LINEで送る
Pocket

tanteinikki-A013
九星気学・方位学は吉方位・凶方位を判断するのに「年・月・日・時」に応じた「年盤」「月盤」「日盤」「時盤」という各方位盤を使用します。各方位盤はそれぞれが影響する距離と滞在時間によって分けられているもので、これを正確に読み取らなくてはなりません。それでは順にお話していくとしましょう。

年盤吉方

kigakuhouigaku-nenban
1年間を支配する九星の配置をその年の「年盤」と言いますが、その「年盤」において、吉方位である方位のことを「年盤吉方」または「年盤の吉方位」と言います。

年盤吉方の方角へ移動すれば、方位の「良い恩恵(方徳)」を受けられ、その人の運勢にとって「吉」となるということです。

「年盤の吉方位」へ移動すると、その良い影響が最大で60年続くとされており、影響のピークは10年~13年くらいまでであるとも言われています。

「年盤吉方」の反対が「年盤凶方」ということになりますが、気学では吉方位は非常に少なく、凶方ばっかりです。

気学では、方位を東西南北の4方位と、その間の4方位の全8方位に分けますが、その全8方位のうち、吉方位は1つか2つあればいい方で、吉方位が全くないときもあります。

そういう時はおとなしくしていましょう。「年盤の凶方位」にもし移動すれば、その悪い影響がやはり最大60年続くと言われています。

 月盤吉方

kigakuhouigaku-tukiban
1か月を支配する九星の配置を、その月の「月盤」と言います。そして、「月盤」では吉方位のことを「月盤吉方」とか「月盤の吉方位」と言います。

月盤吉方の方角へ動けば、年盤同様に方位の「良い恩恵(方徳)」を受けられますが、その影響は最大で60か月続き、影響のピークは10か月~13か月ほどであると言われています。

通常、気学ではこの月盤と年盤を中心に吉凶を占うことが多く、日盤や時盤はあまり考慮されないようです。

月盤においても、年盤同様に「月盤凶方」があります。「月盤の凶方位」に移動すれば、凶方位の悪い影響が最大で60か月続くとされています。

 日盤吉方

kigakuhouigaku-hiban
1日を支配する九星の配置を、その日の「日盤」と言います。「日盤」では吉方位のことを「日盤吉方」や「日盤の吉方位」と呼んでいます。

日盤吉方への移動は、吉方位の「良い影響(方徳)」が最大で60日ほど受けられます。影響のピークは10日~13日くらいまでであるとも言われています。

日盤は年盤や月盤に比べて、影響のスパンは短いですが、その日一日~数日にわたって吉凶の影響があることから、案外バカには出来ないとされています。

特に、何かの発表会や公演、あるいは社会人で言えば大事なプレゼンテーションがあるときなど、その日その時の事の成否が大切な場合は、おろそかにしない方がよいようです。

 時盤吉方

kigakuhouigaku-jiban
2時間を支配する九星の配置を、その時間の「時盤」と言います。「時盤」では吉方位を「時盤吉方」とか「時盤の吉方位」と言います。

なぜ、2時間かと言うと、昔は今のように1時や2時とは言わず、午の刻や丑の刻などと表現していて、24時間を2時間ずつ十二支で表していたためです。

時盤吉方へ動くと吉方位の良い影響が、最大で60時間続き、影響のピークは10時間~13時間くらいまでであるとされています。

最もスパンが短いので、通常はほとんど考慮されませんが、中世までの日本や中国で、戦いのときに最も使われたのがこの時盤と日盤だったそうです。

戦いは通常1~2時間で勝敗が決し、長くても数時間~数日だったため、時盤や日盤が重宝されたということのようです。

影響する時間が短く、効果の程度もそれほど大きくはないようですが、ピンポイントで何かあるようなときには、時盤吉方を用いるのがいいかもしれません。

 大吉方・吉方

kigakuhouigaku-daikippou
 「年盤」「月盤」「日盤」の3つの吉方位がそろっている方位を、「大吉方」と言います。

 そして、「年盤」と「月盤」の2つがそろっている方位を、「吉方」と呼んでいます。

 「吉方」の場合、「月盤」と「日盤」の2つがそろうときも、そう言うことがあるようです。

 また、五行の相生相克の関係を元にした吉凶で、自分の本命星と最も相性が良い九星(生気)がめぐっている方位も「大吉方」と言い、自分の本命星とまあまあ相性が良い九星(比和・退気)がめぐっている方位を「吉方」という言い方をすることもあるようです。

 この場合は、「年盤」「月盤」「日盤」「時盤」の各方位盤ごとにそう呼ぶようで、たとえ吉方位がそろっていなくても「大吉方」「吉方」と言っています。

 一般的には、3つの吉方位がそろう「大吉方」への移動が最も推奨されています。

 また、3つそろった吉方位が3つとも「大吉方」(生気)の場合が、最も良い最大吉方位だということが言えます。

 でも、そもそも吉方位が3つそろうことは、めったにありません。気学・方位学を用いるときに、一番困るのは凶方位がやけに多いことで、全方位が凶方位と言うこともあります。

 「どの方位盤で、どの方位に大吉方・吉方がそろっているかいないか」「どの方位盤で、どの方位にどの方殺(凶方位)があるか」「吉神・凶神はどの方位にいるか」などから、方位の吉凶を正確に判断していかなくてはなりません。

ゆこゆこで温泉に入ろう!

最高6億円くじ「BIG」が買える【Club toto】

クチコミだけで女性に大ヒット中!「金運」の実現を強力にサポート

日本一当たる売り場で宝くじの購入代行【ドリームウェイ】

 

LINEで送る
Pocket