LINEで送る
Pocket

tanteinikki-a073
 神社に参拝するときに、どんな祈願の仕方をしていますか?

「~でありますように」「将来~になるようにしてください」というのが一般的でしょうか。

でも、祈願をするときには「未来形」で神に言葉を伝えると、願いが叶いにくくなると言われています。

ではどうすればいいかというと、「現在形」もしくは「過去形」で言うのがいいそうです。

もし、「未来形」を使う時には、日時を具体的に付け加えるのがポイントのようですよ。

お詣りするときには、自分の言葉で構わないので「現在形」か「過去形」で祈願をしてみてください。

願いを叶えてもらえる頻度か増えて、ご利益アップにつながるかもしれません。

さて、今回は京都の東側の地「東山七条」「清水」「祇園町」界隈の金運神社を散策です。

<東山七条周辺>
豊国神社

<清水>
地主神社

<祇園町周辺>
安井金比羅宮
京都ゑびす神社(恵美須神社)
八坂神社

 <東山七条周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-higashiyamasichijyo

 豊国神社

 豊国神社は、太閤豊臣秀吉を祀る神社として秀吉の死後まもなく建立が開始されて、1599年に創建されました。

秀吉には「豊国乃大明神(とよくにのだいみょうじん)」という神号と「正一位」という最高位の神階が朝廷から下賜され、「豊国神社」と名付けられます。

豊臣秀頼の希望により、大阪城内にも分霊が祀られることになりました。

これが、現在大阪城内にある豊国神社になっていきます。

また、遷宮は吉田神道を主宰する吉田家によって行われ、神職は吉田家当主である吉田兼見の孫の萩原兼従が就任しています。

兼見の弟神龍院梵舜という僧が、豊国神社内にある神宮寺の社僧になっており、吉田神道とかなり深く関わっています。

1615年に豊臣家が滅亡すると、徳川家康の意思により「豊国大明神」の神号がはく奪され、神社は一旦廃絶させられました。

北政所の強い願いで社殿は打ち壊されずに済みましたが、その後は打ち捨てられ荒れるがままにされて、江戸時代を通じて再興されることはありませんでした。

徳川の世が終わり、明治になると風向きが変わります。

1868年に明治天皇が大阪に行幸した際に、豊臣秀吉を「皇威を海外に宣べ、数百年たってもなお寒心させる、国家に大勲功ある今古に超越するもの」であると激賞し、豊国神社の再興を命じました。

1873年(明治6年)に別格官幣社に列格して、1875年(明治8年)には東山に社殿が新たに建立され、初代宮司の萩原兼従の子孫である萩原員光が宮司職に任命されています。

1880年(明治13年)に、方広寺大仏殿があった跡地に新社殿が建てられ、遷座が行われて現在に至ります。

そんな豊国神社ですが、金運の神社としては2点注目しておきたいと思います。

1つ目は、祭神の豊臣秀吉が天下統一を成し遂げたころは、日本は金の産出量が世界有数であり、まさに「黄金の国ジパング」であったということです。

国内流通も進み、貿易などでもかなりの巨富を得ており、これほど金持ちの為政者は日本始まって以来ではなかったかと思います。

大阪夏の陣で豊臣家が滅亡した後、莫大な戦費を費やしたにもかかわらず、大坂城には約2万8千枚の金(約28万両)と約2万4千枚の銀(約24万両)があり、徳川方がこれを没収しているという記録が残っていることからも、その金持ちぶりが良く分かります。

2つ目は、その後天下を取った徳川家によって一度は廃絶されていますが、明治の世になり見事に復権と再興を果たしたということです。

秀吉の死を手ぐすね引いて待ち構えていた家康からは、豊臣家を守ることはできませんでしたが、それは秀吉のせいではないでしょう。

むしろ一度潰されてゼロになったものが、高いレベルで完全に復活したということの方が大切なように感じます。

食べるものにも困るという最底辺の境遇から天下人にまでなった「戦国一の出世頭」の面目躍如ではないでしょうか。

太閤秀吉の人生を振り返ってみると、「金運」「出世運」「勝運」などに高いご利益がありそうですね。

 【豊国神社データ】

 所在地 京都府京都市東山区大和大路正面茶屋町530  TEL:075-561-3802

 アクセス 京阪電車京阪本線「七条」駅より徒歩5分

 神社ホームページ なし

 祭神 豊臣秀吉

ニャン三郎ニャン三郎

秀吉の馬印であった千成瓢箪の形をした絵馬や瓢箪をかたどったお守が人気です。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<七条駅周辺>

 【地図】

 <清水周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-kiyomizu

 地主神社

tanteinikki-kinunjinjya-jisyujinjya
 地主神社は、日本建国よりはるか以前の「神代の時代」の創建と伝えられており、境内にある「恋占いの石」を原子物理学者ライル・ボースト博士が科学的に年代測定をしたところ、縄文時代のものであることが判っています。

神社やお寺が造営される際には、その土地の「地主神」を祀るため神社が別に建立されましたが、それらは神社の境内末社として建てられる場合や、境内がお寺に隣接している場合などがありました。

お寺に境内が隣接している地主神社は、本来はその寺院の「鎮守社」であったものが、明治時代の神仏分離令でお寺から独立したという由来を持つものが多く、京都清水にある地主神社も清水寺の鎮守社が独立したものです。

「縁結びの神様」として全国的に有名過ぎるほど有名であり、良縁を祈願する若い女性や円満を願うカップルで境内はいつも賑わっています。

冒頭に出てきた「恋占いの石」という10メートルほど離れて立つ2つの守護石があり、目をとじたまま、片方の石からもう1つの石に辿り着ければ恋が叶うとされているようです。

もし周りの人に助けられてたどり着くと、現実の恋愛でも人の助けが必要だという話ですよ。

地主神社の奥の方に「おかげ明神」と「祈り杉」があります。

「おかげ明神」は、1つだけであればどんな願い事も叶えてもらえるという「一願成就」の神様です。ご神木の杉は「いのり杉」と言われており、「丑の刻まいり」などの呪術にもつかわれたそうです。

恋愛や良縁の神社として名が知られている地主神社ですが、縁結びだけではなく、実はさまざまな願いを叶えてくれる神様が祀られています。

金運神社のお話なので、金運に関係するものだけをいくつか挙げると、「祓戸大神(はらえどのおおかみ)」「おかげ明神」「撫で大国(なでだいこく)」「栗光稲荷社」、そして「本殿」に祀られている大国主命というところでしょうか。

「祓戸大神(はらえどのおおかみ)」は、本来は厄を祓い心身を清める神様ですが、金運目線から考えると「金運に対する厄を祓い、悪縁を断つ」ということになるでしょう。

金運にせよ他の運にせよ、まずは良い運の障害になっているものを取り除いた方が、祈願がより効果的なのではないでしょうか。

「おかげ明神」は上記の通り「一願成就」の神なので、ここぞという時の金運を祈願するといいかもしれません。

「撫で大国(なでだいこく)」は、ご利益が欲しい場所に「触れる」ことで願いを叶えてくれる神様です。

頭をなでると「学業」、お腹をなでれば「安産」、手であれば「勝負運」など、触る場所によってさまざまなご利益が頂けます。

宝くじ購入とセットで「撫で大国(なでだいこく)」の手をなでておくと良さそうですね。

是非試してみてください。

「栗光稲荷社」は、商売や家庭内の問題とか仕事に関する悩みなどを解決してくれる神社ですが、稲荷神なので「よろず願い事」、特に「金運」は叶えてもらえるかも。

また、主祭神の大国主命は「七福神の大黒天」と同一神と言われており、「大黒さま」と言えば「金運の神」の側面がまず思い浮かびます。

縁結びや恋愛祈願で有名な地主神社ですが、良縁祈願だけではもったいないと言えそうです。

神代の時代から続く聖地で、「金運」との縁も祈願してみましょう。

 【地主神社データ】

 所在地 京都府京都市東山区清水1-317  TEL:075-541-2097

 アクセス 京阪電車京阪本線「清水五条」駅より徒歩22分
      京阪電車京阪本線「祇園四条」駅より徒歩24分
      阪急電車京都本線「河原町」駅より徒歩27分

 神社ホームページ http://www.jishujinja.or.jp/index.html

 祭神 大国主命、素戔嗚命、奇稲田姫命 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

良縁祈願の神社だけあって、縁結びに関するお守がたくさんありますが、金運的には「勝守」「福銭」「幸福の鈴」などがおススメです。

特に「福銭」は、明治の大実業家として有名な渋沢栄一が金庫に大切に保管していたとか。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<清水五条駅周辺>

 【地図】

 <祇園町周辺>

tanteinikki-kinunjinjya-gion

 安井金比羅宮

 安井金比羅宮は、保元の乱(1156年)で讃岐に流され、その後「日本三大怨霊」とも呼ばれるようになった崇徳天皇を祀った神社です。

京都の人からは「安井のこんぴらさん」と呼ばれて親しまれているようです。

配流になった崇徳天皇が崩御した後、1177年に崇徳天皇にゆかりの深い藤寺観音堂に崇徳天皇の霊が現れたので、これを聞いた後白河法皇はすぐに詔を発して、崇徳天皇の御霊を鎮めるために堂塔を建立しました。

その際、奥の社には「崇徳天皇」を祀るとともに、「金毘羅権現」および「源頼政」を合祀して、「安井の金毘羅」と称したとされています。

明治維新の神仏分離令により「安井神社」となって独立し、それにともなって祭神の金毘羅権現は「大物主神」に改められました。

そして大東亜戦争(太平洋戦争)後に、「安井金比羅宮」と再び名を改めて今に至ります。

安井金比羅宮といえば、「悪縁切り」「良縁結び」の神社として名高く、境内には悪縁を切りたいと願う女子たちが殺到してるようです。

境内の「縁切り縁結び碑(いし)」には、あらゆる悪縁を切り良縁を結ぶ祈願のために、願い事が書かれた「形代(身代わりのおふだ)」がびっしりと貼られており、結構迫力があります。

「みんな悪縁に苦しんでいるんですね」と、妙なところで感心してしまいます。

さて金運の神社としてですが、2点ほど挙げておきたいと思います。

1つ目は、「あらゆる悪縁を切り、あらゆる良縁を結ぶことができる」という点です。

お金には悪縁がついて回りますので、まず金運の障害となる悪縁を切っておくことは、実は非常に大切なことになります。

その上で、お金にまつわる良縁を祈願すれば完璧です。

2つ目は、社紋が「丸に金の文字」であるということです。

東京の金運神社のところでも再三触れていますが、「神社名」「所在地名」「社紋」などに「金運を連想させる」ような文字や記号がある場合、それにあやかって金運の神社とされている例が数多くあります。

平将門や菅原道真(天神)と共に「日本三大怨霊」と呼ばれた強力な御霊である崇徳天皇と、金運の神と言われる大物主神(大国主命=大黒天)が主祭神の神社なので、霊験あらたかなご利益も期待できるのではないでしょうか。

 【安井金比羅宮データ】

 所在地 京都府京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70  TEL:075‐561-5127

 アクセス 京阪電車京阪本線「祇園四条」駅より徒歩10分
      阪急電車京都本線「河原町」駅より徒歩15分

 神社ホームページ http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

 祭神 崇徳天皇、源頼政、大物主神(大国主命)

ニャン三郎ニャン三郎

「縁切り縁結び碑」は終日祈願できます。

「丸に金の文字」の社紋が入ったお守と「本水晶もうかり守り」は、欲しいですね。

安井金比羅宮は金運のお守が結構多くあり、開運・金運の神社としても密かに人気です。

「悪縁切り守」や「心機一転守」など、気になるお守もたくさんありますよ。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<祇園四条駅周辺>

 【地図】

 京都ゑびす神社(恵美須神社)

 京都ゑびす神社(恵美須神社)は、1202年に禅の祖といわれる臨済宗開祖の栄西が建仁寺の建立にあたって、その西隣に鎮守として建てられたのがはじまりです。

兵庫の西宮神社、大阪の今宮戎神社と並んで「日本三大ゑびす」と呼ばれており、「えべっさん」の名称で地元の人たちに親しまれています。

1月8日~1月12日に行われる「十日ゑびす大祭」(初ゑびす)が有名で、江戸時代には商人たちが商売繁盛の祈願をする中心となりました。

また、10月20日に行われるお祭りのことを「ゑびす講」、もしくは「二十日ゑびす大祭」と呼んでいます。

ゑびす様が海から漂着した日が10月20日だからこの日なのだそうですが、もともとは栄西が始めた京都独自のお祭りでした。

このお祭りは京都や近江の行商人たちによって江戸時代初期に全国各地に広がり、「商売繁盛」や「1年の無事」だけでなく「五穀豊穣」「大漁」なども祈願するお祭りになりました。

現在ではゑびす講に合わせて行われる安売り「ゑびす講大売出し」の日になっていたりするので、その印象の方が強いかもしれません。

商売繁盛や金運に非常に関係の深い「ゑびす」と「大国主=大黒天」が主祭神なので、金運アップは結構期待できそうです。

「十日ゑびす大祭」は参拝者で大賑わいになりますので、お祭りを観光として見ても一見の価値があるでしょう。

楽しめそうですよ。

 【京都ゑびす神社(恵美須神社)データ】

 所在地 京都府京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125  TEL:075‐525‐0005

 アクセス 京阪電車京阪本線「祇園四条」駅より徒歩6分
      阪急電車京都本線「河原町」駅より徒歩8分

 神社ホームページ http://www.kyoto-ebisu.jp/

 祭神 事代主神、大国主神、少彦名神

ニャン三郎ニャン三郎

かわいい鯛がついた「めでたいことを呼ぶお守」は、ぜひ頂いておきたいですね。

他にもお守がたくさんあって、見るのがなかなか楽しいです。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<河原町駅周辺>

 【地図】

 八坂神社

tanteinikki-kinunjinjya-yasakajinjya
 八坂神社は、656年に創建された古社であり、四条通の東のつき当たりに位置しています。

しだれ桜で名が知られている円山公園が隣接していることもあって、地元の氏神(産土神)として崇敬されるだけでなく、観光地としても著名で多くの人が参拝に来ます。

全国の八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2300社)の総本社にあたり、京都の人たちには「祇園さん」とも呼ばれて親しまれているそうです。

京都の夏の風物詩であり、7月1日から約1か月にわたって行われるお祭の「祇園祭(祇園会)」で知られており、そちらの方がピンと来る方も多いかもしれません。

祇園祭は日本中にある数々の「三大祭」のひとつに挙げられることが多く、日本を代表するお祭りと言うことができます。

代表的なのものは「京都三大祭(上賀茂神社・下鴨神社の葵祭、平安神宮の時代祭)」、「日本三大祭(大阪の天神祭、東京の山王祭、神田祭)」、「日本三大曳山祭(岐阜県高山市の高山祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭)」、「日本三大美祭(岐阜県高山市の高山祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭)」などが挙げられます。

元々の祭神であった「牛頭天王」が祇園精舎の守護神であるとされていたため、古くは「祇園神社」「祇園社」「祇園感神院」などと呼ばれていましたが、1868年(慶応4年/明治元年)の神仏分離令により「八坂神社」と改められました。

祭神は、古くからずっと「牛頭天王」「頗梨采女 (はりさいにょ/ばりうねめ)」「八王子」でしたが、神仏分離以後に神道の神の名に改められます。

「牛頭天王」は同神とされている「素戔嗚尊」、「頗梨采女 (はりさいにょ/ばりうねめ)」は「牛頭天王の后」であることから「素戔嗚尊の后」である「櫛稲田姫命」と同神とされました。

「八王子」は「牛頭天王の8人の王子」であり、暦神の「八将軍」と同じ神さまであると考えられています。

また「櫛稲田姫命」は方角の吉方位(恵方)を支配する「歳徳神(としとくしん)」と同一神と見なされていた事もあり、「方位神・暦神」としても崇敬されました。

お正月の初詣の参拝者数は約100万人ほどであり、京都では「伏見稲荷大社」に次いで第2位の人出となっています。

また四方から境内への出入りが可能なため、楼門は閉じられることはなく「伏見稲荷大社」と同様に夜でも参拝することが可能となっています。

祇園社は当初は興福寺の支配下でしたが、10世紀末ごろの戦により比叡山延暦寺がその末社としています。

1384年に至って足利3代将軍義満は、祇園社を比叡山から独立させましたが、その後幕府の支配下とはならず単独の神社となり、すでに経済力をつけていた京の町衆によって祇園祭が運営され、今に至っています。

京都の歴史だけでなく、日本の歴史にも欠かせない神社であり、さまざまな御利益があるとされていますが、金運の神社としても第一級だと言えそうです。

八坂神社のご利益でもっとも有名なのは「縁結び」ですが、「金運」や「商売繁盛」でも名が通っています。

境内にはたくさんの摂社末社がありますので、主祭神以外の神も多彩であり、叶わない種類の願いはないと言えそうです。

もちろん金運の神も多数祀られています。

参拝するときにちょっと気を付けなければならないのは、写真で有名な四条通に面した「西楼門」は正門ではないということです。

神社は、正門から入って拝殿や本殿へ向かうのが正式な参拝です。

八坂神社の場合は、「南桜門」から入り本殿へ向かうのが正式な参拝になりますので注意してください。

「八坂神社の本殿の下には、大きな池があって龍が棲んでおり、その池は竜宮城につながっている」という言い伝えがあるそうです。

風水では、大地のエネルギーの流れやつながりを「龍」に見立てて、そのエネルギーが集まる場所を「龍穴」と呼んでいます。

京都そのものが「風水で作られた都市」と言えるので、八坂神社が「龍穴」の上に建てられていても不思議ではないでしょう。

境内には「力水」とも呼ばれる「祇園神水」が湧き出ており、その伝承をほうふつとさせます。

また、素戔嗚尊は出雲国で「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」を倒して、櫛稲田姫命と結ばれたと伝えられていますので、その話とも関係のある伝承なのかもしれません。

歴史とロマンが尽きない聖なる地「龍穴」にある古からのパワースポット神社で、金運アップを叶えてみましょう。

参拝後の散策も、心から楽しめるものになりそうです。

 【八坂神社データ】

 所在地 京都府京都市東山区祇園町北側625  TEL:075-561-6155

 アクセス 京阪電車京阪本線「祇園四条」駅より徒歩5分
      阪急電車京都本線「河原町」駅より徒歩8分

 神社ホームページ http://www.yasaka-jinja.or.jp/

 祭神 素戔嗚命 櫛稲田姫命 八柱御子神(素戔嗚尊の8人の子神) ほか

ニャン三郎ニャン三郎

「金運御守」は結構スタイリッシュで効きそうなので、手に入れておきたいですね。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<祇園四条駅周辺>

 【地図】

高級ホテル・旅館予約サイト【一休.com】

高級宿泊施設の予約ならrelux

【ゆこゆこネット】1万円以下で満足度の高い温泉宿満載!

京都のホテルがこんなに安い!人気ホテルをどこよりもおトクに予約【エクスペディア】

お店選びで失敗したくない人のためのグルメサイト【食べログ】

旬の味覚を楽しみたいならホットペッパーでお店検索&クーポンもGET!!

空席情報からネット予約できるグルメサイト!![Yahoo!予約 飲食店]

女子会のご予約ならぐるなび

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】

 

LINEで送る
Pocket