tanteinikki-A008

 「神社」などの人工の「パワースポット」もいいですが、やっぱり大自然の中の「パワースポット」はいいものです。

「パワースポット」は、「水」のパワースポットと「山(木)」のパワースポットに大きく分かれるそうですが、それぞれ人に対する効果が違うとされています。

そうした「パワースポット」の性質や性格を知っていれば、積極的にパワーをもらいに行ったり、自分が「不足しているもの」「欠乏しているもの」を補いに行ったりできるかもしれません。

また、「神社」もそうですが、「お城」や「温泉」など日本文化の琴線に触れるような場所も、その多くがパワースポットとなっています。

パワースポットは世界中にありますが、日本は特にそれがたくさん集まっているんだとか。

普通に日本文化と触れ合う生活しているだけで、パワースポットと恩恵を受けられることが多いというのは、ある意味で恵まれているのかもしれませんね。

海/湖/池/島

powerspot-mizuumi
水のパワースポットを代表する「海」は、「浄化」の作用があると言われています。

水は身を清めるものとして使われてきましたし、塩はお祓いやお清めの際に使われてきました。

海は、水と塩の両方の作用を持ちますから、かなり強力な「浄化」ということですね。

また、神道では「禊」、儒教では「斎戒沐浴」、キリスト教では「洗礼」と、呼び名は異なりますが、洋の東西を問わず 、「水」は聖と俗とを分ける「浄化」の意味を強く持ちます。

海は、それがより大きなスケールで作用する場所と言えます。

金運との関連で言えば、金運によいとされる神社は、水辺、もしくは、近くに水がある場所に作られていることが多くあります。

また、風水では、「山には龍脈があり、それは地下水脈の位置と重なる」とされているので、それと関連する「湖」や「池」は、金運とも深く関係するパワースポットがたくさんあります。

神社やお寺があれば、素通りしないで参拝していった方が、金運にとってはいいようです。

島の場合も、海や湖などの「水」との関連が深いことから、高い「浄化」と「金運」の作用を持つと考えられています。

琵琶湖に浮かぶ島にある竹生島神社や、神奈川県の江ノ島神社は、有名な金運の神社です。

ともに、弁財天や龍神を祀っているところも共通しています。

「金運」がアップするという「銭洗い」は「水」が持つ「浄化」と「金運」の作用があってこそ意味があるんですね。

洗いまくりましょう。

【気学開運】方位の割出や距離と滞在時間の有効範囲

河川/滝

powerspot-kawabe
河川は、水脈とも言われ、古くから龍神とからめて語られてきました。

澄んだ水の清流であればあるほどパワースポットとしての価値が高まり、チカラが強まると言われており、財運にとっては強い味方になってくれるようです。

滝は、滝そのものがご神体であるとされ、竜神の通り道とも言われてきました。

風水的に言えば、上昇のパワーがあり、出世運を高める一方で、「水」は「財」をあらわすので、金運や財運にもよいとされています。

マイナスイオンも多そうですよね。

山/森林

powerspot-shinrin
山や森林のパワースポットは海とは違い、「癒し」の作用があるといわれています。

山は「高い気」を持っているとされ、「出世運」と関連付けられますが、「富士山」のように金運を象徴する山もあります。

また、佐渡や土肥などの金山や石見などの銀山、宝石や貴金属を産出する山は「金運」に良いパワースポットと言われることが多くあります。

風水的に言えば、山は気が走る「龍脈」が存在していて、良いとされる「気」が凝縮され、充満していると言われます。

たしかに空気がおいしいですよね。森林浴がしたくなってきました。

ゆこゆこで温泉に入ろう!公式サイトはこちら
登録無料で楽天ポイントも楽天toto公式サイトはこちら

城郭/公園

powerspot-shiro
城郭は、良い立地を厳選して建てられましたが、多くの場合、パワースポットと呼べる場所と重なっています。

江戸城(現在は皇居)などはその典型と言えます。公園は人工的に作られた「場」ですが、五行で言うところの「木火土金水」の各要素が、箱庭的にバランスよく配されていることが多いようです。

お城も公園も、非常に良いパワースポットと言えるでしょう。

晴れた日に散歩をしたり、のんびりしたりするのはとても良いと思います。金色のオブジェやモニュメント、円形の花時計などがあれば、その近くで過ごすことで金運を上昇させると言われます。

お城は、権力や財力の象徴であり、「出世運」や「財運」があるとされています。

【金運アップ】ゼロ磁場レイラインとパワースポット

温泉/湧水

powerspot-onsen
パワースポットは、大地のチカラが感じられる場所ということなので、大地から湧き出る温泉や湧水のある場所は、パワースポットそのものと言えます。

温泉に入るということは、地中から湧き出るチカラにじかに触れるという意味合いもあり、湧水を飲むということは、それを身体に取り入れるということです。

しかも、「水」は金運・財運を意味しますので、その点から見てもダイレクトに金運に効きそうです。

温泉に入るのも、おいしい水を飲むのも大好きです。健康にもいいことですしね。

【開運旅行】女性の美肌にいい温泉の泉質と成分効能

パワースポットでの過ごし方

powerspot-sugosikata
パワースポットは、「そこに行って過ごすだけで、容易には得られないようなチカラが吸収できる」というものなので、基本的にはパワースポットへ「ただ行くだけ」でいいのですが、よりチカラを得られるようにするにはコツがいくつかあるようです。

1つ目は、温泉に入り、その土地の水(できれば湧水)を飲むということが、まず第一に大切なことのようです。

それから、その土地で産した地の物を使った料理を食べることもいいと言われます。

つまり、その場所に深く接して、その地のものに触れたり、飲食などを通して身体に取り込んだりすることが大切だということです。

2つ目は、パワースポットを訪れるのは、日が出ている間にした方が良いです。

夕方以降は「陰の気」が強まるので、よくないと言われています。できれば、午前中に行くのが望ましいようです。

遅くとも夕方4時までにはパワースポット入りした方がいいとされています。

入る時間だけ気を付ける必要があり、そこから離れる時間はいつでもいいようですが、あまり遅い時間までいないほうがよさそうです。

パワースポットと呼ばれるような場所は、夕方以降は急激にさびしくなり、ちょっとコワイですしね。

パワースポットに行って、遭難したとか事件に巻き込まれたなんて、シャレにもなりません。

3つ目は、その場所にいる時間についてです。

できるだけ長い時間いた方がいいとされていますが、個人的にはあまり意識せずに、のんびり過ごすだけでいいと思います。

長居することにこだわってしまうと、非常に疲れるし、変なヒトと間違われるので、ほどほどにしときましょう。

自分に相性のいい場所を見つける

powerspot-aisho
さて、パワースポットに関連する話題を見てきましたが、金運に効き目はありそうでしょうか?

パワースポットについては、否定的な人もたくさんいますが、訪れるだけで運が良くなるならこれほどいいことはありませんし、旅行や散歩だと思えば別に損にはならないと思います。

泊まりの旅行の時だけでなく、日帰り旅行や日常生活のなかにも、自分に相性のいいパワースポットを見つけておいてはどうでしょう?

自分の運を上昇させる頼もしい味方になってくれるかもしれません。

ゆこゆこで温泉に入ろう!公式サイトはこちら
登録無料で楽天ポイントも楽天toto公式サイトはこちら