LINEで送る
Pocket

tanteinikki-a072
 洛中の代表的な金運神社を見ていますが、気に入った神社はありますか?

京都はどちらかというと神社よりもお寺が多い印象がありますが、平安神宮のような巨大な神社もあれば、繁昌神社や錦天満宮のような街中に溶け込んだ神社もあり、十分な多様多彩さが楽しめます。

それらの神社の1つ1つが結構スゴイ歴史上の由来譚を持っていたりするのも、京都の神社の特徴でしょうか。

さすが千年の都です。

この辺りは京都の中心部ですので、グルメの充実度が半端ではないですね。

金運のアップを祈願して、おいしいものを食べて、日本の歴史の真髄に触れたり見て楽しんだりもできる贅沢な時間が過ごせそうです。

<京都御所周辺>
護王神社
梨木神社

<京都大学周辺>
吉田神社
須賀神社
平安神宮

 <京都御所周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-kyotogosyo

 護王神社

 護王神社は、別名「イノシシ神社」とも言われており、創建年ははっきりと分かりませんが、もともとは洛西にある高雄山神護寺の境内に「和気清麻呂」を祀る社として建てられ、「護法善神」と呼ばれていました。

和気清麻呂と言えば、天皇位簒奪をねらった弓削道鏡の野望を打ち砕いた話が有名です。

奈良時代のこと、女性天皇であった称徳天皇に取り入り、絶大な権力を握った僧侶「弓削道鏡」は自分が天皇に即位するため、宇佐八幡宮のご神託をねつ造します。

天皇にその真偽を確かめるように命じられた和気清麻呂は、九州の宇佐八幡宮に行き、その神のお告げが真っ赤な偽物であることを突き止めて朝廷に復命しました。

これで道鏡の天皇即位はなくなりましたが、なおも権力を持ち続ける道鏡によって清麻呂は足の腱を切られ九州の大隅国に流罪になります。

清麻呂は失意の中、宇佐八幡宮に立ち寄ろうとし豊前国まで行ったとき、どこからともなく三百頭ほどのイノシシが現れ、清麻呂の乗った輿を取り囲み道鏡の刺客から護ったそうです。

無事に参拝を終えたとき、イノシシ達はどこかへ去っていき、足の腱を切られていたはずの清麻呂もすっかりそれが治っていたと伝えられています。

それから一年後、称徳天皇が崩御し、後ろ盾を失った道鏡が関東に流されると、和気清麻呂は朝廷に呼び戻されて、晩年まで大活躍したとされています。

そんな逸話があるせいか、この神社は「足腰にご利益」があると言われています。

また、桓武天皇に長岡京を捨て、平安京を現在の京都市の地に造営することを進言したのも清麻呂です。

桓武天皇はその進言を聞き入れて平安京へ遷都し、ここに「千年の都京都」が始まります。

幕末の1851年、孝明天皇は清麻呂の歴史的功績を讃えて「正一位護王大明神」の神階神号を授け、その後1874年(明治7年)には「護王神社」と名を改めて「別格官幣社」に列しました。

その後の1886年(明治19年)、明治天皇の勅命により、京都御所の蛤御門(はまぐりごもん)前の現在地に社殿を造営し、神護寺境内から遷座して現在に至ります。

金運の神社としては3つ注目すべき点があります。

1つ目は、和気清麻呂が一度流罪になったにもかかわらず、ほどなくして中央政界に復帰し、その後も大活躍したことです。

和気清麻呂は誠実で清廉な人柄だったようですが、地位も名誉もカネもヒトも、たくさん集まってきたことでしょう。

2つ目は、祭神としての和気清麻呂が「正一位」という神階の最高位を与えられ、京都御所の隣地という日本における一等地が社地として与えられたことです。

3つ目は、平安京への遷都を進言し「千年の都京都」の実質上の創始者の1人になったことです。

京都は、それ以後千年近くも日本の首都であり続け、そこにヒト・モノ・カネが全国から集まりました。

これらのことは強い出世運を暗示していますが、同時に金運との関連性も明確に暗示されていると言えるようです。

 【護王神社データ】

 所在地 京都府京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385  TEL:075-441-5458

 アクセス 京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅より徒歩5分

 神社ホームページ http://www.gooujinja.or.jp/

 祭神 和気清麻呂 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

勝運のお守「勝歩守(しょうぶおまもり)」が欲しいですね。

ここのおみくじには「大大吉」があるので、一度は引き当ててみたいですね。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<丸太町駅周辺>

 【地図】

 梨木神社

tanteinikki-kinunjinjya-nashinokijinjya
 梨木神社(なしのきじんじゃ)は、1885年(明治18年)に創建された比較的新しい神社で、幕末明治維新に活躍した三条実美とその父を祀っています。

現在地は三条家の屋敷があった場所で、境内には500株ほどの「萩」が植えられており、別名「萩の宮」とも呼ばれる萩の名所として名が知られています。

また、境内には「染井の水」と呼ばれる「京都三名水」の一つがありますが、「京都三名水(「醒ヶ井」「県井」「染井」)」のうち、現存しているのはここだけです。

三条実美と言えば、司馬遼太郎の小説に頻繁に出てきます。小説では誠実で謹直ではあるが決断力のない人物として描かれており、幕末の動乱に右往左往する描写が数多くありますね。

同じ公家出身の岩倉具視とは好対照であり、幕末から明治初期にかけての人間模様を複雑で面白いものにするのに一役買っています。

金運神社として注目したいのは、「三条実美の運の良さ」です。

三条家は、藤原氏五摂家に次ぐ格式の家柄であり、実美はその嫡男です。

父の三条実萬(さんじょうさねつむ)は、安政の大獄で幽閉されて非業に倒れますが、実美はその跡を継ぎ朝廷の高位に就くことになります。

長州派の大物公卿として活躍しますが、蛤御門の変で長州藩が敗れると朝廷から追放され長州に落ち延びます。

いわゆる「七卿落ち」と言われる不遇の時代を経て、第二次長州征伐で幕府側が敗退すると長州派の公卿として朝廷に復帰し、王政復古後は常に重要な地位に居続け「議定」「副総裁」「右大臣」「太政大臣」「内大臣」「内閣総理大臣兼任」「貴族院議員」などを歴任した明治維新政府の元勲であり最高首脳人物の一人となりました。

位階勲等爵位は「正一位大勲位公爵」であり、まさに「位人臣を極めた人物」と言え、これはかなりの幸運に恵まれた人であったと考えていいと思います。

運が良い人を祀った神社に参拝すると、自分も運が良い人になれそうですからね。

是非ともお詣りして、その運をいただきましょう。

 【梨木神社データ】

 所在地 京都府京都市上京区寺町通広小路上ル染殿町680  TEL:075-211-0885

 アクセス 京阪電車鴨東線「神宮丸太町」駅より15分
      京阪電車鴨東線「出町柳」駅より15分
      叡山電鉄叡山本線「出町柳」駅より15分
      京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅より徒歩20分
      京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅より徒歩20分

 神社ホームページ http://nashinoki.jp/

 祭神 三条実美 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

「染井の水」は取水している人が絶えないほど大人気のようです。

水は風水ではお金と関係していますので、ありがたくいただいて金運アップしましょう。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<今出川駅周辺>

 【地図】

 <京都大学周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-kyotodaigaku

 吉田神社

 吉田神社は、859年に藤原山蔭が自分の一門の氏神として「奈良の春日大社」の神を勧請したのに始まり、その後「平安京における全藤原氏の氏神」として尊崇を受けるようになりました。

鎌倉時代以後は、「卜部氏(後の吉田氏)」が神職をずっと受け継ぐようになり、室町時代末期の文明年間(1469~ 1487年)には吉田兼倶という人物が「吉田神道(唯一神道)」を創始して、その拠点としました。

江戸時代の1665年には、江戸幕府により吉田氏は全国の神社における「神職の任免権(神道裁許状)」などを与えられたことから、明治維新になるまで長い間にわたって神道に絶大な権威と影響力を持っていました。

「厄除け」は現在ではどの神社でも行われており、祈祷としては一般的ですが、この吉田神社が「厄除け発祥の神社」になります。

そのため、吉田神社の厄除けは効果抜群と言われています。

末社の1つに「斎場所大元宮(さいじょうしょだいげんぐう)」という名の、かなり変わった社殿があり、そこには延喜式内社全3132座の天神地祇八百万神を祀っています。

つまり日本全国の神々が祀られており、ここ1社に参拝すれば日本中の神社に参拝したのと同じ意味を持つことになり、とっても便利です。

そのなかには当然ながら「金運の神々」もおり、日本全国の金運神社にお詣りしたのと同じということになります。

スゴイご利益がありそうですね。

山全体が神社の境内になっていて、晴れた日にはとても気持ちの良い森林浴もできます。

のんびりと散歩しながら参拝するにはピッタリの神社ではないでしょうか。

 【吉田神社データ】

 所在地 京都府京都市左京区吉田神楽岡町30  TEL:075-771-3788

 アクセス 京阪電車鴨東線「出町柳」駅より20分
      叡山電鉄叡山本線「出町柳」駅より20分

 神社ホームページ http://www.yoshidajinja.com/

 祭神 建御賀豆知命(鹿島神)、伊波比主命(香取神) ほか

ニャン三郎ニャン三郎

摂社末社も非常に多くありますので、金運以外にも多様多彩な祈願ができます。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<出町柳駅周辺>

 【地図】

 須賀神社

 須賀神社は、869年に現在の平安神宮のあたりに創建されました。しかし度重なる戦火による荒廃を避けるため、吉田神社のある吉田山に移され590年間ほどそこに鎮座したあと、1924年(大正13年)に現在地に遷座しました。

須佐之男神(スサノオノミコト)と櫛稲田比賣神(クシナダヒメノミコト)という夫婦の神を祀っているので、最も有名なご利益は「縁結び」とされています。

また、須佐之男神がヤマタノオロチを倒して生け贄にされそうになった櫛稲田比賣神を救い出して結婚し、ずっと円満に暮らしたと言われていますので「家内安全・夫婦円満」のご利益もあります。

須賀神社の節分会(毎年2月2~3日)には、二人組の「懸想文売り」があらわれて境内を歩き回ります。

この「懸想文売り」は節分祭の2日間だけ出現し「懸想文」を売ってくれます。

ですので節分会の2日間は、縁結びのお守りである「懸想文」を買うために毎年大勢の女性が須賀神社に参拝に押し寄せます。

「懸想文」は女性だけでなく、男性が頂いても効果があるそうです。

そんな須賀神社ですが、どこが金運に関係あるのかというと、境内末社である「白龍大明神・稲荷大明神」というお社が関係しています。

「白龍大明神・稲荷大明神」は1つの社殿に「龍神」と「稲荷神」が祀られていますが、どちらの神も金運とかなり関係が深く、「1粒で2度おいしい」神社となっています。

須賀神社を訪れた際には、忘れずに参拝してくださいね。

 【須賀神社データ】

 所在地 京都府京都市左京区聖護院円頓美町1  TEL:075-771-1178

 アクセス 京阪電車鴨東線「神宮丸太町」駅より10分
      京都市営地下鉄東西線「東山」駅より徒歩15分

 神社ホームページ なし

 祭神 素戔嗚尊 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

ヤマタノオロチに勝利したスサノオ命が主祭神なので、「勝運」にはいいかもしれません。

宝くじなどの当選を祈願すると、ご利益がありそうです。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<神宮丸太町駅周辺>

 【地図】

 平安神宮

tanteinikki-kinunjinjya-heianjinguu
 平安神宮は、「平安遷都1100年」を記念して1895年(明治28年)に造営された、とても新しい神社です。

京都で開催された内国勧業博覧会において、その目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画され、さまざまな紆余曲折があったのち、現在地に「実物の8分の5」の規模で復元された社殿をそのまま使って創建されました。

陰陽道にもとづく四神相応に関係が深い神社で、そのパワーはとても強いと言われており、京都では外せないパワースポットとして有名な場所です。

平安京が都だった時期の最初と最後の天皇をお祀りしています。

最初は桓武天皇だけ祀られていたそうですが、皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)に孝明天皇も併祀されました。

桓武天皇が平安京を都に選んだ理由は、京都がいわゆる「四神相応」の場所だったからであると言われています。

「四神相応」というのは、風水において方角を守護する四神「玄武」「蒼龍」「朱雀」「白虎」が存在すると言われる地形の場所という意味です。

四神はそれぞれ運を支配すると言われており、玄武は「健康運」、蒼龍は「出世運」、朱雀は「繁栄運」、白虎は「金運」を司るとされています。

平安神宮をよく見て回ると、四神信仰にゆかりが深いものが数多くちりばめられているということが分かります。

その意味でも、平安神宮は「平安京」の再現を目指して造営された神社なのです。

平安神宮では、四神信仰にちなんだ「京都五社巡り」というものを案内してくれます。

「五社めぐり四神色紙」というものを頂いて(1000円)、四神相応の地にある、京都の五社「平安神宮」「上賀茂神社」「八坂神社」「城南宮」「松尾大社」を巡っていくというものです。

北の玄武が「上賀茂神社」、 東の蒼龍は「八坂神社」、南の朱雀は「城南宮」、西の白虎は「松尾大社」、そして中央が「平安神宮」ということです。

5社を全部回れば「満願成就」になります。

平安神宮の社殿は平安時代の朝廷の建築を模したものであり、平安京の再現ということですから、「平安神宮≒平安京」という意味を持っています。

また、平安京の最初と最後の天皇が主祭神であることからも、平安神宮は平安京を体現していると言えそうです。

京都は「千年の都」であり、長い間日本全国のヒト・モノ・カネが集まる場所であったことから、平安神宮に参拝すると金運が良くなるのも、ある意味で当然なのかもしれません。

実際に、平安神宮は金運のパワースポットしても結構有名で、よく名前が挙がります。

金運祈願のあとは、広大な境内をのんびり散策しながら、命の洗濯をしましょう。

四季折々の風景が楽しめますが、特に平安神宮の桜はものすごくキレイですよ。

 【平安神宮データ】

 所在地 京都府京都市左京区岡崎西天王町97  TEL:075-761-0221

 アクセス 京都市営地下鉄東西線「東山」駅より徒歩10分
      京阪電車鴨東線「神宮丸太町」駅より15分

 神社ホームページ http://www.heianjingu.or.jp/

 祭神 桓武天皇、孝明天皇

ニャン三郎ニャン三郎

「四神相応」にちなんだお守が人気のようです。

いろいろあって目移りしますが、楽しく選べそうです。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<東山駅周辺>

 【地図】

高級ホテル・旅館予約サイト【一休.com】

高級宿泊施設の予約ならrelux

【ゆこゆこネット】1万円以下で満足度の高い温泉宿満載!

京都のホテルがこんなに安い!人気ホテルをどこよりもおトクに予約【エクスペディア】

旬の味覚を楽しみたいならホットペッパーでお店検索&クーポンもGET!!

空席情報からネット予約できるグルメサイト!![Yahoo!予約 飲食店]

女子会のご予約ならぐるなび

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】

 

LINEで送る
Pocket