前回記事では、宮津・京丹後周辺の金運神社を見てきましたが、いいなと思った神社はありましたでしょうか?

このあたりは関西有数のリゾート地の1つとして有名で、別荘地としても名が知られていますね。

京都府の北の端になりますが、風光明媚であり、景観を味わうにはうってつけです。

その景観や歴史にふさわしい強力なパワースポットもありますし、グルメや温泉なども揃っているおススメのスポットと言えそうです。

さて金運神社京都編の最後となる今回は、そこから少し京都の方へ戻った場所にある「福知山」周辺の金運神社を散策してみましょう。

ここにも宮津・京丹後に負けない強力なパワースポットがあるようですよ。

<福知山周辺>
元伊勢内宮皇大神社(元伊勢皇大神宮)
元伊勢外宮豊受大神社
元伊勢天岩戸神社

 <福知山周辺>

 元伊勢内宮皇大神社(元伊勢皇大神宮)


 元伊勢内宮皇大神社は、元伊勢皇大神宮とも呼ばれています。

前回、天橋立にある元伊勢籠神社や真名井神社のところで紹介しましたが、宮中に祀られていた天照大神が最終的に伊勢神宮に落ち着くまで、一時的に遷座した神社や場所を「元伊勢」と呼びます。

その変遷のなかで、天照大神が鎮座した「但波(丹波)国乃吉佐宮」と伝えられている神社は真名井神社だけではなく、この「元伊勢内宮皇大神社」もその1つなのです。

福知山には「元伊勢内宮皇大神社」のほかに元伊勢伝承を持っている神社があり、この後で紹介する「元伊勢豊受大神社」と「天岩戸神社」がそれにあたります。

この3社を総称して「元伊勢三社」と呼んでいます。

この3つの神社は、既に「知る人ぞ知るパワースポット」として結構有名なので、知っている方も多いかもしれません。

社伝によれば「元伊勢内宮皇大神社」は吉佐宮の旧跡であり、天照大神が吉佐宮から遷座した後も地元の人々が引き続き伊勢神宮内宮の元宮として篤く崇敬してきたと言われています。

社殿の建立は元明天皇の時代(707~15年)であると伝わっていますが、詳細はまったく分かっていません。

近世には宮津藩に手篤く保護され、歴代の藩主が尊崇したそうです。

また、伊勢神宮と同じく、60年に1度の式年遷宮も行われていたようです。

摂社末社がものすごく多いので参拝しがいがありますが、その中の「御門神社」の横に「カネのなる石」というのがあります。

小石でたたくと金属音がすることからこう呼ばれるらしいですが、「小石でカネの音をならせば、金運がアップする」そうなので、小石でたたいて音を鳴らしておきましょう。

静かな神社が好きな方にはおススメの神社で、全国的に強力なパワースポットの1つとして知られています。

ただよう神気を感じながら、静かに金運を祈るとしましょう!

 【元伊勢内宮皇大神社(元伊勢皇大神宮)データ】

 所在地 京都府福知山市大江町内宮字宮山217  TEL:0773-56-1011

 アクセス 京都丹後鉄道(WILLER TRAINS)宮福線「大江山口内宮」駅より徒歩12分

 神社ホームページ なし

 祭神 天照大神 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

元伊勢にふさわしい、おもむきのある神社だと思います。

平安時代には鬼(盗賊)の頭領「酒呑童子(しゅてんどうじ)」が暴れまわった舞台となった場所だけに、かなりの山深い場所です。

山奥なので付近に何もなく、本格的なグルメや温泉は福知山か宮津に行くのがよさそうです。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<福知山駅周辺>

 【地図】

 元伊勢外宮豊受大神社


 元伊勢外宮豊受大神社は、かつて「与佐宮」と称された元伊勢伝承地の1つで、伊勢神宮外宮の元宮だと言われています。

伝承では、この周辺はかつて「真名井ヶ原」と称され、天照大神(BC59年~BC55年)と豊受大神(神代~478年)がともに祀られていた時期があるとされています。

しかし、伊勢神宮への遷座の途中に立ち寄った地とされる説のほかに、用明天皇(在位:585年~587年)の皇子であり聖徳太子の弟である当麻皇子(たいまのみこ)が大江山の鬼(盗賊)を退治するに際して、元伊勢内宮皇大神社とともに伊勢から勧請したものとする異聞などもあり、元伊勢内宮皇大神社同様、詳細は全く分かっていないようです。

巨大な杉の木で囲まれた境内は静寂そのもので、ひっそりとした神秘のパワーを感じることができるかもしれません。

金運神社的には祭神の豊受大神の存在が大きく、元伊勢内宮皇大神社・元伊勢天岩戸神社とともに参拝することで、ご利益が最大限になるそうです。

近世には元伊勢内宮皇大神社と同じく、宮津藩の篤い崇敬を受けました。

現在は素朴で少し寂れた感じがする印象の神社ですが、神域でよくみられる「ねじり上がるように生えた神木」もあり、強力なパワースポットであることが伺えます。

また、元伊勢外宮豊受大神社の立地する丘陵は船岡山と呼ばれており、昔から古墳説が根強い場所です。

仮に古墳だとすれば丹後地方屈指の規模を誇る古墳であり、かなり大きなものとなります。

古代の祭祀場や古墳跡にある神社は、強力なパワースポットであることが多いので期待できそうですね。

 【元伊勢外宮豊受大神社データ】

 所在地 京都府福知山市大江町天田内60  TEL:0773-56-1560

 アクセス 京都丹後鉄道(WILLER TRAINS)宮福線「大江」駅よりバス5分

      京都丹後鉄道(WILLER TRAINS)宮福線「大江高校前」駅より徒歩15分

 神社ホームページ なし

 祭神 豊受姫命 ほか

ニャン三郎ニャン三郎

ひっそりした山里の静かな神社ですので、明るいうちに行って来た方がいいかも。

山は暗くなるのが意外と早く、ここには人もあまりいないので、日が傾く前に余裕をもって早めに帰りましょう。

腹ごしらえは福知山か宮津で済ませるのがいいと思います。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<福知山駅周辺>

 【地図】

 元伊勢天岩戸神社


 元伊勢天岩戸神社は、元伊勢内宮皇大神社の奥宮となっています。

元伊勢内宮皇大神社からさらに山奥に分け入ったところにあるので、昼間でも少しうす暗いようです。

渓流沿いの秘境ともいえる場所に大きな岩があり、その上に社殿が乗っかっているので、本殿を参拝するためにチェーンを伝って岩登りをしなくてはなりません。

社殿の後ろに御座石があり、これを磐座(神が降臨し依り代とする岩)として祀っています。

付近には霊山であり、元伊勢内宮皇大神社・元伊勢天岩戸神社のご神体でもある「岩戸山(城山、日室ヶ嶽とも言われる)」があり、大自然のパワーを存分に受けられそうです。

「岩戸山」は古代より信仰され禁足地となっていて、天照大神がはじめて降り立った場所であるとされており、頂上付近には岩の祭祀跡があるそうです。

その祭祀場跡を遙拝して祈願をすれば「一願成就」すると言われ、一つだけ願いごとをすると叶うとされているため「一願さん」と呼ばれています。

遙拝所は元伊勢内宮皇大神社の境内にありますが、遥拝所から見ると夏至にはこの山頂に太陽が沈むと言われ、レイラインと深い関わりがあることがわかります。

晴れた日に行けば、森林浴で浴びるマイナスイオンとともに、幽玄で清々しい神気にふれることができ、参拝の充実感はただ事ではないかもしれません。

あまりの神々しい雰囲気に金運を祈願するのがためらわれますが、神域に入ることができる感謝とともに、おそれずに金運もお祈りしておきましょう。

 【元伊勢天岩戸神社データ】

 所在地 京都府福知山市大江町佛性寺字日浦ケ嶽206-1  TEL:なし

 アクセス 京都丹後鉄道(WILLER TRAINS)宮福線「大江山口内宮」駅より徒歩20分

      または、元伊勢内宮皇大神社から天岩戸神社への参道へ入り約10分

 神社ホームページ なし

 祭神 櫛御毛奴命(くしみけぬのみこと:スサノオと同神とされる)

ニャン三郎ニャン三郎

参拝はハイキングか軽登山っぽくなります・・完全な山の中ですから。

足場が悪くハイヒールなどでは無理ですので、必ず歩きやすい靴で行きましょう。

本宮である元伊勢内宮皇大神社が近いので授与品や御朱印はそちらにお願いできると思います。

 【周辺のグルメ情報】食べログ<宮津駅周辺>

 【地図】

高級ホテル・旅館予約サイト【一休.com】

高級宿泊施設の予約ならrelux

【ゆこゆこネット】1万円以下で満足度の高い温泉宿満載!

京都のホテルがこんなに安い!人気ホテルをどこよりもおトクに予約【エクスペディア】

旬の味覚を楽しみたいならホットペッパーでお店検索&クーポンもGET!!

空席情報からネット予約できるグルメサイト!![Yahoo!予約 飲食店]

女子会のご予約ならぐるなび

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】