LINEで送る
Pocket

tanteinikki-a070
 さて前回から今回にかけては、京都の手始めに京都駅周辺からまっすぐ南の竹田の辺りまでの金運神社を紹介していますが、行きたい神社がありそうでしょうか?

「藤原氏」「源氏」「平氏」という、日本の歴史上で重要な役割を果たす3つの氏族の開運に関わる神社が、全てこの周辺に集まっているのは興味深いところです。

この辺りは京都の他の場所に比べ観光名所が少し少なめなんですが、それでも東寺や東福寺などの名だたる名所があり、少し足を延ばせば海外の観光客に大人気の伏見稲荷大社もあります。

京都は世界中から観光客が集まってくる日本一の観光地ですから、散策するにも見たいものがありすぎて困るくらいかもしれません。

参拝した後のグルメも楽しそうですね。

<東寺周辺>
伏見稲荷大社 御旅所

<九条周辺>
宇賀神社

<竹田周辺>
城南宮

 <東寺周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-kujyo

 伏見稲荷大社 御旅所

tanteinikki-kinunjinjya-otabisyo
 伏見稲荷大社御旅所は、教王護国寺(東寺)のすぐ近くにあり、京都駅からも歩いて10分もかからないようなすぐの場所にあります。

御旅所というのは、神社の祭礼のときに神輿を神社本宮から移し一時的に奉安する場所のことで、言ってみれば「別荘」のようなものです。

別荘とはいっても小さなものではなく、なかなか立派な神社と言ってもよい規模の境内です。

伏見稲荷大社の御旅所は、昔は「油小路七条」と「八条坊門猪熊」との2つありましたが、太閤豊臣秀吉が1つに合わせてこの地に移したと伝えられています。

普段は参拝者がそれ程多くなく閑散としており静かな場所ですが、4・5月の稲荷祭の期間には大変な賑わいをみせます。

稲荷祭は、毎年4月20日に一番近い日曜日に行われる「神幸祭」と、神輿が御旅所にある間に行う「氏子祭(区内巡幸)」、5月3日の「還幸祭」という御旅所最大の行事です。

期間中は伏見稲荷大社御旅所は毎日露店で賑わい、屋台もとてもたくさん出ています。

京都駅から近いというのがとてもいいところで、もし伏見稲荷大社にまで行く予定や時間的余裕がなくても、すぐに足を延ばせる立地にあります。

伏見稲荷大社は日本有数の金運神社ですから、京都を訪れた際にはぜひ参拝しておきたい場所ですね。

 【伏見稲荷大社 御旅所データ】

 所在地 京都府京都市南区西九条池ノ内町98  TEL:075-681-2616

 アクセス 近鉄京都線「東寺」駅北口より徒歩5分
      JR線・新幹線「京都」駅より徒歩8分
      地下鉄烏丸線「京都」駅より徒歩8分
      近鉄京都線「京都」駅より徒歩8分

 神社ホームページ http://inari.jp/

 祭神 宇迦御魂命、佐田彦大神、大宮能売大神、田中大神、四大神(稲荷五社大明神)

ニャン三郎ニャン三郎

稲荷祭の時以外は神はいないという人もいますが、そんなことはないと思いますよ?

京都駅から近いので、ぜひ行ってみてください。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<東寺駅周辺>

 【地図】

 <九条周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-higashikujyo

 宇賀神社

 宇賀神社は、京都の神社の中で最も古い歴史を持つ神社であるとも伝えられています。

かつてはこの辺りは宇賀塚(うがづか)と呼ばれており、その塚の上に社殿を建てたのがはじまりとのことです。

宇賀神社は「中臣鎌足」(なかとみのかまたり)とゆかりのある神社です。

大化の改新(乙巳の変)で有名な中臣鎌足は、臨終の際「大織冠」(だいしょくかん)という当時最上位の官位と、鎌足の出生地の地名からとったとされる「藤原」の姓を天智天皇から授かります。

それ以後、「藤原鎌足」(ふじわらのかまたり)と呼ばれ、平安時代に権力を一手に握り、その後の日本の歴史にも大きな影響を及ぼす「藤原氏」の祖となります。

鎌足が月輪(つきのわ=現在の京都市東山区にある泉涌寺周辺)に猟に行ったときに、この辺りを通りかかり「金璽(金印)」を見つけたとされています。

その「金璽」を見て鎌足は将来自分の末裔たちが繁栄する事を予感して、その証として「金璽」を塚に埋め「宇賀塚」と名付けたそうです。

藤原氏の栄華を象徴する神社でもあり、強力な金運の神社であるとも言えます。

また、祭神の「宇賀魂神」は「宇賀神」もしくは「宇迦之御魂神(稲荷神)」だと思われます。

「宇賀神」は、人頭蛇身でとぐろを巻いている姿で表される神様で、稲荷神と同神と言われており、弁財天と同神ともされている穀物・豊穣の神です。

さらに「宇迦之御魂神(稲荷神)」は、伊勢神宮外宮の神として知られる「豊受大神」と同神とも考えられています。

「宇賀神」「弁財天」「宇迦之御魂神(稲荷神)」「豊受大神」のいずれも金運の神様として祀られることが多い神ですし、藤原氏の繁栄を見ても金運成就の実績は十分過ぎると言えるので、外さずに参拝しておきたい神社です。

 【宇賀神社データ】

 所在地 京都府京都市南区東九条東札ノ辻町33  TEL:なし

 アクセス 地下鉄烏丸線「九条」駅より徒歩7分
      地下鉄烏丸線「十条」駅より徒歩8分
      京阪電鉄京阪本線「鳥羽街道」駅より徒歩12分
      近鉄京都線「十条」駅より徒歩15分

 神社ホームページ なし

 祭神 宇賀魂神、天照大神

ニャン三郎ニャン三郎

境内にムクノキやイチョウの大木があり、どちらも樹齢500~600年と考えられています。

大木・古木がある神社は強いパワースポットと言われるので、期待できそうですね。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<九条駅周辺>

 【地図】

 <竹田周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-takeda

 城南宮


 城南宮は、創建年代は不詳ですが、794年の平安京遷都に際して新たに国常立尊を併祀して平安京の南を守護する神とされた神社です。

ですので、794年創建としている資料もあるようです。

白河天皇が鳥羽離宮(城南離宮)を造営して院政を始めてからは離宮の一部となり、それ以後天皇や上皇の行幸がしばしば行わるなど、政治・文化の中心地となり、祭礼も大いに賑わったと言われています。

また後には京都御所の裏鬼門を守る神となったことから貴族の方違(かたたがえ)のときに宿泊する場所となり、方除けや厄除けの神としても信仰され「方除の大社」と呼ばれるようになりました。

幕末の「鳥羽・伏見の戦い」の舞台になった場所で、わずか300mほど西の鳥羽街道脇の鴨川に架かる小枝橋において、最初の火ぶたが切られました。

そして数倍の兵力を持つ幕府側の敗走のきっかけとなったのが、城南宮に据えられた薩摩藩の大砲の一撃でした。

しかも最初の一発目が命中しています。

大砲を指揮したのは大山弥助(のちに日露戦争時の陸軍総司令官となる大山巌)でしたが、当時の大砲の性能を考えると、300m先の橋のたもとにいた幕府側の兵士に命中させるのはかなり難しい事でした。まして初弾から直撃するなど奇跡としか言いようがありませんが、このときは奇跡が起こりました。

城南宮周辺はこのとき新政府側が布陣した場所であり、戊辰戦争を新政府側の最終的勝利に導いたと言えるのかもしれません。

「鳥羽伏見の戦い」の戦勝後には、薩摩藩が勝利の御礼参りに訪れています。

城南宮は、一般的には方災除け・普請・造作・転宅・旅行・交通安全などにご利益があるとされていますが、そうした歴史的事実から「当たる」ことにも大きなご利益があると言えそうです。

 【城南宮データ】

 所在地 京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7  TEL:075-623-0846

 アクセス 近鉄京都線「竹田」駅より徒歩17分

 神社ホームページ http://www.jonangu.com/

 祭神 息長帯日売命(神功皇后)、八千歳神(大国主命) ほか

ニャン三郎ニャン三郎

宝くじでも「奇跡の一発」が当たるかもしれません。

城南宮のおみくじには「大大吉」がありますよ。

「大吉」のさらに上って・・・引き当てたらテンション上がりそうです。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<竹田駅周辺>

 【地図】

高級ホテル・旅館予約サイト【一休.com】

高級宿泊施設の予約ならrelux

【ゆこゆこネット】1万円以下で満足度の高い温泉宿満載!

京都のホテルがこんなに安い!人気ホテルをどこよりもおトクに予約【エクスペディア】

お店選びで失敗したくない人のためのグルメサイト【食べログ】

旬の味覚を楽しみたいならホットペッパーでお店検索&クーポンもGET!!

空席情報からネット予約できるグルメサイト!![Yahoo!予約 飲食店]

女子会のご予約ならぐるなび

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】

 

LINEで送る
Pocket