tanteinikki-a067
 「出世運」と「金運」は運に求められる要素が違うため、一般的には別々に捉えられているようです。

しかし「出世」をするということは「金運」が良くなるということでもあるので、「金運」を良くするためには、「出世運」をつかむということも大切なのかもしれません。

金運の神社である稲荷神社の中には、「出世稲荷神社」と呼ばれているものが数多くあります。

「出世稲荷神社」であれば、「金運」とつながりのある「出世運」を期待できそうです。

「出世稲荷神社」は全国にあり、中でも東京は数が多いのですが、どういうわけか「出世稲荷」と名が付く単独の神社はあまり大きなものがありません。

小さめの神社がほとんどなので、これだけを目当てにして行くよりも、他の神社を参拝するときにあわせてお詣りするのがよさそうです。

金運アップを祈願した後は、食事や散歩などをしてのんびり過ごしてください。

一球入魂のごとく力の入った祈願をするより、肩の力を適度に抜くということが神頼みをするときのコツになります。

どんな神様も一回の参拝で願いを聞いてくれることはあまりなく、何度も何度も繰り返し祈願することになるので、疲れてしまわないようにすることが大切だと言えます。

「出世稲荷神社」に継続してお詣りすれば、ふと気が付いたときには「金運」と「出世運」を手にできているかもしれません。

<日本橋>
日本橋堀留町 出世稲荷神社

<神田>
神田 出世稲荷神社

<本郷>
本郷 出世稲荷神社

<門前仲町>
永代 出世稲荷神社

<東陽町>
東陽繁 出世稲荷神社

<新宿>
新宿 出世稲荷神社

<大塚>
北大塚 出世稲荷神社

<練馬>
練馬 出世稲荷神社

 <日本橋周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-nihonbashi1

 日本橋堀留町 出世稲荷神社

 日本橋堀留町にある出世稲荷神社は、1617年に小田原北条氏浪人の庄司甚右衛らが、仮屋敷の中へ京都の伏見稲荷大社より御霊を勧請して創建したと言われています。

江戸時代に初代市川団十郎が毎日参拝して、主演する演目で大当たりをとり名をあげたことから、出世稲荷神社と称されるようになりました。

それ以来、商人・芸能人などの多くの崇敬者が出世を果たしたとされています。

強運でも相当なもので、1657年の振袖火事、1854年の安政大地震、1873年にあった明治6年の大火も生き延びたとされていますが、1923年の関東大震災では社殿は焼け落ちて、1931年(昭和6年)に再建されています。

ただし、社殿のみ焼失しただけで、ご神体は無事だったそうです。

その後、1945年(昭和20年)の東京大空襲による戦火は見事に無傷で切り抜けました。

現社殿は関東大震災後に再建されたもので、マンションの隙間にはさまるように建っていますが、この本殿は椙森神社の拝殿の廃材を利用して建立したそうです。

また、旧岩代町に鎮座していた「岩代稲荷神社」も合祀していますので、扁額は2つの神社のものが並べて掲げられています。

日本橋堀留町の出世稲荷神社は、駅からはそう遠くないのですが場所が非常に分かりにくく、パレドール日本橋というマンションの一角、マンションの駐輪場を通り抜けた奥まった場所にあります。

洗濯機や乾燥機も置いてあり、「こんなところに入っていいのかな?」と思うかもしれませんが、細かいことは気にしないで参拝してください。

何度も強運を発揮していくつもの災害を乗り越えて、なおかつ、崇敬する多くの人々を出世させたという逸話もある霊験あらたかな神社なので、お詣りする価値は高そうです。

 【日本橋堀留町 出世稲荷神社データ】

 所在地  東京都中央区日本橋堀留町1-6-11  TEL:なし

 アクセス 東京メトロ日比谷線「人形町」駅より徒歩5分
      都営浅草線「人形町」駅より徒歩5分
      東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅より徒歩7分
      東京メトロ半蔵門線「三越前」駅より徒歩11分
      都営新宿線「馬喰横山」駅より徒歩11分
      JR総武線「新日本橋」駅より徒歩11分

 神社ホームページ なし

 祭神 宇迦御魂命(稲荷神)

ニャン三郎ニャン三郎

神職が不在のため、参拝のみ可。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<人形町駅周辺>

 【地図】

 <神田周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-kanda

 神田 出世稲荷神社

 神田出世稲荷神社は、京都にある伏見稲荷大社から勧請されました。

延享年間(1744‐1747)の火事の際に柳森神社に合祀され、さらに1874年(明治7年)再度社地を造営して改めて遷座しました。

1923年に関東大震災が発生し周辺の町は壊滅しましたが、当時はちょうど社殿改築中であり、神田出世稲荷神社の神璽と柳森神社の神璽はたまたま神田川「いなり河岸」に係留されていた「稲荷丸」に移されていて、無事に被災を避ける事が出来ました。

現在の社殿は、1928年(昭和3年)に遷座して建立されました。また、東京大空襲の戦災も免れることができたようです。

この神社もかなり強運の神社だと言えそうですが、「誰が出世して出世稲荷という名称になった」のかは、あまりはっきりしないようです。

柳森神社に参拝した際には、近くにあるのでこちらの神社も参拝してみてください。さらなる強運にあやかれるかもしれません。

 【神田 出世稲荷神社データ】

 所在地 東京都神田須田町1-11  TEL:なし

 アクセス 東京メトロ丸の内線「淡路町」駅より徒歩1分
      都営地下鉄新宿線「小川町」駅A3出口より徒歩1分
      東京メトロ千代田線「新お茶の水」駅より徒歩2分
      東京メトロ銀座線「神田」駅6番出口より徒歩3分
      JR京浜東北線・山手線・中央線「神田」駅北口より徒歩7分

 神社ホームページ なし

 祭神 倉稲魂命(稲荷神)

ニャン三郎ニャン三郎

柳森神社の境外摂社であり、柳森神社の神職によって祭祀が行われています。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<淡路町駅周辺>

 【地図】

 <本郷周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-hongou

 本郷 出世稲荷神社

 本郷出世稲荷神社は、1630年の鎮座とされており、この周辺が春日局の屋敷だったころに屋敷内の鎮守として勧請されたのがはじまりです。

春日局が敗軍の将の娘から大奥一の権力者へと大出世したために、出世稲荷神社と呼ばれるようになったと言われています。

春日局は明智光秀の重臣であった斉藤利三の娘であり、のちに徳川三代将軍家光の乳母となり江戸城大奥内で力をふるいました。

1717年に社殿は焼失し、京都稲荷山の千年杉でご神体を再建したと言われています。

現社殿は1965年(昭和40年)に建立されたもののようです。

春日局ゆかりの神社という輝かしい由来譚のわりには、境内の半分は児童用の公園となっており、ずいぶん庶民的に見えますが、ご利益は凄そうな気もします。

神社は見かけにはよりませんからね。

 【本郷 出世稲荷神社データ】

 所在地 東京都文京区本郷1-33-17  TEL:なし

 アクセス 都営地下鉄三田線「水道橋」駅より徒歩3分
      JR中央線・総武線「水道橋」駅より徒歩4分
      東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅より徒歩5分
      東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅より徒歩6分
      都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅より徒歩6分

 神社ホームページ なし

 祭神 宇迦御魂命(稲荷神)

ニャン三郎ニャン三郎

神職が不在のため、参拝のみ可。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<後楽園駅周辺>

 【地図】

 <門前仲町周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-monzennakacyo

 永代 出世稲荷神社

 永代出世稲荷神社は、実は創建や来歴などの詳細が分かりません。

「出世稲荷」と言うからには、崇敬者がなにがしかの出世をしたのだろうと思いますが、そういう名前の由来などもよくわからないようです。

では、どうして採り上げたかというと、まず1つは名前の良さからです。

何といっても「永代出世」ですからね。

金運神社の大切な要素の1つとして、「社名や社紋、地名などが金銭・出世・勝負などを連想させるものである」ことが挙げられます。

これはダジャレではなく、「言霊」という呪術的要素が関係していることで、「色や形などの性質が同じものや、言葉の音が同じものは、互いに引き寄せあう」と言われています。

もう1つは、この「永代出世稲荷神社」がとても清潔で丁寧にお祀りされているという点です。

ということはつまり、「地元の人々が大切にしている神社」であるということで、これは結構大切なことです。

ボロボロの神社やあまり丁寧に祭祀がされていない神社は、参拝しない方が良いと言われることがあります。

「神がいなくなる」とか「何か悪いものが棲みついて参拝者に悪い影響を与える」など、お詣りするとかえって良くないみたいです。

特に、稲荷神社は危ないという言われ方をされますので、清潔に丁寧にお祀りされていることは、とても大切になってきます。

近くには富岡八幡宮もありますので、あわせて参拝すると良いでしょう。

 【永代 出世稲荷神社データ】

 所在地 東京都江東区永代2-26-7  TEL:なし

 アクセス 東京メトロ東西線「門前仲町」駅より徒歩3分
      都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅より徒歩3分

 神社ホームページ なし

 祭神 宇迦御魂命(稲荷神)

ニャン三郎ニャン三郎

神職が不在のため、参拝のみ可。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<門前仲町駅周辺>

 【地図】

 <東陽町周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-touyoucho

 東陽繁 出世稲荷神社

 東陽繁出世稲荷神社は、永代出世稲荷神社と同じく詳しいことが分からない神社です。

神社名の由来になったはずの、崇敬者の誰がどういう境遇からどれくらいの出世をしたのかということもよく分からないみたいです。

出世稲荷神社という名の神社は全国的に数多くありますが、特に、江戸時代に江戸で爆発的な稲荷ブームがあり、庶民に篤く信仰されたため、東京には今でも結構な数の出世稲荷神社があります。

その中には来歴のしっかり分かっているものもありますが、名前だけが残っていて他はよくわからないという出世稲荷神社も数多くあります。

この神社は詳細不明であり小さな神社ですが、とても清潔に丁寧に祀られているようで良い印象の神社です。

参拝するときに感じる印象も大切な要素で、大きく有名な神社であっても、あまり良い印象が持てなかったら参拝しないか、参拝を早めに切り上げて帰った方が良いかもしれません。

「境内や社殿の清潔感」や「祀られ方の丁寧さ」などの視点から、自分の大切な願い事をしていく神社を決めるのも有効な手法でしょう。

由来こそはっきりとしませんが、きちんと祀られている「出世」の名を冠した稲荷神社ですから、ちょっと期待してみましょう。

 【東陽繁 出世稲荷神社データ】

 所在地  東京都江東区東陽3-9-10  TEL:なし

 アクセス 東京メトロ東西線「木場」駅より徒歩2分
      東京メトロ東西線「東陽町」駅より徒歩8分

 神社ホームページ なし

 祭神 宇迦御魂命(稲荷神)

ニャン三郎ニャン三郎

神職が不在のため、参拝のみ可。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<木場駅周辺>

 【地図】

 <新宿周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-shinjyuku1

 新宿 出世稲荷神社

 新宿出世稲荷神社は、1457年に江戸城主の太田道灌が、家臣である粟津民部豊重と同じ稲荷大明神の霊夢を見て、「郭向の岡」と呼ばれていた場所に勧請したのが始まりと言われています。

1526年に「遠山の金さん」こと、遠山左衛門尉直影が現在の場所に遷座したとされています。

徳川五代将軍綱吉の生母である桂昌院がこの神社を篤く崇敬したそうで、たびたび相撲などの興業も行われ、周辺もかなり賑わったようです。

1873年(明治6年)に、それまで「粟津稲荷」「朝日稲荷」と呼ばれていたのを「出世稲荷神社」と名を改めました。

ですが、誰の出世話が名前の由来になっているのかは、よく分かりません。

一般的には「出世稲荷神社」という名前が付けられる場合は、「崇敬者の誰かが出世をしたため、そう呼ばれるようになった」か、もしくは、「ご利益・霊験を高貴な人物が認めて、出世という名を付けた」かのどちらかのようです。

この神社はどうなんでしょう?

ひょっとしたら、秋葉原の柳森神社と同じく「桂昌院」に由来しているのかもしれません。

なにしろ町人の娘から将軍の側室になり、自分の子が将軍職を継いだのですから太閤秀吉にせまるくらいの大出世です。
 
また、神社の社殿は通常は「東向き」か「南向き」に建てられていますが、新宿出世稲荷神社は「北向き」に社殿が建てられているのが特徴的です。

由緒正しい稲荷神社のようですが、北向きの理由は分からず、出世稲荷神社の名称の由来と共に、ちょっと謎めいていて興味を惹かれますね。

1945年(昭和20年)社殿が戦災で焼け落ちて、戦後は長く仮社殿でしたが、その復興費用を工面するため、境内地の南側半分を公園用地として新宿区に売却し、1972年(昭和47年)に現在の社殿が再建されました。

 【新宿 出世稲荷神社データ】

 所在地 東京都新宿区余丁町12-18  TEL:なし

 アクセス 都営地下鉄大江戸線「若松河田」駅より徒歩3分
      都営地下鉄大江戸線「牛込柳町」駅より徒歩8分
      都営地下鉄新宿線「曙橋」駅より徒歩10分

 神社ホームページ なし

 祭神 宇迦御魂命(稲荷神)

ニャン三郎ニャン三郎

神職が不在のため、参拝のみ可。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<若松河田駅周辺>

 【地図】

 <大塚周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-otsuka

 北大塚 出世稲荷神社

 北大塚出世稲荷神社は、創建年代ははっきりしていないものの、「嘉永7年(1854年)版の地図」には、現在の空蝉橋のたもとのあたりに載っています。

1903年(明治36年)に山手線大塚駅が完成しますが、大正初期にあった貨物線の拡張工事の際に境内地が計画に引っかかり、現在地に遷座しました。

遷座以前のもとの境内には空蝉橋(うつせみばし)の由来ともなった赤松の大木がありましたが、工事のために伐採されてしまい今はありません。

大東亜戦争(太平洋戦争)の戦災で社殿は焼失してしまい、その後復興されましたが、老朽化したため平成7年に社殿を改築しました。

大塚駅周辺の住宅街の中にあり、小さな神社ですが大切に祀られているようです。

どうして「出世稲荷神社」というのかは分かりませんが、「清潔に」「丁寧に」祀られているという要件は十分満たしている良い稲荷神社なので、祈願も叶えてもらえるかもしれません。

 【北大塚 出世稲荷神社データ】

 所在地 東京都豊島区北大塚3−5-11  TEL:なし

 アクセス JR山手線「大塚」駅より徒歩6分

 神社ホームページ なし

 祭神 宇迦御魂命(稲荷神)

ニャン三郎ニャン三郎

神職が不在のため、参拝のみ可。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<大塚駅周辺>

 【地図】

 <練馬周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-nerima

 練馬 出世稲荷神社

 練馬出世稲荷神社は、創建年代は伝わっておらず分かってはいませんが、小島家文書(練馬区指定文化財)という古文献の享和4年(1408年)の部分にこの稲荷神社とおぼしき記述が見られます。

「出世」の名の由来は、川越藩の藩主が参勤交代の途中に立ち寄り、出世の祈願をしたことから「出世稲荷神社」と呼ばれるようになったと言われています。

そのせいか、出世を望む武士の参拝者が多かったそうです。

昔は小さな祠だけであったそうで、現在の拝殿は1968年(昭和43年)に深川神明宮の社殿を移築して建立され、元の祠を本殿として祀っています。

小高い丘の上に社殿があり、昔は石段がなく山道で非常に厳しい坂だったと伝えられていますが、今は山上を削って平らにした上で元の祠を後ろへずらし、拝殿を造営しました。

境内が狭いわりには大樹が多いと言われていますが、良い神社には境内や周辺に枝ぶりの良い樹木があることが多いので、パワースポットとして期待ができそうです。

相殿には厳島姫命を祀り、境内末社として大鳥神社もありますので、今までお話してきた出世稲荷神社の中では大きい方なのではないでしょうか。

成増の駅周辺には、なかなかおいしそうな食事処も結構ありますので、参拝した後はのんびり食事するのもよさそうですね。

 【練馬 出世稲荷神社データ】

 所在地 東京都練馬区旭町3-17-4  TEL:なし

 アクセス 東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増」駅より徒歩7分
      東武東上線「成増」駅より徒歩10分

 神社ホームページ なし

 祭神 宇迦御魂命(稲荷神) ほか

ニャン三郎ニャン三郎

神職が不在のため、参拝のみ可。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<成増駅周辺>

 【地図】

東京の宿泊施設ならエクスペディア

50万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

☆Hotels.com☆東京のお得なホテルをチェック!

旬の味覚を楽しみたいならホットペッパーでお店検索&クーポンもGET!!

空席情報からネット予約できるグルメサイト!![Yahoo!予約 飲食店]

女子会のご予約ならぐるなび

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】