tanteinikki-a042
 前回は、「数字を予想する」タイプと「勝敗(順位)を予想する」タイプの高額当選くじでは、どちらがいいのかを考えてみました。

前回記事の「各高額当選くじの条件整理」の項で提示した、有利さを考える上での4つアプローチのうち、1つめの答えが出たことになります。

今回は残る3つのアプローチを考察してみましょう。

1)数字を予想するのか、勝敗(順位)を予想するのか
 ●数字を当てるもの
 ●勝敗(順位)を当てるもの

2)買目を自分で選べるかどうか
 ●最初からコンピュータが自動で買目を選ぶもの
 ●自分で買目を選べるもの(一部自動・全部自動でも購入できる)

3)一口いくらであるか
 ●一口100円のくじ
 ●一口200円のくじ
 ●一口300円のくじ

4)当選後に税金を払うのかどうか
 ●税金を払う必要があるもの
 ●非課税のもの

 買目は自分で選べるほうがいいのか?

tanteinikki-kougakutousen-kaime
 では2)を検討してみましょう。

1)の考察が前提となりますが、「買目を自分で選べるくじ」は、確率が高い予想を買目に反映することができます。

数字を当てるタイプのものですら、買目を自分で選べる方が、選べない方よりも確率を少し上げることができます(根拠は弱いですが)。

まして「勝敗(順位)を当てるタイプのくじ」では、かなり確かな根拠によって結果を予測することができます。

仮に全部予想がつかなくて一部の試合だけの予想でも、飛躍的に当たる確率がアップするのがわかると思います。

サッカーくじtotoを例にとれば、1試合だけ予測がつけば確率は3倍アップで、2試合では9倍、3試合であれば27倍もアップします。

あとはコンピュータに自動で選ばせれば、3試合シングル予想しただけで「1/約5.9万」で1等が当たります。

数字を当てるタイプのくじでは、当選確率を27倍アップしようと思ったら、27倍の口数を買うしかありません。

 一口の単価は安いほうがいいか、高いほうがいいか?

tanteinikki-kougakutousen-tanka
 次に3)を考えてみましょう。同じ金額を投資する場合、一口100円のくじは300円のくじよりも3倍購入できます。

つまり、言い方を変えれば3倍当たりやすくなります。

先ほどのサッカーくじtotoの例で言うと、一口300円のくじを買うのをやめて、同じ金額を一口100円のくじにすれば、確率上「1/約2万」で1等が当たることになります。

totoとよく比較されるロト6では1等当選が「1/約610万」であり、ミニロトの1等を考えても「1/約17万」であることを考えると、結構いい数字であることが分かります。

ちなみに、「totoBIG」と「100円BIG」は対象試合の数が同じなので、一見最高当選金額の多い「totoBIG」の方が得だと考えがちですが、これは違っています。

「100円BIG」は「totoBIG」に比べて一口の金額が1/3ですので、同じ金額を投資する場合には、3倍当たりやすくなります。

実質上、「100円BIG」は「totoBIG」よりも1試合分少ない倍率になっていると言うことができるので、「特大の一発を当てたい」という人以外は「100円BIG」の方がおススメです。

 当選金は非課税のほうがいいか?

tanteinikki-kougakutousen-zeikin
 最後に4)を検討してみます。この条件は当たりやすさや確率とは関係ありませんが、当選した後税金を払うかどうかは大問題です。

当選金の金額が大きいので、払う税額も莫大になります。「当たってから心配しろ」と言われそうですが、やはり最初から当選金が非課税のくじを選んだ方が良さそうです。

ちなみに、もし高額当選をした場合には、「当選証明書」(くじの種類によって呼び名は違うかもしれません)を必ずもらっておくようにした方がいいようです。

黙っていると証明書はもらえないそうなので「当選証明の発行をお願いします」と必ず伝えるようにしましょう。

「当選証明書」があれば、当選後に大金を使ったときに、税務署や国税局に対して脱税などでなく当選金を使用していることをスムーズに理解してもらえると思います。

当たってからの問題ですけどね。

 結局どのくじを購入すれば当選の可能性が一番高い?

tanteinikki-kougakutousen-ichiban
 まとめると以下のようになります。

1)数字を予想するものより、勝敗(順位)を予想するものの方が良い
「totoBIG」「100円BIG」「toto」「チャリロト」「WIN5」

2)全自動で買目を選ぶものより、自分で買目を選ぶことができるものの方が良い
「LOTO7」「LOTO6」「toto」「WIN5」

3)一口の金額が高いものより安いものの方が良い
「toto」「100円BIG」「WIN5」

4)払戻金が非課税のものの方が良い
「ジャンボ宝くじ」「LOTO7」「LOTO6」「toto」「totoBIG」「100円BIG」

 確率を高めるおススメの買い方は?

tanteinikki-kougakutousen-kaikata
 このように順に見ていくと、「toto」が最も当りやすく、税金の心配も必要なくて良いという結果になりました。

買目を全部決めるのがめんどうなら、「totoOne」などの予想サイトを見て、そこで推薦している買目を1~3試合シングル予想して、後はコンピュータに任せるという買い方がいいのではないでしょうか。これが、おススメの買い方です。

さらに、1~3試合くらいダブル予想ができれば、もっと確率を上げることができます。

もし、どうしてもコンピュータが全自動で買目を決めるくじ(「totoBIG」「100円BIG」など)を買いたければ、対象試合の中止などで予想枠が減ることが予測できるときか、最高賞金額が引き上げられた特別回の時を狙って買うのがおススメです。

ちなみに、コンピュータが自動で買い目を決めるタイプのくじでは、「100円BIG」が一番おススメのくじになります。

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

楽天グループは昨年のBIG1等6億円当せん本数NO.1

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】