LINEで送る
Pocket

tanteinikki-A034
 最近は夏ごろからもう、お正月に食べるおせち料理の予約受付が始まっているようですね。

お正月にのんびり過ごすために、必要ならばおせちなどを早めに購入しておいた方がいいのかもしれません。

遅くなっても買えるかもしれませんが、よいものは早く売り切れてしまうんでしょうね。

和食が世界遺産になって注目を浴びていますが、最も和食らしい和食の1つである「おせち料理」には、料理ごとにきちんと意味があります。

さまざまな願いが料理ひとつひとつにこもっている辺りも、細やかでとっても日本的ですよね。

今回の記事では、おせち料理が持つ意味をほんの少しひも解いてみましょう。

 おせちの由来など

tanteinikki-osechitoha
 おせち料理は、正しくは「御節料理」と書きます。

もともとは朝廷の宮中儀式で、元旦や五節句(年五回あるとされる季節の変わり目)に、神に供え物をし、「節会(せちえ)」という宴を開くときに食べられた「御節供料理(おせちくりょうり)」という料理です。

それが下級の公家や武士の間に広まり、庶民へと伝播していき、私たちがお正月によく目にするおせち料理になりました。

今現在は、お正月に食べるものとして昔とは違ったものが入っている場合もありますが、伝統的なおせち料理の献立は、入れ物に至るまですべてに呪術的な意味があり、子孫繁栄や家内安全、豊年豊作などの豊かさや平穏さへの願いを込めていました。

たとえば、おせちを入れる「重箱」ですが、これには「めでたいことを重ねる」という願いが込められており、最もフォーマルなものは五段重ねになります。

よく見るのは三段くらいのものですが、基本は四段重ねのものだと言われています。

段が減ってきたのは、昔のように大家族が一般的ではなくなってきたからでしょうか。

献立は、地方風土やその家ごとに若干違うようです。

ですが、基本的な献立はあまり変わらず、それらは「重箱」同様に意味を持ちます。

次に、おせちを構成する代表的な献立の意味を読み解いていきましょう。

 <祝い肴【一の重/三段】【一の重/四段】>

tanteinikki-osechi-ichinojyu

 黒豆

 「黒豆」は「真っ黒になるくらいまめに働けるように」との願いが込められています。

「まめ」とは「元気に」とか、「健康に」「丈夫に」という意味になりますので、「元気に働けますように」ということです。

また、黒色は、道教では魔除けの色とされたことから、「邪気を払い、無病息災で1年を過ごす」という意味でも尊ばれました。

 数の子

 「数の子」はニシンのタマゴです。

たくさんのタマゴがひと塊になっていることから、「二親(ニシン)から多くの子供が生まれるのでめでたい」という意味とされています。

「子宝を授かることと子孫繁栄」を祈って、数の子が加えられています。

 田作り(ごまめ)

 「田作り」は、かたくちイワシの小魚(ごまめ)を使った料理です。

昔は乾燥した小魚を田畑に肥料としてまいたことから、豊作による五穀豊穣を祈る献立として「田作り」と呼ばれました。

「ごまめ」は「五万米」と書きますが、これも小魚の肥料をまいた田畑が豊作だったことからそう名付けられています。

小さくても尾頭付きだというのも、めでたいことだとされています。

「黒豆」「数の子」「田作り」の三品は、祝い肴の中心的な料理で、関東でも関西でも変わらずおせちに加えられます。

これらは「祝い肴三種」とも言われています。

 たたきごぼう(酢ごぼう)

 「たたきごぼう」は、軟らかく煮たごぼうをたたいて身を開いてつくられますが、そこから「自分の身を開運する」という意味のおせち料理になりました。

また、ごぼうはまっすぐに細く長く根を張りますので、「家がその土地にしっかりと根を張って安泰になる」という意味が込められており、縁起のよい食べ物として、おせち以外にもお正月料理にはよく使われています。

「細く長く幸せに生きる」という意味も託されています。

そのほかにも、その形や色が黒い瑞鶏(豊作の象徴)に似ていることから、「豊作を願って食べられた」とも言われています。

「田作り」の代わりに、「たたきごぼう」が「祝い肴三種」になっている地方もあるようです。

 <口取り【一の重/三段】【二の重/四段】>

tanteinikki-osechi-kuchitori

 紅白かまぼこ

 「かまぼこ」は、かまぼこの形(半円状)が初日の出の形に似ているため、「初日の出を祝う」という意味になります。

「紅白」はめでたいものとされており、「紅」は「慶びとめでたさ、魔除け」を表し、「白」は「清浄さ、神聖さ」を表しています。

 伊達巻

 「伊達巻」は、長崎の料理であった「カステラかまぼこ」が江戸に伝わった際に、伊達者(カブキ者・シャレ者)が着ていた着物に似ていたところから、この呼び名がついたようです。

「伊達に生きられるように」という意味でしょうか。

また、伊達巻の形が巻物に似ていることから、「一族の文化的発展、あるいは、学業や習い事の成就を願う食べ物」だと言われています。

 栗きんとん/かち栗/栗の甘露煮

 「栗きんとん」は、黄金色をしています。

また、「きんとん」は漢字で「金団」と書きます。

その名の通り金の団子つまり金銀財宝を意味し、金運を呼ぶ縁起物として「黄金色に輝く財宝に例えられる豊かな1年を願う」ために、おせち料理として食べられるようになりました。

「栗きんとん」は「かち栗」や「栗の甘露煮」から作られますが、「かち栗」は古くから「勝ち栗」という字があてられ、縁起がよいとされた食材で、「金運と勝ち運が得られるように」と、おめでたい席には必ず出されてきました。

私の実家は「栗の甘露煮」を盛り付けるパターンのおせちでしたが、私はこれが大好きで、用意されたおせちの甘露煮をすべて一人で食べてしまい、よく怒られていました。

今でも懐かしく思い出して食べています。

 お多福豆

 「お多福豆」は、そらまめの一種で、豆の形がお多福の顔に似ていたからこのように呼ばれたようです。

「複を招く食べ物」として、祝い事の席の料理として出されることが多いです。

「紅白かまぼこ」「伊達巻」「栗きんとん」「お多福豆」の4つの献立は、祝い肴の中でも特に「口取り」と呼ばれます。

送料無料!【かに本舗】

【正直屋のおせち】本格料亭のおせち料理を手頃な価格で

おせち料理も【らっしゃい!かに市場】

 

LINEで送る
Pocket