とろとろ

風水で「金運」って上げられるのかな

もももも

財布の色と関係があるとか言わない?

そらそら

じゃあ、自分で簡単にできる風水について、ざっとお話してみようよ

 金運を上げたいと思った時に、まず思い浮かぶのは「風水」という人も多いのではないでしょうか。

日本は古くから「風水」に親しんできており、日本の文化的背景に溶け込んでいるものもいくつかあるようです。

「風水」はいわゆる「おまじない」であると言えますが、とりわけ毎日過ごす自宅をどのようにするかと言うのは「風水」の中でも重要なテーマの1つになっています。

最近ではインテリアだけを扱った「インテリア風水」として女性を中心に大きな広がりを見せています。

ホーム・グラウンドとしての自宅を、「風水」によって「パワースポット化」することができれば、毎日の疲れも自宅で過ごすだけですっかり忘れてしまうことができそうです。

この記事では、開運したいと思っている「風水」初心者の方のために、「お金」にまつわるさまざまな「風水」のお話をしていきたいと思います。

この記事を読むことで、「風水」への知識と関心が高まり、知らないうちに「金運」に恵まれた人生を送れるようになっているかもしれません。

この記事を読んでほしい人

風水で開運したいと思っている人

風水をあまり詳しく知らない初心者の人

風水に興味や関心がある人

財布を買い替えようと思っている人

インテリア風水が好きな人

登録無料で楽天ポイントも楽天toto公式サイトはこちら

繁栄と豊穣のための方法論

fuusuitoha

 風水は、古代中国の陰陽五行思想などを源流とする考え方で、お墓や住居、建築物、都市などの立地や配置などの位置関係や方位により、吉凶や禍福を制御する方法論として、現代まで伝えられてきたものです。

風水を正しく実践することにより、生者は子孫繁栄し、死者も安らかに、そして、永遠に幸せにつつまれると言われてきました。

風水は、当時の最新の学問であった「陰陽五行思想」や「天文」「地理」「暦」などを駆使することで、災いを避け、吉事を起こすことができる、最新の科学でした。

日本では、陰陽道や家相術などが深い影響を受けており、本場中国とは違う、独自の発展をしてきました。

ただし、近年広まっている風水といわれるものは風水そのものではなく、単なる九星気学や家相術のアレンジに過ぎないもので、古代の風水とは全くの別物であるという指摘もあります。

【開運】気学の方位特定や距離と滞在時間の有効範囲

お金との縁に大切なのは西と北の方位

kiiroihana

 お金は、「西から来て、北で貯まる」と言われています。西方位の象徴は「黄色」であり、北方位の象徴は「白色」だと言われていますので、「西には黄色いものを置き、北には白いものを飾るとよい」ということになります。

色に共通性があればモノは何でもよく、黄色い花や、金色の置物がよく勧められています。

これは、「形や色、発音などが同じであるものや似ているものは、互いに引き寄せあうために、手に入れたいモノやコトに似ている性質をもつものを意図的に配置したり身に着けたりすれば、それを手に入れたり、実現させたりすることができる」という呪術的な考え方がもとになっています。

日本には言霊信仰(ことだましんこう)があり、「西に黄色」に限らず、私たちの生活や文化の中に広くその影響を見ることができます。

「金の気は、水によって増幅されるので、金の気を持つ西方位に、何か水に関係するものを置くとよい」とも言われています。

一般的には、金魚鉢やウォーター・オブジェなどがおススメされているようです。

また、「お金は、本来は暗く、静かで、ひんやりした場所を好むので、お金に関わるもの、例えば金庫や財布・通帳・宝くじなどは、北の方位に置くとよい」というお話もあります。

とにかくお金にとって西と北は非常に大切であり、「西はお金が入る(収入が増える)方位であり、北はお金が貯まる(貯蓄が増える)方位」です。

置くだけでなく、西側と北側を整理整頓して清潔にしておくことが大切です。

運は汚い所からは入ってこず、来ても居座ることはありませんし、すぐに逃げていきます。

運を大切にするということは、「清潔さ」を大切にするということでもあります。

【開運】ゼロ磁場やレイラインとパワースポット効果

トイレと台所はキレイにする

toirenofuusui

 トイレは家の中で金運を象徴する場所のひとつです。特にトイレが汚ければ、仮に部屋の西側、北側を理想の状態にしていても、金運は台無しになります。

トイレと台所を清潔に保つようにすることは、金運の風水ではかなり大切なテーマになるので、こまめに掃除や換気をして清潔にしておきましょう。

また、台所もトイレ同様、家の中で金運と結び付けられる場所であり、「カマドの神」のところでも触れたように、不潔にして不浄な状態のままにしておくと、みるみる金運がなくなると古くから言われています。

金運上昇のため大切なことは、「清潔に気持ちよくしておくこと」です。

登録無料で楽天ポイントも楽天toto公式サイトはこちら

運が入る場所としての玄関

fuusui-genkan
 玄関もまた、家の中で金運をはじめとする、さまざまな運と結び付けられて語られます。

玄関は人の入り口であり、同時に金運もここで決まると言われます。良い気も悪い気も、全て玄関から入ってくるからです。

玄関に入って左側に鏡を置けば、財運がアップし、右に置けば、仕事運がアップすることが期待できます。

しかし両方に置いてしまうと合わせ鏡になり、悪いエネルギーがぐるぐる循環してしまうことになるので、あまり欲張らないほうが良さそうです。

普通はあまりないことかもしれませんが、玄関に入って正面に鏡を置くことは、良い運を跳ね返してしまうのでマズいです。鏡は風水においては重要で強力なアイテムなので、使う場合は注意して使いましょう。

なお、インテリアの雑貨や下駄箱を置くときには、玄関の左側にモノがあり、盛り上がる形になっていることで財運を呼び込むと言われているので、玄関に入って左側に置くのがいいということです。

また、金運を良くするためには、玄関の照明を明るくしておくことが望ましいようです。

これは、台所やトイレも同様であり、要するに人が入りたいと思うような「清潔で」「明く」「気持ちの良い」状態にしておくことが、お金を呼び寄せるコツということです。

玄関はいつも整理整頓して、使ってない靴は全て靴箱に入れておき、清潔にしておきましょう。

寝室は運を吸収する場所

fuusui-sinsitu
 寝る場所も工夫が必要です。一日のうちで寝ている時間は1/3前後になり、結構多くの時間をそこで過ごしています。

寝ている間は、良い気も悪い気も全てを吸収してしまうので、睡眠環境を整えるのはとても重要で、それができれば寝ているだけで金運アップもできると言われます。

「頭を南や東に向けて寝てはいけない」とか「頭の方向にパソコンやテレビがあってはいけない」とか言われますが、

これは、寝ているときは、南や東からくる「陽の気」や、パソコンやテレビに象徴される「火の気」にさらさないようにした方が、金運アップにとっては望ましいということのようです。

「金の気」を溶かしちゃうからだという事なんでしょうかね?

「北枕」は一般的には良くないとされていますが、金運に関しては「北枕」の方がいいとされているようです。

それから、寝室に鏡がある場合、寝ているうちに運を吸い取られるので、寝姿が映らないようにした方がよいと言われます。

観葉植物は万能のアイテム

fuusui-kanyousyokubutu
 風水だけで運を良くしようとすると、条件がチキンと揃えられず、かなりハードルが高くなってしまう傾向があります。

ですが、簡単に自宅全体の運気を良い方向に向ける方法があります。

それが「観葉植物を置くこと」です。観葉植物は、基本的に「何を」「どこに」「どんな風に」置いてもOKです。

緑を置くだけで、運が上昇すると言われています。これだけのことなら、風水にあまり詳しくなくても簡単に実践できます。

注意点としては、造花やドライフラワーではなく、生花を使うということ。

そして、ホコリが積もっていたり、枯れたままにしておかないことです。

観葉植物は、風水とは非常に相性のいいアイテムですので、積極的に使っていきましょう。

室内に緑があると、気分もなごんで明るくなれますよね。

財布の「色」で金運が変わる

fuusui-kiiroisaifu
 風水と言えば「黄色い財布」を思い浮かべる人も多いでしょう。

イメージが先行して独り歩きしてしまっている気がしますが、財布を持つだけで金運が上がれば、お手軽でうれしいですよね。

財布が金運に深い関わりがあるというのは、よく聞く話です。

まず、財布は一般的には新しいものの方が古いものより、金運に良いと考えられています。

安物はダメで、ボロボロの財布は使わないようにし、だいたい2~3年で取り換えた方がいいようです。

それから、紙幣を折らずに入れられる長財布のほうが、金運のアップにつながるようです。

お金も折られてしまうと「イテテ・・」とか思うんでしょうか?

紙幣と硬貨は、札入れと小銭入れに別々に入れて持つ方が良いとも言われています。

金運アップの財布を選ぶときに、どんな色にするかはとても重要です。風水的には、黄色、金色、白、茶、ベージュ、黒などがおススメの色になります。

それぞれの色に意味があり、特に黄色と金色は金の気をもつ色なので、おススメとされます。

登録無料で楽天ポイントも楽天toto公式サイトはこちら

「色」の意味を知ると風水が楽しくなるかも

 一口に黄色といってもさまざまで、原色の黄色や金色はダイレクトに金運に関わりますが、強すぎる色なのでたくさんお金が入ってきますけど、一方でたくさん出ていきます。

ですので、原色の黄色や金色を選ぶよりも、鮮やか過ぎない山吹色やパステルイエローなどの、彩度を抑えた黄色を選ぶ方がいいでしょう。守るより攻める方が得意の人向きです。

白色の財布は、じわじわと金運に効いてくる色で、しばらく経つとお金が入ってきます。

そして、じわじわと貯まっていきます。

攻めと守りのバランスを取った中間的な色になります。「バランスが大事」という人には、いいかもしれません。

茶色やベージュ色は節約運や貯蓄運を上げる色です。浪費癖のある人や、お金を貯めたい人には、とてもいい色の財布と言えます。

黒色の財布は、極端にお金が入ることはありませんが、その分出ていくことも少ない色になります。

攻めるより守る方に重点を置きたいという人は、茶色~黒色の財布を選んだ方が良いようです。

それから、女性に限定されますが、エナメル加工やラインストーン加工などピカピカキラキラした財布は「光」を意味しており、お金を積極的に呼び込むと言われています。

金色や銀色なども同様の意味を持ちますので、ヒカリモノが好きな人は、こういう財布を持ってみてはどうでしょう。

さらなる運気を呼ぶ「財布の使い方」

fuusui-gamaguchi
 財布は、お金をしまって持ち歩くものなので、お金の「家」や「寝室」であるととらえるといいのかもしれません。

ですので、金運がいいと言われる財布を選んで買っただけではダメで、使い方にもさまざまな注意点があるようです。

まず、買ったばかりの財布は、最初の9日間は、なるべくたくさんお金を入れて保管しておくほうがいいと言われています。

入れた金額を財布が記憶して、常にその位のお金をキープしようと頑張ってくれるため金運が上がるとされています。

それから、お札の方向を揃えて入れるというのはよく知られていますが、お金の向きは下向きが良いようです。なぜなら、お金が上向きになっていると、お金が出ていくことを意味するからです。

レシートやカードなどで、財布をパンパンにしないようにします。パンパンにしてしまうと、お金の入る余地がなくなり、これ以上の金運が望めなくなるからとされています。

また、使用期限の終わった使えないクーポン券などは処分し、いつまでも財布に入れておかないことも大切です。

いつまでも入れたままにしておくと、チャンスやタイミングを逃しやすくなり、金運が低下するそうですよ。

お守りなどを入れる際も、金運のお守りに限定して入れた方が良く、そのほかのお守りなどは財布には入れない方がいいということです。

とにかく、財布にはお金に関連するもの以外は入れないようにし、常にスッキリさせておく方が、金運にはいいようです。

お守りは、お金とはじかに触れないようにした方がいいとされています。

財布を保管するときには、バックなどに入れたままにせずに、自宅の北の方位の日の当らない涼しい場所に置いておくとよいようです。

北は蓄財を意味し、また、暗く冷たい所でお金は増えると言われており、日が当たると陽の気が生じて、金運を溶かしてしまうからだとされています。

【開運】神社で運気アップ!金運を授ける神道の神様

 

パワーストーンとの関係性

fuusui-powerstone
 風水に限ってみても、金運アップの方法はけっこうたくさんあるものだということが分かってきました。

まだまだありそうですがキリがないので、最後に女性に人気のパワーストーンをとりあげてみることにしましょう。

パワーストーンの成立は新しく、本来は風水とは全く関係がないんですが、風水や占いの隣接領域で相性がよいため、同じ目線で語ることが、いまではすっかり定着してしまいました。

パワーストーンの登場と人気の定着、そしてそれらが風水と絡めて語られるようになったということは、風水の間口を広げるのに大いに役立ちました。

占い師・風水師さんなどの中には、積極的にパワーストーンを取り入れていこうとする人もいれば、本来別物だからと厳格に区別する人もいるようです。

パワーストーンは観葉植物と同じように部屋に置いたり、あるいは身に着けたりすることで運を上昇させると言われます。

人は古来、きれいな石や珍しい石に呪術的・魔術的な価値を見出し、それを持つことで邪を払い、吉運を呼び込もうとしました。

その意味で言えば、神社やお寺のお守りのようなものであるとも言えます。

ルチル・クォーツ(針水晶)やシトリン(黄水晶)、タイガーズアイ(虎目石)、アンバー(琥珀)、ハニー・カルサイト(黄色方解石)などが、金運に効き目があるとされる石です。

パワーストーンは、石の種類や色で「どんなことに効き目があるか」が決まり、石の形や大きさで「どれくらいの力を石が持っているか」が決まります。

石の力を最もバランスよく発揮できるのは、スフィア(球形)であり、全ての方向へバランスのいい力を発揮するとされています。

ピラミッド(四面体)のように角がある形にすると、力が角が向く方向へ指向性を持つと言われています。

大きさは出来れば大きいほうがいいですが、あまり大きすぎるとキズのないきれいな石をとるのが難しくなり、高価になりますし、携帯にも不便になります。

無理なく携帯できるくらいのモノの方がいいようですね。

できることからしていくのが大切

fuusui-matome
 いろいろ風水にまつわるものを見てきましたが、金運を良くするのもけっこう大変ですね。

ここまで見てきた方法は、実は代表的なものだけなので、細かく見て行くと実はまだまだ金運を上げる風水というものは存在するようです。

でも大切なことは「ムリせずにできることだけをやって、果報は寝て待つ」というスタンスで居続けることでしょうか。

生活の中にナチュラルに取り入れていければ、規模の大小はあるかもしれませんが、何かしらのいい結果をもたらすかもしれません。

まずは、自分に無理なくできることからやってみてください。

「できることからコツコツと」というのが大切です。

それが金運の一番のコツかもしれません。

この記事のまとめ

「風水」は、自分で自分の運気をアップできる方法の1つで、一種の「おまじない」「生活の知恵」でもある

欲しい運によって「関連方位」が決まっていたり、家に関する風水などの例を見ても、方位との関連性は強い

「トイレや玄関」などの風水上重要な場所の「清潔さ」「方位」「そこに配置するもの」などで運が決まる

「黄色い財布」はお金と縁があるなど、「色」には意味があり、象徴するものを引き寄せると言われている

「風水」は「パワーストーン」などとも親和性が高いので、できる範囲でうまくブレンドすると効果的

今すぐ無料登録
【電話占いヴェルニ】公式サイトはこちら
登録無料で楽天ポイントも楽天toto公式サイトはこちら

【totoBIG宝くじ】当たり易いお勧めのくじと買い方