tanteinikki-A033
 カニは一般的には11月からが旬になります。旅行に行って現地で食べてよし、取り寄せて自宅で食べてもよし、どちらもおススメです。

日本酒にも合うし、最近ではワインにも合わせるみたいですね。白ワインでしょうか。

クックパッドなんかを見ているとよく分かりますが、数ある海鮮モノの中でもマグロやイカ・エビなどと人気食材のトップ争いをしている感じです。

「取り寄せて食べる」場合、旬のカニをいち早く味わいたいのなら、カニの通販サイトを早めにチェックしておく方がいいでしょう。

「旅行に行って現地で食べる」場合も、毎年カニの解禁日に合わせて旅行の予約をする人が結構いるので、早めに予約を入れた方がいいかもしれません。

今回は、「ズワイガニ」「タラバガニ」と並んで「四大ガニ」と呼ばれている「毛ガニ」「花咲ガニ」を特集です。

 毛ガニ

tanteinikki-kegani
 毛ガニは「オオクリガニ」とも呼ばれており、広く一般に食べられるようになったのは戦後になってからなんだそうです。

ゆでてもおいしいですし、焼きガニにすると甘みが増すと言われています。

旬の時期は日本産だと12月~2月、オホーツクだと4月~7月。3月や8月は脱皮時期なので避けたほうがいいと言われています。

脱皮直前の、甲羅が「大きく」てずっしり「重い」ものがおいしい毛ガニです。

毛ガニは大きさが、甲羅の直径10cm前後のもので、重さ400~600gくらいが美味しいと言われ、それ以上の大きさになると「老ガニ 」と呼ばれ一段味が落ちるとされています。

春先に獲れる「若ガニ」はまだ脱皮したてで、身の入りが少なくミソも少ないのですが、毛ガニ好きのいわゆる「通」の中には、値段も安く甲羅も柔らかくて、身の甘みが最高になる「若ガニ」を好む人もいるようです。

若ガニは夏から秋にかけて身の入りが良くなりカニミソも美味い「堅ガニ(かたがに)」と呼ばれる状態になり、一般的に好まれるのは「若ガニ」よりもこの「堅ガニ」の方になります。

どうしても身の入りが重要視されるため、いくら味がよくても「若ガニ」は敬遠される傾向にあるようです。

そして冬のはじめくらいから年末年始にかけては、厳しい寒さから身を守るために脂の乗りがよくなり、甘みやうま味も最高の「旬」と言われる時期を迎えます。

毛ガニは北海道、青森~福島が主な産地ですが、産地によって身の味が変わるようです。

北海道で獲れた毛ガニは、プランクトンや小魚をたくさん食べ、丸々と太っていて身が甘く、カニミソもうま味が強いようです。

東北の太平洋沿岸で獲れた毛ガニは、北海道産と違い、昆布や海藻類、貝などを食べて育つため、身がしっかりしていて、カニミソに磯の風味があります。

身の量はタラバガニやズワイガニの方が多いですが、うま味が強い味の毛ガニの身はとても人気があります。

毛ガニは身もうま味があっておいしいですが、カニミソが絶品で、大ファンが多いです。

【函館 湯の川温泉 竹葉新葉亭】
函館空港からタクシーで5分の近さの閑静な佇まいでのんびりできる和風旅館!北海道の味覚が満載の会席料理が自慢!本場の味を体験してみてください

 花咲ガニ

 花咲ガニは、タラバガニと同じヤドカリの仲間です。花咲ガニはあまり多くは獲れないので、希少なカニとして珍重されています。

漁は主に北海道とロシアで行われており、釧路は3月~7月、根室では7~9月が漁期です。

カニは冬が旬であるイメージが強いですが、花咲ガニは夏が旬になります。毛ガニ同様、資源保持のために、メスと甲羅の長さが8cm未満のオスを獲ることは禁止されています。

花咲ガニはタラバガニの仲間と書きましたが、味は随分違っています。ズワイガニやタラバガニに比べると、独特の甘みがあり、瑞々しく濃厚な、やや癖のある味が特徴です。

身が詰まっていて美味しい花咲ガニを食べるなら、9月が一番いいかもしれません。

花咲ガニのメスの内子(卵巣)や外子(タマゴ)は、濃厚な味わいから通好みの珍味です。

特に花咲ガニのメスは、市場に出回ることが本当に少ないカニのようなので、見つけたときにすぐ買っておくのがいいみたいです。

どんなふうに食べてもおいしいですが、花咲ガニの鉄砲汁(カニ入りの味噌汁のこと)のおいしさは格別だと言われているようです。

【根室 照月旅館】
地元の海の幸をふんだんに使った豪華な料理が自慢の北国の宿!花咲ガニをはじめ旬の豪華食材が御膳を彩る本格的な会席膳が好評

北海道地場の味

市場直送☆鮮度抜群のカニ

蟹をお得にお取り寄せ 【かに本舗】

わけありじゃない極上かに通販なら【らっしゃいかに市場】

カニを食べられる温泉宿

カニを思う存分楽しめる旅行に出かけてみませんか?【るるぶ】