LINEで送る
Pocket

tanteinikki-A030
 「趣味人の『のんびり探偵日記』」では、グルメ系の記事も書いていきたいと思っていますが、まず第一弾は「カニ」をとり上げてみたいと思います。

カニを嫌いな日本人はあまりいないのではないかと思われるくらい、大人気の食材ですね。

一年中食べられますが旬は寒い時期で、秋冬の料理にはたくさん顔を出します。

今回の記事では、カニと言えば思い浮かべる人が最も多いズワイガニについてです。

 美味いズワイガニとは?

tanteinikki-umaizuwaiganitoha
 ズワイガニは種類の違いによって「本ズワイガニ」「大ズワイガニ」「紅ズワイガニ」に大別されています。

「本ズワイガニ」は、獲られる産地によって松葉ガニや越前ガニ、間人ガニなどのブランド名で呼ばれ高い価格で取引されています。

身は甘みがあって繊細な味で、細い足の中に身がぎっしり詰まっており、カニ本来のうま味や食感が味わえますし、みずみずしいため刺身でもいけます。

味だけでいえばズワイガニが一番という声もたくさんあります。カニミソは濃厚でコクがあり非常に美味です。

ちなみに、カニミソとはカニの内臓のことで、脳みそではないって知ってましたか?私はつい最近まで、脳みそだとばっかり思っていました。

濃厚でコクがあり非常においしく、居酒屋などで酒の肴に好まれています。

さまざまな料理にも使われていてどのように食べても美味ですが、どちらかと言えばシンプルに食べたほうがおいしい気がします。

ズワイガニは一年中漁が可能ですが、漁期が決まっています。

解禁日は漁場やオス・メスで違いがありますが、だいたい11月~3月くらいまでが一番市場に出回ります。

新潟県より北では10月~5月までで、解禁日が早くて、漁期も長いです。

富山県より西は11月~3月まで(メスは1月まで)になります。

北海道やオホーツク海のズワイガニの旬は4月~5月頃になりますので、遅くまで旬のカニを楽しむことができます。

カニは一年に数回脱皮しますが、脱皮直前のカニが一番身が詰まっていておいしいと言われています。

ズワイガニはカニ本来の甘みとうま味を味えるので、ゆでガニやカニしゃぶなどでシンプルにそのまま食べるのが適しているようです。

【登別温泉 登別 石水亭】
新鮮なズワイガニがいつでも食べ放題!登別の春夏秋冬の景色を眺めながら湯量豊富な温泉と旬の味を堪能できます

  本ズワイガニ

tanteinikki-honzuwaigani
 3種に大別できるズワイガニの中でも、特に甘みの強いズワイガニとして人気が高く、身も柔らかくてぎっしりと詰まっていることも特徴です。

本ズワイガニは獲れる場所によって名前が変わりますが、味も違っていると言われます。

いわゆるブランドガニは、本ズワイガニのオスが圧倒的に多く、メスは水揚げされる場所で呼び名は変わりますが、今のところブランドにはなっていません。

  大ズワイガニ

tanteinikki-oozuwaigani
 大ズワイガニは、本ズワイガニの近縁種で、ズワイガニ全体の水揚げ量の2%ほどしか水揚げがありません。

そのため、京都など一部の料亭にしか出まわらず、流通量がかなり少ない希少性の高いカニです。

大ズワイガニは、ズワイガニよりも一回りほど大きく、身も大ぶりで食べ応えがあります。

味は本ズワイガニ同様に濃厚で、うま味が強く感じられる味です。カニしゃぶなどに用いられることが多いようです。

  紅ズワイガニ

tanteinikki-benizuwaigani
 カニは普通ゆでると赤くなりますが、紅ズワイガニは生きている状態で赤いので、そのような名前が付いたようです。

紅ズワイガニは、小型のズワイガニで本ズワイガニなどに比べると味に劣ると言われています。

甘みが弱く、身も硬めであるようです。紅ズワイガニは資源保護のため、メスの捕獲は禁止されていますので、市場に出回るのは基本的にオスだけです。

紅ズワイガニの漁の解禁日は、ズワイガニより2ヶ月程早く、漁期も長いです。7月~8月以外は漁がされています。

本ズワイガニとは似ていますが別の種類になり、漁場も違い、生息している水深も違います。価格の相場は本ズワイガニの約1/10くらいです。

北海道地場の味

市場直送☆鮮度抜群のカニ

蟹をお得にお取り寄せ 【かに本舗】

わけありじゃない極上かに通販なら【らっしゃいかに市場】

カニを食べられる温泉宿

カニを思う存分楽しめる旅行に出かけてみませんか?【るるぶ】

 

LINEで送る
Pocket