LINEで送る
Pocket


 1971年(昭和46年)は、音楽業界では記念すべき年になります。「アイドル」の誕生です。

この年にデビューした、「小柳ルミ子」「南沙織」「天地真理」はまたたく間に大人気となり、テレビで見ない日はないというまでになりました。

アイドルの登場にいたる大きな要因は2つあると言われ、1つはカラーテレビが普及したことと、もう1つは長期間続く高度経済成長の中で若者に経済的な余裕ができ、各家庭の家計が豊かになったため子供たちもお小遣いをもらえるようになったことだとされています。

アイドルたちの人気は、コンサートに行く若者や、アイドルグッズを買う子供たちの消費に支えられていたということです。

これ以前にも映画やテレビドラマで活躍するアイドル的女優はたくさんいましたが、現在一般的に言うところのアイドルの定義は、レコードを売ることがメインの「歌謡曲アイドル」のことであり、「小柳ルミ子」「南沙織」「天地真理」はその最初にあたります。

そして1971年(昭和46年)の秋に、このあと次々と人気アイドルを生み出すことになるオーディション番組「スター誕生!」が始まり、日本の芸能界・音楽界のアイドル路線に火がついていきます。

また、「天地真理」は歌だけでなくテレビドラマ「時間ですよ」の「隣のまりちゃん」役でも大ブレイクしており、アイドルにおいてドラマと歌が連動したときの威力の大きさにも芸能界・音楽業界が気づくことになります。

さて、そんな時代にはどんな曲が流行っていたのか、さっそく見てみることにしましょう。(リンク先はすべてYoutubeとなっています)

ランキングに収まらなかったこの年のヒット曲は「ピックアップ」として記事の最後に掲載してありますので、是非そちらも聞いてみてください。

<日本の1971年のヒット曲>
1971年(昭和46年)の日本

<1位~10位>

<11位~20位>

<21位~30位>

<31位~40位>

<41位~50位>

<51位~60位>

<61位~70位>

<71位~80位>

<81位~90位>

<91位~100位>

<ピックアップ 邦楽>

<ピックアップ 洋楽>

 1971年(昭和46年)の日本


 さて、1971年(昭和46年)の日本にはどんなことがあったのか、ちょっとおさらいしてみましょう。

この年も、前年以前からの政治的荒れ模様は色濃い印象があり、「成田空港建設において強制代執行開始」「土田警視庁警務部長宅に小包爆弾(土田・日石・ピース缶爆弾事件)」などの爆弾事件が続発し、6月の沖縄返還協定調印にまつわる反対派の根強い抗議活動などのキナ臭い事件が頻発していました。

大久保清事件などの凶悪事件もありましたが、文化芸能に関しては楽しく興味深い話題も多かったようで、「東京銀座にマクドナルドの一号店が開店」「日清食品が『カップヌードル』を発売」「NHKが全時間、総合テレビの番組をカラー化」「日活が復活をかけてロマンポ●ノ路線の映画2本を封切」「婦人警官制服がミニスカートになる」など、いろいろあったようです。

また、日本国有鉄道(国鉄)が個人旅行客 の増大を目的に1970年(昭和45年)10月から始めた「ディスカバージャパン」のキャンペーンによって、個人旅行の一般化や女性旅行者の増加が始まりました。

若者にTシャツとジーパンスタイルがすっかり定着したのも、この頃になります。

プロ野球では、江夏豊がオールスター戦で九連続奪三振を記録したのも1971年(昭和46年)のことでした。

テレビでは、「8時だヨ!全員集合」が視聴率50パーセントを獲得し、「おれは男だ!」「なんたって18歳」「野性の王国」「スター誕生!」「仮面ライダー」「帰ってきたウルトラマン」「スペクトルマン」「天才バカボン」「ルパン三世」などの伝説の名作が放映開始され人気となっていました。

この頃子供だった人は「スマイルバッジ(『ニコちゃんマーク』『ニコニコマーク』:アメリカ発祥で正式名称は『スマイリーフェイス』)」や「アメリカンクラッカー(『カチカチボール』)」が大はやりしたのを、覚えているかもしれませんね。

 <1971年(昭和46年) 年間1位~10位>

1【わたしの城下町/小柳ルミ子】
2【知床旅情/加藤登紀子】【C/W青春の哀歌】
3【また逢う日まで/尾崎紀世彦】
4【傷だらけの人生/鶴田浩二】
5【ナオミの夢/ヘドバとダビデ】
6【よこはま・たそがれ/五木ひろし】
7【花嫁/はしだのりひことクライマックス】
8【雨のバラード/湯原昌幸】
9【望郷/森進一】
10【さらば恋人/堺正章】

 <1971年(昭和46年) 年間11位~20位>

11【17才/南沙織】
12【小さな恋のメロディ/ビージーズ】
13【二人の世界/あおい輝彦】
14【さよならをもう一度/尾崎紀世彦】
15【京都慕情/渚ゆう子】
16【霧の中の二人/マッシュマッカーン】
17【ポーリュシカ・ポーレ/仲雅美】
18【雨の御堂筋/欧陽菲菲】
19【砂漠のような東京で/いしだあゆみ】
20【走れコウタロー/ソルティー・シュガー】

 <1971年(昭和46年) 年間21位~30位>

21【大勝負/水前寺清子】
22【男の世界/ジェリー・ウォレス】
23【雨がやんだら/朝丘雪路】
24【ある愛の詩/アンディ・ウイリアムス】
25【ついて来るかい/小林旭】
26【昨日・今日・明日/井上順之】
27【京都の恋/渚ゆう子】
28【女の意地/西田佐知子】
29【空に太陽がある限り/にしきのあきら】
30【この胸のときめきを/エルヴィス・プレスリー】

 <1971年(昭和46年) 年間31位~40位>

31【雪が降る(日本語Ver)/アダモ】
32【あなたまかせの夜だから/大木英夫,二宮善子】
33【おんなの朝/美川憲一】
34【悲しき鉄道員/ザ・ショッキング・ブルー】
35【ある愛の詩/フランシス・レイ・オーケストラ】
36【誰かさんと誰かさん/ザ・ドリフターズ】
37【真夏の出来事/平山三紀】
38【マイ・スウィート・ロード/ジョージ・ハリスン】
39【さいはて慕情/渚ゆう子】
40【長崎から船に乗って/五木ひろし】

 <1971年(昭和46年) 年間41位~50位>

41【おんな占い/南有二とフルセイルズ】
42【お祭りの夜/小柳ルミ子】
43【アナザー・デイ/ポール・マッカートニー】
44【雨の日のブルース/渚ゆう子】
45【サマー・クリエイション/ジョーン・シェパード】
46【あの素晴らしい愛をもう一度/加藤和彦と北山修】
47【男/鶴田浩二】
48【生きがい/由紀さおり】
49【琵琶湖周航の歌/加藤登紀子】
50【おふくろさん/森進一】

 <1971年(昭和46年) 年間51位~60位>

51【天使になれない/和田アキ子】
52【涙から明日へ/堺正章】
53【ある愛の詩(日本語Ver)/アンディ・ウィリアムス】
54【さすらいのギター/ザ・ベンチャーズ】
55【魔法/ルー・クリスティ】
56【港の別れ唄/内山田洋とクールファイブ】
57【しれとこ旅情/森繁久彌】
58【さすらいのギター/小山ルミ】
59【ざんげの値打ちもない/北原ミレイ】
60【レット・イット・ビー/ザ・ビートルズ】

 <1971年(昭和46年) 年間61位~70位>

61【戦争を知らない子供たち/ジローズ】
62【ノックは三回/ドーン】
63【愛のきずな/安倍律子】
64【シェリーに口づけ/ミッシェル・ポルナレフ】
65【ローズ・ガーデン/リン・アンダーソン】
66【シーズ・ア・レディ/トム・ジョーンズ】
67【夏の誘惑/フォーリーブス】
68【花のメルヘン/ダークダックス】
69【シーズン/アース&ファイアー】
70【暗い港のブルース/キング・トーンズ】

 <1971年(昭和46年) 年間71位~80位>

71【ふたりだけの旅/はしだのりひことクライマックス】
72【さいはての女/藤圭子】
73【竹田の子守唄/赤い鳥】【C/W翼をください】
74【バタフライ/ダニエル・ジェラール】
75【女は恋に生きてゆく/藤圭子】
76【雨を見たかい/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル】
77【恋のかけひき/ハミルトン,ジョー・フランク&レイノルズ】
78【愛の泉/トワ・エ・モワ】
79【嘆きのインディアン/マーク・リンゼイとレイダース】
80【さらば涙と言おう/森田健作】

 <1971年(昭和46年) 年間81位~90位>

81【おもいでの長崎/いしだあゆみ】
82【黒い炎/チェイス】
83【女のくやしさ/内山田洋とクールファイブ】
84【ハロー・リバプール/カプリコーン】
85【慕情~天草の女~/森進一】
86【誰もいない海/トワ・エ・モワ】
87【長崎ごころ/ジ・アーズ】
88【同期の桜/鶴田浩二】
89【サインはピース/オーシャン】
90【別れたあとで/ちあきなおみ】

 <1971年(昭和46年) 年間91位~100位>

91【潮風のメロディ/南沙織】
92【悲しき初恋/パートリッジ・ファミリー】
93【ブラック・マジック・ウーマン/サンタナ】
94【太陽は燃えている/エンゲルベルト・フンパーディンク】
95【愛のいたずら/内山田洋とクールファイブ】
96【ミスター・マンディ/オリジナル・キャスト】
97【三人家族/あおい輝彦】
98【あなたのとりこ/シルヴィ・バルタン】
99【火の女/森進一】
100【みちのく小唄/藤圭子】

 <1971年(昭和46年) ランク外ヒット曲ピックアップ 邦楽>

【熱い涙/にしきのあきら】
【青いリンゴ/野口五郎】
【月光仮面/モップス】
【中途半端はやめて/奥村チヨ】
【水色の恋/天地真理】

 <1971年(昭和46年) ランク外ヒット曲ピックアップ 洋楽>

【若葉のころ/ビージーズ】
【スーパースター/カーペンターズ】
【雨の日と月曜日は/カーペンターズ】
【ふたりの誓い/カーペンターズ】
【ジョイ・トゥ・ザ・ワールド/スリー・ドッグ・ナイト】

【いとしのレイラ/デレク・アンド・ザ・ドミノス】
【天国への階段/レッド・ツェッペリン】
【ロックン・ロール/レッド・ツェッペリン】
【ブラウン・シュガー/ローリング・ストーンズ】
【ゲット・イット・オン/T・レックス】

【イマジン/ジョン・レノン】
【パワー・トゥ・ザ・ピープル/ジョン・レノン】
【ウィザウト・ユー/ハリー・ニルソン】

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】

1,980円で借り放題のDVD&CDレンタル!動画を楽しむならDMM!

DVDとCDが借り放題!動画見放題!30日間無料お試しキャンペーン実施中

DVD、CD、ゲーム、本を買うなら TSUTAYA online

 

LINEで送る
Pocket