LINEで送る
Pocket


 1969年(昭和44年)の音楽業界は、「グループサウンズ・ブームの終焉」という驚くべき事態に直面していました。

グループサウンズは1967年(昭和42年)初夏より流行していましたが、当初から社会的な風当たりは非常に強く、グループ・サウンズのコンサートを観に行っただけで停学もしくは退学処分となったり、コンサートに行くこと自体を禁止する中学校・高校が続出しました。

そんな中、1967年(昭和42年)11月に行われた「ザ・タイガース」の奈良あやめ池での野外コンサートで、ファンの転倒事故が発生し重軽傷者を出したため、NHKは「歌のグランド・ショー」で既に収録済みだった「ザ・タイガース」の出演部分をカットし、それ以後、長髪系のグループ・サウンズの出入りを禁止しています。

また、1968年(昭和43年)5月には「ザ・タイガース」の女子高生ファンによるコンサート入場券偽造事件も起きました。

「オックス」がステージ上で行った失神パフォーマンスにより実際に失神する少女達が続出し、これをきっかけとして事故防止のためグループ・サウンズのバンドには会場を提供しないという劇場や自治体が多くなったことも、社会現象としての反グループサウンズの動きを強める結果となりました。

そういう状況の中、1969年(昭和44年)春頃、「ザ・タイガース」「オックス」などの人気グループから主要メンバーが相次いで脱退し、また「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」などのムード歌謡路線に転向するグループも現れたため、夏を迎える頃には完全にグループサウンズ・ブームは終わりを迎えることになりました。

振り返ってみればわずか2年間の熱狂であり、ウソのようにチャートから姿を消していきますが、人気グループのメンバーにはその後活躍した人物も多く、音楽業界・芸能界に残したものは大きかったと言えそうです。

さて、そんなターニングポイントを迎えた年のヒットチャートはどんな曲がランクインしていたのか、見てみることにしましょう。(リンク先はすべてYoutubeとなっています)

例によって、ランキングに収まらなかったヒット曲は「ピックアップ」として最後にひとくくりにしてありますので、そちらもどうぞ聞いてみてください。

<日本の1969年のヒット曲>
1969年(昭和44年)の日本

<1位~10位>

<11位~20位>

<21位~30位>

<31位~40位>

<41位~50位>

<ピックアップ 邦楽>

<ピックアップ 洋楽>

 1969年(昭和44年)の日本


 さて、1969年(昭和44年)の日本はどんなことがあったか、おさらいしてみましょう。

この年は、学生運動や反戦運動、安保反対運動などがさらに激しさを増した年でもありました。

東京大学に警察の機動隊が乗り込んで反抗する学生を鎮圧した「東大安田講堂事件」、「ベトナムに平和を!市民連合(べ平連)」の集会で「反戦フォーク演奏会」が催されたり、沖縄などがアメリカの統治下におかれた日「沖縄デー」には、全国各地で集会・デモが催され、都内各所でゲリラ活動も行われたようです。

そんな騒然とした状況の中、11月には佐藤首相が訪米し、共同声明で1972年(昭和47年)の沖縄返還が表明されました。

「球界の黒い霧事件」「東名高速道路全線開通」「初のATM(現金自動支払機)設置」「2ドア冷凍冷蔵庫が登場し、冷凍食品時代始まる」「パンタロンの流行」などの話題もありましたね。

国際情勢においては、ソ連の有人宇宙船「ソユーズ」4号と5号が史上初の有人宇宙ドッキングに成功したり、アメリカの宇宙船「アポロ」11号が人類初の月面着陸に成功したりと、新しい時代の到来を予感させる出来事もありましたが、ベトナム戦争は暗い影を落とし、いまだ先が見えない状態でした。

テレビでは、「ひみつのアッコちゃん」「タイガーマスク」「ムーミン」「サザエさん」「アタックNo1」「サインはV」などの人気番組のほか、人気の「キイハンター」にお色気をプラスした「プレイガール」や、名作お笑い番組「8時だヨ ! 全員集合」などが始まり、「コント55号」なども人気者となっていました。

1955年(昭和30年)から続く高度経済成長の流れは依然としてゆるぎないものであり、日本人はそのありがたさを忘れて、主義・思想によるコップの中の争いに明け暮れていた時代だったのかもしれません。

<1969年(昭和44年) 年間1位~10位>

1【夜明けのスキャット/由紀さおり】
2【港町ブルース/森進一】
3【ブルー・ライト・ヨコハマ/いしだあゆみ】
4【恋の季節/ピンキーとキラーズ】
5【黒ネコのタンゴ/皆川おさむ】
6【禁じられた恋/森山良子】
7【池袋の夜/青江三奈】
8【長崎は今日も雨だった/内山田洋とクールファイブ】
9【時には母のない子のように/カルメン・マキ】
10【長崎ブルース/青江三奈】

<1969年(昭和44年) 年間11位~20位>

11【グッド・ナイト・ベイビー/キングトーンズ】
12【風/はしだのりひことシューベルツ】
13【涙の季節/ピンキーとキラーズ】
14【年上の女/森進一】
15【恋の奴隷/奥村チヨ】
16【君は心の妻だから/鶴岡雅義と東京ロマンチカ】【C/W泣いた日もある】
17【悲しき天使/メリー・ホプキン】
18【人形の家/弘田三枝子】
19【今は幸せかい/佐川満男】
20【仁義/北島三郎】

<1969年(昭和44年) 年間21位~30位>

21【知らなかったの/伊東ゆかり】
22【いいじゃないの幸せならば/佐良直美】
23【或る日突然/トワ・エ・モワ】
24【雨/ジリオラ・チンクエッティ】
25【愛の奇跡/ヒデとロザンナ】
26【青い鳥/ザ・タイガース】
27【七色のしあわせ/ピンキーとキラーズ】
28【初恋のひと/小川知子】
29【おんな/森進一】
30【マンチェスターとリバプール/ピンキーとフェラス】

<1969年(昭和44年) 年間31位~40位>

31【愛の化石/浅丘ルリ子】
32【雲にのりたい/黛ジュン】
33【フランシーヌの場合/新谷のり子】
34【輝く星座/ザ・フィフス・ディメンション】
35【昭和ブルース/ザ・ブルーベルシンガース】
36【365歩のマーチ/水前寺清子】
37【西暦2525年/ゼーガー&エバンス】
38【悲しみは駆け足でやってくる/アン真理子】
39【スマイル・フォー・ミー/ザ・タイガース】
40【白い恋人たち/フランシス・レイ・オーケストラ】

<1969年(昭和44年) 年間41位~50位>

41【ふたりのシーズン/ゾンビーズ】
42【美しき愛の掟/ザ・タイガース】
43【さよならのあとで/ジャッキー吉川とブルーコメッツ】
44【スワンの涙/オックス】
45【ミヨちゃん/ザ・ドリフターズ】
46【夕月/黛ジュン】
47【あなたの心に/中山千夏】
48【君がすべてさ/千昌夫】
49【今日からあなたと/いしだあゆみ】
50【ロミオとジュリエット/サウンドトラック】

<1969年(昭和44年) ランク外ヒット曲ピックアップ 邦楽>

【白いブランコ/ビリー・バンバン】
【みんな夢の中/高田恭子】
【白いサンゴ礁/ズー・ニー・ブー】
【どしゃぶりの雨の中で/和田アキ子】
【別れのサンバ/長谷川きよし】

【真夜中のギター/千賀かおる】
【坊や大きくならないで/マイケルズ】
【遠い世界に/五つの赤い風船】
【風が落した涙/小川ローザ】
【オー・チン・チン/ハニー・ナイツ】

【オリビアの調べ/フォーリーブス】
【粋なうわさ/ヒデとロザンナ】
【夜が明けたら/浅川マキ】
【熱海の夜/箱崎晋一郎】
【忘れたいのに/モコ・ビーバー・オリーブ】

【私もあなたと泣いていい?/兼田みえ子】
【雨に濡れた慕情/ちあきなおみ】

<1969年(昭和44年) ランク外ヒット曲ピックアップ 洋楽>

【マイ・ウェイ/フランク・シナトラ】
【ふたりのシーズン/ザ・ゾンビーズ】
【雨にぬれても/B.J.トーマス】
【若葉のころ/ビージーズ】
【ワイルドでいこう!/ステッペンウルフ】

【ホンキー・トンク・ウィメン/ローリング・ストーンズ】
【ヴィーナス/ショッキング・ブルー】
【シェリーに口づけ/ミッシェル・ポルナレフ】
【帰ってほしいの/ジャクソン5】
【ボクサー/サイモン&ガーファンクル】

【蒼いノクターン/ポール・モーリア】
【口笛の鳴る丘/ポール・モーリア】
【ゲット・バック/ザ・ビートルズ】
【しあわせの朝/クリフ・リチャード】

【レコチョク公式サイト】ハイレゾ音源(Hi-Res)の音楽ダウンロード

【レコチョクBest】レコチョクが提供する、いま注目の音楽聴き放題サービス

話題のJ-POPアイテム探すなら【TOWER RECORDS ONLINE】

ハイレゾ音源探すなら!日本最大級の配信サイト【e-onkyo music】

コロムビアミュージックショップ

DVD、CD、ゲーム、本を買うなら TSUTAYA online

 

LINEで送る
Pocket