LINEで送る
Pocket


 1977年(昭和52年)は、日本の音楽シーンを振り返ると「ピンク・レディー」「キャンディーズ」の年だったと言えるでしょう。

もちろん「山口百恵」「沢田研二」「郷ひろみ」や新人の「清水健太郎」なども活躍していましたが、中でも「ピンク・レディー」の人気はすさまじく、日本中が「ピンク・レディー」に沸いていました。

デビュー・シングル「ペッパー警部」(1976年8月)は翌1977年(昭和52年)に掛けてロングヒットとなり、最終的には年間14位まで上昇します。

この曲では、両脚をがに股に開くポーズを含む斬新な踊りが世間を驚かせ注目を集めるとともに、このことに苦言を呈する人も結構いました。そんな時代だったんですね。

第2弾シングルの「S・O・S」(1976年11月)、第3弾シングルの「カルメン’77」(1977年3月)もオリコン1位を記録する大ヒットをし、続く第4弾シングルの「渚のシンドバッド」(1977年6月)では「ピンク・レディー」初のオリコン調べでのミリオンシングルとなりました。

この曲によって、ピンク・レディーの人気は完全に「社会現象」となり、日本列島に「ピンク・レディー旋風」が吹き荒れることになりました。

第5弾シングルの「ウォンテッド(指名手配)」(1977年9月)もオリコンで12週連続1位を記録する大ヒットとなり、アメリカで外国人歌手によるカバーソングまで発売されたほどです。

1977年(昭和52年)末、「ピンク・レディー」は、日本レコード大賞において大賞を受賞した「沢田研二」の「勝手にしやがれ」とはわずか一票差で大賞こそ逃しましたが、「大衆賞」を受賞しています。

また、第6弾シングルの「UFO」(1977年12月)も、ご存知の通り、このあと大ヒットを記録することになります。

この一年は、まさに老若男女を問わず、「ピンク・レディー」一色だったと言えるでしょう。

一方の「キャンディーズ」は、この年の7月17日、日比谷野外音楽堂のコンサートのエンディングで突然の「解散宣言」をします。

「キャンディーズ」もお茶の間の人気は高く、子供から大人まで幅の広い人気を得ていましたが、この突然の「解散宣言」で注目を集め、人気に拍車がかかります。

事前に所属事務所の正式な了承を得ずに勝手に解散を発表したこともあって、説得と話し合いの結果、解散は翌年1978年(昭和53年)4月初めまで先送りされることになりました。

「キャンディーズ」は「ピンク・レディー」とよく比較されていますが、レコードセールスではかないませんでした。

しかし、「8時だョ!全員集合」「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」などのバラエティでの活躍や、「解散宣言」以後の人気の盛り上がり、ラストシングルの「微笑がえし」が見事1位を取り有終の美を飾ったことなどから、楽曲のセールス以上に「ピンク・レディー」に匹敵する印象を日本中の人に与えた稀有な例と言えるかもしれません。

洋楽においては、1976年(昭和51年)に「セックス・ピストルズ」が起こした「パンク/ニューウェーブ」のブームが世界中を席巻する一方で、「ベイ・シティ・ローラーズ」が1974年(昭和49年)~1978年(昭和53年)にかけて「タータン・ハリケーン」と呼ばれる世界的ブームを引き起こしており、日本でも人気のピークを迎えていました。

では、そんな時代にどんな曲が流れていたのか、のぞいてみることにしてみましょう。(リンク先はすべてYoutubeとなっています)

例によって年間チャート100位までに収まらなかったヒット曲は「ピックアップ」としてひとくくりにしてありますので、そちらも聞いてみてください。

このころの楽曲はいい曲が多いので、ちょっと「ピックアップ」した曲が多くなってしまっていますが、あたたかい目で見ていただけると幸いです。

<日本の1977年のヒット曲>
1977年(昭和52年)の日本

<1位~10位>

<11位~20位>

<21位~30位>

<31位~40位>

<41位~50位>

<51位~60位>

<61位~70位>

<71位~80位>

<81位~90位>

<91位~100位>

<ピックアップ 邦楽>

<ピックアップ 洋楽>

 1977年(昭和52年)の日本


 さて、1977年(昭和52年)の日本はどんなようすだったでしょう?

「日本赤軍が日航機をハイジャック」「北海道の有珠山が32年ぶり噴火」「青酸入りコーラ事件」「ロッキード事件丸紅ルート初公判」などの事件事故でこの年を記憶している人もいると思います。

政治的事件や事故もたくさんありましたが、むしろ芸能やスポーツ界でのニュースでこの年を覚えている人も多いでしょう。

「ピンク・レディー」「ベイ・シティ・ローラーズ」の大ブームや「キャンディーズ」の解散宣言後の活躍については既に書きましたが、ほかにも「エルビス・プレスリー死去」「巨人の王貞治選手が通算756号ホームランで世界最高記録」「アメリカ黒人奴隷の歴史ドラマ『ルーツ』が放映され話題に」「江川卓がプロ野球ドラフト会議での指名を拒否」など、今も記憶に残る出来事がありました。

愛煙家の人は、この年をタバコの「マイルドセブン」が発売された年と覚えているでしょうか?そんな人いませんかね。

テレビでこの年放映開始となったのは「横溝正史シリーズ」「大都会 PART II」「岸辺のアルバム」「赤い激流」「赤い絆」「お笑い漫画道場」「アメリカ横断ウルトラクイズ」「ドリフ大爆笑」「新・必殺仕置人」「江戸を斬る III」「水戸黄門 第8部(東野英治郎主演)「新五捕物帳(杉良太郎主演)」「特捜最前線」「刑事スタスキー & ハッチ」などが有名どころでしょうか。

子供番組も「ヤッターマン」「あらいぐまラスカル」「惑星ロボ ダンガードA」「超電磁マシーンボルテスV」「アローエンブレム グランプリの鷹」「無敵超人ザンボット3」「女王陛下のプティアンジェ」「新・巨人の星」「一発貫太くん」「快傑ズバット」「大鉄人17」「ジャッカー電撃隊」「飛べ!孫悟空」などなど、目白押しでした。

そして今なお高視聴率をあげる名作「ルパン三世」のTV第2シリーズが放映開始となり、赤いジャケットの「ルパン三世」の人気が一気に高まるとともに、当時から現在まで海外においても非常な高評価を得るアニメとなりました。

1977年(昭和52年)当時は「宇宙戦艦ヤマト」のヒットにより女子中高生を中心としたアニメブームが起きていましたが、そのブームを押し広げ、中高生向けのキャラクター文房具の商品化で初めて成功したテレビアニメであるとされ、サウンドトラック「ルパン三世」はオリコンLPチャートで最高8位を記録したほど人気でした。

私はといえば、漫画「マカロニほうれん荘」「リングにかけろ」にはまっており、学校でも自宅でも「ピンク・レディー」「キャンディーズ」などに夢中でしたが、放課後は近所の子供たちで結成した草野球チームを率いて戦っておりました。

残念ながらとっても弱いチームでしたが、ちょっとなつかしい気がします。

家に帰ると母と一緒にテレビにかじりついておりましたが、私のお気に入りは「横溝正史シリーズ」「8時だョ!全員集合」「ドリフ大爆笑」「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」「飛べ!孫悟空」などでした。

この頃から、ミステリーとお笑いが大好きでしたねぇ。

<1977年(昭和52年) 年間1位~10位>

1【渚のシンドバッド/ピンク・レディー】【C/Wパパイヤ軍団】
2【青春時代/森田公一とトップギャラン】
3【ウォンテッド(指名手配)/ピンク・レディー】【C/W逃げろお嬢さん】
4【勝手にしやがれ/沢田研二】
5【昔の名前で出ています/小林旭】
6【雨やどり/さだまさし】
7【カルメン’77/ピンク・レディー】【C/Wパイプの怪人】
8【S・O・S/ピンク・レディー】【C/Wピンクの林檎】
9【失恋レストラン/清水健太郎】
10【フィーリング/ハイ・ファイ・セット】

<1977年(昭和52年) 年間11位~20位>

11【北の宿から/都はるみ】
12【帰らない/清水健太郎】【C/W恋人よ】
13【星の砂/小柳ルミ子】
14【ペッパー警部/ピンク・レディー】【C/W乾杯!お嬢さん】
15【あずさ2号/狩人】
16【津軽海峡・冬景色/石川さゆり】
17【スカイ・ハイ/ジグソー】
18【愛のメモリー/松崎しげる】
19【赤い衝撃/山口百恵】
20【イミテイション・ゴールド/山口百恵】

<1977年(昭和52年) 年間21位~30位>

21【夢先案内人/山口百恵】
22【サクセス/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド】【C/W愛しのティナ】
23【人間の証明/ジョー山中】
24【憎みきれないろくでなし/沢田研二】
25【あばよ/研ナオコ】
26【能登半島/石川さゆり】
27【やさしい悪魔/キャンディーズ】
28【ソウルこれっきりですか/マイナー・チューニング・バンド】
29【帰郷/郷ひろみ・樹木希林】【C/Wお化けのロック】
30【カントリー・ロード/オリビア・ニュートン=ジョン】【C/Wたそがれの恋】

<1977年(昭和52年) 年間31位~40位>

31【コスモス街道/狩人】
32【どうぞこのまま/丸山圭子】
33【むさし野詩人/野口五郎】
34【雨の物語/イルカ】
35【秋桜/山口百恵】
36【硝子坂/高田みづえ】
37【しあわせ未満/太田裕美】
38【思秋期/岩崎宏美】
39【暑中お見舞い申し上げます/キャンディーズ】
40【九月の雨/太田裕美】

<1977年(昭和52年) 年間41位~50位>

41【ホテル・カリフォルニア/イーグルス】
42【おゆき/内藤国雄】
43【酒と泪と男と女/河島英五】
44【熱帯魚/岩崎宏美】
45【悲しきメモリー/郷ひろみ】
46【Hi-Hi-Hi/あおい輝彦】
47【季節風/野口五郎】
48【四季の歌/芹洋子】
49【ジョリーン/オリビア・ニュートン=ジョン】
50【初恋草紙/山口百恵】

<1977年(昭和52年) 年間51位~60位>

51【洪水の前/郷ひろみ】
52【だけど・・・/高田みづえ】
53【センチメンタルカーニバル/あおい輝彦】
54【想い出の樹の下で/岩崎宏美】
55【マイピュアレディ/尾崎亜美】
56【おんな港町/八代亜紀】
57【北へ/小林旭】
58【アン・ドゥ・トロワ/キャンディーズ】
59【メランコリー/梓みちよ】
60【ラスト・シーン/西城秀樹】

<1977年(昭和52年) 年間61位~70位>

61【哀愁のシンフォニー/キャンディーズ】
62【さよならをいう気もない/沢田研二】
63【ブーメランストリート/西城秀樹】
64【ドリーム/岩崎宏美】
65【気まぐれヴィーナス/桜田淳子】
66【おまえに/フランク永井】
67【暖流/石川さゆり】
68【もう一度だけふり向いて/桜田淳子】
69【ヘッドライト/新沼謙治】
70【遠慮するなよ/清水健太郎】

<1977年(昭和52年) 年間71位~80位>

71【ダンシング・クイーン/アバ】
72【ロッキーのテーマ/ビル・コンティ】
73【沈黙/野口五郎】
74【ワインカラーのときめき/新井満】
75【岸壁の母/二葉百合子】
76【想い出ぼろぼろ/内藤やす子】
77【マイ・ラグジュアリー・ナイト/しばたはつみ】
78【もう一度逢いたい/八代亜紀】
79【宇宙戦艦ヤマト/ささきいさお】【C/W真っ赤なスカーフ】
80【悲恋白書/岩崎宏美】

<1977年(昭和52年) 年間81位~90位>

81【かけめぐる青春/ビューティ・ペア】
82【真夜中のヒーロー/郷ひろみ】
83【落葉が雪に/布施明】
84【風をくらって/研ナオコ】
85【恋歌/八代亜紀】
86【はーばーらいと/水谷豊】
87【センチメンタル・シティー/草刈正雄】
88【ひとり芝居/布施明】
89【あなたのすべて/桜田淳子】
90【チェリー・ボンブ/ザ・ランナウェイズ】

<1977年(昭和52年) 年間91位~100位>

91【もう戻れない/桜田淳子】
92【すきま風/杉良太郎】
93【わかれうた/中島みゆき】
94【吸殻の風景/さだまさし】【C/Wもうひとつの雨やどり】
95【真赤な青春/ビューティ・ペア】
96【セクシーロックンローラー/西城秀樹】
97【恋のゲーム/ベイ・シティ・ローラーズ】
98【気絶するほど悩ましい/Char】
99【片想い/中尾ミエ】
100【時/中村雅俊】

<1977年(昭和52年) ランク外ヒット曲ピックアップ 邦楽>

【夢で逢えたら/シリア・ポール】【C/W恋はメレンゲ】
【甘い予感/アン・ルイス】
【ブルー・スカイ/チューリップ】
【お元気ですか/清水由貴子】
【わな/キャンディーズ】

【UFO/ピンク・レディー】
【スーパーモンキー孫悟空/ピンク・レディー】
【ゴー・ウエスト/ザ・ドリフターズ】
【MEMORIES/沢田研二】
【そよ風と私/岡田奈々】

【青空のように/大瀧詠一】
【ミラージュのテーマ/ゴダイゴ】
【時代おくれの酒場/加藤登紀子】
【切手のないおくりもの/ペギー葉山】
【北国の春/千昌夫】

【秋の気配/オフコース】
【ロンド/オフコース】
【娘をよろしく/大塚博堂】
【季節の中に埋もれて/大塚博堂】
【過ぎ去りし想い出は/大塚博堂】

【あんたのバラード/世良公則&ツイスト】
【しあわせ芝居/桜田淳子】
【赤い絆(レッド・センセーション)/山口百恵】
【旅立ち/松山千春】
【時のいたずら/松山千春】

【てぃーんず ぶるーす/原田真二】
【キャンディ/原田真二】
【シャドー・ボクサー/原田真二】
【君よ八月に熱くなれ/高岡建治】
【まぼろしの人/茶木みやこ】

【迷い道/渡辺真知子】
【マンボNo.5/高中正義】

<1977年(昭和52年) ランク外ヒット曲ピックアップ 洋楽>

【ウィル・ユー・ダンス/ジャニス・イアン】
【愛はかげろうのように/シャーリーン】
【宇宙のファンタジー/アース・ウィンド・アンド・ファイアー】
【サンキュー・フォー・ザ・ミュージック/アバ】
【ウィ・アー・オール・アローン/リタ・クーリッジ】

【伝説のチャンピオン/クイーン】【C/Wウィ・ウィル・ロック・ユー】
【懐かしのラヴァー・ボーイ/クイーン】
【手をとりあって/クイーン】
【愛にすべてを/クイーン】
【永遠の翼/クイーン】

【キャピタル・レディオ/ザ・クラッシュ】
【白い暴動/ザ・クラッシュ】
【コンプリート・コントロール/ザ・クラッシュ】
【ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン/セックス・ピストルズ】
【プリティ・ヴェイカント/セックス・ピストルズ】

【さらばベルリンの陽/セックス・ピストルズ】
【ラヴ・ガン/キッス】
【イン・ザ・シティ/ザ・ジャム】
【ザ・モダン・ワールド/ザ・ジャム】
【ワンダフル・トゥナイト/エリック・クラプトン】

【テレフォン・ライン/エレクトリック・ライト・オーケストラ】
【スウィート・トーキン・ウーマン/エレクトリック・ライト・オーケストラ】
【ワン・ラヴ/ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ】
【愛するデューク/スティーヴィー・ワンダー】
【愛ゆえに/10cc】

【そよ風のメヌエット/ポール・モーリア】
【星空のプロムナード/ポール・モーリア】
【スター誕生の愛のテーマ/バーブラ・ストライサンド】
【ドリームス/フリートウッド・マック】
【つめたいお前/フォリナー】

【夢の旅人/ポール・マッカートニー&ウイングス】
【ハートのささやき/ポール・マッカートニー&ウイングス】
【ストレンジャー/ビリー・ジョエル】
【素顔のままで/ビリー・ジョエル】
【アリスン/エルヴィス・コステロ】

【恋のナイトフィーバー/ビージーズ】
【ステイン・アライヴ/ビージーズ】
【愛はきらめきの中に/ビージーズ】
【恋のときめき/アンディ・ギブ】
【ふたりのラヴ・ソング/カーペンターズ】

【恋するデビー/デビー・ブーン】
【魅惑のブギー/バカラ】
【ディーコン・ブルース/スティーリー・ダン】
【ペグ/スティーリー・ダン】

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード

【レコチョクBest】レコチョクが提供する、いま注目の音楽聴き放題サービス

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】

ハイレゾ音源探すなら!日本最大級の配信サイト【e-onkyo music】

コロムビアミュージックショップ

DVD、CD、ゲーム、本を買うなら TSUTAYA online

 

LINEで送る
Pocket