■【泉温泉】⇒
■【KEEP温泉】⇒

【泉温泉 天空の楽園 清里高原ホテル】

長野県
■【白骨温泉】⇒
■【軽井沢星野温泉】⇒
■【湯股温泉】⇒
■【小谷温泉】⇒
■【木曽御岳温泉】⇒

■【たつの荒神山温泉】⇒
■【白馬乗鞍温泉】⇒
■【北八ヶ岳松原湖温泉】⇒
■【奥白馬温泉】⇒
■【南木曽富貴畑高原温泉】⇒

■【信州いいじま温泉】⇒
■【黒姫温泉】⇒

新潟県
■【瀬波温泉】⇒
■【赤倉温泉】⇒
■【御神楽温泉】⇒
■【笹倉温泉】⇒
■【角神温泉】⇒

■【佐渡加茂湖温泉】⇒
■【姫川温泉】⇒
■【寺泊温泉】⇒

北陸地方

富山県
■【小川温泉】⇒
■【氷見温泉】⇒

石川県
■【深谷温泉】⇒
■【はまなす温泉】⇒
■【白峰温泉】⇒
■【千里浜やわらぎ温泉】⇒

【はまなす温泉 ちりはまホテルゆ華】

福井県
■【越前南部温泉】⇒

中部東海地方

岐阜県
■【奥飛騨平湯温泉】⇒
■【奥飛騨新平湯温泉】⇒
■【新穂高温泉】⇒
■【飛騨高山温泉】⇒
■【濁河温泉】⇒

■【湯屋温泉】⇒
■【中津川温泉】⇒

静岡県
■【河津温泉】⇒
■【口坂本温泉】⇒
■【接岨峡温泉】⇒
■【梅ヶ島新田温泉】⇒
■【千頭温泉】⇒

三重県
■【志摩浜島温泉】⇒
■【火の谷温泉】⇒
■【長島温泉】⇒

近畿地方

滋賀県
■【甲賀温泉】⇒

奈良県
■【十津川温泉】⇒
■【吉野温泉】⇒
■【かしはらの湯温泉】⇒
■【天平の湯温泉】⇒

和歌山県
■【川湯温泉】⇒
■【龍神温泉】⇒
■【南紀白浜温泉】⇒
■【みなべ温泉】⇒
■【かつらぎ温泉】⇒

大阪府
■【犬鳴山温泉】⇒
■【かいづか温泉】⇒
■【牛滝温泉】⇒

京都府
■【天橋立温泉】⇒
■【奥伊根温泉】⇒
■【京都竹の郷温泉】⇒
■【丹後奥伊根温泉】⇒
■【京都温泉】⇒

【天の橋立温泉 天橋立 和のリゾート 文珠荘】

兵庫県
■【有馬温泉】⇒
■【湯村温泉】⇒
■【塩田温泉】⇒
■【淡路島南あわじ温泉】⇒
■【石道温泉】⇒

■【こうでら温泉】⇒

【湯村温泉 ゆけむりの宿 朝野家】

中国四国地方

鳥取県
■【大山温泉】⇒

島根県
■【温泉津温泉】⇒

広島県
■【君田温泉】⇒

徳島県
■【祖谷渓温泉】⇒
■【神山温泉】⇒
■【大歩危祖谷阿波温泉】⇒

高知県
■【べふ峡温泉】⇒

愛媛県
■【見奈良天然温泉】⇒

九州沖縄地方

福岡県
■【柳川温泉】⇒
■【英彦山温泉】⇒
■【片の瀬温泉】⇒
■【吉井温泉】⇒
■【原鶴温泉】⇒

大分県
■【別府温泉】⇒
■【山香温泉】⇒
■【日田三隈川温泉】⇒
■【長湯温泉】⇒
■【天ヶ瀬温泉】⇒

■【くにさき六郷温泉】⇒
■【久住温泉】⇒
■【湯ノ釣温泉】⇒
■【宇佐温泉】⇒
■【九重温泉】⇒

■【白水鉱泉温泉】⇒
■【佐伯温泉】⇒
■【七里田温泉】⇒
■【九酔渓温泉】⇒
■【大神温泉】⇒

■【筌ノ口温泉】⇒
■【塚野鉱泉温泉】⇒

佐賀県
■【嬉野温泉】⇒
■【北方温泉】⇒
■【武雄温泉】⇒
■【太良竹崎温泉】⇒
■【いろは島温泉】⇒

■【有田温泉】⇒
■【奥武雄温泉】⇒
■【佐賀大和温泉】⇒

【嬉野温泉 椎葉山荘】

長崎県
■【島原温泉】⇒
■【長崎温泉】⇒
■【平戸千里ヶ浜温】⇒
■【平戸温泉】⇒
■【平戸たびら温泉】⇒

■【原城温泉】⇒
■【波佐見温泉】⇒
■【川棚大崎温泉】⇒

宮崎県
■【串間温泉】⇒
■【北郷温泉】⇒
■【神の郷温泉】⇒
■【青島温泉】⇒
■【えびの高原温泉】⇒

熊本県
■【黒川温泉】⇒
■【天草弓ヶ浜温泉】⇒
■【人吉温泉】⇒
■【平山温泉】⇒
■【天草下田温泉】⇒

■【天草温泉】⇒
■【白金温泉】⇒
■【菊南温泉】⇒
■【赤瀬温泉】⇒
■【久木野温泉】⇒

■【満願寺温泉】⇒
■【扇温泉】⇒
■【仙酔峡温泉】⇒
■【湯前温泉】⇒

鹿児島県
■【天降川温泉】⇒
■【妙見温泉】⇒
■【日当山温泉】⇒
■【霧島温泉】⇒
■【東郷温泉】⇒

■【南九州頴娃温泉】⇒
■【志布志温泉】⇒
■【城山温泉】⇒
■【新川渓谷新川温泉】⇒
■【新川渓谷安楽温泉】⇒

■【鹿屋大平温泉】⇒
■【郡山温泉】⇒
■【湯之尾温泉】⇒
■【吉田温泉】⇒
■【新川渓谷日之出温泉】⇒

■【宮之城ちくりん温泉】⇒

【妙見温泉 山里の宿 おりはし旅館】

沖縄県
■【ちゃたん恵み温泉】⇒
■【山田温泉】⇒

【開運】気学の方位特定や距離と滞在時間の有効範囲

■硫酸塩泉

tanteinikki-senshitsu-ryusanensen

 「硫酸塩泉」は旧泉質名では「芒硝泉」「石膏泉」「正苦味泉」などと言われ、「炭酸水素塩泉」と同じく「美人の湯」「美肌の湯」「美白の湯」と呼ばれる温泉です。

湯の色は「透明~黄白色」で、「黄色みのあるうす濁り」のお湯が多く、舐めるとちょっと苦味を感じるかもしれません。

「炭酸水素塩泉」はさっぱりとしていて肌をなめらかにしてくれる泉質ですが、「硫酸塩泉」は肌にうるおいを与えてしっとりふっくらとさせる泉質です。

乾燥肌の人には特におススメの湯で、化粧水を塗ったように肌がうるおいます。

また、「中風(脳卒中)の湯」「傷の湯」と呼ばれることもあり、古来からさまざまな効能があるとされて、治療にも用いられてきました。

硫酸イオンの働きで血管が広がって血流が良くなるので、高血圧や動脈硬化に効き目があることが知られています。

昔から、さまざまな武将の傷を治したなどの伝説をもつ温泉にはこの泉質が多く、外傷などにも治療効果がある温泉です。

傷や血管の弾力を回復させてくれるということですから、弾力のある美肌が期待できるうれしい泉質と言えます。

「肌の蘇生作用」があるとされており、お肌の細胞1つ1つに水分を運び、うるおいを補完する役割をしてくれるため、「お肌の弾力を回復」させたり、引き締め作用による「お肌のハリが取り戻せる」と言われているようです。

この泉質の温泉は、「メラニンの排出」を助ける作用があることから、「色黒」の方や「美白」を追求したい方にとってはピッタリの泉質になります。

「うるうるぷるぷるの肌」が期待できる「硫酸塩泉」は、多く含まれる含有成分によって3つに分かれています。

「ナトリウム」が多く含まれるものは、「ナトリウム-硫酸塩泉」旧泉質名では「芒硝泉(ぼうしょうせん)」と呼ばれ、お肌に水分を運びうるおい補給をする化粧水の働きがあります。

お肌の「コラーゲン生成」をサポートする働きも期待できるようで、衰えがちなお肌の力を活性化させてくれる「アンチエイジングの湯」「若返りの湯」であるとも言えるでしょう。

「コラーゲン生成の促進作用」のほかにも「強力な抗酸化作用」が期待できるということから市販されている入浴剤にも取り入れられている「成分」です。

「カルシウム」が多く含まれるものは、「カルシウム-硫酸塩泉」旧泉質名では「石膏泉(せっこうせん)」と呼ばれ、かゆみを抑える鎮静作用があり、「角質層の形成作用」があるので乾燥肌でも安心して入ることができます。

肌の表面に付着する成分がしっとりとした湯上り肌をつくるので、お肌の弾力を高める効果が期待でき、お肌のハリ感をアップする「しわのばしの湯」「化粧水の湯」と呼ばれることもあります。

「マグネシウム」が多く含まれるものは、「マグネシウム-硫酸塩泉」旧泉質名では「正苦味泉(せいくみせん)」と呼ばれ、飲むと苦味がある「無色透明」の湯で、「マグネシウム」が筋肉を弛緩させ「肌をリラックス」させてくれるほか、肌のバリア機能を高めて美肌のサポートをしてくれます。

ちなみに、「日本三大美人の湯」は「群馬県東吾妻町にある川中温泉」「和歌山県田辺市にある龍神温泉」「島根県出雲市にある湯の川温泉」だそうです。

各「美人の湯」の泉質は、「川中温泉」が「弱アルカリ性硫酸塩泉」、「龍神温泉」が「弱アルカリ性炭酸水素塩泉」、「湯の川温泉」が「弱アルカリ性硫酸塩泉・塩化物泉」となっています。

「日本三大美肌の湯」というのもあるそうで、こちらは「栃木県の喜連川温泉」「島根県の斐乃上温泉」「佐賀県の嬉野温泉」となっています。

「喜連川温泉」は「弱アルカリ性単純泉・硫黄泉・塩化物泉」、「斐乃上温泉」は「アルカリ性単純泉」、「嬉野温泉」は「アルカリ性炭酸水素塩泉・塩化物泉」ということです。

ちゃんと、6つあるうちの2つの「美人の湯」に「硫酸塩泉」が入っていますね。

これを見ると、成分だけでなく「アルカリ性~弱アルカリ性」というのも、「美人の湯」の大切なポイントだと言えそうです。

人の肌は、通常の清潔な状態では「pH 4.5~6」くらいの「弱酸性」ですが、皮膚に汚れがたまると「酸性」が強くなるため、「アルカリ性~弱アルカリ性」の温泉に入ることで皮膚の汚れが中和されて、皮膚にとってもっともいい状態に戻るということみたいですよ。

「美人の湯」が「アルカリ性~弱アルカリ性」なのは、そういう理由からなんですね。

「温泉でアンチエイジングして若返りたい」「シワのないうるおいのある素肌になりたい」「ハリがあり弾力のあるお肌に戻りたい」「美肌にさらに磨きをかけたい」「スベスベサラサラのお肌になりたい」とご希望の方は、この泉質の温泉が最もおススメです。

【開運ポイント】

この泉質で開運

■「硫酸塩泉」は、「仕事運」「人間関係運」「健康運」などの運気をアップしてくれます

■悪い運気を「浄化」してくれる泉質であり、運を妨げている要因を取り除き、運気の流れをスムーズにしてくれます

■運気をスムーズにしてくれることから、仕事や対人関係の「ストレス解消」「自己回復」「体調回復」にも効果的

■湯の色は「透明~黄白色」で、黄色が強い色味ほど「金運」をつけてくれます

■「傷の湯」と呼ばれており、「身体の傷」にも効くが、「心の傷」にも効き目があると言われています

■代表的な「美人の湯」でもあり、人間関係の「魅力運」や、それに起因する「恋愛運」にも効果がありそうです

【代表的温泉地】

【黒川温泉 お宿 のし湯】

北海道地方

【洞爺湖温泉 ザ・レイクスイート湖の栖】

北海道
■【登別温泉】⇒
■【層雲峡温泉】⇒
■【白金温泉】⇒
■【ニセコ温泉】⇒
■【旭岳温泉】⇒

【旭岳温泉 ラビスタ大雪山】

【ニセコ温泉郷 いこいの湯宿 いろは】

■【鹿部温泉】⇒
■【十勝岳温泉】⇒
■【恵山温泉】⇒
■【キロロ温泉】⇒
■【ニセコ東山温泉】⇒

【洞爺湖温泉 洞爺サンパレス リゾート&スパ】

【養老牛温泉 湯宿だいいち】

■【ニセコアンヌプリ温泉】⇒
■【ニセコ黄金温泉】⇒
■【ニセコワイス高原温泉】⇒
■【ニセコ五色温泉】⇒
■【洞爺湖温泉】⇒

■【養老牛温泉】⇒

【白金温泉郷 森の旅亭びえい】

東北地方

【東山温泉 庄助の宿 瀧の湯】

青森県
■【浅虫温泉】⇒
■【十和田湖畔温泉】⇒
■【ロマントピア温泉】⇒
■【馬門温泉】⇒
■【蔦温泉】⇒

■【八甲田温泉】⇒
■【大鰐温泉】⇒

【大鰐温泉 星野リゾート 界 津軽】

岩手県
■【花巻温泉】⇒
■【一関厳美渓温泉】⇒
■【新鉛温泉】⇒

【新鉛温泉 結びの宿 愛隣館】

秋田県
■【秋田温泉】⇒
■【川口温泉】⇒
■【わらび温泉】⇒
■【十和田湖西湖畔温泉】⇒
■【あいのの温泉】⇒

■【角館温泉】⇒
■【乳頭温泉】⇒
■【夏瀬温泉】⇒

【夏瀬温泉 都わすれ】

宮城県
■【蔵王遠刈田温泉】⇒
■【鳴子温泉】⇒
■【松島温泉】⇒
■【作並温泉】⇒
■【鎌先温泉】⇒

■【東鳴子温泉】⇒
■【中山平温泉】⇒
■【笹谷温泉】⇒
■【青根温泉】⇒

【松島温泉 小松館好風亭】

山形県
■【銀山温泉】⇒
■【庄内あつみ温泉】⇒
■【天童温泉】⇒
■【上山温泉】⇒
■【さくらんぼ東根温泉】⇒

■【由良温泉】⇒
■【湯田川温泉】⇒
■【瀬見温泉】⇒
■【黒沢温泉】⇒
■【蔵王温泉】⇒

【上山温泉 花明りの宿 月の池】

【あつみ温泉 緑と人の優しさに包まれる癒しの湯宿 たちばなや】

福島県
■【二岐温泉】⇒
■【いわき湯本温泉】⇒
■【会津東山温泉】⇒
■【芦ノ牧温泉】⇒
■【穴原温泉】⇒

■【五色温泉】⇒
■【猫魔温泉】⇒

【東山温泉 くつろぎ宿 千代滝】

【東山温泉 くつろぎ宿 新滝】

関東地方

【伊香保温泉 和心の宿 大森】

群馬県
■【法師温泉】⇒
■【伊香保温泉】⇒
■【四万温泉】⇒
■【猿ヶ京温泉】⇒
■【水上温泉】⇒

■【奥軽井沢温泉】⇒
■【沢渡温泉】⇒
■【湯宿温泉】⇒
■【川古温泉】⇒
■【松の湯温泉】⇒

■【上牧温泉】⇒
■【榛名湖温泉】⇒
■【川中温泉】⇒
■【薬師温泉】⇒

栃木県
■【益子温泉】⇒
■【黒磯温泉】⇒

茨城県
■【大子温泉】⇒

千葉県
■【天津小湊温泉】⇒
■【南房総白浜温泉】⇒

神奈川県
■【箱根強羅温泉】⇒
■【箱根仙石原温泉】⇒
■【仙石原姥子温泉】⇒
■【箱根仙石原俵石温泉】⇒
■【元箱根温泉】⇒

■【箱根大涌谷温泉】⇒
■【湖尻温泉】⇒
■【蛸川温泉】⇒

甲信越地方

山梨県
■【河口湖温泉】⇒
■【湯村温泉】⇒
■【鳴沢村天然温泉】⇒
■【芦安温泉】⇒

長野県
■【野沢温泉】⇒
■【諏訪湖下諏訪温泉】⇒
■【白馬龍神温泉】⇒
■【上林温泉】⇒
■【星川温泉】⇒

■【蓼科三室温泉】⇒

新潟県
■【赤倉温泉】⇒
■【苗場三国峠温泉】⇒
■【御神楽温泉】⇒
■【雲母温泉】⇒
■【麒麟山温泉】⇒

■【角神温泉】⇒

北陸地方

石川県
■【山代温泉】⇒
■【山中温泉】⇒
■【粟津温泉】⇒
■【辰口温泉】⇒
■【湯涌温泉】⇒

【山代温泉 温泉めい想倶楽部 富士屋旅館】

中部東海地方

岐阜県
■【濁河温泉】⇒

静岡県
■【熱海温泉】⇒
■【堂ヶ島温泉】⇒
■【天城湯ケ島温泉】⇒
■【伊豆稲取温泉】⇒
■【伊豆白浜温泉】⇒

■【土肥温泉】⇒
■【熱川温泉】⇒
■【熱海伊豆山温泉】⇒
■【大川温泉】⇒
■【戸田温泉】⇒

■【北川温泉】⇒
■【松崎温泉】⇒
■【大仁温泉】⇒
■【天城船原温泉】⇒
■【城ケ崎温泉】⇒

■【小土肥温泉】⇒
■【天然中伊豆温泉】⇒
■【小室温泉】⇒
■【伊豆湯河原温泉】⇒
■【高室山温泉】⇒

■【大沢温泉】⇒
■【桜田温泉】⇒
■【赤沢温泉】⇒

【熱海温泉 HOTEL MICURAS】

近畿地方

京都府
■【久美浜神の温泉】⇒
■【久美浜温泉】⇒
■【鞍馬温泉】⇒
■【神野温泉】⇒
■【久美浜シーサイド温泉】⇒

■【間人温泉】⇒

【間人温泉 炭平】

兵庫県
■【有馬温泉】⇒
■【七釜温泉】⇒
■【浜坂温泉】⇒

中国四国地方

鳥取県
■【浜村温泉】⇒
■【岩井温泉】⇒
■【鳥取温泉】⇒

島根県
■【玉造温泉】⇒
■【松江しんじ湖温泉】⇒
■【八雲温泉】⇒

香川県
■【小豆島温泉】⇒

九州沖縄地方

【黒川温泉 やまびこ旅館】

大分県
■【塚原温泉】⇒
■【法華院温泉】⇒
■【別府鉄輪温泉】⇒
■【久住温泉】⇒
■【宇佐温泉】⇒

■【赤根温泉】⇒
■【別府柴石温泉】⇒

佐賀県
■【唐津温泉】⇒

長崎県
■【雲仙温泉】⇒

【雲仙温泉 Mt.Resort 雲仙九州ホテル】

熊本県
■【小国山川温泉】⇒
■【黒川温泉】⇒
■【小田温泉】⇒
■【阿蘇内牧温泉】⇒
■【阿蘇赤水温泉】⇒

■【阿蘇温泉】⇒
■【平山温泉】⇒
■【白川温泉】⇒
■【阿蘇火の山温泉】⇒
■【南阿蘇温泉】⇒

■【御湯船温泉】⇒
■【赤水温泉】⇒
■【湯の谷温泉】⇒
■【坊中温泉】⇒
■【南阿蘇栃木温泉】⇒

鹿児島県
■【指宿山川温泉】⇒
■【市来温泉】⇒
■【大村温泉】⇒
■【栗野岳温泉】⇒
■【霧島温泉】⇒

■【郡山温泉】⇒
■【鹿児島温泉】⇒

この記事のまとめ

「単純泉」は、多く含まれる突出した成分がないため、バランスがよくて刺激の少ない肌に優しい温泉

「単純泉」は、日本に最も多く存在する泉質で、弱アルカリ性のものは美肌の効果がある「美人の湯」

「炭酸水素塩泉」は、入るとヌルヌルした感じがして美肌の効果が高い、代表的な「美人の湯」

「炭酸水素塩泉」は、保湿の作用はないため、湯から上がった後は「保湿ケア」としておくと完璧

「硫酸塩泉」は、保湿の効果が高い「美人の湯」で、化粧水を塗ったように肌に潤いを与えてくれる

ゆこゆこで温泉に入ろう!公式サイトはこちら
今すぐ無料登録
【電話占いヴェルニ】公式サイトはこちら