tanteinikki-A008
神社もそうでしたが、お城や温泉など日本文化の琴線に触れるような場所も、その多くがパワースポットとなっています。パワースポットは世界中にありますが、日本は特にそれがたくさん集まっているとか。普通に日本文化と触れ合う生活しているだけで、パワースポットと恩恵を受けられることが多いというのは、ある意味で恵まれているのかもしれません。

城郭/公園

powerspot-shiro
城郭は、良い立地を厳選して建てられましたが、多くの場合、パワースポットと呼べる場所と重なっています。

江戸城(現在は皇居)などはその典型と言えます。公園は人工的に作られた「場」ですが、五行で言うところの「木火土金水」の各要素が、箱庭的にバランスよく配されていることが多いようです。

お城も公園も、非常に良いパワースポットと言えるでしょう。

晴れた日に散歩をしたり、のんびりしたりするのはとても良いと思います。金色のオブジェやモニュメント、円形の花時計などがあれば、その近くで過ごすことで金運を上昇させると言われます。

お城は、権力や財力の象徴であり、「出世運」や「財運」があるとされています。

 温泉/湧水

powerspot-onsen
パワースポットは、大地のチカラが感じられる場所ということなので、大地から湧き出る温泉や湧水のある場所は、パワースポットそのものと言えます。

温泉に入るということは、地中から湧き出るチカラにじかに触れるという意味合いもあり、湧水を飲むということは、それを身体に取り入れるということです。

しかも、「水」は金運・財運を意味しますので、その点から見てもダイレクトに金運に効きそうです。温泉に入るのも、おいしい水を飲むのも大好きです。健康にもいいことですしね。

 パワースポットでの過ごし方

powerspot-sugosikata
パワースポットは、「そこに行って過ごすだけで、容易には得られないようなチカラが吸収できる」というものなので、基本的にはパワースポットへ「ただ行くだけ」でいいのですが、よりチカラを得られるようにするにはコツがいくつかあるようです。

1つ目は、温泉に入り、その土地の水(できれば湧水)を飲むということが、まず第一に大切なことのようです。それから、その土地で産した地の物を使った料理を食べることもいいと言われます。

つまり、その場所に深く接して、その地のものに触れたり、飲食などを通して身体に取り込んだりすることが大切だということです。

2つ目は、パワースポットを訪れるのは、日が出ている間にした方が良いです。

夕方以降は「陰の気」が強まるので、よくないと言われています。できれば、午前中に行くのが望ましいようです。遅くとも夕方4時までにはパワースポット入りした方がいいとされています。

入る時間だけ気を付ける必要があり、そこから離れる時間はいつでもいいようですが、あまり遅い時間までいないほうがよさそうです。

パワースポットと呼ばれるような場所は、夕方以降は急激にさびしくなり、ちょっとコワイですしね。パワースポットに行って、遭難したとか事件に巻き込まれたなんて、シャレにもなりません。

3つ目は、その場所にいる時間についてです。できるだけ長い時間いた方がいいとされていますが、個人的にはあまり意識せずに、のんびり過ごすだけでいいと思います。

長居することにこだわってしまうと、非常に疲れるし、変なヒトと間違われるので、ほどほどにしときましょう。

 自分に相性のいい場所を見つけておく

powerspot-aisho
さて、パワースポットに関連する話題を見てきましたが、金運に効き目はありそうでしょうか?

パワースポットについては、否定的な人もたくさんいますが、訪れるだけで運が良くなるならこれほどいいことはありませんし、旅行や散歩だと思えば別に損にはならないと思います。

泊まりの旅行の時だけでなく、日帰り旅行や日常生活のなかにも、自分に相性のいいパワースポットを見つけておいてはどうでしょう?

自分の運を上昇させる頼もしい味方になってくれるかもしれません。

ゆこゆこで温泉に入ろう!

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】